元素シールド

Last-modified: 2022-10-05 (水) 22:34:52

攻略:冒険・世界ランク | 天然樹脂 | ダメージ式・敵元素耐性 | 敵一覧・攻略 | オーラ
育成:キャラクター育成 | 武器強化 | 聖遺物強化 | チーム編成
元素:元素反応 | 元素量 | 元素チャージ | 敵のシールド


目次

概要

アビスの魔術師など一部の敵は元素シールドを持ち、破壊しない限りダメージが全く(あるいはほとんど)通らない。シールドがあるときはHPの下にゲージが表示され、主に元素反応によってゲージを削る必要がある。

元素量について

元素攻撃には9.5秒、12秒といった付着時間の違いがあるが、これはその攻撃の元素量に起因している。

付着時間9.5秒(または弱強度)の攻撃の元素量を単位として、これを1U(Unit)と書くことにすると、12秒(または中強度)の攻撃は2U、16.8秒(または強強度)の攻撃は4Uの元素量を持つ。

元素量元素強度
1U9.5秒/弱
2U12秒/中
4U16.8秒/強

元素反応ではこの元素量の消費が起きるが、その量は反応によって比率が異なっている。

  • 蒸発・溶解ではダメージ1.5倍の場合に0.5倍、ダメージ2倍の場合に攻撃元素量の2倍を消費させる。
  • 結晶・拡散では常に風/岩元素の0.5倍の元素量を消費させる。

詳しくは元素量を参照。

シールド割り

敵のシールドは以下のような元素量を持つ。

属性シールドの元素量備考
アビスの魔術師8U


12Uフィンドニールの頂上など一部の秘境で24U
アビスの使徒・激流
アビスの詠唱者・紫電

36U
アビスの詠唱者・淵炎72U時間内に黯炎炉心破壊で12U消費
大型スライム

8U
ヒルチャール・木盾2U燃焼の消費が0.4U/秒という情報からの推測
ヒルチャール・氷盾8U
ヒルチャール・岩盾8U
ヒルチャール暴徒・木盾4U燃焼の消費が0.4U/秒という情報からの推測
ヒルチャール暴徒・氷盾10U2Uずつ自然回復する
ヒルチャール暴徒・岩盾20U
ヒルチャール・霜鎧の王30U90秒かけて自然に減少する
ヒルチャール・岩兜の王21U90秒かけて自然に減少する
トリックフラワー(チャージ中)
2U
爆炎樹
急凍樹

コア12U
花冠6U
ファデュイ・雷蛍術師(放電攻撃中)8U自然に減少する
ファデュイ・氷蛍術師氷蛍1につき4U

シールドが削れるときも元素反応の種類ごとの消費倍率が効くので、水→炎シールド、炎→氷シールド、草→水シールドでそれぞれ2倍削ることができる(これがいわゆる弱点属性)。
ただし水シールドに関しては無条件で凍結できるため等倍ながら氷も有効。
雷シールドには2倍となる反応がないので、等倍の反応が最も効果的ということになる。

攻撃属性敵属性元素の消費倍率
×2
×2
×2
×1
×1

例えばアンバーの重撃(12秒=2U)で氷アビスのシールドを割る場合、炎による溶解なので2倍となり一撃で4Uを消費させ、12U/4U=3回で割ることができる。

氷砕きの場合は元素攻撃ではないが、例えば大剣の通常攻撃1段目では0.63U~0.68U程度の元素消費がキャラごとに設定されているようだ。他にも岩属性攻撃、落下攻撃などに判定がありそれぞれに固有の消費量が設定されている。

素早く削るには(元素付着クールタイム、ICD)

弱点属性や2Uや4Uの攻撃を使うことがシールド割りに有効だが、実戦では攻撃ごとの元素付着のクールタイムも意識する必要がある(このシートに一部のデータがある)。
英語圏ではICD(Internal CoolDownの略)と呼ばれているため、YouTube等でより詳しい資料を調べる際はこの単語で検索するといいだろう。
(日本語では「元素付与CT」と呼ばれることの方が多いが、付着と付与は別物。)

  • 1つのスキル・爆発でもクールタイムが別々の場合もある
    • 例えばディルックのスキルは一段ずつが別々にクールタイムを持つため、氷シールドに対して連続で溶解反応を起こすことができる(大剣による氷砕きも効く)。
    • 重雲の爆発も霊刃が別々に反応を起こせる。
  • 通常攻撃と重撃はクールタイムが別(片手剣と大剣キャラでは共有)
    • 法器キャラで削る場合、通常だけでなく重撃も織り交ぜた方がよい。ちなみに落下攻撃は通常攻撃とクールタイムを共有している。
  • 風主人公スキルによる他元素の拡散や、環境(雨、草原の燃焼など)も高頻度で元素付着が起こせる
  • クールタイムは3ヒットごとにリセットされるという話がある(参考(中国語)
    • アンバーの元素爆発(最大18Hit/2s)によって超高速でシールドを破壊できるのはこれが原因。
    • これにより水シールドに対して重雲フィールド+槍キャラといった手数で押すことも可能。
    • 行秋の爆発は全ての剣雨がクールタイムを共有しているが、一度に2/3本(完凸で2/3/5本)出るためほぼ毎回反応を起こすことができる。

