バッグ/食べ物

Last-modified: 2022-10-05 (水) 08:25:23

バッグ聖遺物 | 育成アイテム | 食べ物 | 材料 | 便利アイテム | 任務 | 貴重アイテム | 調度品 |


※食材-料理の早見、購入場所、バフ効果、効果性能比較は料理
※採集についてはフィールド採集
※元ネタの考察は料理元ネタ考察

食べ物

野外で採集

画像名前レアリティ効果説明(原文)その他入手方法その他用途
リンゴ-選択したキャラのHPを300回復する。サッパリした酸味と甘みの果物。そのままでも酒漬けにしても美味しい。博来料理
夕暮れの実-選択したキャラのHPを300回復する。テイワットの自然の恩恵を受けた果実。
夕暮れの色と特殊な香りが特徴。
博来
探索派遣
料理,食材加工
染料作成
合成(釣り餌)
星茸-選択したキャラのHPを300回復する。カサが五芒星のような形をしているキノコ。強靭な生命力を持っている。成熟するとカサの中心が裂けて開く。
みなぎる星茸-選択したキャラのHPを800回復する。カサが五芒星のような形をしているキノコ。強靭な生命力を持っている。活力に溢れているようだ。スメールの星茸に雷元素を当てる
ひからびた星茸-選択したキャラのHPを1回復する。カサが五芒星のような形をしているキノコ。強靭な生命力を持っている。焦げているみたいに見える…スメールの星茸に炎元素を当てる

商店で購入

画像名前レアリティ効果説明(原文)その他入手方法
大椀のお茶☆1選択したキャラのHP上限の14%を回復し、
その後30秒間、5秒毎にHPを350回復する。
璃月の名物飲み物。領土が広い璃月で旅するのは大変なことである。故に大椀茶の容器が大きいほど助かる。周じぃ凱じぃ朱店主
アップルサイダー☆2選択したキャラのHP上限の26%を回復し、
その後30秒間、5秒毎にHPを570回復する。
最近流行っているノンアルコールドリンク。酔い覚めのドリンク。酒飲みたちが飲み会の最後にシメとして注文している。チャールズ
ググプラムのジュース☆2チーム全員の攻撃力+114、継続時間300秒。
マルチプレイ時は、自分のキャラクターにのみ有効。
最近流行っているノンアルコールドリンク。搾りたてのググプラムのジュースに氷を入れた、幻の紫色のドリンク。チャールズ
ミントベリージュース☆2チーム全員の会心率+16%、継続時間300秒。
マルチプレイ時は、自分のキャラクターにのみ有効
最近流行っているノンアルコールドリンク。爽やかなミントドリンクにラズべリーが入り、優雅な香りが仄かにする。チャールズ
団子牛乳☆2選択したキャラのHP上限の26%を回復し、
その後30秒間、5秒毎にHPを570回復する。
ねっとりとした団子を牛乳に加えて出来上がったオリジナルドリンク。甘くて滑らかな食感で食べた客に好かれている。だが、団子が入っているため、飲みすぎると食欲に影響するかもしれない。智樹
スパークリングベリージュース☆2選択したキャラを復活させ、HP上限の15%を回復し、さらにHPを550回復する。新しく売り出されたノンアルコールドリンク。熟成度の異なるヴァルベリーたちで作られており、酸っぱい飲み口から甘い後味までを体験できる。冷たい炭酸は爽やかで、心地よいリラックスしたひと時を楽しませてくれる。ゲオルグ(イベント「杯の中のバラッド」)
Ver3.2にてエンジェルズシェアにて購入可能になる
聖水☆3説明無し
(HPを1ずつ20回回復)
透き通った無色で無垢な液体。清泉水と同じ用に見える。これに期待していい?不思議なホプキンス
特製キノコピザ☆3選択したキャラのHP上限の28%を回復し、
その後30秒間、5秒毎にHPを620回復する。
具材をたっぷりと乗せたピザ。色んなレア食材が揃っており、口の中で奇妙な踊りを楽しめる。味も悪くない。木南杏奈
-海灯祭特別-☆-(それぞれの美味しそうな料理欄参照)海灯祭を祝うために作られた伝統料理。-(以下それぞれの普通料理欄参照)宜年(イベント「海灯祭」屋台)

料理を作る

料理画面の順序で、レアリティ毎に説明のみ掲載しています。
※食材-料理の早見、購入場所、バフ効果、効果性能比較は料理

情報収集中(順序不明)

画像タイトル名前説明
[添付]微妙な魚のクリームソース魚にソースをかけた料理。■微妙文■
-新鮮な魚を干して焼き上げ、パリッとした皮と香ばしい魚肉に雪のようなクリームソースと緑のミントを飾る。調理法はシンプルだが、独特な風味がある。
[添付]美味しそうな■美味文■
[添付]微妙なポテトボート焼き上げたお菓子。■微妙文■
-ジャガイモを洗い、チーズとルッカデヴァータダケをトッピングして焼き上げる。温かいうちにいただくと規格外の美味しさを味わえるため、スメールでは人気がある。食べる時、やけどにだけは気を付けて。
[添付]美味しそうな■美味文■
[添付]微妙なタンドリーチキンスメール独自の鳥肉料理。■微妙文■
-派手なテクニックは必要なく、赤くなるまで香料に漬けた鳥肉を粘土で作った炉で焼くだけ。スメールの名物料理が質素な炉で作られるなどとは、信じがたいことだろう。ベテランの料理人にとって、この炉は冒険者が死ぬまで決して手放さない剣と同じくらい重要なものだと言われている。
[添付]美味しそうな■美味文■

