料理元ネタ考察

Last-modified: 2022-10-02 (日) 23:39:33

参考:用語集 | 七国まとめ | キャラ・一族・団体 | 年表 | 神の目 | ヒルチャール語 | 料理元ネタ考察 | 崩壊ネタ関連 | メインストーリー要約 | 誤訳 | 暗号解読 | 考察総合

※食材-料理の早見、購入場所、バフ効果、効果性能比較は「料理」へ。料理の説明文を読みたい方は「食べ物」へ。

ゲーム中に登場する料理の元ネタと思われるもの。あまりにも自明なものについては省略。情報求む。

モンド料理

画像名前説明
荒波パイエウルアのオリジナル料理。ターンオーバーという、パン生地やパイ生地などに具材を乗せ、折り畳んで三角形や三日月型にして調理する種類の食べ物だと思われる。具体的にどのターンオーバーかは不明だが、ドイツ語版ではイタリアのターンオーバーであるカルツォーネ、スペイン語版ではガリシア発祥のターンオーバーであるエンパナーダと訳されている。カルツォーネは基本的にはピザ生地なので、どりらかといえばエンパナーダの方が相応しそうか。
エビのポテトカナッペカナッペはフランスの食文化。ただし中国語版も英語版もカナッペという言葉は使用していないため、日本語版の訳者が説明文から意訳したものか。
お肉と野菜のシチュー英語版によればグヤーシュ。ハンガリー起原のスープ料理で、他の中央ヨーロッパ諸国やドイツなどでも食される。
大根入り野菜スープ中国では蘿蔔湯(大根スープ)がよく食べられるのでそれだろうか。
テイワット風目玉焼き目玉焼きは国によっては両面焼きの方が人気の所もあるが、モンドの主なモデルと思われるドイツでは日本と同じく片面焼きが主流である。そもそもドイツ語では目玉焼きのことをシュピーゲルアイすなわち「鏡の卵」といい、片面焼きであることを前提とした上で、黄身のつややかさを称える名称となっている。
鳥肉のスイートフラワー漬け焼き旅人なら誰もが知るモンド城門前ハト製の漬け焼き…冗談ではなく、図鑑の「白鳩」によれば鳩肉を使用するのが実際にモンドでの伝統である。(鳩肉ではないが)蜂蜜漬けのローストチキンは古代ローマの料理書『アピキウス』にも記される古い欧州料理であり、近年では『ゲーム・オブ・スローンズ』に登場したことで話題になったようだ。
風神ヒュッツポットヒュッツポットはオランダの家庭料理で、野菜のつぶし煮。ちなみに中国語版では国を指定せず「杂烩菜」(ごった煮)だが、特に「荷兰杂烩菜」(オランダごった煮)=ヒュッツポットを指すこともある。一方、英語版ではフランス料理であるラタトゥイユとなっている。外観や文中の記述から、フランスやフランドル地方の煮込み料理であるオシュポ(Hochepot)とする説もある(余談だが全く別の料理にも関わらず、フランスではヒュッツポットもオシュポといい、オランダではオシュポもヒュッツポットという)。
ホワイトソースポトフポトフはフランスの牛肉料理。ちなみに英語版では日本発祥の洋食であるクリームシチューとなっている。中国語版では「白汁时蔬烩肉」(季節の野菜と煮込んだお肉のホワイトソースがけ)。
魚香トーストクレーのオリジナル料理。魚香(ユーシャン)とは中国の調味料・ソースの一種。ただしこのトーストはモンド料理であるため、ここでいうユーシャンは、公式レシピでも使われているイタリア発祥(諸説有り)のトマトソースであるマリナーラソース(マリナーラはイタリア語で「船乗りの」という意味)のことを指していると思われる。余談だが、ゲーム中の料理も魚香(ユーシャン)も本来のマリナーラも、名前に反して魚介類は使用しない(ただし現在のイタリアではマリナーラにアンチョビを入れることが多い)。
冷製肉盛り合わせ冷たいまま食べられる調理済み肉(ハムやローストビーフなど)を皿に盛る料理。コールドカットとも。欧米圏では珍しくない料理だが、モンドの主なモデルとされるドイツではアウフシュニットと呼ばれ、ヴルスト(ソーセージ)の質と多彩さで他国を遥かに圧倒する。
ムーンパイイングランド料理のビーフ・ウェリントンか。フランスの地方料理であるピティヴィエとする説もある。