「溶解」などの文字は間隔が短いと表示されないため勘違いしがちだが、元素反応自体にはクールタイムは存在しない

アビスの使徒・詠唱者について

アビスの詠唱者(雷)は36Uと硬い上に2倍反応がなく、詠唱者(炎)に至っては72Uという硬さで2倍反応と実質相殺されており、これらの攻略のためには特に対策が必要となる。

36Uあるという点ではアビスの使徒(水)も同じだが、こちらは氷で凍結できるうえ、2倍反応の草元素が実装されたため、ほかの2者よりは削りやすい。

  • アビスの使徒・激流(水シールド)
    • 草で効率的に削ることが出来る。氷で等倍、雷で0.8倍。氷と雷は数値上は大差無いように思えるが、雷の感電は1秒に0.4Uずつ、2秒かけて削れるため、瞬時に1U削れる氷との体感差は大きく、また氷には当てるだけで凍結できるというメリットもある。
    • 鉄板は神里綾華や甘雨といった手数の多い元素爆発。それだけでは削り切れないが、これらのキャラは重撃や通常攻撃で簡単に氷元素を乗せられるため残りの消化も難しくない。
    • 星4キャラであれば重雲フィールド+槍キャラの通常攻撃で凍結1U消費を高頻度で起こすことができる。ガイアやコレイの元素爆発も有力な選択肢になるだろう。
  • アビスの詠唱者・紫電(雷シールド)
    • 岩・風でなければほぼ等倍で削れるので、手数が重要(感電がやや不利なのは使徒と同様)。
    • 雷のような怒り4セットのベネット(突破Lv4~)のスキル短押しだと、爆発中1秒ごとに2Uという凄まじい効率で削ることができる。
    • ベネットとジンの爆発を重ねることで自身に付着した炎元素を1秒毎に拡散・付着し効率よく削ることができる。
  • アビスの詠唱者・淵炎(炎シールド)
    • 水で2倍で削れる。
    • 「淵炎の加護」効果時間内に黯炎炉心を破壊すると固定値で12Uの消費。炉心自体は6Uしかなく水の2倍も乗るので機会があれば狙っていきたい。

ファデュイ先遣隊について

ファデュイ先遣隊の持っているシールドのようなもの(チュートリアルによると元素増幅状態)は特殊で、設定された属性以外ではほとんど削れないようになっている。

ゲージを削り切るのに必要な元素量(英語wikiより):

ファデュイ先遣隊の属性



80804
4
80580
80804
100100100100
100100100100

※草元素に関して情報募集中

この数値は元素量なので、例えば2Uの氷攻撃ならば雷ファデュイのゲージを2回で削り切ることができる。

ヒルチャールの盾について

盾持ちのヒルチャールに対して正面から攻撃すると、持っている盾でガードされて本体にダメージが通らず、盾の耐久値が消費される。
法器攻撃のような見た目上では全体攻撃のようなものでも、正面から攻撃するとガードされる。
ヒルチャールのヘイトがこちらに向くと身体も正面を向くので、何度か攻撃すると盾でガードされる。

  • 盾所持状態でも本体にダメージを通す方法
    • 背後から攻撃する
    • 凍結状態にして攻撃する
    • 感電、過負荷、超伝導、拡散などの固定値系の元素反応ダメージ(蒸発、溶解は貫通しない)
    • 敵が後退や攻撃などのガードとは別の行動をしたときに攻撃を当てる
    • 1度ガードされず攻撃を当てる前提だが、吹き飛ばし中やノックバック中に攻撃をする
  • 敵の種類
    • ヒルチャール・木盾
    • ヒルチャール暴徒・木盾
    • ヒルチャール・岩盾
    • ヒルチャール暴徒・岩盾
    • ヒルチャール・氷盾
    • ヒルチャール暴徒・氷盾

ヒルチャール・〇〇の王について

ヒルチャール・〇〇の王は「魔化状態」と呼ばれる行動を行う。
この状態では、自身に元素シールドの生成・攻撃力上昇・怯まない・次の攻撃に移るまでの時間が早い。
元素シールドには耐久値があり、耐久値がなくなると破壊され、強化も解除される。40~60秒後辺りに再度魔化状態となる。