☆1

画像タイトル名前説明
微妙な鳥肉と野生キノコの串焼きキノコと鳥肉を組み合わせた串焼き。ちょっと見ただけでは両者の違いが分からないかもしれない。
-ジューシーな鳥肉が香りのいいキノコを引き立てる。 食べる時に好き嫌いをしないように。
美味しそうなちょうどいい火加減で、1本の串に山の幸の味を凝縮している。
微妙なテイワット風目玉焼き鳥の卵の片面焼き。食感は少し硬めで、栄養が損なわれていないことしか期待できない。
-箸先で黄身をプチッと突つくと中身がとろりと流れ出て、食欲をそそられる。
美味しそうな太陽のように温かい口当たり、一口食べるだけで生命力がみなぎってくる。
微妙なステーキ強火で焼いたステーキ。表面はやや黒っぽく、十分な美味しさを発揮できないことを嘆いているかのようだ
-肉汁を逃さずに焼き上げたジューシーなお肉はたまらない。
美味しそうな高温で焼くことで水分を中に閉じこめ、ナイフで切った後に流れ出る肉汁が楽しみで仕方ない。
微妙な大根入りの野菜スープダイコンをメインにした野菜スープ。スープの中の野菜は元気がなく、まるで真冬でも経験したかのようだ。
-ほのかに甘酸っぱいスープの中に柔らかいダイコンが隠れている。栄養バランスがとれた一品。
美味しそうな爽やかで素朴な田園の香りがする。のんびりした午後の時間を楽しめるようだ。
微妙なモンド風焼き魚弱火でじっくり焼き上げた魚。焼き過ぎたせいか、魚肉はかなり硬い。
-焼き加減がちょうどで、身が締まっている。コショウをかけると一層美味しくなる。
美味しそうな一口で魚の旨味がロの中に広がる。
微妙なミントゼリーひんやり爽やかなデザート。料理の過程でいくつかの問題があり、均一に固まらなかったゼリー。甘いミント水として飲んだ方がいいかも?
-作り方は非常に簡単。滑らかな食感とふんわりとしたミントの香りは一日の気分を爽やかにしてくれる。
美味しそうな適度な弾力を持ち、スプーンで触れると可愛く揺れ出す。一口食べると、爽やかな味わいがすべてのネガティブ感情を一瞬で払拭し、人々をリフレッシュさせる。
微妙なモラミート肉たっぷりの焼餅。しっかりしすぎた皮は硬く、とても食べづらい。脂っこさを我慢して、肉だけで食べれば、肉の香りを味わえなくもない。
-焼餅を二つに分けると、中にはジューシーな肉が挟まれている。肉の脂っこさはなく、焼餅の甘さがより際立つ一品。縁起のいい食べ物として、その表には「モラ」の模様がついていることが多い。
美味しそうなパリパリの皮とジューシーな肉。一口でハマる美味しさ、たとえ目の前にモラがたくさん積まれても、気を取られることはないだろう。
微妙な豚肉の油炒め強火で炒めた獣の肉。焦げた肉と絶雲の唐辛子がぐちゃぐちゃになっている。あまりオススメしない。
-肉の香りと唐辛子の刺激。箸が止まらない。
美味しそうな吹雪の中に燃える炎のように、刺激性が最強な料理。一度口にしたら、もう止められない。
微妙なチ虎魚焼き強火で焼いた魚の串焼き。その焦げた見た目から、なんとなく焼き魚なのは分かるが、よく見たらまだ鱗がたくさん残っている。
-埠頭で引き上げられた魚を軽く漬け焼いたもの、その香りは野良猫をも虜にする。新鮮が美味しさの秘訣である。
美味しそうな金色の皮が柔らかい魚肉を包み、ハフハフしながら、串につくの細かい肉をも食べ尽くしたいほどの美味である。
微妙な米まんじゅうふんわりとした歯ごたえのある主食。こね上げた後の生地が十分に発酵しておらず、蒸しても丸く膨らまなかった。ざらざらとした堅い食感は、期待していたのとほど遠い。
-米と馬尾で生地を練り、形を作って蒸し焼きにしたもの。そのまま食べるだけでなく、他の料理を包む食べ方もある。持ち運びが便利でお腹もいっぱいになるため、璃月で高い人気を誇っている。
美味しそうな噛むと口の中に雑穀特有の甘味が広がる。どんなに素朴な食材でもちゃんと手を加えると心身ともに温まる力となる。汗をかいた後にこれを味わうのが一番おいしく、庶民にとって幸せのひと時でもある。
微妙な鳥卵の玉子焼き油で焼き上げた卵料理。柔らかすぎて、箸で少し触れただけで崩れてしまう。スプーンですくった方が食べやすいかも?
-まずは卵に味付けをして鍋に流し込む。弱火でじっくりと焼き、一面を固めながら巻き、再び卵を入れる…一定の厚さになるまでこの手順を繰り返し、出来上がったものを皿に盛り付ける。素朴で親しみやすい味を持つ稲妻料理。
美味しそうなしっかりとした形、黄金の色でふっくらとした食感…一口ではお腹いっぱいにはならないが、心を落ち着かせる。容易に手に入れられるのも魅力の一つ。
微妙な干物の網焼き炭火でじっくり焼いた干物。干物の中のわずかな水分も吸い取られ、木材を噛んでいるような食感だ。パサパサ過ぎて、魚肉と骨の区別もつかない。
-一晩干した魚は、川に海の香りが染み込んでいる。焼くとしょっぱい香りが広がる。海沿いに住んでいる稲妻人がよく知る味だ。
美味しそうな炭火で焼くことで濃厚な脂がにじみ出し、魚に黄金色の衣を与えた。身がしっかりしていて味もよく、食べやすい、これ以上の海の贈り物はない。
微妙な味噌汁素朴な汁もの。茹ですぎた海草、崩れた豆腐と濃すぎた味噌が混ざったもの。朝に一杯食べると、一日の機嫌を損ねてしまう恐れがある。
-よく見かける食材と。簡単な調理法を使った料理。この小さな味噌汁一杯には「三里の力」が宿っていて、食べると旅の際に疲れなくなるという。
美味しそうな風味豊かな香りを放つ。ごはんと一緒に食べれば、食事全体の完成度が高まる。
微妙な甘エビの握り寿司甘くて美味しい伝統料理。エビが乾き、嚙むと米粒と一緒に歯にくっつく。どうやら長時間放置してから食べてはいけないようだ…
-ご飯を手で握り、背開きしたエビをのせる。ふっくらで歯ごたえのあるエビとおいしい米の組み合わせは、甘味をより引き出す。
美味しそうな透き通ったエビが雪のように白い銀シャリにのっている。酢飯の酸味とエビの甘さが舌の上で溶け合い、波と白砂の戯れのように軽やかで柔らかい。
微妙な鳥の玉子寿司稲妻の家庭料理の一つ。鳥卵の玉子焼きを作る時、卵をよくかき混ぜていなかったようで、酢飯の味付けも少し濃過ぎた…いくら簡単な料理でも適当に扱ってはいけないようだ。
-薄切りにした鳥卵の玉子焼きを味付けたご飯にのせる。作り方は簡単だが、十分においしい。
美味しそうな滑らかな鳥卵がふっくらした米粒と一緒に舌の上で踊り、子供の時代に戻ったような楽しさをもたらす…この幸せを口に留めるため、知らず知らずのうちに次の寿司を手に取ってしまう。
微妙なそば素朴で簡単な麺類。ざらざらした舌触りの麺を、無理やりに飲み込むと、舌にほんのりとした苦みを感じる。これは本当に麺類なのか?
-ソバで作られた麺を水に通してから冷やす。歯応えのある滑らかな食感。材料は安く、作り方も簡単なため、稲妻人の間で広く親しまれている。
美味しそうなソバの独特な香りを絶妙に引き出した料理。しなやかな麺が喉を通り、口の中に残る淡い余韻は、まるで質素な回廊に響いてくる古謡のようだ。
微妙なミントビーンスープシンプルな材料で作った濃厚なスープ。水の入れすぎでスープがとても薄まっており、料理というよりはもはや飲み物に近い。いっそのこと、氷を入れて「ミントビーン水」にする…?
-ミントと豆を煮込み、なめらかになるまでほぐす。そして、ゆっくりと煮てとろみをつけ、豆とミントの葉を添えて出来上がり。完成した料理は爽やかで口当たりがよく、温めても冷やしても美味しい。
美味しそうなとろりとした濃いスープからは、豆の香りが漂ってくる。口当たりは滑らかで、ミントの爽やかな香りがする。味は素朴だが素晴らしく、まるで涼しい木陰を散歩しているような気分にさせてくれる。シンプルな幸せを。
微妙なランバドフィッシュロールほのかに花の香りがする魚のグリル。おっと、生臭さに絡み付く焦げ臭さのせいで、料理の下手くそさが露呈してしまった。この料理はランバドおじさんに見せないほうがいい…次から値段を倍にすると言われたら大変だ。
-ランバドおじさんは若い頃、各地で冒険しながらご当地焼き魚を賞味した。そしてスメールに代表的な焼き魚がないことを残念に思い、自らこの料理を考案したのだ。冒険談の真偽はともかく、フィッシュロールは間違いなく美味しいと、酒場の美食家たちは口をそろえて言う。
美味しそうな夕焼けに染まる波のような黄金色の魚肉は、散らばるローズを巻き上げて、花の香りを漂わせる。「船員のロマンティック」と呼ばれるのも納得だ…も、もしかして、ランバドおじさんの冒険談も、全部が嘘ってわけじゃないのかも?

