七七

Last-modified: 2022-10-04 (火) 23:14:23


基本情報

画像
プロフィール
名前七七(ナナ)
CV田村ゆかり
誕生日3月3日
所属不卜廬
神の目
命ノ星座法鈴座
装備可能武器片手剣
オリジナル料理アシタナシ
(お食べくだ菜)
ひとこと紹介
薬舗「不卜廬」の薬採り兼弟子、紙のように白い顔色で不死身。口数が少なく、あまり表情がない。
紹介
キョンシーなのだから、表情が固いことも許されるだろう。
キョンシーではあるが、七七はきちんと体を鍛えている。
記憶力が極めて悪い。それは、七七が人に対して冷たい理由の1つだった。
七七の外見は、ずっと亡くなった時のままであるため、実年齢は推測不可能である。
キョンシーを動かすには、勅令が必要だ。しかし、ある原因で七七は自分で自分に勅令を下しているのだ。
「朝は薬剤の仕分け、午後は薬剤を煎じ、夜は柔軟体操。」
――七七がノートに書いた毎日のやるべきこと。

公式動画

✦✦✦エピソード実戦紹介OST selectionチュートリアル動画インタビュー
cナナ七七ーー ―七七 ―度厄のお札 ―

ステータス

Lv.1Lv.20Lv.40Lv.50Lv.60Lv.70Lv.80Lv.90
突破前突破後突破前突破後突破前突破後突破前突破後突破前突破後突破前突破後
基礎HP9632,4983,3234,9735,5596,3967,1788,0238,6109,46310,05010,91211,49912,368
基礎防御力72186248371415477535598642706749814857922
基礎攻撃力225877115129148166186199219233253267287
与える治療効果----5.5%5.5%11.1%11.1%11.1%11.1%16.6%16.6%22.2%22.2%

天賦

通常攻撃

戦闘天賦(通常攻撃)天賦紹介

通常攻撃・雲来古剣法
通常攻撃
剣による最大5段の連続攻撃を行う。

重撃
一定のスタミナを消費し、前方に斬撃を2回放つ。

落下攻撃
空中から落下し地面に衝撃を与える。経路上の敵を攻撃し、落下時に範囲ダメージを与える。
ステータス詳細1段
ダメージ
2段
ダメージ
3段
ダメージ
4段
ダメージ
5段
ダメージ
重撃スタミナ
消費
重撃
ダメージ
落下期間
ダメージ
低空/高空落下
攻撃ダメージ
Lv.137.8%38.9%24.2%+24.2%24.7%+24.7%63.0%20.064.3%+64.3%63.9%128%/160%
Lv.240.8%42.0%26.1%+26.1%26.7%+26.7%68.2%69.6%+69.6%69.1%138%/173%
Lv.343.9%45.2%28.1%+28.1%28.7%+28.7%73.3%74.8%+74.8%74.3%149%/186%
Lv.448.3%49.7%30.9%+30.9%31.6%+31.6%80.6%82.3%+82.3%81.8%164%/204%
Lv.551.4%52.9%32.9%+32.9%33.6%+33.6%85.8%87.5%+87.5%87.0%174%/217%
Lv.654.9%56.5%35.1%+35.1%35.9%+35.9%91.6%93.5%+93.5%92.9%186%/232%
Lv.759.7%61.5%38.2%+38.2%39.0%+39.0%99.7%102%+102%101.1%202%/253%
Lv.864.5%66.4%41.3%+41.3%42.2%+42.2%108%110%+110%109%219%/273%
Lv.969.4%71.4%44.4%+44.4%45.3%+45.3%116%118%+118%117%235%/293%
Lv.1074.6%76.8%47.8%+47.8%48.8%+48.8%125%127%+127%126.4%253%/316%
Lv.1179.9%82.3%51.1%+51.1%52.2%+52.2%133%136%+136%135%271%/338%

元素スキル

戦闘天賦(元素スキル)天賦紹介

仙法・寒病鬼差
氷血がお札となり、寒病鬼差を召喚し、周囲の敵に氷元素ダメージを与える。

寒病鬼差
・七七の通常攻撃と重撃が命中した時、チーム内の自身のキャラクター全員または付近の味方のHPを回復する。回復量は七七の攻撃力によって決まる。
・一定時間の間隔で、出場している自身のキャラクターのHPを回復する。
・キャラクターと共に行動し、経路上の敵に氷元素ダメージを与える。

「こいつらは温度の上昇による腐敗を防止するためだよ…うん、白先生のあの高い薬剤のことを言ってるのだ。」
ステータス詳細スキルダメージ命中による回復量継続回復量寒病鬼差ダメージ継続時間クールタイム
Lv.196%10.56%攻撃力+6769.60%攻撃力+45136.0%15.0秒30.0秒
Lv.2103%11.35%攻撃力+7474.82%攻撃力+49638.7%
Lv.3110%12.14%攻撃力+8180.04%攻撃力+54441.4%
Lv.4120%13.20%攻撃力+8987.00%攻撃力+59745.0%
Lv.5127%13.99%攻撃力+9892.22%攻撃力+65347.7%
Lv.6134%14.78%攻撃力+10797.44%攻撃力+71350.4%
Lv.7144%15.84%攻撃力+116104.40%攻撃力+77754.0%
Lv.8154%16.90%攻撃力+126111.36%攻撃力+84557.6%
Lv.9163%17.95%攻撃力+137118.32%攻撃力+91661.2%
Lv.10173%19.01%攻撃力+148125.28%攻撃力+99164.8%
Lv.11182%20.06%攻撃力+160132.24%攻撃力+107068.4%
Lv.12192%21.12%攻撃力+172139.20%攻撃力+115372.0%
Lv.13204%22.44%攻撃力+185147.90%攻撃力+123976.5%