  • 敵の種類
    • ヒルチャール・岩兜の王
    • ヒルチャール・霜鎧の王

岩シールドの計測

鉱物に氷を付着させてから岩元素攻撃を当てると結晶反応が起きて速く掘れるというテクニックがある。
このときの反応では攻撃ではなくシールドの岩元素が消費されると考えられ、そこから逆算すると水晶=4U、大型岩スライム=8Uなどのデータが得られる。(参考

ダメージの影響

本体に全くダメージが通らないタイプのシールドは、元素反応がなくてもややシールドを削ることができる。
(元素反応が起こる攻撃では、元素反応によるシールド元素量の消費だけでなく、ダメージ依存の削りも追加で発生している。)

  • 本体へのダメージと同様に計算するとHPのちょうど5倍の耐久値を持っているようだ。
    • アビス(12U)と大型氷スライム(8U)でどちらも5倍になっているため元素量とは関係ないと考えられる。
  • 超電導の影響を受ける、つまり本体の耐性も考慮される。

自キャラに比べて低レベルのアビスのシールドが簡単に割れるのは、本体のHPが低いのでシールド耐久も少なく、またレベル補正によりダメージが増加するためと説明できる。

詳しい計算式

詳しい計算式

ダメージによるシールド消費量
 = (最終ダメージ / シールドHP) * シールドの元素量
  • 最終ダメージ
    シールドが無かった場合に敵に与えられるダメージ。
    会心ダメージや敵の元素耐性などの影響を受けるが、溶解・蒸発のダメージ増幅は適用されない。
    シールドと同じ元素によるダメージは0扱いになる。(岩元素シールドを除く)
  • シールドHP
    敵の最大HPの5倍ある。
    (会心率を100%以上にした片手剣キャラの通常攻撃1段目で突いていくと検証しやすい)

つまり、敵の最大HPの5倍の火力を叩き込めば、物理であろうとシールドを一撃で破壊できる。(エウルアの元素爆発なら現実的な範囲か)


  • HPが4万のアビスの魔術師(シールドの元素量12U)に、シールドが無ければ1万のダメージが入る攻撃をした場合。
    {10,000 / (40,000 * 5)} * 12U
    = (1/20) * 12U
    = 0.6U
    0.6Uの元素量を消費させ、シールド耐久値を1/20だけ削れる。

元素反応による追加ダメージ

例えば炎シールドに対する過負荷反応は、炎追加ダメージなので同属性で無効化される(元素量による割合ダメージと反応を除いた素のダメージだけが通る)。元素反応のダメージがシールドに入りうるのは以下のケースのみだが、恐らく感電以外は反応ダメージがシールドに入らない仕様になっている。

元素反応敵属性熟知の効果補正など
感電あり反応ダメージの約9割がシールドに効く?
氷砕きなしシールドには無効
蒸発溶解なしシールドには無効
超電導なしシールドには無効?

参考

情報提供用コメントフォーム

  • 水のアビス使徒バリアに対する特攻元素は雷ですかね? -- 2021-05-01 (土) 09:49:54
    • 水のアビスの使徒は氷が最速で割れる。水以外なら何でも割れるけど最速は氷じゃなかったかな… -- 2022-02-06 (日) 14:54:19
  • 水アビスは氷が弱点で、水ファデュイは雷が弱点とか覚えにくいから雷に統一しろ運営 -- 2022-02-17 (木) 10:56:17
  • 秘境の元素試煉装置や突変石の元素によって全耐性+50%だけでなく、さらにバフがかかる。だと攻撃力1.4倍だと防御力2倍だと攻撃のクールダウンが半分に短縮される模様。 -- 2022-02-28 (月) 21:02:49

こちらは情報提供フォームです。明らかに情報提供を旨としないコメントは断りなく削除することがあります。間違ってコメントした場合はその旨を返信にて申告してください。

コメント

コメント投稿ルール

コメント投稿ルール

誰もが快適にコメント欄を利用できるように、他人を傷つけない投稿を心がけましょう。
不平不満は愚痴掲示板へ。

  • リーク情報、キャラクターや他者に対する誹謗中傷、バグ悪用の推奨等は、投稿・編集ガイドラインで禁止されています。
  • 不適切な投稿は、反応したり相手にしたりせずに、zawazawaにログインして通報(推奨)、または管理連絡掲示板で報告してください。
  • 悪質な場合は管理者より警告・投稿規制等の措置を行います。
  • 不快なコメントに対しては、日付横の通行止めマーク🚫をクリックすることで、その投稿者のコメント全てを非表示にできます。