璃月料理

画像名前説明
揚げ魚の甘酢あんかけ中国語版ではそのまま「松鼠魚」(ソンシューユー)。松鼠桂魚とも言い、蘇州の名物料理。名前の由来は揚げて広がった切れ込み部分が松鼠(=リス)のように見えることかららしい。
腌篤鮮そのまま腌篤鮮(イェンドゥシェン)。江南料理、特に上海の春節に食べられる料理。日本語にするなら「塩漬け肉(腌)と新鮮生肉(鮮)のじっくり煮込みスープ(篤)」だが、春の味覚である筍も肉と同じくらい重要な食材である。中国では冬になると、豚バラの塩漬け(地域によっては更に花椒などの香辛料を加えたり、塩ではなく醤油で漬けたりする)を家の軒先に吊るして腌を各家庭で作り、冬の間それを少しずつ切り出して食べる。つまり、冬に仕込んだ肉と春にしかとれないたけのこを組み合わせた、春を祝う一品ということになる。
エビのポテト包み揚げ中国語版ではそのまま「金絲蝦球」。エビマヨの金身包み。
大椀のお茶中国語版では大碗茶(「碗」の字が違う)。飲み物そのものは文字通り大碗(どんぶり)に入れたお茶なのだが、特に都市部の屋台で売られる庶民的なお茶を指す。大碗茶は1970年代から北京に進出したが、中国の経済的発展に伴い価格が数分(1円未満)から数元(数十円程度)へ100倍ほど上昇したため、庶民でもわかりやすい同国の繁栄の象徴的なものでもあるようだ。
お米プリンライスプディング。作中では留雲借風真君の発明なので璃月料理としたが、中国のみならず世界各地に見られる料理であり、中国語版でも外来語を用いて米饭布丁(お米のプディング)となっている。
お食べくだ菜盆菜(ぼんさい、広東語でプーンチョイ)。広東省、特に香港で旧正月に食べられる料理で、本来はゲーム中の解説文の通り「どうぞお食べ下さい」と大人数で取り分けて食べるもの。ちなみに原語版の名前は「来来菜」で、七七のオリジナル料理「アシタナシ(没有未来菜)」は「来来」を「未来」をかけた駄洒落である。
かにみそ豆腐中国語版ではそのまま「蟹黄豆腐」(シエファンドーフ)。北京料理の代表だが、江蘇料理などでも食べられる。廉価な店では高級なかにみそではなく鹹蛋(シエンタン、アヒルなどの塩漬け卵)を使うことが多い。
黒背スズキの唐辛子煮込みおそらく四川料理の水煮肉片(シュイジューロウピエン)に魚を用いた料理である水煮魚か。
米まんじゅう中国語版では米窝窝。中国北部で食されるトウモロコシ製蒸しパンの窩頭(ウォートウ)に、コーンミールではなく糯米を用いたものと思われる。
四方平和八宝飯(はっぽうはん、パーパオファン)。甘味のある点心で、上海料理を中心に慶事の際に食べられる。
椒椒鶏椒麻鶏(ジャオマージー)か。四川料理の口水鶏(コウシェイジー、日本では「よだれ鶏」とも)とする説もある。
翠玉福袋おそらく翡翠白菜餃子。ゲーム中では緑色の部分は野菜を使っているようだが、現実ではホウレンソウなどの緑色の色素で色付けした生地である。
水晶蝦蝦餃(ハーガオ)。広東料理のエビ蒸し餃子。
絶雲お焦げ「お焦げ」の部分は中国語版ではそのまま鍋巴(グオパー)。四川料理。ゲーム中のグゥオパァーの由来である。
仙跳牆佛跳牆(ぶっちょうしょう)。福建料理の高級スープで、肉が禁忌な仏僧ですら垣根を飛び越えてくるほどおいしいとされることから。
原神では仏僧のかわりに菜食主義であるはずの半仙、甘雨が飛びつきそうになっている。
天枢肉東坡肉(トンポーロウ)。杭州の名物料理。ゲーム中では璃月の政治家である七星の地位の一つ「天枢」に由来するとされるが、現実でも政治家・文学者の蘇軾(蘇東坡)に由来すると言われる。
中原のもつ焼き雜碎(チャプスイ)。広東料理やアメリカ式中華のモツ料理。ゲーム中では串焼きだが、現実だと基本的に炒め料理である。ちなみに他の言語版だと、名前を罵倒語と勘違いされることがあるという一文があるのだが、「中原」(「ちゅうげん」、ゲーム中では「なかはら」)が中国の雅称であるのに対し、「雜碎」の方は間抜けという意味も持っているので、そのことを指していると思われる。
ピリ辛蒸し饅頭中国北部で食されるトウモロコシ製蒸しパンの窩頭(ウォートウ)に、辛味の豚肉を合わせたもの。
明月の玉子焼売(しゅうまい、シャオマイ、広東語:シウマイ)。言うまでもなく日本で最も有名な中華料理の一つ。
モラミート肉夾饃(ロウジアモー)。陝西省の料理で「中華ハンバーガー」の別名がある。
ミントの和え物中国語版だとそのまま「涼拌薄荷」。雲南省の料理。
璃月三糸中国語版だとそのまま「扣三絲」(コウサンスー)。上海料理。
岩港三鮮元ネタは中国東北部で一般的な料理の「地三鮮(ディーサンシェン)」と思われる。ピーマン、じゃがいも、茄子を素揚げし、豆鼓などで味付けしたもの。言葉の意味は「大地からの3つのおくりもの」くらいの意味。余談だが、ピーマン、ジャガイモ、茄子はすべてナス科の野菜である。