元素爆発

戦闘天賦(元素爆発)天賦紹介

仙法・救苦度厄
体内に封印された仙力を解放し、度厄のお札で付近の敵にマークをつけ、氷元素ダメージを与える。

度厄のお札
・度厄のお札に影響された敵にダメージを与えた時*1、そのキャラクター自身のHPを回復する。

「本名、救苦度厄真君、起死回骸童子。」
――だが七七はこの言葉を思い出せない。
ステータス詳細スキルダメージ回復量継続時間クールタイム元素エネルギー
Lv.1285%90.0%攻撃力+57715.0秒20.0秒80
Lv.2306%96.8%攻撃力+635
Lv.3328%104%攻撃力+698
Lv.4356%113%攻撃力+765
Lv.5377%119%攻撃力+837
Lv.6399%126%攻撃力+914
Lv.7427%135%攻撃力+996
Lv.8456%144%攻撃力+1083
Lv.9484%153%攻撃力+1174
Lv.10513%162%攻撃力+1270
Lv.11541%171%攻撃力+1371
Lv.12570%180%攻撃力+1477
Lv.13605%191%攻撃力+1588
Lv.14641%203%攻撃力+1703

固有天賦

固有天賦

延命妙法
仙法・寒病鬼差状態時のキャラクターが元素反応を起こした時、受ける治療効果+20%、継続時間8秒。
突破段階「1」で解放

玉籤偶開
七七の通常攻撃と重撃が敵に命中した時、50%の確率で敵に度厄のお札を1枚付与する、継続時間6秒、30秒毎に1回のみ発動可能。
突破段階「4」で解放

往事記憶
ミニマップで周囲の璃月地域の特産の位置を表示する。

命ノ星座


第1重
寒苦回向
度厄のお礼マークがついている敵に寒病鬼差が命中した時、七七の元素エネルギーを2回復する。

第2重
氷寒蝕骨
氷元素の影響を受けた敵に、七七の通常攻撃と重撃の与えるダメージ+15%。

第3重
昇天宝誥
仙法・救苦度厄のスキルLv.3。最大Lv.15まで。

第4重
天威圧衆
度厄のお札マークがついている敵の攻撃力-20%。

第5重
紅蓮開花
仙法・寒病鬼差のスキルLv.3。最大Lv.15まで。

第6重
起死回骸
仙法・救苦度厄を発動する時、近くにいるチーム内全ての戦闘不能状態のキャラクターを復活し、HPの50%まで回復させる。
この効果は15分毎に1回のみ発動可能。

使用素材

突破魔物素材天賦
宝石精鋭素材特産物天賦本Boss素材

アイスクリスタル

急凍樹

琉璃袋

絵巻

繁栄(月・木)

北風のしっぽ

プロフィール

物語

物語の内容を読む

物語ストーリー開放条件
キャラクターストーリー1
キャラクターストーリー2好感度Lv3後に開放
キャラクターストーリー3好感度Lv4後に開放
キャラクターストーリー4好感度Lv5後に開放
キャラクターストーリー5好感度Lv6後に開放
「不死身向けの旅に関する実用書」好感度Lv4後に開放
神の目好感度Lv6後に開放

ボイス

タイトル内容解放条件
初めまして…七七、キョンシーだ。…ん?あと何だっけ。
世間話・独り言ん、今…何を話そうとしたっけ…
世間話・暑さが苦手涼しい場所に行きたい。
世間話・鍛錬七二三四、七二三四…五六七七、五六七七…
雨の日…また傘忘れた。
雪の日…雪だるま作りたい…付き合ってくれる?好感度Lv.6後に開放
晴れの日…今日は出かけるべきじゃない。
風の日…涼しい、気持ちいい。
暴風の日…手…手をつないで!ふ、吹き飛ばされる…!好感度Lv.6後に開放
おはよう…もう朝?今日は何を…ちょっとノートを確認する。
こんにちは……白先生の薬剤の仕分けを忘れた。
こんばんは…こんばんは。今日は…何をしたっけ…
おやすみ…おやすみなさい。柔軟体操してくる。…盗み見禁止。
七七自身について…七七のこと…?ごめん、よく思い出せない…
記憶力について…思い出せないことがたくさんあるけど…別に悪くない。
記憶力鍛錬について…最近記憶力の鍛錬を頑張ったから、あなたを忘れる心配はない。好感度Lv.6後に開放
「神の目」について…「神の目」は時間を止められないけど、大事な人を守る力をくれた。好感度Lv.4後に開放
シェアしたいこと…実は七七の体調は白先生よりもいいよ…
興味のあること…薬舗の周りにたまにヤマガラがいる、小さくて丸い。
白朮について…白先生の顔、思い出せない。でも問題はない…好感度Lv.4後に開放
胡桃について…高温、嘘の笑顔と…死、嫌い。好感度Lv.4後に開放
魈について・名前むっ、骨董品みたいな名前…好感度Lv.4後に開放
魈について・記憶会ったことあるの…?好感度Lv.4後に開放
辛炎について……誰?好感度Lv.4後に開放
瑶瑶について…かわいい…ヤマガラみたい。好感度Lv.4後に開放
冥ちゃんについて…夜…たまに一緒に体操する人がいる気がする…気のせい?好感度Lv.4後に開放
七七を知る・1なにか?
七七を知る・2柔軟体操すると、体を人間みたいな状態に保つことができる。でも気を抜くと、また元に戻る…好感度Lv.3後に開放
七七を知る・3七七を利用しようとする人もいれば、七七を怖がる人もいる。でもあなたは…違う。好感度Lv.4後に開放
七七を知る・4初めて会った時から、あなたから暖かさを感じた。嫌いな熱とは違う、心が温かくなった。ありがとう…嬉しい。今のあなたしか知らないのが残念だ。もし忘れたら…ううん、あなたを覚えるように自分に「命令」するから。好感度Lv.5後に開放
七七を知る・5昔は生きることだけ考えてた、生きる理由も分からなかったけど…今はあなたと生きていきたいと思う。ず、ずっと…一緒にいてくれる?本当に?うん、あなたは七七が守るから!好感度Lv.6後に開放
七七の趣味…ペットがほしい…ヤマガラみたいな。
七七の悩み…よく分からない。でも、温度が高いと体はきつい…
好きな食べ物…ココナッツミルクが好き。でも…味は分からない。
嫌いな食べ物…ごめん、分からない…
贈り物を受け取る・1冷たい、好き。味、わからないけど…
贈り物を受け取る・2えっと…
贈り物を受け取る・3ちょっと、熱い…
誕生日…誕生日おめでとう。はい、薬草の匂い袋。驚いてる?前に言われた時にメモしておいた。毎日見れば、これからも忘れないよ…誕生日
突破した感想・起ああ、強くなったの…?強くなるって何?突破段階「1」で解放
突破した感想・承ああ、理解した。強くなったら、力をコントロールするのにより精力がいる。突破段階「2」で解放
突破した感想・転昔は強さになんとも思わなかったけど、今は…もっと強くなりたい。突破段階「4」で解放
突破した感想・結あなたがいてくれたおかげだ、ありがとう…もうひとつ願いを叶えてくれる?これからは七七に守らせてほしいけど、いいかな?突破段階「6」で解放

