鍾離

Last-modified: 2022-10-04 (火) 23:14:23


基本情報

期間限定入手キャラクター(→祈願)

画像
プロフィール
名前鍾離(ショウリ)
CV前野智昭
誕生日12月31日
所属璃月港
神の目
命ノ星座???
装備可能武器長柄武器
オリジナル料理とろ火で煮込んだ腌篤鮮
(腌篤鮮)
表記変化条件:魔神任務第一章・第三幕クリア
神の目:「神の心」に変化
命ノ星座:岩王帝君座
ひとこと紹介
「往生堂」に招かれた謎の客卿、博識であり、あらゆることに精通している。
紹介
璃月の伝統において、「仙人を送る」ことは「仙人を迎える」ことと同じくらい重要な意味合いを持つ。
その璃月で、最も「送別」が得意なのは七十七代続く胡家の「往生堂」である。しかし「往生堂」の堂主、胡桃は、主に凡人を送ることを得意としていた。
仙人を送る儀式は、鍾離に託すことが多い。
仙人は璃月と共に長い年月を過ごしていたため、3000年にも及ぶ歳月の中、天に召した仙人は極めて少ない。そのため、伝統に関するしきたりは、紙に書くことでしか伝えることができない。あまりに間隔が空き過ぎているのだ。幼い頃に1回見て、死ぬ前にもう一度見れるようなものではない。
だが、最もしきたりに厳しく、古い伝統に夢中な学者たちでも、「往生堂」の送仙の儀式の失敗を見付けることはできない。
儀式の服装、儀式を行う時間、場所、道具、その日の天気、儀式の長さ、参加者の人数、職業、年齢などなど、全てが規則に則っているからだ。
人々が「博学多識」などと鍾離を褒めると、いつも彼は苦笑を浮かべこう返す、「ただ…記憶力がいいだけだ」と。
「長い年月が流れ、彼は無数の人と出会い、無数の人と別れました。」
「曰く、流水は変わり易く、山石は移り難きもの。」
――隣国の往事に触れ、雷電将軍は八重宮司にこう語った。

公式動画

✦✦✦エピソード実戦紹介OST selectionチュートリアル動画インタビュー
gショ鍾離ーー想定外の支出見物人世を見渡す神岩の旅路
悠々自適の愉楽
贅沢な食饌前野智昭/ 1周年記念
2周年記念

ステータス

Lv.1Lv.20Lv.40Lv.50Lv.60Lv.70Lv.80Lv.90
突破前突破後突破前突破後突破前突破後突破前突破後突破前突破後突破前突破後
基礎HP1,1442,9673,9485,9086,6057,5998,5289,53310,23011,24311,94012,96513,66214,695
基礎防御力57149198297332382428479514564599651686738
基礎攻撃力195167101112130145163174192204221233251
岩元素ダメージ----7.2%7.2%14.4%14.4%14.4%14.4%21.6%21.6%28.8%28.8%

天賦

通常攻撃

戦闘天賦(通常攻撃)天賦紹介

通常攻撃・岩雨
通常攻撃
槍による最大6段の連続攻撃を行う。

重撃
一定のスタミナを消費して前方に疾行し、行動経路上と終着点に雨のような岩槍を投下する。

落下攻撃
空中から落下し地面に衝撃を与える。経路上の敵を攻撃し、落下時に範囲ダメージを与える。
ステータス詳細1段
ダメージ
2段
ダメージ
3段
ダメージ
4段
ダメージ
5段
ダメージ
6段
ダメージ
重撃
ダメージ
重撃スタミナ
消費
落下期間の
ダメージ
低空/高空落下
攻撃ダメージ
Lv.130.8%31.2%38.6%42.9%10.8%×454.5%111%25.063.9%128%/160%
Lv.233.3%33.7%41.7%46.4%11.6%×458.9%120%69.1%138%/173%
Lv.335.8%36.2%44.9%49.9%12.5%×463.4%129%74.3%149%/186%
Lv.439.4%39.8%49.3%54.9%13.8%×469.7%142%81.8%164%/204%
Lv.541.9%42.4%52.5%58.4%14.6%×474.1%151%87.0%174%/217%
Lv.644.7%45.3%56.1%62.4%15.6%×479.2%161%92.9%186%/232%
Lv.748.7%49.3%61.0%67.9%17.0%×486.2%176%101.1%202%/253%
Lv.852.6%53.2%65.9%73.4%18.4%×493.2%190%109.3%219%/273%
Lv.956.5%57.2%70.9%78.9%19.8%×4100.1%204%117.5%235%/293%
Lv.1060.8%61.6%76.3%84.9%21.3%×4107.7%219%126.4%253%/316%
Lv.1165.7%66.6%82.4%91.7%23.0%×4116.4%237%135.3%271%/338%

元素スキル

戦闘天賦(元素スキル)天賦紹介

地心
山脈の中、大地の上、盤石の間に岩の力が宿っている。しかしこの力を自由に扱える者は少ない。

一回押し
大地の至るところにある岩元素を積み上げ、岩柱を生成する。

長押し
付近の岩元素を爆発させ、下記の効果を発動する。
・岩柱が数の上限に達していない場合、岩柱を生成する。
・玉璋シールドを生成する。シールドのダメージ吸収量は鍾離のHP上限によって決まる。
岩元素範囲ダメージを与える。
・周りに岩元素を持つターゲットがいる場合、最大2つのターゲットの岩元素を大量に消耗させる。この効果によるダメージは発生しない。

岩柱
岩柱が生成された時、岩元素範囲ダメージを与える。
また、岩柱が存在している間、周囲の他の岩元素創造物と一定時間の間隔で原岩共鳴をし、継続的に周囲の敵に岩元素ダメージを与える。
岩柱は岩元素創造物と見なされ、攻撃を防ぐことができ、登ることもできる。同時に最大1つまで存在可能。

玉璋シールド
全元素ダメージと物理ダメージに150%の吸収効果がある。
玉璋シールドに守られたキャラクターは、付近範囲内の敵の全元素耐性と物理耐性-20%。この効果は重ねがけ不可。

岩の堅きこと、物に於いて陥さざる無きなり。
ステータス詳細岩柱ダメージ/共鳴ダメージ一回押しクールタイム長押しダメージシールド基礎吸収量シールド追加吸収量シールド継続時間長押しクールタイム
Lv.116.0%/32.0%4.0秒80%1,23212.8%HP上限20.0秒12.0秒
Lv.217.2%/34.4%86%1,35613.8%HP上限
Lv.318.4%/36.8%92%1,48914.7%HP上限
Lv.420.0%/40.0%100%1,63316.0%HP上限
Lv.521.2%/42.4%106%1,78717.0%HP上限
Lv.622.4%/44.8%112%1,95117.9%HP上限
Lv.724.0%/48.0%120%2,12619.2%HP上限
Lv.825.6%/51.2%128%2,31120.5%HP上限
Lv.927.2%/54.4%136%2,50621.8%HP上限
Lv.1028.8%/57.6%144%2,71223.0%HP上限
Lv.1130.4%/60.8%152%2,92724.3%HP上限
Lv.1232.0%/64.0%160%3,15325.6%HP上限
Lv.1334.0%/68.0%170%3,38927.2%HP上限
Lv.1436.0%/72.0%180%3,63628.8%HP上限

元素爆発

戦闘天賦(元素爆発)天賦紹介

天星
巨大な星岩を落下させ、落下範囲内の敵に大量の岩元素ダメージを与え、石化状態にする。

石化
石化状態の敵は行動不能になる。

蒼天の星岩を落とし、暗闇の運命を照らす。
ステータス詳細スキルダメージ石化時間クールタイム元素エネルギー
Lv.1401%3.1秒12.0秒40
Lv.2444%3.2秒
Lv.3488%3.3秒
Lv.4542%3.4秒
Lv.5591%3.5秒
Lv.6640%3.6秒
Lv.7705%3.7秒
Lv.8770%3.8秒
Lv.9835%3.9秒
Lv.10900%4.0秒
Lv.11965%
Lv.121030%
Lv.131084%
Lv.141138%

固有天賦

固有天賦

岩の宸断
玉璋シールドはダメージを受けた際に防御効果を発動する。
玉璋シールドに守られたキャラクターのシールド強化+5%。
シールドが消えるまで、最大5回強度を上げることができる。
キャラ突破Lv1で解放。

贅沢な食饌
HP上限を基に、鍾離の下記攻撃のダメージが増加する。
・通常攻撃、重撃と落下攻撃のダメージ増加量:HP上限の1.39%
地心の岩柱、共鳴と長押しダメージ増加量:HP上限の1.9%
天星ダメージ増加量:HP上限の33%
キャラ突破Lv4で解放。