☆2

画像タイトル名前説明
微妙な完熟トマトのミートソースミートソースたっぷりのスパゲッティ。濃厚な口当たりで、歯にくっつく感覚が少し不快。
-スパゲッティが卜マトソースで真っ赤に彩られている。甘酸っばく美味しく、食欲をかきたてる。
美味しそうな濃厚な甘酸っぱさで最後の一口まで美味しく感じる。
微妙な鳥肉のスイートフラワー漬け焼き蜜漬けにしてから焼いた鳥肉。焼きすぎでスイートフラワーが萎れ、鳥肉の苦味しか残っていない。
-ジューシーな鳥肉からスイー卜フラワーの蜜が滴り落ちる。甘くて美味しい。
美味しそうな肉質は蜜のように甘くて柔らかい。骨まできれいに食べたくなってしまうほど。
微妙な北地のスモークチキン野菜と燻製にした鳥肉の組合せ。誰かをもてなす前には、まず一口味見しよう。今から作り直すのがまだ間に合うかも。
-北地の家庭料理の定番。大事な客をもてなす時に出す。
美味しそうな完璧な食感をしており、国の主をもてなす時に出しても恥ずかしくない。
微妙なホワイトソースポトフクリームで煮込んだポトフ。ソースが乾いているせいで、鉄板焼きのような料理になっている。
-濃厚なソースによって、しっかりしたロ当たりとなっている。口に入れるとみすみずしくて柔らかい。
美味しそうな食材が口の中で融け、ミルク風呂に入っているかのように全身がリラックスする。
微妙な午後のパンケーキ丸いパンケーキ。パンケーキの香りが焦げ臭さに負けている。ラズベリーだけが唯一の良心。
-最初はアフタヌーンティーのおやつだったが、今は普通の主食になっている。飾りとして最高のラズべリーを使っている。
美味しそうないい香りにフワフワな食感、まるで雲の上を歩いているようだ。
微妙な大根の揚げ団子油で揚げた大根団子。食べてみると油っぽく、水と一緒じゃないと飲み込めない。
-柔らかくて香りの良い独特なな食感。熱いうちに食べるのがおススメ。璃月のレシピらしい。
美味しそうな材料が素朴なダイコンとは信じられないほどの美味しさ。食べたことのある人は、璃月の美味しそうな食事に想いを馳せるだろう!
微妙な満足サラダ冷たいサラダ。盛り付けに気をとられ、ジャガイモと鳥の卵の調理時間が間違えられた残念な一品。
-茹でたジャガイモ、新鮮な果物や野菜、さらに半熟の卵が添えられている。食ベると満腹感を得られる。
美味しそうな爽やかで軽い口当たり。残りの人生でこのサラダしか食べられなくなっても、飽きることはないだろう。
微妙な漁師トースト玉ねぎを敷き詰めたトースト。焼き方が少しおかしくて、釣りをしながら食べても、味の違いははっきりと分かる。
-漁師の間に流行っている主食。袋にいっぱい詰めて、一日川辺で過ごせる。
美味しそうな人を誘うような香りがする。エサとトースト、魚はどっちに引き寄せられたかは分からない。
微妙なお肉と野菜のシチュー熱い煮込み料理。煮込むときに火力を少し間違えてしまったため、食感が少し硬い。ただ適当に食べるだけならそんなに悪くないし、寒さを凌ぐ効果はまだ残っている。
-冷製鮮肉と野菜を細かく切り、トマトを加え長い間煮込んで作る。スープを纏ったほかほかの食材を飲み込めば、寒さを追い払ってくれる。
美味しそうな一口スープを味わうだけで、確かな満足感を心の底から感じられる。噛めぱ噛む程、肉の香りが溢れ、氷に包まれた地で生きる無尽の力を与えてくれるようだ。
微妙な杏仁豆腐杏仁が原材料のデザート。手抜きしたため、口触りはあまり良くない。
-滑らかな舌触りと杏仁の香りがする。豆腐に似ていることが各前の由来。
美味しそうな形も色もまるで芸術品みたい。食べるのがもったいない。
微妙な椒椒鶏鶏肉の和え物。タレが染み込んでいないため、椒椒鶏というより、鶏肉の水煮と思われる。
-鶏肉のジューシさをそのままキープされ、金色の皮の下にあるピリ辛の味わいが魅力的である。
美味しそうな柔らかな鶏肉を噛んでみると、ジュワッと溢れ出す肉汁。夢であるように、自分の居場所も分からなくなる。
微妙な真珠翡翠白玉湯簡単な材料で作られたスープ。味は薄くて、萎びてる野菜は荒地を彷彿させる。
-沸騰したお湯に金魚草、豆腐、蓮の実を入れるだけ。緑野菜と豆腐は蒻翠と白玉に見えるのが名前の由来だが、本当は簡単に作れる家庭料理。
美味しそうな野菜本来の味がする。自然の味はどんな珍味よりも味わえる。
微妙な松茸の肉巻き肉を焼いた料理。味が濃厚な菜食。濃すぎるタレが食材本来の味を完全に消している。水をどんなに飲んでもしょっぱく感じる、ただ調味料を食べているようだ。
-松茸を肉で巻いて、弱火でじっくり焼く。肉汁を吸い込んだ松茸にもはや我慢できない。
美味しそうな自然の神髄と月日はここにある。栄養補給以外に、幸せも感じさせる一品。
微妙な水晶蝦璃月の伝統点心の一つ。薄暗い皮にはべたべたした食感があり、中の餡は乾燥していて、口の中の水分は全部持っていかれそうだ。
-餡はエビのむき身を丸ごと使用し、明るいピンクは半透明の皮の下に隠れている。プリプリの食感がたまらない。
美味しそうな皮は水晶のように透き通り、プリプリのエビが口の中で踊っているような食感が楽しめる、おかわりがしたくなる一品。
微妙なハスの実入り茶碗蒸し卵の茶碗蒸し。調理時間が長すぎて表面がでこぼこして蜂の巣のようになった。それと比べればハスの実の苦みは取るに足らない。
-透き通った黄色の卵の上に、ハスの実が輝いている。朝食としても、食後のデザー卜として、栄養パランスのとれた一品。
美味しそうな滑らかな茶碗蒸しが口の中に溶けて、気がついたらすでにのどを通った。口の中に残る余韻が綻びるハスのように甘くて清々しい。
微妙な山幸の麺栄養バランスが良い麺。強火で食材の水分が飛んだため、麺が非常に乾いている。ゆっくり食べても噎せてしまう。
-麺とスープが良く絡む。ごく普通の作り方だが、濃厚な味を楽しめる。
美味しそうな一見普通の麺に見えるが、山の幸を吸収しており、一口で旨味の極みを感じられる。
微妙な松茸のアワビもどき味が濃厚な菜食。濃すぎるタレが食材本来の味を完全に消している。水をどんなに飲んでもしょっぱく感じる、ただ調味料を食べているようだ。
-松茸を薄切りにし、焦げ茶色に炒めた後、ソースを入れる。松茸はアワビのような食感と香りを持つため、ほぼ本物に近い料理だ。
美味しそうな濃厚なタレによって、松茸を新鮮な貝類のように柔らかく、本物のアワビのように新鮮な、品のある食感に作り上げた。お客様に当ててもらい、「アワビではなく松茸です」と答えを明らかにすると、さぞ驚くだろう。
微妙な岩港三鮮多めの油で炒めた菜食。温度コン卜ロールが出来ていないせいで、非常に脂っこく、口にすると少し気持ち悪い。希少な琉璃袋が台無しだ。