他キャラからの反応
本項目はメインシナリオと各キャラボイスに関するネタバレ要素を含みます。閲覧する際は留意してください。引用元ページ:各キャラの反応

他キャラからの反応

煙緋あの薬採りの娘、自分にある掟を定めていると聞いた。か弱く見えるが、己を律するあの者は大事を成す器の持ち主だろう…
ああ、後生恐るべし、あの者に対しては、私も感服せざるを得ないな。
重雲キョンシーの娘に見えるが、方士のぼくにはわかる…彼女は普通じゃない。うん…名前も宝誥にないし、一体どういうことだ…
胡桃七七ちゃんを見かけた?どこにいるか教えて!あの子をどこかに隠してそれから……えへへへへ!
行秋七七は謎だらけって感じだね。でも白朮先生がいると、彼女とは話せないんだ。そうだな、白朮先生が診察に出かける時を狙ってさ…

その他、フィールド等でのボイス

その他、フィールド等でのボイス
太字項目はゲーム内のボイスを聞き取って文字に起こしたものです。公式テキストではないためご注意ください。

アクション内容備考
待機中ん、今…何を話そうとしたっけ…「世間話・独り言」と同じ
涼しい場所に行きたい。「世間話・暑さが苦手」と同じ
七二三四、七二三四…五六七七、五六七七…「世間話・鍛錬」と同じ
一二七七、二二……よし。あ、うぅ……
元素スキル諸行無常。
生生流転。
行け。
戻れ。
元素爆発聞き給え。ここにて命ずる。
我が名は度厄真君なり。
仙法開け、顕現せよ。
ダッシュ開始もっと(ママ)く?
風の翼を広げるファ…
宝箱を開けるきれい。
宝箱……使える?
中はなに?おぼえてない……
HP低下痛い。
あー-
生きていかないと…
仲間HP低下危ない。
七七がやる。
戦闘不能また、封印されるの……?
寒い……
嫌だ……
ダメージ感覚がない…
重ダメージそんな…
まずい…
チーム加入…来た。
何の御用?
メモ…持ってる。

考察

総評

浸食環境における堅実なヒーラー・超電導パーティーにおけるサブアタッカー
元素スキル、元素爆発に加えて限界突破で解放される固有天賦もすべて回復能力に関わるものであり、パーティを堅実に支える優秀なヒーラーである。
高い基礎攻撃力と手数の多さを生かして物理アタッカー、氷元素付着の役割も一定水準でこなすことが出来る。聖遺物「海染硨磲」によるサブアタッカー適正もある。

特徴

  • 元素スキル、元素爆発、通常攻撃すべてに回復性能
    七七は、元素スキル、元素爆発、そして天賦解放後の通常攻撃と全てに回復能力がある。
    元素スキルは展開時に周囲に氷元素ダメージを与え、その後フィールドに出ているキャラクターを一定間隔で回復させながら、周囲に弱威力の氷元素ダメージを与える。
    元素爆発は周囲に氷元素ダメージを与えながら度厄のお札を敵に付与。
    度厄のお札は七七の回復能力の要であり、これが付与された敵を攻撃したキャラクターはHPを大きく回復することができる。
    度厄のお札による回復は、効果時間内なら何度も発動することができ、瀕死のキャラクターでもすぐさま立て直しが可能なほど強力。
    突破Lv4で固有天賦玉籤偶開が解放されると、通常攻撃でも度厄のお札が付与されるようになり、元素スキルや元素爆発を使用せずとも大幅なHP回復ができる強力なヒーラーとなる。
    稲妻に存在するダメージフィールドや敵の攻撃による浸食状態など、シールドを貫通する攻撃が来る状況では安定してパーティーの生存率を高めることができる。
  • 海染硨磲による追加攻撃
    Ver2.3で追加された聖遺物「海染硨磲」によって、回復力を継続的に物理ダメージへ転化することが可能になったため、特に超電導パーティーではサブアタッカーとしての役割もこなすことが出来るようになった。
    詳細は後述する装備>聖遺物の欄を参照。
  • 単独で一定レベルの攻撃もこなせる
    序盤のうちは、七七を入手できれば回復と攻撃が十分にできるため、時間制限さえなければ大抵の局面を一人で解決できてしまう。
    そのため、キャラクターが十分に育つ前(目安ランク45程度)にもし入手できたなら、七七さえしっかり強化しておけば探索やストーリー、各種ボス戦で困ることがなくなる。
    全キャラクターの中でも屈指の防御力を誇り、回復能力の高さからも七七自身は非常に倒されにくいため、ボス戦でのセーフティネットとしても有用。
  • マルチプレイで人気
    マルチプレイにおいては、通常攻撃を多用することや、ヒーラーの重要度の高さから、重宝される存在である。
    バーバラの元素爆発のような能動的な大回復こそ出来ないが、パーティ全体を継続的に回復させられるため、頻繁にダメージを受けるような場所では非常に役立つ。