結晶推命
長柄武器を鍛造する時、消費した鉱石の15%が返還される。

命ノ星座


第1重
岩、天下の骨なり
地心の岩柱が同時に最大2つまで存在可能になる。

第2重
石、玉の揺りかご
天星落下時、近くにいる出場中のキャラクターに玉璋シールドを付与する。

第3重
圭璋、闇の中で輝く
地心のスキルLv.+3。
最大Lv.15まで。

第4重
黄玉、破れぬ堅さ
天星の影響範囲+20%。
さらに天星の石化効果の継続時間+2秒。

第5重
璧、天理を守る
天星のスキルLv.+3。
最大Lv.15まで。

第6重
金、天地の恵み
玉璋シールドがダメージを受けた時、そのダメージ量の40%分のHPを回復する。
一回の回復上限はキャラクターのHP上限の8%。

使用素材

突破魔物素材天賦
宝石精鋭素材特産物天賦本Boss素材

トパーズ

無相の岩

石珀

スライム

黄金(水・土)

呑天の鯨・只角

プロフィール

物語

物語の内容を読む

物語ストーリー開放条件
キャラクターストーリー1
キャラクターストーリー2好感度Lv3後に開放
キャラクターストーリー3好感度Lv4後に開放
キャラクターストーリー4好感度Lv5後に開放
キャラクターストーリー5好感度Lv6後に開放
水産物好感度Lv4後に開放
神の心好感度Lv6後に開放

ボイス

タイトル内容解放条件
初めまして…新しい「契約」か?…分かった、休暇中だが、付き合ってもいいぞ。契約書はどの名にすればいい?名はたくさんあるのだが、今は…「鍾離」と名乗っている。お前はどうだ?旅人。お前はどの名で契約する?
世間話・旅旅はいつか終わりを迎える、慌てる必要はない。
世間話・遊覧次はどこに行くんだ?璃月の名所を巡りたいなら、いい案がいくつかあるぞ。
世間話・璃月「流通」のために作られた船は港に止まる、だから璃月はあらゆる富が「沈着」する場所だ。
世間話・過去を懐かしむ花を買い、酒を持ち、船の上から璃月の景色を堪能しようとしたが、共に過ごした旧友はもう居ない。
あの古き友との再会は、いつ叶うだろうか?
雨上がり…「琉璃袋」という植物は湿っぽい環境を好むため、雨上がりに摘むのがおすすめだ。見かけたら、適切な時に摘むといい。
雪の日…雪が止むまで場所を移動しよう。俺は問題ないが、お前が風邪を引くかもしれない。
暴風の日…休暇に向いていない天気だ。芝居でも見に行くか。
おはよう…今日も好景気になることを願っている。
こんにちは…元気になるもの?チ虎岩にあるいい店を知っているが…
こんばんは…もう雲殿の芝居に間に合わないが、夜の璃月はまだまだいいところがたくさんあるぞ。
おやすみ…市場が終わり、賑やかな港も眠りについた。お前も休むといい。
鍾離自身について…規則がなければ、円を成すことはできない。常人でも仙人でも、それぞれの役割を果たすことで、璃月の平和が保たれる。
黄金について…黄金は璃月の富、璃月の心臓を動かす血だ。お前に黄金のように輝く心があるかどうか、見極めさせてもらうぞ。
契約について…俺達には「契約」がある――だから契約内のことは、何でも相談していいぞ。好感度Lv.6後に開放
公平について…「契約」外のことでも俺に相談していいぞ。この土地で長く生きてきたから、大体のことは知っている。とはいえ、お前にやってもらいたいこともある。そうしないと「公平」じゃないからな。好感度Lv.6後に開放
シナリオ「迫る客星」をクリアする
困惑について…「契約」は「友情」の深さを測ることができない。では、何を使えば俺たちの友情の重さを測ることができるのだろう?「友」よ、お前は答えを知っているか?好感度Lv.6後に開放
「神の目」について…「神の目」…それも一つの「契約」だ。あらゆる力を知るには代価が必要だ。千の権力には千の責任が伴う。好感度Lv.4後に開放
シェアしたいこと…「取引」の決まりは「契約」、その規準は「公平」。それは「契約」を作って、守る者が忘れてはならないことだ。公平が失われたら、契約は嘘の証拠となる。
興味のあること…「絶雲の間」に行く機会があったら、「清心」を一束取ってきてくれ。一束でいいんだ。旅費は…ああっ、忘れるところだった。「契約」の有効期間中の旅費はお前が持ってくれ。では、頼んだぞ。
魈について…帰離原の少年仙人か…ふむ…今日になっても彼はその責務を果たしている…この「連理鎮心散」を彼に渡してくれるか。そうだ、パイモンが食わないように注意するんだ。この薬は…常人が耐えられるものではない。好感度Lv.4後に開放
シナリオ「迫る客星」をクリアする
ウェンティについて…っ…。あの詩人が来ただろう、あの風流の分からない呑兵衛詩人が!お前…むっ、ヤツに変な飲み物を飲まされて、うっとりしているのか…少し待て、眠気覚ましの茶を淹れよう。6時間あればできるんだ、少し待ってくれ…好感度Lv.4後に開放
シナリオ「迫る客星」をクリアする
凝光について…多忙を極めていても、彼女は奮迅の心を持っている。あの頃、彼女が裸足で瑶光の浜から南埠頭まで歩きながら商いをしていた姿を思い出す。時間は人にとって残酷なものだな…好感度Lv.4後に開放
シナリオ「迫る客星」をクリアする
胡桃について…今の堂主?コホン、あの子は苦手だ。好感度Lv.4後に開放
タルタリヤについて・落ち着きあのスネージナヤの武人はまだ璃月にいるのか?ハハッ、構わない、彼がお前にちょっかいをかけてきたら、その時は俺を呼ぶといい。好感度Lv.4後に開放
タルタリヤについて・お酒を飲む時近頃、「公子」のファデュイでの評価がまた下がったらしい。しかし、悪評を一掃するためであれば、彼は積極的に動くだろう。ふむ…そう考えると、今度彼との宴席でまた面白い話が聞けそうだ。旅人、お前も一緒に来るか?好感度Lv.4後に開放
シナリオ「迫る客星」をクリアする
甘雨について…璃月の繁栄は「岩王帝君」のお告げのおかげだけではなく、「契約」に応えた無数の岩神の民のおかげだ。その中で、最も長く職務についたのが甘雨だ。彼女の過去に関しては…ハハッ、彼女の気を悪くしたくないからな、彼女本人に聞いてくれ。好感度Lv.4後に開放
シナリオ「迫る客星」をクリアする
刻晴について…彼女は当代七星の中で最も神を敬わない人だが、俺は結構気に入っている。「自分が正しいと思うなら、声を大きく、動揺せずに行動する」――こういう人間が璃月に現れたから、俺は引退を考えたんだ。好感度Lv.4後に開放
シナリオ「迫る客星」をクリアする
煙緋について…彼女は俺と「契約」をしていないが、自らの方法で璃月の規律を守り、偏った思想を正している…いつの日か、彼女の父親が戻ってきて、彼女の成長を目にしたら、ほっとするだろう。好感度Lv.4後に開放?
バアルについて…すべての意志は時によって磨かれる。彼女は信念のためならば、自らのすべてを捧げることさえ厭わない。だからこそ、ここまで歩んでこられたのかもしれない…機会があれば、俺も彼女がすべてを費やした「永遠」を見てみたいものだ。好感度Lv.4後に開放?
鍾離を知る・1どうした?せっかくの休暇なのに休まずに俺のところに来るとは。俺の話が聞きたいのか?
鍾離を知る・2「黒岩場」の起源を聞いたことがあるか?
昔、人々は天衡山の鉱脈を採掘しながら、中で工場施設を作っていて、そしてそれが東大陸最大の工場になった。中の道路は四方八方に通じている、大地の深部にある古い遺跡に通じるものもあったが、その全てを記憶している人は今はもういないだろう。
好感度Lv.3後に開放
鍾離を知る・3「海灯祭」の起源を聞いたことがあるか?
昔、璃月は戦をしていてな、戦地へと赴いた人たちが故郷に帰る方向と自分の初心を見失わないよう、人々が夜に提燈を飛ばしたんだ。今はもうそんなこと誰も覚えていないだろうがな。
好感度Lv.4後に開放
鍾離を知る・4「契約の神」について聞いたことがあるか?
彼は記憶力がとてもいいんだ。宿敵の名前を、璃月船舶局が設立してから船が出航した全ての日を、彼が忘れたことは一度もない。それほどの記憶力があるからこそ、あらゆる「契約」を覚えられる。
しかし、記憶力がいいということはたまに不快になるきっかけにもなる。
好感度Lv.5後に開放
シナリオ「迫る客星」をクリアする
鍾離を知る・5長く生きすぎた人は記憶の中でのみ、昔の戦友や過去の景色を訪ねられる。それでも、お前との出会いを後悔していない、「友」よ。たとえいつかお前と別れる日が来るとしても、お前は俺の記憶の中で輝き続ける。好感度Lv.6後に開放
シナリオ「迫る客星」をクリアする
鍾離の趣味…時間がある時、城内を散歩すると気分が落ち着くな。うん…こんな気持ちはいつからだろうな…?
鍾離の悩み…人々に「契約」を守らせ、ルールに従って行動してもらうのは、「公平」を守ってほしいからだ。しかし、そのことに気付かない人はどうしてもいる。
好きな食べ物…遠い昔に友と共に飲んだ酒だ。気候が変わったせいか、過去の味はもう再現できそうにない。
嫌いな食べ物…海産物は嫌いだ。見るだけで、ああいう…何というか、つるつると滑るような感覚と洗っても消えない生臭さを思い出す。原因は…
はぁ、話すと長くなる。記憶力が良すぎるからということにしてくれ。
贈り物を受け取る・1本格的な調理法で、素材にまでこだわっている。大したものだ。
贈り物を受け取る・2料理とは、実に趣のあるもの。それはお前にとっても同じことだろう。
贈り物を受け取る・3時間があれば、どこかの庭園でお前に物語を聞かせてやろう。
誕生日…誕生日おめでとう。これはお前が生まれた日に咲いた「琉璃百合」のドライフラワーだ。
昔の璃月の人々は、大地の美しい記憶と祈りのためにこの花が咲くと言っていた。きっと、お前の誕生もそうだと俺は信じている。
初期開放(※)
突破した感想・起力が戻ってきたようだ。多くはないが、役に立つ。突破段階「1」で解放
突破した感想・承力が増した分、体への負担も増えた…大丈夫だ、俺の体は普通の人とは違う、心配いらない。突破段階「2」で解放
突破した感想・転なるほど、「神の目」を使って元素の力を操ることは常人にとって単なる偉業ではないんだな。ふん…あの時の彼らは、こんな覚悟を持って俺の傍にいたのか…突破段階「4」で解放
シナリオ「迫る客星」をクリアする
突破した感想・結「神の心」を手放した後、こんな景色が見れると思っていなかったーー「友」よ、感謝するぞ…そうだ、ここに新しい「契約」があるが、一緒に確認しないか?突破段階「6」で解放
シナリオ「迫る客星」をクリアする

