Top > 天山

天山

Last-modified: 2018-03-28 (水) 18:46:05

基本データ Edit

No.70
Nakajima_B6N.png名称天山日本版天山
レアリティ☆☆☆攻撃機
装備ステータス
火力雷装+8
爆装対潜+1
対空対空補正
命中回避
索敵+1装甲
射程
耐久1機当たりのコスト-4
装備可能艦種
航空母艦軽空母装甲空母戦艦
航空戦艦巡洋戦艦重巡洋艦航空巡洋艦
重雷装巡洋艦軽巡洋艦モニター艦駆逐艦
潜水空母潜水艦砲戦潜水艦給油艦
ミサイル駆逐艦防空ミサイル駆逐艦
廃棄時獲得資源
燃料2弾薬4
鋼材0ボーキサイト4
備考
 
日本語説明天山は九七式の後継型で、出力の高い中島「護」エンジンを採用し、速度は九七式よりもっと速かった。しかし、途中で「護」エンジンの安全性が低いため、三菱の「火星」に変更した。天山艦攻は戦争後半の主力攻撃機だった。マリアナ沖海戦で天山を含めた帝国海軍艦載機部隊は米軍の「マリアナの七面鳥撃ち」に被り、被害はひどかった。その後帝国海軍空母部隊は実際的に消滅し、天山艦攻も陸上基地に移転された。
中国語説明天山是九七式的继任型号,使用了功率更大的中岛“护”发动机,飞行速度比九七式更快。但是在使用中发现“护”发动机并不可靠,于是换成了三菱的“火星”发动机。天山舰攻是J国中后期主力攻击机,在马里亚纳海战中,天山舰攻在内的J国舰载机部队遭到了美航“猎火鸡”,损失惨重。在J国航母部队名存实亡后,天山舰攻也转到陆地机场使用。

入手方法 Edit

中国版
開発(22:30)
大凤、瑞鶴改初期装備
日本版
開発(22:30)
大鳳瑞鶴改初期装備

性能や運用について Edit

  • 17年4月2日のメンテナンスによる性能調整にて、雷装が+1された代わりに対潜-1、索敵-1された。*1
    • さらに同月28日のVer3.0.0アップデートで索敵+1、対潜-1の修正を受けた。

元ネタ解説 Edit

運用大日本帝國海軍
正式名称中島 B6N 天山
コードネームJill(ジル)
製造会社中島飛行機
分類艦上攻撃機
初飛行(生産開始)1941年(1943年)
乗員2名
出力(離昇,高度)三菱 火星二五型 空冷42.1L複列星型14気筒OHV1段2速メカニカル・スーパーチャージャーエンジン1基
(1850HP,1680HP/2100m,1540HP/5500m) (B6N2)
最高速度481km/h 高度4000m
航続距離1746~3045km
武装二式13mm機銃x1(後上方), 一式7.92mm機銃x1(後下方), 800kg爆弾x1or500kg爆弾x1or250kg爆弾x2or60kg爆弾x6or800kg魚雷x1(B6N2)
  • イラストは一二型(B6N2)であると思われる。非常に見分けにくいが尾輪が引き込み式から固定式に変更されている。
    他にB6N1は排気管が集合式だが、B6N2は推力式単排気管に変更されているのが外見上の違い。(イラストでは表現されていない)
  • 九七式艦攻の制式採用直前である昭和14年10月に来るべき時期に備え後継機開発を指示された中島飛行機が開発した艦上攻撃機。
    攻撃機には山にちなんだ名前、爆撃機には星にちなんだ名前をつけることにするという命名規則が初めて採用された。
    しかし、高性能化を求めるために重要なエンジンの選定の際、海軍側は実用性の高い金星の改良型で、一式陸攻の試作型に搭載して好成績を収めている火星を推したが、中島飛行機は自社製で開発に融通のつけやすく高性能な護エンジンの採用にこだわり、結局海軍は中島の主張を受け入れて護エンジンに選定した。
    だが、護エンジンは不調が多く結局100機ほどの生産で打ち切られ、火星搭載型に改められた。
    (この選定は海軍の中で相当尾を引き、同じく中島製の誉エンジンでは同じ失敗を踏まぬよう厳命した上、烈風開発時にはやはり自社製エンジンを推す三菱に強行に反発することになった)
  • 紆余曲折を経て完成した天山は高速性能を発揮して43年以降の戦線に投入されたが、すでに戦局が悪化した中では大きな戦果を挙げることができず、米軍の機動部隊による空襲などで損耗が激しく生産が追いつかないこともあり常に苦しい戦いを強いられた。
    しかし戦争後半を支える重要な戦力として終戦まで戦った。

小ネタ Edit

  • 性能向上のため色々とギリギリまで切り詰められた本機であるが、武装と燃料を装備した全備重量が5tを僅かにオーバーするため翔鶴型までに搭載されたエレベーターの制限重量を超過するという大問題が発生。
    このため武装を先にエレベーターで甲板に出してから甲板上で天山に装着作業を行わねばならず用兵側から大いに苦情が出た。
    この反省から大鳳や信濃は強化型エレベーターを装備したほか、弾薬庫から甲板まで直通する武装専用のエレベーターも備えていた。
    (それまでは格納庫までで、格納庫内で飛行機に装着してから甲板に出していた)
  • 重量に悩まされた本機だがエンジンの出力に対しては軽かったため発着艦の際トルクに負けて勝手に左向きに滑走していく欠点があり、
    垂直尾翼を2度傾けて取り付けられている。(F4Uも同じ欠点に悩まされ同じ方法で解決した)

コメント Edit

コメントはありません。 コメント/天山?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 
 

カード一覧/種類別装備一覧表

装備一覧表 Edit

装備一覧表

装備通称リスト Edit

通称




*1 元は雷装+7、対潜+3、索敵+1