注意点

  • 単独で元素粒子を生まず、元素爆発にはサポートが不可欠
    元素スキルを命中させても元素粒子を生まないため、単独では元素爆発を発動させにくい。
    また元素爆発も80族というところも、元素爆発の扱いを難しくしている。
  • 元素付着の間隔
    氷元素を扱うキャラクターであり、元素スキルはキャラ交代可能で一定間隔で継続して氷元素攻撃をダメージを与えるタイプだが、攻撃頻度が低い。
    元素スキルのクールタイムが30秒と長めということもあって、任意のタイミングで氷元素を付着させることは得意ではない。
    その性質から、元素反応への利用としては凍結()と超電導()とは非常に相性が良く、一撃で高ダメージを狙う溶解()とはあまり噛み合わない。
    他のキャラクターで蒸発を狙う編成ともあまり相性が良くないケースがある。
  • メインアタッカーとしては決め手を欠く性能
    単独で攻撃もこなせるが、本職のメインアタッカーが十分に育ってくる(目安ランク45以上)と七七の攻撃性能の価値は下がってくる
    元素スキルと元素爆発のCTが長い上に元素付着の頻度が低いため、水バリアの敵の相手も得意ではない。

他キャラクターとの相性

近接、継続的な氷付着が有効、この2条件に当てはまるキャラとの相性は非常に良い。

キャラクター相性考察

  • 雷電将軍
    • 七七側から見れば、重たい元素爆発へのエネルギーを供給してくれる存在であり、爆発を高頻度で打てるようになる。爆発によって聖遺物「海染硨磲」の泡ダメージを最大に保ちつつ、さらに超電動の物理耐性デバフによって泡の威力が上がる。
    • 将軍側から見れば、爆発80族の七七は自身の爆発の威力の強化に便利であり、また七七の爆発後15秒間は将軍の爆発中の中断耐性も合わせて実質無敵になれるため、シールドがそれほどいらないという利点がある。
    • ただし将軍の高い元素エネルギー供給をもってしても、素では常時爆発をしにくいため、武器や聖遺物、ロサリアなどによる元素チャージ効率の補助は必要。
  • エウルア
    • 最強の物理アタッカー。将軍と同様に高い中断耐性を持つため、七七による継続回復があればシールドが必須ではなくなる。
    • エウルアのスキルで物理耐性デバフが出来、さらにエウルアを使う場合はまず超電導で物理耐性デバフをする構成になるため、海染硨磲の泡ダメージも上がるのも噛み合う。
    • ただし七七もエウルアも元素エネルギーの供給に難があるため、爆発をうまく回すには雷電将軍か西風長槍を装備したロサリアがほぼ必須。
  • 鍾離
    • 将軍やエウルアは高い中断耐性があるとはいえ、やはり強力なシールドを持つ鍾離がいる方が安定はする。海染硨磲の泡は鍾離のシールドによる耐性デバフの恩恵を受けるため、七七側の攻撃力も高くなる。
    • 鍾離との組み合わせで強力なのは何と言っても安定感の高さ。七七の凄まじい回復量と鍾離の堅牢なシールドによりスキル回しを怠らなければ死ぬことはまずなくなる。
  • ロサリア
    • 聖遺物「海染硨磲」によって元素爆発を攻撃的に使えるようになった七七だが、雷電将軍を所持していない場合は爆発を回しにくい。そのような場合は西風長槍を持たせたロサリアをエネルギー供給役に使うとよい。
    • また6凸していれば、物理耐性デバフ効果によって海染硨磲の威力が上がるのも魅力。
  • アルベド
    • 七七(海染硨磲)・雷電将軍・鍾離と並べた時に残りのピースの定番として使える。海染と同時にアルベド用の聖遺物を掘れるのもお得。
    • 元素熟知アップにほぼ恩恵がないパーティーの上に、将軍が余り必要としない爆発40族のため、アルベド側の元素爆発が腐りがちなのが難点か。
  • レザー刻晴(物理型)
    • 雷+氷の超電導効果は物理アタッカーの力を大きく高める。
    • 特にレザーの爆発は長時間表に出る必要があるが、七七の回復によりそれを助け、ゴリ押しも可能になる。
  • タルタリヤ
    • タルタリヤの攻撃範囲と七七のスキル範囲がほぼ一致しており、七七スキル→タルタリヤスキルの順で発動することで敵を凍らせたまま倒し切る事ができる。盾持ちにも効果的。
    • 螺旋に出てくるやっかいな蛍術師の集団に対しては、開幕スクロース等で敵を1箇所に集め、全員を凍らせたまま一気に処理する事も可能。
  • 行秋バーバラ
    • どちらも周囲に定期的な水付着を行うので七七のスキルと重ねると凍結を解除させずにキープしやすい。
    • 特に神里綾華等の近接氷アタッカーをメインにした凍結編成では、敵に隙を与えず元素爆発を叩き込む所まで安定させるのに一役買う。
    • 元素爆発中の耐久を高め、風攻撃で氷拡散を起こすことができる。行秋などを合わせて凍結を狙うのも良。

天賦

通常攻撃・雲来古剣法

特性: 吹き飛ばし
全5段の物理ダメージ。
倍率が低い代わりに攻撃速度が速いため、ヒーラーではあるが他のキャラより特別弱いということはない。
回復のタイミングが攻撃命中時のため、七七向けに調整されているといえる。
七七をメインとして多用するのであれば、雷元素アタッカーを据えて超電導を起こし、敵の物理耐性を下げるのが良い。
天空の刃や完凸フィッシュルのオズなど、出場キャラの通常攻撃に追随して追加攻撃を放つ効果とはトップクラスに相性がいい。