-三種の璃月特産品を使用した炒め料理。作り方は素朴だが、食材本来の旨味を十分に引き立てた、高級料理に負けない一品だ。
美味しそうな木漏れ日の涼しさ、大地の潤いがこの料理に終結する。シンプルな白米と合わせて食ベると、味覚だけでなく、心も十分に魅了する。
微妙なミントの和え物爽やかに香る和え物。ミン卜と絶雲の唐辛子のバランスが悪く、よくかき混ぜられてないゆえ、絶句するほど辛く感じる。
-絶雲の唐辛子を細かく刻み、調味ソースとミントを加えて良くかき混ぜた料理。一見目立たない作り方だが、意外と爽やかでリフレッシュ効果があり、暑さ対策にも非常に役立つ。
美味しそうなミン卜の爽やかな苦味は、絶雲の唐辛子の辛さを覆い隠すだけでなく、辛さの品格を一層上げる効果がある。二つの食材は口の中で華麗なダンス勝負をしているようだ。
微妙なかにみそ豆腐繊細な食感の料理。新鮮なかにみそでも、豆腐の硬すぎる食感を緩和できない。箸で潰してから白米に混ぜて食べるしかない。
-かにみそを炒めて油を出し、事前に温めておいた豆腐を入れ、煮込んだ出汁で味付けをする。材料はシンプルだが、口に入れた瞬間に旨味が広がる一品。
美味しそうな豆腐はスプーンで割れるほど柔らかく、かにみそは濃厚で、一口食べるとカニの油がこぼれて口の周りに付いてしまう。噛まなくても優しく口の中に滑り込み、唇と歯の間に美味しさが漂い続ける。
微妙な魚肉の焼き麺風味の強い主食。麺と魚肉はほぼ全部くっ付き、べたべたした食感は人を遠ざける。一見シンプルな料理だが、料理人の腕前の大切さを改めて思い知らされる。
-麺、半熟魚肉といくつかの具材を強火で炒めたもの。食材の旨味を麺が吸収し、なめらかな味わいをかもしだす。多くの客に愛されている。
美味しそうな見た目は食欲をそそり、口にした後の香はたまらない。 麺の滑らかさが魚の新鮮さを引き立てている。高価な食材や特別な調理法はないが、宴会などで出されても劣らない一品。
微妙なマグロの握り寿司素手で握った伝統料理。上に乗せるネタは変色しており、お米の酸味とネタの生臭さ、どっちが強いかすら判別できない。
-柔らかく少し酢の効いたお米に、新鮮なネタを乗せた。地元の人にとっては、少し贅沢な料理だ。
美味しそうな繊細な脂の筋は優しく降りる白い霜のようで、肉との割合が絶妙。作り方は素朴で伝統的だが、陸と海の精髄を融合したような美味を感じさせてくれる。
微妙なおにぎりお米を握って作られた携行食。三角形を維持しているのがやっとで、手に取るとすぐ崩れてしまい、客を失望させる。
-作り方は簡単で、常温でも美味しく頂けるため、兵士や一般の人の間で広く親しまれている。
美味しそうなパリパリとした海苔がほのかなうま味を、もっちりとした米はしっかりとした甘みをもたらす。そして、隠し味として秘められた美味しい魚肉は、まるで勝利のファンファーレのように、心身ともに満足させる。
微妙な焼きそば稲妻の家庭料理の一つ。麺と具についた黒焦げの跡は、先ほど起こった惨事を物語っている。
-麺と具材を炒め合わせるだけで出来上がる。作り方も簡単で、食べると満腹感も得られるため、稲妻の人たちに大人気。
美味しそうな少し縮れた麺と普通の具は、ベースとなる調味料に何かの魔法をかけられたようだ。滑らかで弾力があり、味も濃厚…お皿の上に魔法が施されているようで、食べ飽きることがない。
微妙なかにみそ甲羅焼き炭火で焼き上げたカニ料理。カニの殻の屑とかに味噌が混ざり合っている。歯に挟まること自体は大事ではないが、料理を楽しむという気持ちは跡形もなくなった。
-カニ肉とかにみそを混ぜ合わせ、美味しい脚肉を乗せる。口に入れた瞬間から広がる幸福感は、この料理にかかったこれまでの時間に意味を与えた。
美味しそうなカニの脚肉は美しい朱色で、繊細でジューシー。かにみそは香ばしく、口に入れると濃厚でまろやかな食感が味わえる。舌の上で起きた繊細な瞬間は、カニの甲羅の味まで興味を持たせる。
微妙なうなぎの蒲焼焼き上げた料理。ウナギの表面の色が火の中の木炭とそっくりで、見るだけで失敗作だと分かる。裏返して食べようとしても、焦げ臭さで引いてしまう。
-切っておいたウナギを蒸すことで余った油を落とし、焼いてからタレを塗る。料理名の由来について、稲妻では様々な説があるが、これだけは皆が認めていること――完璧なウナギを焼くには、一生をかけて専念する必要がある。
美味しそうな焼き上げて出来た料理。油がウナギの表面でじりじりと鳴り、まるで色彩豊かな前奏を奏でているようだ。炭火の洗礼とタレの潤いで、ウナギの肉質が繊細で柔らかくなっている。ご飯と一緒に食べれば、タレを食べ尽くしても、まだ足りないと感じるだろう。
微妙な若竹煮薄い色合いの野菜料理。ワカメを飲み込むには長い時間噛む必要があり、硬すぎるタケノコを食べると歯が割れるような錯覚を覚える。見た目以外に取り柄がない。
-タケノコをスープに入れて、煮詰める前にワカメを入れる。上品な見た目と、あっさりとした優しい食感を持つ。おつまみにも、正餐の料理にも適している。
美味しそうな海で生まれた柔らかさと、山で芽を出したシャキシャキ感がスープに凝縮している。あっさりとした優しい味から、万物が蘇る時と四季の始まりの素晴らしさを感じられる。
微妙な魚とダイコンの煮込み栄養バランスが良い料理。見た目は完成されているが、食べてみると魚肉の旨味が全然ダイコンに染み込んでいない…いや待て、ダイコンに刺さった魚の骨はどういうことだ?
-皮を剥いて輪切りにしたダイコンを煮込み、下処理済みの大きな魚肉を入れた後、調味料を加えて弱火でじっくりと煮込む。大きく切られた食材は満足感をもたらし、ご飯の組み合わせとしては最高である。
美味しそうな極寒、波、雷の試練を乗り越えた魚は鍋に飛び込み、ダイコンと共に旨味たっぷりのソースを吸収した後、皿に落ちた。この甘味は、氷に覆われた地で揺らめく篝火のように、心を奮い立たせる。
微妙なラズベリー水まんじゅう透き通ったお菓子。見た目は水のようだが、食感も水と同じように、何の味もしない。一体どこで間違えたのだろう?
-透明の皮で黄金色の餡を包んだ食ベ物。ひんやりと爽やかな食感を保つために、それを陶製のお椀に入れて、水に浸ける商人もいるそうだ。水のように透明だが、水に流されない、それがこの名の由来だろう。
美味しそうなきれいな球形、まるで凝縮した水が皿にあるようだ。澄んだ皮の下に、真珠のように輝いている餡がある。暑い日にこの光景を見るのも楽しみの一つ。口に入れると、ほんのりとした甘みが広がり、全ての焦燥感を取り除く。
微妙なさんが焼き素朴な漁師メシ。過剰な量の塩と魚肉の生臭さが嵐のように舌の上を駆け巡る。次からは、手が滑らないように気を付けよう…