稲妻料理

画像名前説明
雨奇晴好楓原万葉のオリジナル料理。秋刀魚の開きの干物を焼いたものに大根おろしを添えたものだろう。「雨奇晴好」は北宋の文学者・政治家の蘇軾の詩に由来する四字熟語で、どんな気候でも映えるような美しい風景を指す。
うなぎの蒲焼美味しそうなうなぎの蒲焼。説明文を見るに、関東式のやり方のようだ(関東では蒸すが、関西では蒸すことがない)。しかし食材はどう見てもチンアナゴ
オムライスなぜ稲妻料理欄に? と思われるかもしれないが、実は現実のオムライスも戦前の洋食店が由来の日本料理だったりする。発祥の店については大阪心斎橋の「北極星」や東京銀座の「煉瓦亭」など諸説ある。
オムライス・ワルツ久岐忍のオリジナル料理。こちらは「ドレス・ド・オムライス」。1958年創業の老舗洋食店「紅亭」によって、1997年~1998年頃に「特製オムライス」として考案されたもの。雑誌等を通じブームになったのは2010年代後半頃からだが、その歴史は意外と古い。
活力にゃんこ飯キャラ弁が元ネタと思われる。日本では弁当やたこさんウインナーなどはそれほど珍しいものではないが、海外では日本特有の文化として知られている。本格的なキャラ弁は70年代~90年代に料理研究家や料理評論家によって作られ始め、その後2000年代にブログの普及によって一般の主婦層の間で優れたキャラ弁が作られるようになったと言われる。
カニのバター添え中国語版は「黄油蟹蟹」となっており、香港名物の黄油蟹(イエロー・バター・クラブ)とほぼ同じ名前である。ただし、画像や稲妻(日本)料理であることを考慮すると、普通に日本で食されるカニのバター焼きのようだ。
紺田煮筑前煮。ごった煮ともかかっているかもしれない。
「奇策」珊瑚宮心海のオリジナル料理。茶巾寿司。ちなみに説明文中で形を喩えられている「袂落とし」は原文では「錦嚢」(錦の袋)となっており、『三国志演義』で孔明が立てる「錦嚢の計」が元ネタとなっていると思われる。
強者の道のり荒瀧一斗のオリジナル料理。元の料理は焼きそば。説明文には料理の説明は書かれていないが、どう見ても焼きそばパン。
紅炉一点雪神里綾華のオリジナル料理。長明寺風(関東風桜餅)の変種であるふくさ包みという形状の桜餅で、銀座あけぼのの季節菓子「さくらもち」が有名。白玉粉を入れた生地で包まれているため、しっとりとした食感なのが特徴と言われている。ちなみに「紅炉一点雪」(原典では紅炉上一点雪)は禅宗の語録『碧巌録』の言葉で、戦国時代の武将・龍造寺隆信の辞世とされている(武田信玄が川中島の戦いの時に引用したとする説もある)。
魚とダイコンの煮込み魚と大根の煮付けは色々あるが、見た目からして富山県発祥の郷土料理ぶり大根と思われる。完璧版の「極寒、波、雷の試練を乗り越えた魚は鍋に飛び込み」という一文は、鰤起こし(11月半ば~12月に北陸の海岸で起こる雷で、この後にブリが豊漁になると言われる)やブリが出世魚であることを指したものであろう。