重撃はやや倍率が高めだが、少々モーションがゆっくり。

  • モーションを観察すると途中で剣を左手に持ち替えている瞬間がある。

仙法・寒病鬼差(元素スキル)

「生々流転」
元素粒子生成: 0個 元素付着時間: 9.5秒 特性: なし
ビット「寒病鬼差」を召喚し、周囲の敵を攻撃する。
寒病鬼差は出場中のキャラクターの周囲を旋回し、周囲の敵へ氷元素ダメージを与える。
スキル使用時に1回、その後「反時計回り1回」と「時計回り/反時計回りの2回」セットを4回繰り返す。
ダメージ総量はスキルダメージx1+寒病鬼差x9。

  • 「寒病鬼差」の召喚中は回復が発生する。回復の種類は3種類。
    • ①「寒病鬼差」使用時、七七に対して1回の回復が発生。
    • ②「寒病鬼差」展開中、七七の通常攻撃・重撃が敵に命中した時、自身の控えメンバー/周囲マルチプレイヤーのHPが回復。
    • ③「寒病鬼差」展開中、出場キャラクターのHPが時間経過で継続回復。回復総量は継続回復量x4回分。
  • 発生中、出場キャラが継続回復し、七七の通常・重撃による回復はパーティ全体が回復する。待機キャラの回復量はそう多くないことに注意が必要である。
    撃ったあとはキャラ交代含め自由になるため、ダメージ補助+氷元素巻き+継続回復とサポート用途として優秀。
    基本的にクールタイム毎に発動するだけで仕事をしてくれる。
  • ただしクールタイムが長く、ダメージ倍率も高くないため火力用途としてはあまり向いていない。また、シールド破壊能力も低い点に注意。
    元素反応は、ダメージ倍率の低さ・タイミングの独特さから溶解にはメイン・サポートどちらも向いていないため、凍結・超電導が主な用途となりうる。
  • 氷元素攻撃として水面を凍らせるが、泳ぎモーション中でも凍結が可能な点が便利。維持時間こそ短いものの、登り動作なしでそのまま地上モーションになる。
    スキル使用の猶予には十分で、ガイアのスキルやモナのダッシュなどの起点にできる。

仙法・救苦度厄(元素爆発)

「我が名は度厄真君也」
元素付着時間: 12.0秒 特性: なし
自身を中心とした中範囲の敵全てに「度厄のお札」を付与し、その後氷元素ダメージを与える。
札を貼られた敵に攻撃が命中する」ことで回復が行われており、元素爆発自体が回復を持っているわけではない。
敵の居ない場所で元素爆発を使っても、七七のHPは回復しないので注意しよう。
七七としては単発ダメージ倍率が高いため、溶解を狙ってもよい。

度厄のお札
「度厄のお札」が付与されている敵に攻撃が命中すると、攻撃を命中させたキャラクターのHPが回復する。

※説明文では、「お札に影響された敵にダメージを与えた時」と書かれているが、実際は札付きの敵に攻撃が命中さえすれば、ノーダメージでも回復は発動する
元素耐性や元素シールドを持つ敵を攻撃したり、擬態中の草スライムの頭上を素振りしただけでも、お札が付いていれば問題なく回復が可能。

  • 回復量は非常に多く、瀕死のキャラでも即座に立て直すことができる。
    攻撃しながら大回復が可能となるため、即死攻撃を持つような敵でなければ、ゴリ押ししてもまず落ちることが無くなる。
  • お札による回復には約1秒のクールタイム(動画検証による実測値)があるため、攻撃速度が速いキャラを使っても全てのヒットで回復する訳ではない*2
    • それぞれの札のクールタイムは共有しており、複数の敵にお札を貼り付けて範囲攻撃をしても多重回復はせず、他の敵に当たってもクールタイムは伸びない。*3
  • 度厄のお札による回復は出場キャラのみのため、他のキャラを回復したい場合は交代を挟む必要がある。
    逆に言えば付与後に七七が出ている必要はないため、HPの減ったキャラを出し、殴りながら回復できるともいえる。
    • マルチプレイにおいては全員が場に出て殴れる関係上、継続時間中はチームメンバーへ多量のHPを供給し続けることができる。
      より多くの敵にお札を貼り付けることで乱戦でも確実に回復をばら撒けるため、敵を十分に引き付けるか、自ら敵集団の中心へ飛び込んでから元素爆発を発動するとよい。
  • お札の回復量はお札を貼った時点ではなく、回復が発生した時点での七七の攻撃力を参照している。
    例えば九条裟羅の攻撃力バフなどで一時的に七七の攻撃力が増加した場合、バフ中はその分だけ回復力も上昇する*4

延命妙法(パッシブ1)

元素スキル自体が氷元素攻撃をするため、条件を満たすことは容易。回復量20%上昇はそれなりに大きい恩恵がある。

玉籖偶開(パッシブ2)

30秒に1度、通常攻撃でも度厄のお札が付与されるようになる。七七の回復能力の要。回復量は元素爆発の天賦Lvが参照される。
他のアタッカーが表に出て戦う運用の場合、アタッカーの体力が減った際には七七を表に出し、
通常攻撃で度厄のお札を付与してすぐ交代することで、元素スキルや元素爆発を使用せずとも他のキャラクターを回復することができる。
ただし元素爆発で付与される札は15秒持続するが、パッシブで付与される札は6秒しか持続しない。札が貼られたら迅速に回復したいキャラへ切り替えよう。

往事記憶(パッシブ3)

璃月には集めづらい特産品(特に自身の突破素材である琉璃袋)が多いため、それらの素材が必要な場合に重宝する。

命ノ星座

第1重・第4重は「度厄のお札マーク」付与時に発動する効果のため、固有天賦「玉籤偶開」を開放しておくと、より有効的に活用しやすい。

  • 第1重・寒苦回向
    度厄のお礼マークがついている敵に寒病鬼差が命中した時、七七の元素エネルギーを2回復する。
    自力で元素粒子を発生できない七七の元素チャージを支援する能力。七七が控えにいても発動する模様。
    発動には「度厄のお札マーク」+「寒病鬼差」という二つの条件を満たす必要がある。
    有効活用するためには、元素スキルと爆発を同時に使用することが望ましい。
    しかしどちらもクールタイムが長い関係上、互いのクールタイムを補うよう別々に発動した方が良いケースもある点が悩みどころ。
    また、寒病鬼差を当てにくい弓・法器キャラでは活用が難しい。