※プレイヤーが設定した誕生日を最初に迎えた日以降に表示されるようになり、既に所有しているキャラクターについてはその時点で解放され、新規キャラクターについては初期解放となる。

他キャラからの反応
本項目はメインシナリオと各キャラボイスに関するネタバレ要素を含みます。閲覧する際は留意してください。引用元ページ:各キャラの反応

他キャラからの反応

ウェンティ(モラクスとして)あのじいさんに会ったのかい?彼は元気だった?えっ、「鍾離」という名前の一般人になってた?あの頑固頭からしたら、これは大きな変化だろうね。あ、ボクと一緒に彼に会いに行こうよ、この風立ちの地に埋められた酒も持ってさ。あっ、そうだ、彼はまだ強いのかい?力はあとどれくらい残ってる?ボクが会いに行ったら、吹き飛ばされたりしないよね?
雲菫私どもの業界における規則は、代々受け継がれてきたもので、そこには数多くのこだわりが存在します。私にも「そうであることは知っているものの、なぜそうなのかは知らない」といった規則がままあります。しかし、鍾離先生はそれらを説明する時、矛盾することなく、すらすらと語ることができるのです。こんなに詳しいお客さんがいてくれたら、誰だって嬉しいと思いませんか?
煙緋鍾離先生は博識な方だよ。歩く図書館といっても過言ではない。私は一目であの方が只者じゃないと見抜いた。あの類の人間は面倒事を恐れることなく、何があっても私の助けを借りることはない。つまり、彼は決して私の顧客にはなり得ないってことだ。
けど、何故か彼には、妙な感覚を覚える。どこか懐かしい気がするんだ…ただそれをお父様に聞いても、口ごもり誤魔化される始末…うーん、おかしい…お父様、絶対に何かを隠している。でも、問題ない。この謎は自分で突き止めてみせるから…
甘雨(モラクスとして)帝君のことは絶対的に信頼しています。あの時、帝君の統率があったからこそ、私たちは魔物を撃退し、海獣を降伏させ、皆さんの安全を守ることができました。帝君が人々を守る姿、そして千年に及ぶ誠意、私は忘れたりしません。
(モラクスとして)帝君の決定はいつだって璃月の数多の命に幸せをもたらします。それに私は敬服し、そしていつか帝君のようになりたいと思ったのです…でも帝君の歩みを追いかけようとすると、緊張でミスすることがたまにあります…
凝光鍾離…「往生堂」に尊敬されているあの先生は他人の知らないことをよく知っている…彼の弱点を把握するまで、いくら優秀な駒とはいえ、まだ使えそうにないわ。
刻晴あの「往生堂」の先生、確かに博学多才で、尊敬に値するわ。それに彼の考え方は帝君に似ている気がするの…もし彼がもっと自分なりの見解を持ってくれたら、きっと私の力になるはず。そうなったら彼をそばに置くのも悪くないわね。
香菱好き嫌いが激しいお客さんはたくさん見てきたけど、鍾離さんのように食材のことを理解している人は他にいなかったな!あの日、彼に「山椒豆腐」を出したら、一口食べて何の塩を使ったか聞いてきたの。それで答えたら、「孤雲閣の浅海で作った海塩を使うといい。その味わいは豆腐の鮮度を高められるだろう」って言われたんだ。言われた通り試したら、本当に味が全然違うの!ねえ、すごいでしょ!
うむ…質問だが、鍾離様は普段何を…ん?鳥の散歩?花見?骨董鑑賞?そんなことして、一体どんな深意が…
辛炎昔、誰もアタイのロックを聞いてくれなかった。でもある日、「うちでやってみないか?合格すれば常駐の歌手として雇う」って急に彼に誘われてさ。やっとアタイの音楽を理解してくれるヤツが現れたって嬉しくてその話に乗ったんだけど。結局現地に行ってみたら、彼が葬儀業者の「往生堂」の客卿だったことを知った…どう考えてもアタイの音楽に合うわけないだろ、変なヤツだよ。
申鶴あの方は自分を凡人だと主張しているが、仙人である師匠と親しげにしていた。もし仙府前の腰掛でお酒を飲んでいるあの方を見かけたら、邪魔をせずにそっとしておけと師匠に言われたことがある。だから、我はその通りにした。
タルタリヤあいつは只者じゃないね、真の実力はどんなものだろうか…期待してしまうよ。
鍾離先生は最近どうしてる?うん…順調?どうやら「凡人」の生活にも慣れ始めたみたいだね。はぁ…いろいろあったけど、鍾離先生とも一回戦って見たいものだな。何…俺は勝てない?ハハッ…
重雲往生堂の鍾離殿か、すごい人物だってことはなんとなく分かる。悪党は人を殺し、ぼくら方士は妖魔を退治するが、彼は仙人を葬り去ることができるからな。
胡桃鍾離さんはあんなに若いのに、性格は老人だね。何でも知ってるけど何に対しても興味がない…
もしかして彼…ふふ、何でもない!
北斗「往生堂」のあの先生か?たまにみんなから彼の噂を聞くけど、面白い人のようだな。うん、機会があったらあんたも彼と交流してみるといい。
行秋父上と兄上がこの方を招待してる所は見たことがある。相手をとても敬っていたから、すごい人物だろうね。そういえば、彼は仙人の葬儀を担当すると聞いた、きっと物知りだと思う。彼の秘密を一緒に探ってみないかい?
雷電将軍(モラクスとして)かつて彼と酒席を共にした時、私はただの影武者で、神々の末席に属していました。彼はそのような選択をしたのですね…しかし、これからの時代も、彼は多くの人と縁を結んでいくことでしょう。

その他、フィールド等でのボイス

その他、フィールド等でのボイス
本項目の一部はゲーム内のボイスを聞き取って文字に起こしたものです。公式テキストではないためご注意ください。

アクション内容備考
待機中旅はいつか終わりを迎える、慌てる必要はない。「世間話・旅」と同じ
次はどこに行くんだ?璃月の名所を巡りたいなら、いい案がいくつかあるぞ。「世間話・遊覧」と同じ
「流通」のために作られた船は港に止まる、だから璃月はあらゆる富が「沈着」する場所だ。「世間話・璃月」と同じ
花と酒を手に景色を堪能しようとしたが、あの頃とはもう違う……旧友とまた……
通常攻撃隙あり!3、4、5段目
甘い!6段目、重撃
元素スキル壁立千仞。一回押し
震天動地。
揺らぐことなし。
岩山破蓄。長押し
堅如盤石。
難攻不落。
元素爆発天理長駆。
天道、ここにあり。
天動万象。
ダッシュいざ!
宝箱を開けるいにしえの宝物、実に貴重だ…
偶然の出会いには、おもむきがある。
来た甲斐があった。
HP低下その実力、認めてやらなくもない。
ははっ、面白い。
危機に陥った時の対応は得意ではない。
仲間HP低下迂闊に攻めるな。
下がれ、ここは俺に任せるんだ。
戦闘不能ああ、少し疲れた…
見苦しいところを見せたな。
盤石も…いつか土に還る…
重ダメージ油断したか。
恐るるに足らず。
チーム加入いいだろう。
気晴らしになるな。
何をすればいい…