-獲れたての魚を皮引きしてぶつ切りにし、キンギョソウと一緒に叩く。それを味噌と塩で味付けして、最後に焼く。口にする前から、良い香りが鼻孔をくすぐり、三人前食べても飽きない。
美味しそうな栄養満点で美味しい。表面はこんがりと焼き目がついてカリッとしているが、包み込まれた中身は柔らかであり、一口で二つの食感を味わえる。魚のたたきは生でも美味しく食べられるが、炭火で焼くことで風味がさらに増している。
微妙なうどん歯ごたえのある麺類。麺と出汁の味が薄すぎて、すごく残念な気持ちになる。味付けを侮ることはできないようだ。
-何度も寝かせて伸ばした生地は滑らかで、コシのある麺に変わった。味の濃いラーメンと違い、うどんはあっさりとした味付けで稲妻の人々を癒やしてくれる。
美味しそうな雪のように白くてしなやかなうどんに、上品な淡い味わいのつゆを加えた。その素朴な美味しさは人々の心をいたわってくれる。ほのかな小麦の風味が甘くしなやかな麺と共に胃袋に滑り込み、温かい後味が心に沁みる。
微妙なカツサンド栄養バランスのとれた料理。しなびた野菜にパサパサの硬い肉、そして中身がぎっしり詰まった硬いパン…まあ、空腹を満たすのが優先だ。食ベよう…
-パンに厚みのあるカツが挟まれており、一口目からカリッとした食感が味わえる。ほんのり甘酸っぱいソースが、油っこさを感じさせない秘訣だ。異国の美食とご当地グルメの絶妙な融合だ。
美味しそうな甘くてふわふわのパンが満腹感をもたらし、カリッとジューシーなカツが味覚を刺激してくれる。一口食べただけで、舌の先から胃袋までが大満足。こんなに見事な組み合わせを最初に思いついたのは誰?
微妙なシャワルマサンドローストミートをたっぷり入れたシャワルマ。焦げた肉はまるで炭のようで、完璧にできた皮があっても救いようがない…どの部分も気を抜いてはいけないらしい。
-グリルに刺さった獣肉の塊をスライスして、野菜やソースと一緒に薄いパンの中へ。これで本格激ウマ!スメール料理が簡単に出来上がり。
美味しそうな外はこんがり、中は柔らかで、香り高いスパイスが魂に染み渡るローストミート。爽やかな味わいの野菜と薄いながらも硬くない皮が、美味しさを包み込み。口に入れた瞬間大満足、うっかりこぼした肉汁も惜しい!
微妙な雨林サラダパイモンが目を瞑り、長いこと思い悩んだ末に改良したアランナラサラダだが――実はスメールで古くから流行していた調理法。しかし…ザイトゥン桃は熟しきって発酵したような変な匂いがするし、ミントとローズのバランスもかなり悪い…
-ザイトゥン桃は新鮮で歯ざわりがよく、甘い砂糖の代わりに爽やかなミント、さらに風味付けにスメールローズのエキスも入っている。味覚と嗅覚の両方を楽しめる、自然豊かな料理。
美味しそうなザイトゥン桃はキリッとジューシーな口当たりで、ミントの甘みと咲き誇るローズの香りがそのままお腹に落ちていく。適度な甘さと適度な冷たさは、これぞ「幸福の味」。
微妙なマサラチーズボールパイモンが目を瞑り、長いこと思い悩んだ末に改良したアランナラ料理だが――実はスメールで古くから流行していた調理法。しかし、チーズボールはしっかり揚がっておらず、噛むと生チーズの食感がしてしまう。それに、ポテトにも火が通っていないようだ。次は揚げ時間を伸ばそう…
-独自の香辛料の加え方により、鍋から出した瞬間に食欲をそそる香りが漂う。チーズボールは口当たりが良く、噛むと溶けたチーズが瞬時にとろけ出す。煮込んだポテトも食べ応え十分だ。
美味しそうな独自の香料の加え方により、素材そのものの味が引き出されている。このおかげで味覚が少し刺激され、味がより豊かになった…チーズボールの外側のカリッとした食感と内側のやわらかい食感が、熱々のポテトの食感と補い合っている。
微妙な山盛りキノコパイモンが目を瞑り、長いこと思い悩んだ末に改良したアランナラのキノコ料理だが、市場によく見られるスメールのキノコ料理に少し調味料を足しただけのもののようである。野生の味というべきか、それとも…洗っていない土の香りに満ちているというべきか。はぁ…こんな自然の恵みを喜んで食べるのは、森にいるイノシシくらいだろう。
-三種類のキノコを適切に加工し、シンプルな方法で調理。そうすれば、よい口当たりと香りのハーモニーが生まれる。
美味しそうなキノコの種類によって、火加減や時間を細かく調整した結果、三種類のキノコの味と香りが見事に差別化され、とても味わい深い食事になった。一緒に食べるか、一つずつ味わうかは、各々のお好みで。
微妙なパニプリソースを付けて食べるお菓子。緑のソースはちょっと変わった微妙な匂いがしていて、色も怪しい…付けないで食べたほうがいいかも。
-高温の油で揚げたパニプリに穴を開けてトッピングを詰め、緑のソースを付けて食べる。程よいサイズの、スメールでよく見かける名物料理である。
美味しそうなスライムのように丸いパニプリに、鮮やかで不思議なソースを十分に付けて口に入れると、清涼感とピリッとした辛さ、そして酸味が一瞬にして舌の上で爆発し、夢のような衝撃を与えてくれる。どうりで一部のスメール人が、この食べ物に夢中なわけだ…
微妙なカレーシュリムプスメールの家庭料理。強い刺激臭から、何となくカレーだと分かった。ペースト状の物質から、ようやくしなびたエビを見つけた。カレーシュリムプに間違いない…でも、本当に食べるの…?
-香ばしいカレーに海の香りが加わる。パリッとおいしく調理されたエビがカレースープの味を引き立て、食欲をそそる一品に仕上がっている。スメールのほとんどの家庭で作られているが、味は千差万別だ。スメールに千の家庭があれば、千種類のカレーシュリムプがあると言えるだろう。
美味しそうな濃厚ソースは濃くも繊細であり、肉厚の大きなエビによく馴染む。溢れた熱情の香りは、気がつけばすでに鼻孔をくすぐっていた。心中安らかでない時にも、こんな料理があれば食欲をそそられることだろう。
微妙なアアルコシャリボリュームたっぷりの主食。焦ってよく混ぜずに食べ始めてしまったために、一部のご飯はトマトの風味が強すぎるのに対し、他のところはほとんど味がしない…次からはもうちょっと混ぜよう。
-米、麺、豆を組み合わせた食べ物。トマトの甘酸っぱさが美味しさの秘密。よく見かける原材料で作れる上に、価格も安く、小腹を満たすのにも向いているため、このレシピは徐々にアアル村からスメール全体に広がっていった。
美味しそうなそれぞれがはっきりと粒立ったお米が、濃厚なソースに包まれて口の中に送られる。油も入っていないのに、肉の香りより食欲をそそる。どこにでもある砂丘のように積み上げられた美味しい食べ物は、尋常じゃない満足感をくれる。