  • 第2重・氷寒蝕骨
    氷元素の影響を受けた敵に対する、七七の通常攻撃・重撃ダメージが+15%される。
    七七をメインアタッカーかつ超伝導を主軸とした戦略においては火力アップが期待できる。
    逆に言えば、七七をメインアタッカーとして起用しない場合は恩恵が薄い。

  • 第4重・天威圧衆
    度厄のお札マークがついている敵の攻撃力に-20%のデバフがかかる。
    お札付きの敵を叩いて回復する場合、敵の反撃を受けた際のチームの被ダメージ量を減少できるため、よりチームの安定性に寄与することができる。

  • 第6重・起死回骸
    元素爆発時、付近にいるチーム内全て(他プレイヤー含む)の戦闘不能キャラクターを復活させ、HPの50%まで回復させる。
    現行のゲームシステム上は原則不可能なマルチ秘境中での他プレイヤーの蘇生ができる希少な能力。*5
    凸難易度が高いのが難点だが、もし6凸出来ていればマルチプレイにてヒーラーとして起用する価値は高まる。
    効果発動は15分毎に1回と大きく制限されているため、多人数を同時に蘇生した方がリターンが大きい。
    とはいえ、わざわざ元素爆発を出し惜しみしてチームの安定性を損なうのは本末転倒なので、持てる回復力は躊躇せず発揮していこう。

装備

武器

  • 風鷹剣 (★5/祈願)
    ★5武器の中では特に七七に合う一振り。主にアタッカー向け。
    高い基礎攻撃力に加え攻撃力+20%で回復力も向上し、サブステータスも物理ダメージバフと全てが噛み合った性能。
    被弾時回復効果まであるため、ますます不沈艦になる。

  • 斬山の刃 (★5/限定祈願)、 磐岩結緑 (★5/限定祈願)
    アタッカー運用する場合は単純に火力のある武器で問題ない。攻撃力を上げればヒーラー性能も同時に強化できる。
    風鷹剣には及ばないが、アタッカーとして仕事をしてくれる。

  • 天空の刃 (★5/祈願)
    基本性能が高く、手数の多い七七にマッチした効果を持つ★5武器。ソロよりもマルチプレイで力を発揮する。
    ソロでは肝心の元素爆発自体が発動させにくく、爆発直後は他キャラを回復させる為に七七を引っ込めざるを得ないという矛盾を抱える。
    よってベネットなど別の片手剣サポートキャラに持たせた方が良いだろう。
    マルチであれば他プレイヤーが出すエネルギーで爆発を出しやすくなり、爆発後も七七で殴り続けられため、武器性能を余す所無く発揮できるようになる。

  • 祭礼の剣 (★4/祈願)
    サブステータスが元素チャージ効率で、元素スキルのCTをリセットする効果を持つ。
    七七はスキルの継続時間が15秒・CT30秒と共に長いためリセット効果の恩恵が大きい。
    特に精錬5なら武器効果の発動CTが16秒となり、実質スキルをループできるようになる。
    ただし、リセット効果は「七七が場にいる状態でスキルダメージが発生した場合」に発動するため、
    発動前に交代したり相手がバリア持ちの場合は効果が発動しないので注意しよう。効果発動を確認してから交代し、初段で当たらなかった場合には回転する際のヒットを狙い、それまでの時間は通常攻撃によるお札貼りを試みるとよい。

  • 西風剣 (★4/祈願)
    サブステータスが元素チャージ効率で、会心攻撃時に確率で元素粒子が生成される。
    スキル回復重視の祭礼の剣に対して、こちらは元素エネルギーのサポート力に優れている。
    七七は通常攻撃のモーションが速いため、会心率が低めでもある程度なら手数でカバーがしやすい。
    聖遺物の冠を会心率にするかどうかは厳選状況やチーム編成と相談しよう。
    こちらも七七が場にいる状態でないと効果が発動しない点には注意。

  • 黒剣 (★4/紀行)
    紀行武器。サブステータスが会心率で、★4片手剣のアタッカー武器としては最定番。攻撃面も重視する場合の有力な選択肢。
    七七はある程度の攻撃力さえあれば回復力は十分なため、黒剣でも問題ない耐久を確保できる。
    また黒剣自体が優秀な片手剣であるため、七七本人をアタッカーとして使わなかったとしても、後で他のキャラで使い回しができる点も長所。

  • 斬岩・試作 (★4/鍛造)
    鍛造武器。PVで持っているのはこの剣。ストーリー上で1本は確実に入手できる。サブステータスが物理バフのため、物理アタッカー運用においては黒剣と並ぶ筆頭候補。
    効果により通常攻撃・重撃がヒットするたびに攻撃力と防御力が上昇する。火力と回復量を若干向上させつつ、高い基礎防御力も併せて伸ばせる点が強み。

  • 笛の剣 (★4/祈願)
    サブステータスが攻撃力で、サブアタッカーとしての性能も保ちつつ回復力も上がる。
    また基礎攻撃力が高めである七七とサブステータスおよびスキル効果の相性がよく氷共鳴などで会心率をカバーすることでメインアタッカーも担える。
    発動効果に物理ダメージバフが乗るのも追い風。攻撃速度が速すぎて0.5秒の壁を割りやすく、かえって音符が溜まりにくいのが難点といえば難点。