考察

総評

高性能シールド/岩柱/石化/高HPで鉄壁の守りを提供するサポーター
バリアと石化による場の制圧で出場中のキャラクターの格闘能力を大幅に引き上げるサポーター。
パーティーの裏から仲間を守り、岩のように堅実な戦いを支えよう。

特徴

  • 効果時間が長く、高耐久なシールド
    クールタイムがシールドの継続時間より短く、破壊されない限り切れ目なくシールドを保持できる。
    耐久力を向上させるにはHPを盛る必要があるものの、パッシブのおかげでサポート特化時でも火力が落ちにくい。
    回避を気にせず攻撃を継続できるためDPSの向上に貢献していたが、アップデートで周囲の敵への物理デバフ&各種元素耐性デバフを獲得し、サポート能力にさらに磨きがかかった。
    自力でシールドを張れないアタッカーに対しても、逆飛びの流星や斬山の刃といったシールド状態で真価を発揮する装備を採用しやすくなる。
  • 強力な元素爆発
    高い天賦倍率、限界突破で上昇する岩元素ダメージ、シールドによる耐性デバフのおかげで元素反応に頼らずとも超火力を出せる。
    攻撃範囲も広く、ヒットした敵には3秒以上の石化による行動不能を付与できる。必要エネルギーやCTも最小のカテゴリ。
  • 探索性能が高い
    スキル長押しで広範囲の鉱石を一撃で破壊できる。
    最高身長カテゴリのため移動速度も速く、岩柱で重量物判定ギミックの解除や壁登りの補助が可能。

注意点

  • 粒子回収が苦手
    粒子生成がゆったりめであり、控えにいる時間が長いサポート運用では粒子を受け取る機会が少なくなりがち。
    高性能な元素爆発を活かすためには、装備やチーム構成で元素チャージを補強する必要がある。
  • 結晶化が無駄になりがち
    シールドは多重で張ってもまとめて耐久値が削られる仕様上、鍾離に結晶シールドは殆ど役に立たない。
    結晶化で下地元素が消える前に別の反応を起こす、元素熟知を切り捨てるといった工夫が重要となる。
  • 扱いづらい岩柱
    元素スキルの岩柱は設置位置を任意に指定できず、意図しない場所に設置されてしまうことがある。
    また、凝光等の自動追尾系の攻撃を妨げてしまったり、回避するつもりが意図せず柱に張り付いてしまったりという事故も起きやすい。
    共鳴ダメージは攻撃範囲が狭く、安定して当て続けるのは難しい。単発の天賦倍率は低く複数ヒットしないと与ダメージも稼ぎにくい。
    一方当てれば当てたで結晶化で相手の元素付着を消して元素反応の邪魔になったり、凍った敵を割ったりしてしまうといった難点もある。
  • シールドが吸収できないダメージ
    「侵蝕」状態の継続ダメージや極寒ダメージなどシールドで吸収できないダメージも存在する。
    これらのダメージはシールドで吸収できず、キャラクターが直接ダメージを受けてしまう。
    環境や敵によってはヒーラーを編成するといった対策を取ると良い。
  • マルチプレイ時の扱い
    長押しスキルでのシールドは自身のみに付与され、他のプレイヤーに配ることはできない
    一方、元素爆発で2凸効果を発動した時は周囲に配ることが可能である。
    したがって、1凸以下かつHP特化ビルドの場合、マルチでの活躍は限定される(敵の元素耐性を下げたり、石化などサポーターとしての役割は存在する)。
    マルチで使いたい場合は、頑張って2凸するか元素爆発型や物理型など攻撃面でも貢献できるビルドに切り替えることも検討しよう。

他キャラクターとの相性

超高性能なシールドは誰に回しても非常に恩恵が大きい。
耐久力に不安のあるキャラ、高火力だが隙の大きい天賦を持つキャラを優先してあげよう。
シールド以外にも相乗効果を狙っていく場合、粒子回収も視野に入れると自然と岩共鳴を狙っていくことになる。
あえて相性が悪いものを言えば、前述の通り岩柱が割ってしまうので凍結編成にはイマイチ。

  • アルベド
    貴重な岩耐性低減によって強力な追撃を更に伸ばすことができる。原岩共鳴ダメージで追撃を発動させることもでき、2人の岩元素粒子の生成も安定しやすくなる。岩元素共鳴は他の味方への貢献にもなる。
  • 主人公(岩)
    元素スキルは勿論、元素爆発の特性により通常の上限を超えた大量の岩元素創造物を設置可能。敵の移動をある程度妨害しつつ原岩共鳴の複数ヒットを狙うことができる。
    岩元素粒子生成力もトップクラスであり、元素チャージの時間効率はピカイチ。
  • 凝光
    元素スキルでの大量の元素粒子と岩バフが便利。2凸することで運用が加速する。
    凝光側としては、強力なシールドによって撃たれ弱さをカバーできるのはありがたいが、岩柱によって屏風の生成や通常攻撃・元素爆発を妨害されやすいのが悩みどころ。
  • 行秋北斗エウルア等のダメージ軽減持ち、
    ダメージ軽減系のスキルや防御力増強効果と合わせると、実質的なシールド耐久力をより高めることができる他、火力系ステータスをある程度優先できる。
    育成途中でシールドの吸収量に不安がある場合や、高難度でのゴリ押し性能を高めたい場合には視野に入れてみよう。
  • 雷電将軍フィッシュル
    鍾離の物理運用において、超伝導役と継続的な粒子生成役(流月の針の効果発動)というサポートを兼任できる。

天賦

通常攻撃・岩雨

特性: 浮かし(重撃)・吹き飛ばし(6段)

  • 基本性能
    香菱と似たような縦攻撃メインの挙動で、横の攻撃範囲は狭い。低倍率だがヒット数が多く、敵のよろけを取りやすい。
    1・4・5段目は装備武器とは別の槍を召喚して攻撃を行う。
    天賦Lv9で、6段分の総倍率は442.8%、1ヒット平均49.2%。
  • 1段目
    出がかなり早くリーチも長い。本人の高身長やシールドによるひるみ耐性もあって、近距離キャラの中ではリス狩りやイノシシ狩りが得意な方。
    よく見ると槍に指一本触れずに空中に浮かせて突き出している。
  • 5段目
    地面に刺さった槍を蹴って回転させる。飛び道具と同じような扱いらしく、ヒットストップがかからない。このため、実戦においては他の手数系近接キャラに対しては一日の長がある。
    ダッシュ・ジャンプ・スキル発動・キャラチェンジなどでキャンセルしても攻撃判定が残り続ける。(クレーの重撃等と同様の挙動。)
    1ヒットあたりの倍率は低いが最大4ヒットし、固有天賦「贅沢な食饌」によるダメージ上昇の恩恵を大きく受けるため、4ヒット分の総ダメージは6段目のダメージを上回る場合がある。
    6段目を出さず、5段目の出始めをキャンセルして他の行動に素早く繋げるのも強力。
    なお、5段目の判定が残っている最中に再度1段目から通常攻撃を始めると、槍が手元に戻って回転攻撃の判定が消える。挙動に突っ込んだら負け。
  • 重撃
    直線上に槍を次々落としていくモーション。連続攻撃をしているようなモーションだが、ヒット数は1回のみ。
    一般的なドリル突撃との違いはどの距離で当ててもほぼ真上への浮かしになる点。
    また、上空に浮かび上がる特性からかミラーメイデンに閉じ込められた際もこの重撃を使うことで抜け出すことができる。
    なお、進行方向と違う方向にスティックを入れながらジャンプキャンセルすると、エフェクトの終端がちょっと折れ曲がる小ネタがある。実用性はない。

地心(元素スキル)