☆3

画像タイトル名前説明
微妙な濃厚マッシュポテト味付けしたマッシュポテト中には硬く潰せないジャガイモが混ざっており、食べるときにランダム性を兼ねたおかしな一品だ。
-ジャガイモを押しつぶし、なめらかでコクのある味に仕上げた料理。おかずとしてもよし、主食としてもよし、お腹が空いたときの最高の一品。
美味しそうななめらかなマッシュポテトを口に入れると、口中に強い香り、そして旨味とミルクの風味が広がる。こんなに素晴らしい味は、まさか日常の食材であるジャガイモから生まれたとは。
微妙なエビのポテト包み揚げエビを使った揚げ料理。慌てて揚げたから、出来上がったものは生煮えだったり、焦げたりした。
-サクサクしたジャガイモにエビの甘みが染み込んでいる。見た目もかわいらしく、食欲をそそる一品。
美味しそうな黄金色のジャガイモの千切りにじゅわっと溢れるエビの甘い肉汁。一口食べてみるとその旨味が口の中に広がる。満足度が高い一品。
微妙なドドリアン海鮮スープ栄養バランスのとれた海鮮スープ。ドドリアンの苦み、ミントの渋み、カニ肉の生臭さ……食材の欠点を全部この一皿に凝縮させたのも、ある種の才能だろう。
-透明なスープを一口飲むごとに、カニの旨味が広がる。ミン卜とドドリアンが爽やかさを添えている。
美味しそうなカニの旨味が舌の上で踊り、爽やかなミントやドドリアンに合わせると、まるで裸足で夏の水辺で戯れるような爽やかさがある。
微妙な松茸のバター焼き松茸のスライスを焼いたもの。残念ながら火加減が悪く、作っているところを見ていない人は、焦げたジャガイモスライスを出されても分からないだろう。
-薄くスライスした松茸をバターで焼き、柔らかいロ当たりにした。あっという間になくなってしまう。
美味しそうな滑らかな口当たり、口の中で広がる香り、まるで春の活力がお腹に入ってくるかのようだ。
微妙な冷製肉盛り合わせ肉類がたくさん入った盛り合わせ。冷やしすぎてしまったようで、歯や胃が弱い人にとっては一種の苦行になるかもしれない。
-ベーコン、ハム、ソーセージを同じ分量で組み合わせている。食べる時は、どの肉が一番美味しいかという議論は横に置き、平和に味わおう。
美味しそうな絶妙な調味料の加減で、食材の香りを引き立てている。3種類の肉のコンビネーションが口の中で最高の美味しさへと変わる。悩みを一時的に忘れさせてくれるだろう。
微妙なニンジンとお肉のハニーソテーハチミツソースをかけた肉料理。肉とハチミツソースが完璧に絡み合う。肉の香りも、ハチミツソースの甘味も分からなくなっている。
-ニンジンが上手に肉の生臭さを消している。ハチミツソースに包まれ、口に入れると甘味が広がり、熱が後まで残っている。冬に食べるのがおススメ。
美味しそうなジューシーな肉に熱々なソースがよく絡み、驚くほどの美味しさ!オレンジ色の日差しを浴びているかのようだ。
微妙なかにみそとハムのグリル野菜トッピングが豪華なグリル。この濃厚な有様を見てしまうと、中に何を加えたのか、或いは何を加えなかったのかも分からなくなってしまうだろう。
-黄金色の皮の下から、バラのように赤いハムと青々とした野菜が姿をのぞかせている。鮮やかな彩りに、思わず食欲がそそられる。
美味しそうな口に入れる前からかにみそとクリームの濃厚な香りが漂ってくる。最後にはペロリときれいに平らげてしまう。
微妙なキノコピザキノコとチーズを敷き詰めたピザ。レンガのような食感を我慢すれば、主食としてしっかりとしたエネルギーを補給してくれる。
-熱いうちはチーズが細長い糸を引ける。ガブリと食べると止まらなくなる。
美味しそうな柔らかいキノコと野菜がフワフワのチーズの絨毯を踏み、手をつなぎながら舌の上で踊っている。
微妙なモンド風ハッシュドポテトジャガイモで作ったスナック。ジャムのないハッシュドポテトはモンドの名前を冠することができないらしい。しかし、この塊の様子を見ると…ハッシュドポテトとすら呼べないのでは?
-少し加えたナッツが食感に変化をもたらしている。ジャムと一緒に食ベてもよい。幅広い年齢層の人から幕われている。
美味しそうな目を閉じて小さなハッシュドポテトを食べる。すると爽やかな柔らかさと甘露のような甘みが広がるだろう。
微妙な「お肉ツミツミ」たくさんの材料を使った肉料理。おそらく積み重ねる順番を間違えたのだろう。この皿の上でグラついてる料理をテーブルまで運べるのか、大きな問題になっている。
-ステーキ、ジャガイモ、チーズを積み重ねたモンドの家庭料理だったが、後にバドルドー祭のフィナーレ料理として有名になった。
美味しそうな食材を積み重ねて目でも楽しめる。適切な割合になっているので、どの層の組合せを食べても食べ飽きない。あぁ、もっと高く積み重ねてみたいなぁ。
微妙な風神ヒュッツポット長い歴史を持つ簡単な料理。風神は自由の象徴とはいえ、この料理はあまりにも自由すぎる気がする。狂風ヒュッツポットという名前の方がしっくりくる。
-どこにもあるような材料しか使っていない。どこにいても、こういうアツアツの料理がくれる満足感に勝てるものはない。
美味しそうなじっくり煮込めば、三つの野菜の味が程よく溶け合う。「今まで食べた最高の料理」と褒める人も少なくないらしい。
微妙な冒険者エッグバーガー栄養素たっぷりのたまご料理。固まったマヨネーズの下には、固ゆでの卵と噛み応えしかないソーセージがある。顔をしかめて完食すれば、腹は満たされるだろう。
-トーストにハムと温泉たまごを載せ、マヨネーズをたっぷりかけると完成。滑らかな食感で冒険者にエネルギーを与える。冒険者協会の中で最も好評な朝食。
美味しそうなマヨネーズは波に差し込む朝日のように、温泉卵の上にかかっている。ツルリとした食感に心がざわめくと、ソーセージ特有の塩の香りが吹き込んでくる。朝日の光を止めるものはいない。
微妙な北地のリンゴと肉の煮込みリンゴと一緒に煮込んだ肉料理。少しすっぱい以外に、フルーツの香りを感じられない普通の陸料理。リンゴを入れ忘れてしまったのだろうか。
-獣肉の滑らかな食感に溢れ出す肉汁とフルーツの香り。今までなかった爽やかな一品。
美味しそうな獣肉に纏ったフルーツの香りは、完食してもまだ口に残っている。まるで、甘美な香りが漂うリンゴ園に寝っ転がっているようだ。
微妙なバター魚焼きじっくり焼いた魚料理。焼き過ぎたせいで、魚肉は完全に鮮度と弾力を失った。少し動かすだけで、ポロポロと崩れてしまう。
-丁度良い火加減で、魚肉の鮮度を最大限に保てている。口当たりは柔らかく、表面の焦がしパターが複雑な食感を作り出している。
美味しそうな魚を口に入れた瞬間、海と陸の味がぶつかり合い、忘れ難い味となる。単純な料理でも、このような大層な味を産み出せるのだ。
微妙なエビのポテトカナッペ食欲をそそる色鮮やかな前菜。見栄えを追求しすぎて時間をかけすぎてしまい、ベースのポテチが水分でふにゃふなになり、食感がガタ落ちした。
-ポテトとラズべリーを混ぜた具とエビ1匹を丸ごと、カリカリのポテチの上にのせる。甘くてコクのある味わいが食欲を刺激し、ミントとの組み合わせも不思議な味を楽しませる。
美味しそうなエビのやわらかさとポテチの力リ力リ感が最初の一口でコントラストを感じさせる。その後、ポテトの濃厚さが2つの風味を引き立て、心と体の両方がリラックスできる甘美な味とまとまった。
微妙なカリカリチキンバーガー主に鳥肉を使ったハンバーガー。誤って鳥肉を薄く切りすぎ、小麦粉を使いすぎてしまった。パンに餅を挟んだような食感だ。
-やわらかいパンにサクサクの鳥もも肉と新鮮野菜を挟んだ料理。ナイフで切る必要はなく、手で直接持ち「ガブッ」と豪快に噛むのが一番だ。