  • 黎明の神剣 (★3/祈願、宝箱)
    HPの維持が容易のため相性が良い。ゲーム序盤でメインアタッカーに斬岩試作を渡したい時などに。

  • チ虎魚の刀 (★3/祈願、宝箱)
    冒険序盤で他に持たせるものがない場合。サブステータスが攻撃力で武器効果もすぐ引っ込む使い方に相性が良い。

聖遺物

回復力に期待するか、物理攻撃も兼任させるかを明確に定めて装備を揃えると良い。
回復量が攻撃力に依存することから、砂時計は攻撃力%or元素チャージ効率。杯はヒーラー型なら攻撃力、物理アタッカー型なら物理ダメージバフ。
氷ダメージバフ杯は、使用頻度の高い元素スキルが火力用途向きでないためあまりおすすめできないが、元素爆発で高火力を狙いたい場合には候補となる。
冠は、アタッカー型なら会心率/会心ダメージ、ヒーラー特化型や海染4セット型なら治療バフにしよう(妥協で攻撃力%)。
サブステータスは、アタッカー型なら攻撃力はもちろん会心系の数値がある程度欲しいがそれ以外の型ならそこまで重要ではない。
回復量に関係する攻撃力に加えて、元素爆発の回転に影響する元素チャージ効率を上げたい。
防御力は回復効果に貢献しないため優先度は低いものの、七七は基礎防御力が高水準であり、ヒーラー兼セーフティネットとしての役回りから、あえてサブステータスに防御%を採用するのもあり。

  • 海染ヒーラー&アタッカー型
    Ver.2.3で実装された聖遺物の海染硨磲を活かした編成。
    海染硨磲には装備したキャラクターがチーム内のキャラクターに治療を行うと、治療によるHP回復量を記録する海染の泡を生成。3秒後、敵に回復量の90%分のダメージを与える効果がある。
    七七は度厄のお札によってこれを有効活用できるキャラであり、回復しつつダメージを与えるという運用が可能。なお、お札を貼った後はキャラ交代も可能。

    • 海染硨磲4 (与える治療効果+15% / 味方を治療すると回復量を記録し、3秒間の累計回復量に応じてダメージを与える)
      下記の回復特化に比べるとやや回復量は落ちるが、2セット効果で愛される少女と同じ治療効果バフあり。
      また七七自身の攻撃は強化されない代わり、回復を行うのに応じて範囲ダメージを発生させることができる。
      七七の回復量ならば上限の「3秒間で3万回復」も十分可能であり、さらにこの聖遺物効果によるダメージは物理ダメージなので、雷元素キャラと組ませて超電導でさらに強化できる。
      鍾離シールドやロサリア完凸などの物理耐性ダウンも有効。ただし物理ダメージバフや会心は乗らないため、七七をサポーターとして控えに戻す(通常攻撃でのダメージを狙わない)運用をする場合には、回復量や爆発の回転重視の攻撃力orチャージ効率/攻撃力/治療バフ(妥協で攻撃力)の構成がおすすめ。

  • ヒーラー向け
    純ヒーラー、ヒーラー兼サブアタッカー、バッファーといった裏方のビルド。
    時計は攻撃、杯も攻撃、冠は治療効果か攻撃を優先する。

    • 愛される少女4 (与える治療効果+15% / スキルか爆発の後10秒間、チーム全員が受ける治療効果+20%)
      回復特化。攻撃や治療バフをしっかり積み4セットを発動すれば全キャラでも屈指の回復量となる。
      継続的にダメージが発生しやすい場所では非常に頼りになるが、普段遣いで回復過剰と思える場合はアタッカー向けにシフトするのもあり。
      なお4セット効果の発動時間が七七のスキル時間よりも少し短いため常時発動しない点は注意。
      また、スキルのオート回復のみを目的として発動後すぐ交代する運用では1回目の回復にしか効果が適用されず、総回復量では下記の剣闘2構成より劣ってしまう。
      他の利点として中盤の入手のしやすさがある。見聞報酬で★4の品が5セット確実に手に入るため早くから4セット発動を狙える。
      ただし★5でしっかり組もうとすると秘境に通う事になるので、手持ちの剣闘士などと相談して集めやすい妥協点を決めていく事も考えよう。
      他キャラ用の翠緑を集めるついでに4セットが揃った場合は大いに活用できる。

    • 愛される少女2 剣闘士のフィナーレ2 (与える治療効果+15% / 攻撃力+18%)
      回復特化。愛され4には瞬間回復力で及ばないが、スキルを使ってすぐ交代する運用では攻撃力+18%で回復力が常時高まる分、僅差でこちらが上回る。
      多少の攻撃性能向上の側面もあるものの、愛され4とは誤差レベルのため先に整えやすい方で選ぶとよい。

    • 愛される少女2 海染硨磲2 (与える治療効果+15% / 与える治療効果+15%)
      回復特化。愛され4と愛され2剣闘士2の中間ほどの瞬間回復力を持つ。スキルを使ってすぐに他キャラと交代する運用では最大の回復力を誇る。
      海染は見分報酬に無いため、実際に取りに行く必要がある。

    • 千岩牢固4 (HP+20% / 元素スキル命中で3秒間チーム全員の攻撃力+20%・シールド強化+30%、裏にいても発動)
      全ての効果が生きるわけではないが、スキルが持続的に発動するのでバッファーとして運用できる。精錬の進んだ祭礼の剣と組み合わせると更に効果的。
      シールドも強化されるので他キャラで付与してあげると良い。

  • アタッカー向け
    回復よりも攻撃性能を確保するタイプ。純アタッカーキャラには及ばないが、味方全員を回復しつつそれなりのダメージを出すことができる。
    時計は攻撃、杯に物理、冠に会心系が基本。
    しっかり育成すれば回復力は十分に確保でき、死なずに延々と殴り続けるゾンビ戦法が可能。