「壁立千仞!」
元素粒子生成: 0.5個(共鳴毎)/0個(長押) 元素量: 2U(柱生成)/1U(共鳴) 特性:岩砕き・重量判定

  • 1回押し
    岩柱を正面に生成する。岩柱の生成時に岩ダメージを与え、その後2秒毎に四角い波紋状の共鳴攻撃を出して定期的に岩ダメージを与える。
    元素粒子は短押し・長押しを問わず石柱が命中した際と、共鳴攻撃がヒットした際に確率50%で1つ生成される。1回の共鳴が複数ヒットしても生成されるのは最大1つのみ。
    他キャラクターの攻撃とは異なり、攻撃がヒットした敵から粒子が発生するのではなく、ヒットと同時に岩柱から生成された粒子が飛んでくる。
    • 岩柱
      継続時間30秒。岩主人公の荒星より高く(登った時の高度はアルベドのエレベーターと互角)、登れば全く攻撃できない敵がより多い。
      生成時に水晶の耐久度を半分ほど削れる。
      ボスや大型の遺跡機械など一部の敵に重ねて置くと、設置した瞬間に消滅する。
      弓・法器キャラの盾にする場合、縦長なため顔出し射撃には向かないが、細いため自キャラの射撃が遮られにくい。登ると高過ぎて真下の敵には弓の通常攻撃を当てられない。
      登ろうと歩いて近づくと横を素通りしがち。平坦な地形ではスキル発動直後にダッシュ入力⇒垂直ジャンプ⇒前を入力すると安定して登れる。
      岩柱にはHPはないが、荒星と同種・同程度の耐久度の概念がある。
      • 耐久度がなくなるまで攻撃を受けた岩柱は、継続時間を待たずに消滅する。
      • 耐久度を強化する手段はない。
      • 耐久度の消耗はダメージではなく技の種類で決まる。一般に投擲攻撃(壁に当たると消える矢など)には無敵で、大柄な敵の突進など重みのありそうな技に弱い。
    • 共鳴攻撃
      最大14回発生。鉱石をほとんど削れない。氷砕き(凍結解除)や、敵キャラに付着した元素を継続的に消費してしまうため注意が必要。
      共鳴攻撃の命中範囲内で戦い続けるという前提であれば、持続時間の長さから総合的な粒子生成量は割と多くなるため、
      他の岩元素創造物を設置していけば侮れない火力を出しつつ岩粒子サポートとしても成立する。
      他設置物からの共鳴攻撃も「鍾離のスキルによる攻撃」扱いのため、ちゃんと粒子生成やスキル発動(蒼白・千岩等)のトリガーになってくれる。
      逆に範囲内に留まらない場合、シールド形成のための長押しでは粒子を生成しないため、エネルギー回収がかなり苦手な部類となる。
      必要エネルギー40とはいえ、数個の他元素粒子を控えで受け取った程度ではそれほど貯まらないので、西風武器を持たせたりエネルギー補充に長けたキャラクターを編成したりといった工夫が必要。
  • 長押し
    ノックバック効果のある広範囲岩元素攻撃を行い、自身に玉璋シールドを付与する。
    さらに追加で、岩元素バリアを大幅に削る効果を発生させる(最大2段)。自身の岩柱の数が上限に達していなければ、新たに岩柱を生成する。
    クールタイムより継続時間が長い唯一の固有シールドであることが最大の長所。破壊されない限り切れ目なく保持することが可能。
    勿論耐久力もトップクラス。基礎HPの高さや固有天賦によるシールド強化に加え、岩元素シールドの特性として物理・全元素ダメージへ対して耐久値1.5倍の補正がかかる。
    トドメとばかりに玉璋シールド中は付近(凡そキャラ5体分ほどの距離)の敵の全耐性を20%ダウンさせる効果も持っている。攻守両面で心強いサポートとなるだろう。
    ちなみに結晶シールドと玉璋シールドを同時展開することも可能だが意味はほぼない*1
    なおシールド付与は攻撃の一瞬後なので爆発する樽の近くで出すとダメージを受ける。
    • 採掘性能
      レザーと同様に広範囲を一気に採掘できる。
      範囲ギリギリだとやや破壊効果が落ちるが、天衡山北側や漉華の池北西のように相当バラけた場所の水晶でも一回の発動で全破壊できるためほぼ気にならない。
      落下攻撃での鉱石対応が比較的容易なキャラでもあるため、長時間の鉱石周回でも基本的には彼一枠で問題ない。空いた枠では風共鳴やロサリア等で機動力を増強しよう。
      無相の岩の復活時岩柱も、長押し1回だけで2本を簡単に破壊できる。

天星(元素爆発)

「天道、ここに在り」
元素量: 4U 特性: 石化・岩砕き

  • 基本性能
    隕石を降らせて範囲攻撃を行う高威力の元素爆発で、命中した敵を石化させる。
    石化は無条件凍結のような効果。バリア中の敵に対しても有効だがボスには無効。短時間とはいえ強制的に自分のターンを作れる為、攻防一体の切り札として機能する。
    石化中の敵は岩元素が付着した表示となるが、別の元素を後から付着させても結晶化は起きず、岩と無関係な元素反応を起こすことが可能。
    こちらもスキル長押し攻撃と同じく、広範囲に砕き属性の攻撃を発揮できる。無相の岩の復活時岩柱の破壊等、瞬発力が必要な時には使用するといい。
    盾持ちには盾と本体両方に命中し、盾耐久値を本体HPごと一気に削れる。流石にバリア持ち相手にはダメージが通らないが、割る前でも行動不能にできるのは利点。
    隠れた特徴として、元素量が最大の4Uとなっている。単発ヒットながら元素を問わず敵のシールドをごっそり削れる。
    天賦によりHPの33%分ダメージが増えるが、それを加味してか天賦レベル育成での上昇幅が1→13で2.5倍と比較的大きめ(通常キャラは2倍が多い)。
    詳しくは聖遺物欄の解説に譲るが、威力のみに着目するならHPを増やすより各種攻撃系バフをつけた方が上昇量が大きい。
    優秀な副次効果付きの高火力元素爆発にもかかわらず、必要エネルギー量は40、CT12秒と低コストなのでできるだけ連発したいが、
    上記の通り鍾離自身はエネルギー回収がかなり苦手な方なので、装備やパーティー編成を工夫しないとCT毎に撃つのは難しい。
     
  • 攻撃範囲
    普段はカットインと爆風で目にする機会が少ないものの、発動時の効果範囲はちゃんと円形のエフェクトで示されており、中心位置がかなり前方にある。(参考
    このため横はともかく後ろのリーチが柱一本分くらいとかなり短く、ジンや七七のように敵集団の真ん中で発動すると、
    変な方向にターゲットが向いてしまい上手く敵集団すべてを範囲内に収められなかったり、発動までのラグの間に回り込んできた敵を撃ち漏らしたりする。
    柱に向き合うように密着するとカメラワークが引きのままになる仕様を利用して、何度か試しベストな距離感をつかんでおくといい。

    ちなみにAAがある。

    天道万象!

      ╲
        𒆙

     

    簡略版→「=͟͟͞͞ 𒆙」
    「𒆙」は楔形文字の一種らしい。

岩の宸断(パッシブ1)

  • 玉璋シールド中に攻撃を受けると耐久値が5%、最大25%まで上がるパッシブ。鍾離が控えの状態でもちゃんと効果が発生する。
    たき火やかがり火・電気水晶・草の延焼などの極小ダメージであっても発動する。2秒程接触し続けていると自然と最大ストックまで強化されていることも。
    シールド強化は交代時切り替え先へ引き継がれ、玉璋シールドを再展開するとリセットされる。
    ちなみに「宸断」とは「天子(=神の子。中国の皇帝や日本の天皇への尊称。)による裁き」のこと。

贅沢な食饌(パッシブ2)

  • 鍾離の最大HPを伸ばすと各種攻撃の威力が向上するようになる。
    最大火力を求める際は他アタッカーキャラと同様に攻撃力%の方が伸びが良い点は留意する必要があるとはいえ、
    聖遺物のメインOPやサブOPをHP%に回しシールド強度を大幅に高めつつ、ある程度の火力を確保することができる。

    この効果があるため、Lv.60突破でのパッシブ2習得後は天賦レベル上昇の恩恵が相対的に少なくなるように思えるが、
    前述の通り元素爆発については元々上昇幅自体が比較的高めに設定されているため、必要ならばどんどんリソースをつぎ込んで構わない。
    逆に、通常攻撃系と元素スキルについては低天賦レベルでもそれなりの火力が出るようになり、多少は素材の節約になる。

    ダメージ計算式
    [(贅沢な食饌 × 最大HP) + (戦闘天賦倍率 × 現在攻撃力)] × 該当ダメージバフ × 会心 × 敵の耐性補正 × 敵の防御力補正 = 威力
    参考として、キャラLv90、天賦Lv10、基礎攻撃力608の武器を装備した状態で、同値のHP%or攻撃力%OPを選ぶ場合の主要技のダメージ上昇幅の比率は下表の通り。

    HP%/攻撃力%
    通常6段平均0.449
    スキル長押し0.226
    岩柱ダメージ1.129
    共鳴ダメージ0.564
    天星0.627

    ちなみに「食饌」とは「膳に揃えた食事」のこと。

結晶推命(パッシブ3)

  • 効果が非常に限定的な上に恩恵もそこまでない。完凸分(=5本分)発揮しても節約できるのは仕上げ用魔鉱12個弱程度。
    鉱石をしっかり採掘している場合は残念ながら有用度は低い。

命ノ星座

全体的に扱い易さやサポート性能を強化するようなラインナップになっている。

  • 第1重・岩、天下の骨なり
    元素スキルで生成する岩柱が同時に2個まで設置できるようになる。
    2個設置しても元素粒子の生成頻度は変わらず、共鳴ヒット時にどちらか片方の柱からのみ発生する。また、岩柱同士は共鳴しない。
    ダメージは勿論のこと、共鳴の有効範囲が増える恩恵が大きい。元素粒子の回収が安定する他、岩元素創造物を入れなくても「千岩牢固」等の効果が発動させやすくなる。