美味しそうな金色でふっくらな鳥もも肉、肉汁を絞り出すかのように柔らかい。さっぱりとした野菜と濃厚なタレを加えると、まるで雲の中で飛んでいるかのような、不思議な美味しさを味わうことができる。
微妙な中原のもつ焼き味付けしてから出来上がった肉料理。作り手のレベルは見た目から分かる。一番人気な屋台に置いても売れないかもしれない。
-材料は動物の内臓や小間切れだが、味付けなど下ごしらえをしたため、肉の生臭さはしない。
美味しそうな「璃月の味」がするお肉。年寄りが食べたら感激して泣いてしまいそう。
微妙な黒背スズキの唐辛子煮込み魚の煮込み料理。辛すぎて、魚本来の味を損なった。ごく一部の人だけが、この衝撃的な辛さを耐えられる。
-魚の身がぎゅっと締まって、味も染み込んでいる。この料理のコツは、最後にかける熱々な油に琉璃袋の粉を入れること。
美味しそうな滑らかな魚肉は口からこぼれ落ちそうになる。一口食ベたらまた次ヘと。
微妙な揚げ魚の甘酢あんかけ手間をかける魚料理。魚には見えるが、リスとの関係は全く分からない。手間をかける料理はそう簡単には行かない。
-骨を取り、片栗粉をつけて揚げた魚に、甘酸っぱいソースをかける。外はサクサク、中はしっとりしている。
美味しそうな見栄えがとても良く、甘酸っぱいソースが料理を昇華させた。料理人の凄腕が窺える。
微妙な軽策農家料理強火で炒めた料理。どうやらこれが失敗作らしい。味が苦くて辛い。白米を美味しく楽しみたいなら、この料理と一緒に食べない方がいい。
-もとは軽策荘地域の家庭料理だったが、その辛さは案外他の地域でもウケがよく、徐々に璃月地域で広く伝わる料理となった。
美味しそうな匂いだけで食欲をそそられる。病みつきになる辛さが刺激的で、ご飯10杯でも行ける気がする。
微妙なお食べくだ菜具材たっぶりの一品。全ての食材を大ざっぱに混ぜただけで、食材の味が複雑で美味しいとは言えない。あれ…なんか砂が入ってるけど?
-具材の選択や作り方に特にこだわりはないが、璃月の祭りではよく登場する一品。名前は、「どうぞ、お食べてください」という意味から由来する。
美味しそうな盛り付けが綺麗で、野菜とお肉が入っている栄養バランスの良い一品。食材の旨味を凝縮したスープがあっという間になくなる。
微妙な腌篤鮮長い時間をかけて煮込んだスープ。火加減により肉は硬くなり、ソーセージの塩味が全ての素材の味を消した。2種類の肉の味がしみ込んだタケノコは、まだなんとか食べられるだろう。
-新鮮なタケノコ、豚肉、ハムを細かく切って、スープが白くなるまで弱火でじっくり煮込む。2種類の肉から異なる味がして、スープに旨味が凝縮される。
美味しそうな匂いだけで食欲が湧き、一口飲めば凝縮された旨味が体を駆け巡る。翼を広げ香しい雲の間を散策している気分になる。
微妙な璃月三糸盛り合わせが綺麗な一品。だが、口に入れた時、それが水のような薄い味であることに気づく。スープを希釈しすぎたのだろうか?
-ハム、豚肉、タケノコを同じ長さに千切りし、強火で蒸し焼きしたら裏返しして皿にのせる、旨味たっぷりのスープを掛けたら完成。くっきりとした味わいがする。
美味しそうな均一な畑切りからは料理人の腕前が伺える。これは料理ではな芸術品だ。口に入れれば、その美味しさに再度驚かされる。芸術品のままにしておくのはもったいない。
微妙なハスの花パイ璃月の伝統点心の1つ。花びらは退色し、焦げて黄色くなっている。油の温度は無情だ。
-油と粉を混ぜて甘い餡を入れたら、小麦粉の皮で包んで揚げると完成。花のように咲いていて、手のひらにのせると実に美しい。
美味しそうなそっと息を吹きかけると、生命を吹き込まれたかのように花びらが揺れる。目をつむって一口かじれば、甘さが口に広がり、まるで風が吹き、花が咲き、鳥が歌いだすよう。
微妙な四方平和カラフルな主食。製作過程で大量の水分を失っているため、想像力と水を追加することで、ようやく本来の食感を取り戻せる。
-柔らかくモチモチした米の間に、各種甘い食材が挟まっている。味よりも興隆と天下泰平の意味を込めることを重視している。込められた心は最高の調味料であるため、味もきっと悪くない。
美味しそうな甘酸っぱいドライフルーツは米と混ざり合い見えなくなっている。飲み込んだあとでも、ほのかな甘さと香りが口に残り、幸福感が倍増する。
微妙な絶雲のお焦げ璃月のご当地グルメの一つ。辛うじて香りが残っているお焦げの上では、褐色の絶雲の唐辛子とハムがくっ付いて一塊になっており、食感で判別するしかない。
-絶雲お焦げ薄切りにしたハムと絶雲の唐辛子を素早く炒め、米と馬尾の穂を焼いて作ったお焦げの上にのせる。肉と香辛料が混ざり合った香りによって、なんの変哲もない米が絶品の料理へと生まれ変わった。
美味しそうな絶雲のお焦げサクッとしたお焦げに、熱々のハムをのせて口に放り込む。香りと辛さが我先にと鼻腔を突き抜ける、癖になる味。小さな欠片も食べ尽くしてしまう。
微妙な明月の玉子璃月の伝統点心の1つ。違和感のある奇妙な皮で肉の具を包み、水分を吸い取られるほど乾燥し、小麦粉の固まりを食べているような食感だ。
-卵と小麦粉の皮でエビと魚肉の具を湯呑のように包み、エビ一匹丸ごと上に載せて蒸した点心である。雲が月を包む様な形である為、「明月の玉子」と名付けられた。
美味しそうな熱いうちに一口噛むと、じゅわっと肉汁が溢れ出し、エビの甘味が全体のうまさを一気に引き出す。まるで秋の明月と小池、小舟が岸に泊まり、漁師の歌声が響く、この様な美しい風景を思わせる美味しさだ。
微妙なミントの獣肉巻き酸っぱ辛い料理。しょっぱすぎる味付けは食材本来美味しさを台無しにした。水でしょっぱさを薄めない限り、ご飯と一緒に飲み込む他食べる方法がない。
-ソースに漬けた獣肉を薄切りにし、ミントの葉を巻き絶雲の唐辛子で作った調味料をかけ加えた。独特のミントの香りがこの料理の特筆すべきポイン卜であり、冷たい和え物としては最適な一品だ。
美味しそうな獣肉とミントの絶妙なバランス、柔らかな食感で脂っこくもない、薄苦い香りがとても上品。ちょっとした辛さはこのうまく調和された2つの食材を完全に目覚めさせ、口の中で躍動し、最後に完璧な終止符で終わり告げる。
微妙な干し肉の炒め鍋強火で炒めた料理。干し肉の食感は悪くないがしょっぱすぎた。一枚食ベたら、それ以降はキンギョソウだの松茸だの、何を食べても塩の味しか感じなくなる。
-松茸と千し肉をスライスし、香辛料を少々加えて炒める。千し肉の香り と松茸の食感が、噛めば噛むほど口内に広がり、病みつきになる。加熱しやすい鍋を使えば、長時間熱さを保てる美味しい料理が出来上がる。
美味しそうな干し肉の油が料理をまんベんなく包み、香ばしい香りが浸透し、鮮やかな色が食欲をそそる。璃月人が一口食ベると、必ず故郷と祭日に思いを馳せる。
微妙なエビのあっさり炒めあっさりとした料理。焦げないようにするため、誤って油を入れすぎた。「揚げ物」になってしまったこの料理、エビはまずまずな弾力を持つが、食ベ過ぎると喉が痛くなってしまう。
-あっさりした料理。エビに衣をつけて、さっと炒める。極めてシンプルな味付けは、エビという食材自体の新鮮さを際立たせる。家庭料理から宴会まで、ありとあらゆる場面に登場する料理。
美味しそうなあっさりとした料理。風味豊かなエビは、新鮮さ蓄え、噛まれる瞬間を待っている。穏やかな湖面に水滴が次々と落ちていくように、美味の響きが漂い続ける。繊細な甘さが終わるまで、魅惑的な感覚は止まらない。