獣骨ラーメン英語版ではそのまま「豚骨ラーメン」。
そばゲーム上の事情で仕方ないのだが、小麦粉のみで作られた蕎麦、つまりゼロ割蕎麦…というかひやむぎである。「材料は安く」というのは当たり前。 余談だが、沖縄では他県で言う「沖縄そば」(ソーキ=豚のスペリアブを載せてソーキそばと呼ばれることも多い)のことを単に「そば」「すば」と言い、逆に蕎麦粉を使用したそばの方を「ヤマトそば」等として区別する。
団子牛乳詳細不明。タピオカミルクティーの稲妻版だろうか? とか言われていたが、後に袖から本物を取り出すお兄様が実装されてしまった。
渡来鳥肉チキン南蛮。南蛮漬けのように甘酢に付けた揚げ鳥にタルタルソースをかけた一品。どこが発祥の店かは2つの説があるが、どちらも宮崎県延岡市の同じ洋食店「ロンドン」で働いていた料理人が、上記のタルタルソース無し版を賄い料理として食べており、やがて自分の店を開いた時にそれをアレンジして売り出したというものになっている。
緋櫻餅桜餅。桜餅には長明寺風(関東風)と道明寺風(関西風)の二種類あるが、こちらは東京・向島の老舗「長明寺桜もち」発祥の長明寺風の方(ただし本家のは桜色ではなく白い)。余談だが、神里綾華の伝説任務によれば、「ひざくらもち」ではなく「ひおうもち」と読む。
干物の網焼き日本語版では魚の種類がわからないのだが、中国語版では鮎と指定されている。
唯一の真相鹿野院平蔵のオリジナル料理。元の料理はカツサンド。説明文には料理の説明は書かれていないが、どう見てもカツ丼。材料に米も卵もなしでどうやって……?
ちなみに、「刑事が取り調べ中にカツ丼を振る舞う」というイメージの源流は意外にもはっきりしていない。よく元ネタとして紹介される1955年公開の映画『警察日記』にあるのは、実際には取り調べ天丼を振る舞うシーンらしく、1963年の「吉展ちゃん誘拐殺人事件」の取り調べ中刑事がカツ丼を御馳走したという噂は刑事本人が否定している。ついでに言えば、日本国内の現行法では、取り調べ中の飲食の許可は自白の誘導に当たるとされ禁じられている。
夕暮れの鯛焼き説明文の歴史は大体史実通り。1909年(明治42年)に東京で創業した浪花家総本店が発祥で、 最初はただの丸い今川焼きを販売したところ売れ行きが悪かったために鯛の形の鯛焼きを売り出したところ、大ヒットしたそうだ。なお日本語版では中身が「あんこ」と訳されているが、中国語の「餡」は食品の中身の具材全般を指すのであんことは限らない。名前・素材・画像などから判断すると、あんこではなく夕暮れの実のジャムを使用したものだろう。夕暮れの実はカシューアップル(カシューナッツが取れる木の果実)説が最も有力だが、レンブ(ジャワフトモモの果実)とする説もある。
ラズベリー水まんじゅう名前や画像、製法からして岐阜県大垣市の名物である水まんじゅうと思われる。中身に小豆餡ではなく、ラズベリーもしくはラズベリー餡を使用したタイプのようだ。