    フィールド上に2個設置している時に新たに柱を生成すると、先に設置した方の柱が消滅して入れ替わる。
    柱を生成しては上を飛び移ることで一切地面に足を付けないまま移動し続けることもできる。浅い水辺なら渡れなくもないが多分普通に泳いだ方が速い。
    秘境など床が平坦な場所では、最新の柱の上にいる状態で新たな柱を立ててダッシュボタンを押すと、安定して次の柱に飛び移ることができる。
    シールド貫通持ちだが建造物破壊や高所投擲ができない獣域ウェルプ/ハウンドとの戦闘が楽になる。

  • 第2重・石、玉の揺りかご
    元素爆発使用後、自分と付近の味方に玉璋シールドを付与する。
    シールドの性能・持続時間はスキル長押し時のものと同じ。既に長押しで貼っていた場合は再展開扱いになり、耐久力や効果時間も更新する。
    全キャラ随一の堅さをもつシールドを味方にも配れるようになるのはマルチでは非常に強力だが、デバフ効果は重複加算されず1人分のみ。

    また2凸効果による玉璋シールドは元素爆発の発動時に発生する。
    このため素の状態で初手に撃つ元素爆発に対して玉璋シールドの「全元素耐性-20%」の効果が乗る。

    クールタイムの長いスキル長押しに頼らずともシールドが展開できるようになる分、常に短いスパンで岩柱を置き直せるのが便利で、
    北風の狼など岩柱を頻繁に破壊してくる敵や、タルタリヤなどよく動き回る敵にも安定して共鳴ダメージを当てていける。
    他にも『元素スキルを使わずに済む=時間短縮』のみならず柱攻撃による元素消費もないため、元素反応主体の構成にも恩恵がある。

  • 第4重・黄玉、破れぬ堅さ
    元素爆発の効果範囲が広くなり、石化時間が2秒延長されて5~6秒になる。
    より長く一方的な攻撃をする時間が取れると言った攻撃面でのメリットだけでなく、
    発動時の無敵時間も上手く使えば、12秒のCTのうちで被弾が発生しうる機会を半分以下に抑えることができるようになる。
    勿論、元素爆発の発動間隔が長くなると戦闘中に敵を拘束できる時間の割合が減っていくため、
    この効果を最大限に活かすにはできる限り高頻度で元素爆発を撃てるようにしたい。
    なお、影響範囲の+20%は面積ではなく径の増加分であり、面積にすると1.44倍程度の増加になる。
  • 第6重・金、天地の恵み
    玉璋シールドがダメージ吸収したとき、吸収量に応じてHPが回復する。
    燃焼/開花/水場の帯電によるキャラへのダメージはシールドが吸収できるため、回復も勿論発生する。
    一回一回の回復量は少なめだが、強力なシールドのおかげで被ダメージ自体がかなり少なくできるため2凸効果も相まってこれでも十分。
    完凸効果にしては地味に見えても、本職ヒーラーを抜いての編成が視野に入るようになるのは中々のもの。
    行秋や北斗などの被ダメージ軽減とは相性の悪い効果。

装備

武器

  • 護摩の杖(★5/祈願) [効果:HP上限+20%。また、キャラクターのHP上限の0.8%分、攻撃力がアップする。キャラクターのHPが50%未満の時、攻撃力が更にHP上限の1%分アップする。]
    HPの上昇及びHP基準の攻撃力上昇に加えて高い会心ダメージ値という、鍾離のシールド性能と攻撃性能の両方を強化することが可能な武器。
    ただし、攻撃性能を十全に発揮させるためには聖遺物で会心率をしっかり盛ることが重要。
    そしてこの槍は胡桃と非常に相性が良いため、パーティに彼女を入れるつもりなら取り合いになってしまう点にも注意。
  • 破天の槍(★5/祈願) [効果:シールド強化+20%。攻撃が命中した8秒間、攻撃力+4%。この効果は最大5重まで、0.3秒毎に1回のみ発動可能。また、シールド状態の時、攻撃力アップの効果量は2倍になる。]
    鍾離と同時に実装された武器であり、ビジュアルやキャラPVで鍾離が使用しているのはこの槍。
    武器効果のスタックを溜めることで、シールド状態の鍾離の火力を全体的に高められる。シールド強化は装備者自身にしか効果が無いため、サポート用には向いていない。
  • 草薙の稲光(★5/祈願) [効果:元素チャージ効率が100%を超えている場合、その超えた部分の28%分、攻撃力がアップする。この方式でアップできる攻撃力は最大80%まで。元素爆発を発動した後の12秒間、元素チャージ効率+30%。]
    聖遺物に絶縁4セットを採用し、元素爆発特化の運用をしたい場合にはおすすめ。
  • 天空の脊(★5/祈願) [効果:会心率+8%、通常攻撃速度+12%。通常攻撃と重撃が命中時、50%の確率で真空刃を発動し、攻撃力の40%の狭範囲ダメージを与える。2秒毎に1回のみ発動可能。]
    武器効果の恩恵は薄いが、基礎攻撃力が高く元素チャージ効率を伸ばすことができる。元素爆発の火力と回転率を両立したい時に。
  • 西風長槍(★4/祈願) [効果:会心攻撃をした時、60%の確率で少量の元素粒子を生成し、元素エネルギーを6回復する。12秒に1回のみ発動可能。]
    元素爆発重視のサブアタッカー型鍾離として無難な一本。無色粒子を3つ生成できるため、他の岩元素生成物と共鳴させずともエネルギー補充ができ、自身だけでなく仲間の元素チャージも効率的に溜められる。最小限の出場で攻撃を行いすぐにキャラチェンジするという鍾離の基本的な運用方法とも噛み合う。
    手数の多い通常攻撃や広範囲の長押しスキル・元素爆発でヒット数を稼ぎやすく、能力の条件である会心を出す機会も多い。
    西風武器の中では基礎攻撃力寄りの武器であり元素チャージ効率の値は控えめだが、鍾離は元々の必要エネルギーが少ないため、残りをサブOPで補う程度でも中々の頻度で元素爆発を撃てるようになる。
    自身が控えにいる時の会心攻撃ではこの武器の粒子生成効果は発動しない点には注意。
  • 「漁獲」 (★4/釣り) [効果:元素爆発ダメージ+16%、元素爆発の会心率+6%]
    釣り」で魚を集めることで確実に入手&完凸が可能な★4チャージ武器。
    西風長槍と比べると、元素爆発の火力が向上する分味方への粒子サポート力は低下する。
    武器効果の会心率上昇も単発高火力の元素爆発にはありがたく、鍾離自身が海産物嫌いであることを除けば何から何まで噛み合う武器。
  • 星鎌・試作(★4/鍛造) [効果:元素スキルを発動した後、通常攻撃と重撃のダメージ+8%、継続時間12秒、最大2重まで。]
    元素チャージ効率と通常攻撃・重撃を強化する武器。元素爆発の回転率を重視しつつ物理アタッカーとしても運用したい場合や、西風長槍を持ってない時の代用に。鍛造で作成可能。
    西風が鍾離による粒子生成でチーム全体の元素チャージをサポートできるのに対し、こちらはチャージ効率の値が高い分、仲間の粒子生成による鍾離自身のチャージ効率に優れる。
    通常攻撃・重撃の強化効果は継続時間12秒なので、スキルを長押し発動(クールタイム12秒)でのみ使用する場合は基本的に1重までしか効果を発揮できない点に注意。
    短押しと長押しを交互に使うことで、玉璋シールドによる敵の全耐性ダウンの効果を維持しつつ、武器の2重効果も定期的に発動できる。
  • 流月の針(★4/鍛造) [効果:元素粒子または元素オーブを獲得した5秒間、通常攻撃と重撃で、攻撃力の20%の追加ダメージを与える。]
    鍛造で作成可能な通常攻撃に特化した武器。4秒に一個のペースで粒子を生成できるスキルの存在から、殆ど常時条件を満たし続けることが可能。
    無凸でも通常攻撃全段の倍率+180%相当の効果があるため、物理アタッカー運用であれば★5武器以上の性能を持っている。
    通常攻撃・重撃ダメージバフは乗らないが、自身の物理攻撃として聖遺物の物理ダメージバフや会心はちゃんと乗せることはできる。物理ダメージバフに関しては聖遺物の25%×2、杯の58.3%、武器の34.5%だけで十分に確保できる。武器効果の追加攻撃には「贅沢な食饌」が入らず完全な攻撃力参照であるため、時計はHP%ではなく攻撃力%を選択しないと強化にならない。
    強力な通常攻撃バッファーである雲菫の登場により、彼女のバフを受けた鍾離がこの武器を持って殴ることで凄まじい威力とヒット数の通常攻撃を行えるようになり、ややネタ寄りだったところから一気に一線級レベルの選択肢となった。
  • 死闘の槍(★4/紀行) [効果:近くに敵が2人以上いる時、攻撃力+16%、防御力+16%。近くに敵が2人未満の時、攻撃力+24%。]
    紀行武器の中では攻撃力の低い分、会心率に優れる槍。
    会心は「贅沢な食饌」によるダメージ加算部分にも乗る。
  • 黒纓槍(★3/祈願) [効果:スライムタイプの敵に対するダメージ+40%。]
    通称スライム殺し。聖遺物もHP特化で揃えると最大HPは5万に達する。
    ★3武器でありダメージは期待できないが、シールドを張って交代するだけの運用では完凸護摩をも越える最適解。