    • 蒼白の炎4 (物理ダメージ+25% / スキル命中で7秒間攻撃力+9%、最大2重まで。2重時に2セット効果2倍)
      スキルが持続的にヒットするため2重効果へ持って行きやすく好相性。
      ただしスキルが消えてクールダウンに入ると効果が半減してしまう点は注意。
      厳選が進んでいない場合、剣闘士のフィナーレ2なども併用すると良い。

    • 蒼白2 血染め2 (物理ダメージ+25% / 物理ダメージ+25%)
      蒼白4には若干火力負けするが、安定感では上回る。
      常時物理ダメージ+50%になるため出ずっぱりでアタッカーをこなすことができる。

    • 剣闘士のフィナーレ4 (攻撃力+18% / 通常攻撃ダメージ+35%)
      蒼白2、血染め2に及ばないが、回復力を若干確保しつつ七七の通常攻撃を強化する。
      ボスや螺旋で偶然手に入れた良品があれば活用することができる。

    • 武人4 (通常攻撃・重撃のダメージ+15% / スキル使用後、8秒間通常攻撃・重撃のダメージ+25%)
      ★4までしか存在しないため、血染めや蒼白までの妥協品ではあるが、強化すれば中盤で十分通用する。

    • 旅人2 勇士2 (攻撃力+18% / 攻撃力+18%)
      序盤~中盤で手に入る。七七の火力と回復力を同時に強化できる。

      変則型

      • 奇跡4 (全元素耐性+20% / 元素ダメージを受けると10秒間その元素の耐性+30%)
        もともと防御力が高い七七の耐久を更に高めた構成。
        元素ダメージを受けると続く被ダメージを半分ほど減らす事ができ、四元素共鳴を加えれば65%ほどカットする(雷、炎耐性40%カットならばなんと75%カットに)。
        七七が受けつつアルベド、フィッシュル、行秋など設置系で攻撃すれば安定した戦いができる。
        タイムアタックには向かないが、敵の攻撃が苛烈な螺旋をひとまずクリアしたい場合等には役立つ事もあるかもしれない。
        …が、強化コストまで考えるとあくまでネタ色が強いのは否めない。

その他

小ネタ

小ネタ

  • 待機中のセリフ「七二三四、七二三四…五六七七、五六七七…」について
    記憶力を損なわないために、自分の名前も交えて数を数える頭の体操だと思われる。(「七七=チーチー=Qiqi」)
    が、そもそも「一(イー)」と「七(チー)」を間違えて覚えてしまった結果、
    「一二三四 (イー アル サン スー)」が「七二三四 (チー アル サン スー)」になってしまっている。元の中国語ボイスを聞くとわかりやすい。
    これを分かりやすく日本語で例えるなら「なな」読みではなく「しち、にー、さん、しー、ごー、ろく、しち…しち…」と言えば伝わりやすいか。

  • 日本語、中国語版両方にて、体をほぐす運動をしている最中にも数字の掛け声を唱えている。「一二七七、二二七…」
    こちらは間違えずに言えているようだ。

  • 待機モーション中に吹く風には吸い込み判定があり、周りにアイテムが落ちていると集まってくる。

  • 七七はリリース当初から実装されているキャラなのだが、その初期組の中では最も活躍の場が少ないキャラと言える。(Ver2.2現在)
    初期★5キャラでディルックジンは魔神任務での活躍や伝説任務も用意されており、モナは伝説任務に加えてVer1.1イベント帰らぬ熄星で相応の活躍を見せた。また、メインストーリーで七七同様に少しだけ登場した刻晴も、Ver2.2での韶光撫月で待ちに待った活躍の場を得ている。
    初期★4キャラにおいてもデートイベント、伝説任務がないのはスクロースフィッシュルであり、これらのキャラはイベントにて関わる機会が多くあったと考えれば、ココナッツヒツジの一件でしかかかわる機会がなかった七七は会話をする機会が最も少ないことになってしまう。
    今日、原神はリリースから1年が経過した。いつの日か、七七が大活躍する日が来るのだろうか…

情報提供用コメントフォーム

  • 七七は回復と超伝導or凍結役を圧縮できるのはいいがパーティ全体が火力不足になりがちだったから、新聖遺物でサブ火力面にも期待できそうで嬉しいな -- 2021-11-14 (日) 13:04:50
  • 最新までシナリオ終わらせたけど、cv同じなのってなんか関係あるの?崩壊でもバージョン違いや世界違う自分以外cv兼任ていないような気がするけど。七七記憶ないし先生が怪しく見えてきたんだが… -- 2022-09-04 (日) 06:44:06
  • 不卜盧となっていますが不卜廬です -- 2022-09-13 (火) 13:36:49

こちらは情報提供フォームです。明らかに情報提供を旨としないコメントは断りなく削除することがあります。間違ってコメントした場合はその旨を返信にて申告してください。

コメント

過去ログ

コメント投稿ルール

誰もが快適にコメント欄を利用できるように、他人を傷つけない投稿を心がけましょう。
不平不満は愚痴掲示板へ。

  • リーク情報、キャラクターや他者に対する誹謗中傷、バグ悪用の推奨等は、投稿・編集ガイドラインで禁止されています。
  • 不適切な投稿は、反応したり相手にしたりせずに、zawazawaにログインして通報(推奨)、または管理連絡掲示板で報告してください。
  • 悪質な場合は管理者より警告・投稿規制等の措置を行います。
  • 不快なコメントに対しては、日付横の通行止めマーク🚫をクリックすることで、その投稿者のコメント全てを非表示にできます。

*1 ゲーム内の説明文は誤りで、
実際は「攻撃が命中した時」に発動する。
ダメージの有無は関係なし。

*2 Theorycrafting Library: Qiqi Talisman ICD
*3 Theorycrafting Library: Qiqi Talisman ICD
*4 Theorycrafting Library: Talisman Does Not Snapshot
*5 Ver2.1現在において他プレイヤーを蘇生できる唯一の能力である。類似の蘇生効果を持つバーバラの6凸効果は、対象が「自身のキャラクター」に限定されているため、他プレイヤーの蘇生はできない。