スメール料理

画像名前説明
ナツメヤシキャンディ中東・南アジアの伝統的な砂糖菓子であるハルヴァが元ネタと考えられる。ちなみに、ヌガーという菓子はこのハルヴァが元ネタとされる。

外部リンク(参考文献)

コメント

コメント投稿ルール

コメント投稿ルール

誰もが快適にコメント欄を利用できるように、他人を傷つけない投稿を心がけましょう。
不平不満は愚痴掲示板へ。

  • リーク情報、キャラクターや他者に対する誹謗中傷、バグ悪用の推奨等は、投稿・編集ガイドラインで禁止されています。
  • 不適切な投稿は、反応したり相手にしたりせずに、zawazawaにログインして通報(推奨)、または管理連絡掲示板で報告してください。
  • 悪質な場合は管理者より警告・投稿規制等の措置を行います。
  • 不快なコメントに対しては、日付横の通行止めマーク🚫をクリックすることで、その投稿者のコメント全てを非表示にできます。
  • 小麦粉からできる蕎麦?と思ったが、気にしてはいけないのだろう。ところで今回追加されたラズベリー水まんじゅうは、またラズベリーの「餡」という言葉が使われているので困ったものですね。 -- 2021-10-13 (水) 17:52:51
    • 英訳によると「小さな土器に入れて涼しい口当たりを維持する」と書いてあるので十中八九、水まんじゅうで間違いないと思われます。 -- 2021-10-13 (水) 18:01:27
    • ただ英訳ではfillingと訳されているので結局のところ、ラズベリーあんこなのか、ラズベリーがそのまま詰まっているのか不明なところです。 -- 2021-10-13 (水) 18:02:25
    • 水まんじゅうというのは井戸船という井戸水を使用した冷蔵庫で冷やすことができる和菓子として考案されたものだそうです。岐阜県大垣市のサイトより -- 2021-10-13 (水) 18:16:03
  • 活力にゃんこ飯の元ネタはキャラ弁だよね? -- 2021-10-17 (日) 01:00:50
  • そばに関してなのですが、そば粉0割そばも無い訳ではない(沖縄そば・ソーキそば)ので、一応注釈みたいな感じで入れるのはどうでしょう? -- 2021-10-20 (水) 10:28:15
  • 団子牛乳は食感の重い飲み物だからタピオカではなさそう どっちかというとセーキに近いかも -- 2021-12-22 (水) 09:34:43
    • (レモン)ラッシーも怪しい こっちは材料に団子を使う事はないけれど -- 2021-12-22 (水) 09:46:36
  • 団子牛乳で思い出したが、ドラえもんで桃太郎印のきびだんごを牛乳に溶かして飲ませるみたいな話が昔あった気がする。関係は無いと思うが。 -- 2022-03-25 (金) 10:57:07
  • 活力にゃんこ飯は「ねこまんま」のキャラ弁(?)ですよね -- 2022-07-01 (金) 21:13:26
  • 団子牛乳の説明から、沖縄の「ピンクげんまい」を想像してた。 -- 2022-07-16 (土) 18:38:22
  • 金リンゴイベントで、モナがフィッシュルの家で食べさせて貰ったと言っていた「コールドカット」は「冷製肉盛り合わせ」のことかな。フィッシュルのオリジナル料理も「冷製肉盛り合わせ」だし -- 2022-08-02 (火) 06:13:23
    • そうみたいですね。調べて追記しました。 -- 2022-08-02 (火) 22:41:00
  • 団子牛乳は雷電将軍の伝説任務で牛乳に団子を練り入れたとあるのでとろみのある飲み物かな? -- 2022-09-06 (火) 19:25:06
  • スメール料理も追加しませんか? -- 2022-10-02 (日) 22:56:34