聖遺物

シールドサポーターにどこまで火力/耐久力を期待するかは手持ち/スタイルに左右されるため、OPの組み合わせに唯一絶対の正解はない。
余裕がなければHP%/岩バフ/元チャ/会心率を適当に盛るだけでもそこそこ強くなる。
凸を進めると元素爆発の性能が大幅に強化され、元素チャージ効率の重要度が高まる。

  • 火力サポート型
    シールドも張れるサブアタッカーとして、共鳴ダメージや天星の火力に期待する型。
    時計をHPor攻撃or元チャ、杯を岩ダメ、冠を会心系、サブOPを会心系or元チャ重視とする。
    HP%のOP無しでも、キャラLv90スキルLv10なら最終的なダメージ吸収量は1万を超える。回避しないと剥がれる時もあるが、結晶シールドを有効利用できる。
    会心率が上がるため、護摩の杖、西風長槍と相性が良いのも強み。
    アタッカー基本セット(攻撃%岩ダメ会心系)からメインOPをHP%に換装すると、シールド耐久値は10%~20%ほど向上するが、元素爆発を含む火力とトレードオフになる。
    この時、攻撃の威力計算の項を見ると、HP%と攻撃力%は共に加算関係で、それらとダメージバフと会心系がそれぞれ乗算関係にある。
    このため、時計(攻撃%)換装での威力減少幅は-数%程と少ないが、杯(岩ダメ)や冠(会心系)を換装すると1か所でも10%~20%減とかなり期待値が減少する。
  • 耐久サポート型
    ダメージソースは他のキャラに頼り、回避の放棄や絶対的安全に期待する型。
    時計をHPor元チャ、杯をHP、冠をHP、サブOPをHP%or元チャ重視とする。
    HP特化は一見シナジーが弱く見えるが、HPによる火力上昇は大きくないこと、突破ステが岩ダメであることから、火力面のバランスは極端に悪くはなりにくい。
    シールド耐久面では、高いHP倍率×豊富なシールド強化×岩シールドの全属性150%吸収が全て乗算で掛かり、効率的に硬くできる。
    探索では吸収量が余りがち。ヒーラーをサブアタッカーに変える、杯か冠を火力系OPに変えるなど調整するのも手。

セット効果

  • 千岩牢固4 (HP+20% / 元素スキル命中時チーム全体攻撃力+20%・シールド強化+30%・3秒)
    全ての効果が鍾離と噛み合ったサポート運用向けのセット。ただし柱の共鳴攻撃はやや挟範囲であるため4セット効果維持には立ち回りの工夫が必要。
    ボス戦では柱の生成位置と耐久値に気をつけよう。
  • 旧貴族のしつけ4 (爆発ダメージ+20% / 爆発発動時チーム全体攻撃力+20%・12秒)
    サポート運用向け。元素爆発のダメージを伸ばしつつ味方の攻撃力も強化できる。千岩牢固と違い爆発のみで強化できるので扱いやすい。廻聖で生み出せるので集めやすい。
  • 絶縁の旗印4 (元素チャージ効率+20% / 元素チャージ効率の25%を基準に、元素爆発のダメージがアップする。この方式でアップできるダメージは最大75%まで。)
    爆発サブアタッカー運用の最適解。元素爆発の火力に限れば、元素チャージ効率を140%以上確保することで爆発キャラの汎用装備「属性2+旧貴族2」を上回る。チャージ効率上昇の武器を持たせれば絶縁2セットの効果と合わせて容易に達成できる。
  • 悠久の磐岩4 (岩元素ダメージ+15%/結晶反応による欠片を拾うと10秒間チーム全員の該当元素ダメージ+35%)
  • 千岩牢固2 悠久の磐岩2 旧貴族のしつけ2 剣闘士のフィナーレ2
    2セット+2セットで組む汎用的な型。組み合わせが多いためサブオプションが強いものを装備しやすく、目的に合わせて柔軟なビルドにできる。
  • 蒼白の炎4 (物理ダメージ+25% / 元素スキル命中時攻撃力+9%持続時間7秒最大二重・二重まで重ねると2セット効果が2倍)
    物理アタッカー運用を行う場合の最有力候補。クールタイムが短い上に一度の発動で複数回の命中も狙える鍾離の元素スキルならば4セット効果を満たすことが出来る。
    次点で蒼白2&血染め2。威力は若干落ちるがストレスフリーに戦える。

性能アップデート履歴

  • 2021年02月03日

    調整内容

    • 元素スキル「地心」長押し時の効果を調整。
      • 岩柱が数の上限に達していない場合、岩柱を生成する。
      • 玉璋シールドを生成する。シールドのダメージ吸収量は鍾離のHP上限によって決まる。また、玉璋シールドは全元素ダメージと物理ダメージ150%の吸収効果がある。
      • 玉璋シールドに守られたキャラクターは、付近範囲内の敵の全元素耐性と物理耐性-20%。この効果は重ねがけ不可。
      • 岩元素範囲ダメージを与える。
      • 周りに岩元素を持つターゲットがいる場合、最大2つのターゲットの岩元素を大量に消耗させる。この効果によるダメージは発生しない。
    • 突破天賦2「贅沢な食饌」の效果を調整。
      • HP上限を基に、鍾離の下記攻撃のダメージが増加する。
      • 通常攻撃、重撃と落下攻撃のダメージ増加量:HP上限の1.39%
      • 地心の岩柱、共鳴と長押しダメージ増加量:HP上限の1.9%
      • 天星ダメージ増加量:HP上限の33%

その他

名前について

  • 離である。「金+(おもい)」の方である。集める・集まる行為や、つりがねや盃を意味する。鍾乳洞(しょうにゅうどう)の鍾。
    同じ音読みや同じ「かね(bell)」の意味を持つ離(金+(わらべ))と混同しやすい。「おもり」の意味の離(金+(たれる))でもない。注意しよう。

小ネタ

小ネタを見る(魔神任務第一章などの ネタバレ注意!)

  • 鍾離
    「仙人」とは原神はもとより様々な物語に頻出する用語であるが、元々は中国の三大民族宗教の一つである道教の用語が由来。
    そして、その道教における特に代表的な八人の仙人、道教八仙の一人に、鍾離 権(けん)という人物がいる。名前の元ネタはこの人物だろう。(鍾離は二字の姓、漢鍾離とも)
    「天下都散漢鍾離(天下一の暇人 鍾離)」を自称し、弟子の呂洞賓(同じく八仙の一人)に「点石成金」の法(一種の錬金術)を伝えたとされ、中国では金運の象徴として崇められている。
    ちなみに中国でいう道教八仙は日本の七福神と似たような知名度やポジションを持っており、縁起物の題材にも多く使われている。直接的な元ネタになっているという説もある。
    ……つまり、中国本土のユーザー視点での登場シーンは「商売を司る神を探してたら恵比寿って名前の人が出てきた」くらいの感覚になるのだろうか?
    散漢 : 暇人は官職を持たずに市井をぶらぶらする人、の意。仙人の名によく用いられる。
  • 「大隠朝市」(中国語名:「陵薮市朝」)
    彼のPUガチャの名前。両方ともあまり馴染みのない言葉だが、どちらも王康琚という人物が詠んだ「反招隠」という詩から取られたもの。
    より正確な引用個所は冒頭の「小隐隐陵薮(中途半端な隠者は人のいない丘陵や沼沢に隠れ、) 大隐隐朝市(真の隠者は人に溢れる朝廷や市場の中に隠れる。)」という部分。
    仙人たちを束ねる身ながら、市井に紛れてただの「鍾離」として暮らす彼にはぴったりのタイトル。
  • 「浮世閑歩」
    鍾離の二つ名であるこの四字熟語は上記と異なり純然たる造語である*2。字義通り解釈すれば、「世の中をぶらぶら歩く」といった程度の意味だろうか。こちらは実戦紹介動画のテーマ曲のタイトルでもあり、非常に人気の高い一曲である。
    ちなみに英語版の場合はそれぞれ別のフレーズがあてがわれており、前者はVago Mundo(スペイン語で「曖昧な世界」)、後者はRex Incognito(incognitoは「身分/名前を隠して・知られないで」といった意味のイタリア語に由来する言葉であり、「岩王帝君」の英語表記がRex Lapis*3であることを踏まえると、Rex Incognitoは「帝君のお忍び」といったところか)である。
  • 「花を買い、酒を持ち、船の上から璃月の景色を堪能しようとしたが、共に過ごした旧友はもう居ない。あの古き友との再会は、いつ叶うだろうか?」
    なぜか日本語版では2度も翻訳とボイスが変わった台詞。
    原文は《欲买桂花同载酒…只可惜故人,何日再见呢?》で、「桂花を買い、共に酒を手にしようと思ったが…ただ旧友のことを懐かしむばかりだ。いつの日か再会することはできるだろうか?」というほどの意味。桂花(けいか)とはモクセイのことで、日本でよく香りに使用されるキンモクセイも変種としてモクセイに含まれる。
    前半部の《欲买桂花同载酒》という部分は実在の漢詩からの引用であり、南宋の詩人である劉過の『唐多令』という作品に基づいている。
    著者の劉過は10代の少年のころに友人と共に湖北省の武昌へ旅した経験があり、同地を20年ぶりに訪れた際に作った詩である。
    原文の詩の大意としてはまず武昌の景観を嘆じたあと、
    「ここはかの詩仙・李白も詩に題した黄鶴楼のほとりだが、旧友もかつてここを訪れたことがあるのだろうか?(ばったり再会することはできるだろうか?) 20年ぶりに船の上から古き山河の景色を堪能しようとしたが、すべてが新しき愁いに見える。桂花を買い、共に酒を手にしようと思ったが…もうあの頃のような気持ちに戻ることはできない。少年の旅をした、あの頃の気持ちには…」という感傷で締めくくられる。
    当時(1186年)の南宋は名君である孝宗のもとで繁栄していたものの、中国の北半分を支配する金(女真族の王朝)に国力も領土も押されつつあった。
    無論、世界帝国であった過去の宋の全盛期の栄耀栄華と比べれば見る影もなく、壮年の論客となった劉過はそのことを痛感していた。
    「旧友」「古き山河の景色」への憧憬と「新しき愁い」の対比は直接的には個人の感傷であるが、こうした時代背景も暗に織り込まれていると言われている。
    作中の鍾離もまた旧友との別れを惜しみつつ、時代の変化や「摩耗」というテイワットのシステムにたびたび言及しており、そこまで踏み込んだ台詞とも考えられる。
  • 「岩食いの刑」
    契約を破った者に対して鍾離が課す刑罰。物理的にボコボコにしたり、ショッキングな真実を教えたりと、名前に違わず怖~いものとなっている。
    ところで、「岩食いの刑」は中国語で「食」と表記する。一方、「約束を破ること」は同じく中国語で「食」。ついでに食塩は中国語で「食」。
    三つとも発音は「shíyán」。
    ……要するに、駄洒落である。
  • 「モラは生まれながらに貨幣だが、貨幣は生まれながらにモラではない。」
    魔神任務 第一章 第二幕での鍾離のセリフ。
    19世紀を代表する思想家、カール・マルクスの「経済学批判」の一文、「金銀は生まれながらにして貨幣ではないが、貨幣は生まれながらにして金銀である。」が元ネタと思われる。
    解釈・教訓は様々であるが「貴金属の持つ優れた物理的性質は貨幣の諸機能に適している」という意図が読み取れる。*4
    一方、彼のPVの0:32-地点で「この発想、買うに値する」というセリフを述べており、マルクスの社会主義的発想とは真逆の考え方をしているようだ。
    原神の世界に当てはめながら前後の文脈と合わせると、
    「商品の価値を定量化する単位として"モラ"を使っているに過ぎず、大金であることに目を囚われると商品の価値の判断が曇る」
    とい読み取れ、元ネタとは真逆の意味での発言になる。
    モラが最初から貨幣の目的でモラクスによって創造された物質であるという特徴を如実に表している一文。七神が現実感を持って存在しているテイワット特有の観念とも考えることができて面白い。
  • 「堅牢なトパーズ」について
    岩元素キャラクターの突破用アイテムのフレーバーテキストは、鍾離のポリシーが書かれたものとなっている。
    「この大陸の全ての金銭は俺の血肉。」
    「こんな形で俺は、人間の労働、知恵、未来を保証する。」
    「これが俺の人間への信頼。金銭に背くことは、俺の血を汚すと同然だ。」
    なら財布くらいちゃんと持ち歩けと思ったプレイヤーはさぞ多いことだろう
  • 「岩の堅きこと、物に於いて陥さざる無きなり。」
    元素スキル、地心のフレーバーテキスト。
    故事成語にすらなるほど有名な韓非子の「矛盾」の「吾矛之利、於物無不陥也。(吾が矛の利きこと、物に於いて陥さざる無きなり。)」が元ネタと思われる。
    プレイアブルキャラクターとみればダメージソースとしてはそこまで強力ではないものの、使用武器が長柄武器かつ岩の槍を降らして魔神を倒したことを考えると興味深い。
    彼のシールドは於物無不陥也、合わせて矛と盾ということだろうか。
  • 扳指
    彼が左手親指につけている指輪で、日本の弓道の弓懸に相当する。
    弓の弦は余りに強靭であり、親指で直接弦を引くと肌が裂ける為、この指輪に弦を引っ掛けることで肌を保護する。
    通常、弓を右利きの者が引く際、左手で弓を保持し右手で弦を引く。
    しかし彼のPUガチャの立ち絵では右手で槍を持っていることから、彼は右利きだと思われる。
    彼が弓を使う際は左手で弦を引くのか、あるいは誰かの遺物なのだろうか。
  • 「神の目」
    鍾離はウェンティと同じく、(元)七神でありながら神の目を所持している。が、ウェンティの持つ神の目は自身が神である事を隠すための偽物であったため、似た境遇の鍾離が持つ神の目もまた偽物なのでは無いかと実装時から囁かれていた。
    しかし鍾離のプロフィール欄等には具体的な記載が無く、隕石に反応しないことからウェンティの神の目が偽物であると目視確認できたイベント「帰らぬ熄星」も鍾離実装時点で既に終了していたため真偽はあやふやとなっている。
    • 魔神任務 間章にて隕石と同じく神の目に反応する砕星鉄鉱が登場した。鍾離の神の目が反応しないことを確認できる。
      つまり彼の神の目も同じく偽物であったという訳だ。


情報提供用コメントフォーム

  • 木こりの際、通常攻撃5段目は直前の木こりからの経過時間に関係なく木材がドロップされません。敵に当ててもヒットストップがかからないことと関係があるかもしれません。 -- 2022-02-06 (日) 22:45:37
    • 通常攻撃5段目は槍から手が離れている=飛び道具判定なので、(弓キャラと同じように)木こり出来ないようになっているみたいです。 -- 2022-02-08 (火) 15:07:46
  • 険路怪跡のバフでスキル天賦Lv.14の内容が判明したので記載します。岩柱ダメージ/共鳴ダメージ:36.0%/72.0% / 長押しダメージ:180% / シールド基礎吸収量:3,636 / シールド追加吸収量:28.8%HP上限 です。その他はLv.13と同一です。 -- 2022-05-31 (火) 23:06:51
    • 情報提供ありがとうございます。更新しました。 -- 2022-05-31 (火) 23:28:40
  • 待機中ボイスが実際のものと違うようなので訂正をお願いしたいです -- 2022-06-03 (金) 09:22:34
    • ご指摘ありがとうございます。修正しました。また、「世間話・過去を懐かしむ」のセリフは待機ボイスで確認できなかったため非表示としました。 -- 2022-06-03 (金) 19:08:06

こちらは情報提供フォームです。明らかに情報提供を旨としないコメントは断りなく削除することがあります。間違ってコメントした場合はその旨を返信にて申告してください。

コメント

過去ログ

コメント投稿ルール

誰もが快適にコメント欄を利用できるように、他人を傷つけない投稿を心がけましょう。
不平不満は愚痴掲示板へ。

  • リーク情報、キャラクターや他者に対する誹謗中傷、バグ悪用の推奨等は、投稿・編集ガイドラインで禁止されています。
  • 不適切な投稿は、反応したり相手にしたりせずに、zawazawaにログインして通報(推奨)、または管理連絡掲示板で報告してください。
  • 悪質な場合は管理者より警告・投稿規制等の措置を行います。
  • 不快なコメントに対しては、日付横の通行止めマーク🚫をクリックすることで、その投稿者のコメント全てを非表示にできます。

*1 https://twitter.com/Genshin_7/status/1319572336639537153
*2 これに限らず戦闘ボイスなど鍾離にかかわる造語は多い
*3 ラテン語でRexは王、Lapisは岩を意味する
*4 金を例に挙げると、貴重で独特の光沢を持つだけでなく、科学的腐食に対して非常に強いという性質も持ち合わせている。モラもまたありふれた物質ではなく、錬金術媒介としても使用できるという性質を持っており、現実の貴金属に近しい性質を持っていることがわかる。