微妙な三色団子柔らかで歯ごたえのある菓子。作るときに水分が不足してしまい、表面にひび割れが生じたようだ。無理に口に入れたら、窒息する恐れがある…
-米粉と水を練って丸め、蒸した菓子。緋櫻毬とキンギョソウの色合いは、団子に楽し気な雰囲気を与えた。
美味しそうな団子に表面のつやは、花に降り注ぐ露のようで、花の香りが口の中に広がる。花見の時にこの菓子を口にすると、一年中が花の如く華やかになるかのような幸福感を感じ取れる。
微妙な獣骨ラーメンアツアツのラーメン。トッピングの処理に時間を取られ、忘れられた麺は伸びてしまい、スープに溶け込んだようだ。一気に飲み込めば、味も気にしなくなるだろう。
-低温調理された獣肉が麺の上に乗せられ、塩味とうまみのあるスープが麺に染み込んでいる。疲労しているときに、このような一品を食べると気持ちも高まる。
美味しそうなしなやかな麺がスープの旨みを十分に吸収し、豊富なトッピングが味を引き立てている。スープは獣骨の濃厚な香りが漂い、麺は柔らかくもっちりしている…気が付いたらとっくにスープを飲み干しており、おかわりが欲しくなる。
微妙な串焼き三種串焼きの盛り合わせ。変色した食材を串刺しにした黒ずんだ竹串は、何とも言えない異臭を放っており、野外で食べるとヒルチャールを呼び寄せてしまうかもしれない。
-一度に三種類を味わうことができるのが人気の理由。お酒に合う料理に迷ったら、串焼き三種を頼んでおけば間違いない。
美味しそうな火加減が絶妙で、油がじわじわと鳴る。豊富な調味料が食材に旨みを引き出す。調味料は多くもなく、少なくもなく、ちょうどいい。偏りのない、バランスの取れた味わいは、料理人が披露する職人技だ。
微妙な渡来鳥肉タレのかかった肉料理。見た目は問題ないようだが、食べると失望する。鶏肉は脂っこく、野菜を加えてもうまく飲み込むことができなかった。
-鳥肉に味付けをし、衣で覆って揚げ、その上に濃厚なタレをかけた。付け合わせの野菜は地元産だが、味付け方法やタレは外国から輸入しているため、「渡来鳥肉」という名前になった。
美味しそうな事前に味付けをした鳥肉にさわやかな風味を与え、脂っこさを見事に中和した。一口食べると、皮のサクサクとした食感と、唇と歯の間で肉のジューシーな味わいがはじける。
微妙な緋櫻餅繊細で上品な菓子。見た目はまあまあだが、気持ち悪いほど甘すぎる。食べると喉がつかえたような感じがして、二個目を諦めてしまう。
-濃い緑の葉が、全体の温かい色合いに高級感を与えた。鑑賞するだけでも、安らぎの美しさを感じることができる。残念ながら、その美味しさを味わえる期間は花のように短いため、躊躇わず早めに食べたほうがいい。
美味しそうな緋櫻のほのかな香りが周囲に漂い、見た目は儚い美しさを秘めているようだ。静寂に包まれたとき、一口食べると、緋櫻の散る刹那に時が戻ったような気がする。
微妙な紺田煮ゆっくりと煮た郷土料理。下処理をしなかった鳥肉はまだ許せるかもしれないが、煮込まれていないスミレウリは最悪だ。味がとんでもなく渋いだけでなく、お客さんの舌を中毒になったかのような色に染めてしまう。
-紺田村の家庭では定番の料理。本来は名前がなかったが、栄養が高くておいしいため、稲妻全域に広まった。そのため、紺田村以外の人はこの料理を「紺田煮」と名付けた。
美味しそうな微妙な火加減で、食材を完璧に調理することができた。夕方に紺田村を散歩していると、この素朴ではあるが高級料理にも勝る美食の香りが漂ってくる。外国を漂流している村人がこれを食べたら、きっと故郷が恋しくなるだろう。
微妙な市井おでんよく見かける巷の料理。長時間の過熱により、具材がほとんど溶けてしまい、スプーンで掬うしか食べる方法がない。何もかもが混ざってしまっているため、何を食べているのか判別が難しい。
-だしを十分に吸収した具材は、ついつい食べたくなってしまう。始めはシンプルな具材しかなかったと言われているが、時代が進むにつれて種類が増え、今の組み合わせになった。
美味しそうなあっさりとしたスープが、素材本来の味を引き立て、稲妻の港の古き歴史を感じさせてくれる。一人きりの雪の夜に、このような素朴で飾り気がない料理を食べることができたら、きっと心も体も温かくなる。
微妙な緋櫻天ぷら油で揚げた料理。油の温度を上手くコントロールできなかったせいか、揚げ始めた途端に異臭がする煙が上がった。出来上がったものも焦げて茶色くなってしまっている。勿体ないが…食べない方がいいかも。
-漬けた緋櫻の花びらと新鮮なエビ、野菜にとろみをつけ。揚げてから油を切る。簡単そうに見えるが、極上の天ぷらを作るには、技術も必要だ。
美味しそうな衣は薄く透き通っており、食材に豪華な服を着せたようだ。外のカリッとした食感と中身のジューシーさが何層にも重なって、食べる人を感嘆させる。
微妙なお米プリン米で作られた甘味。食材の量を間違えたため、過度に甘いご飯の味しかしない。爽やかな飲み物と一緒に食べるしかない…
-お米を炊いてから、他の食材と一緒に鍋に入れ、よくかき混ぜてから蒸したもの。甘くてふわとろな食感は、食事の締めとしては最適である。
美味しそうなモチモチした米と甘い牛乳が溶け合い、味が絶妙にマッチしている。熱いうちに食べると、クリーミーな米粒を楽しむことができ、冷ましてから食べると、滑らかな牛乳の香りを味わうことができる。それぞれの楽しみがあるとも言える。このような完璧な配合は、一体どれほどの試行錯誤をして得た結論なのだろう?
微妙な獣肉シチュー煮込んだ料理。調理方法をうまく把握していないようで、全ての材料を鍋に入れただけなため、野菜が煮込みすぎてスープに溶けてしまった。結果、脂っこい肉の味しかしない料理となった…
-大きく切られた獣肉をこんがりと焼き、具を炒めて香りを出す。そしてお湯を加え、余分な水分を飛ばし、スープにとろみをつけるまで煮込む。じっくり煮込むと、獣肉の食感は柔らかくなり、満足感をもたらしてくれる。
美味しそうな濃厚なスープと旨味たっぷりの獣肉が香ばしい香りを漂わせる。野菜は十分に煮込まれ、豊かな味をもたらした…このような美味い一品は、湯気が立ってもついつい食べたくなってしまい、あっという間に飲み干してしまう…そうだ、スープにパンをつけて食べるのも悪くないかも?
微妙な文心豆腐包丁技術を重んじる料理。無細工な包丁技術で食材がめちゃくちゃになってしまい、バラバラな食感にがっかりする。豆の青臭みだけがこの料理のメイン食材が豆腐であることを証明している。
-全ての食材を糸のように細かく切り、水に通してから、スープに入れて煮立てる。デリケートな味わいとたっぷりな旨味は、璃月食堂の定番になるには十分だ。
美味しそうな細い豆腐の糸切りは、森の霧のように皿に広がり、タケノコの糸切りが爽やかな彩りを加えた。鳥肉とハムの旨味が凝縮されたスープは、濃厚な香りをしている。一口味わうだけで、客はこの香ばしい霧の中で酔ってしまう。
微妙な活力にゃんこ飯見た目がかわいい主食。料理の経験が少ないため、食材を適当に混ぜ合わせただけだ。「代理宮司寝子」はこの料理を受け入れるだろうか…
-木南杏奈の助けのもと、「代理宮司寝子」の口に合わせて作った料理。「響」の味は復元できないが、寝子様が気にったようで何よりだ。調味料を加えなかったため、人間にとっては少し味が薄い。
美味しそうな簡単な調理方法で食材の鮮度が最大限に保たれた。どんなに無愛想な子猫でも、この香りを嗅ぐとついてくるだろう。しかし、どうして子犬までも…?
微妙なオムライス卵で包んだ主食。ご飯をギリギリ包んでいる卵が、焼きすぎて固まってしまっている。いっそのこと、目玉焼き丼という名に変えたほうがいいかも?
-溶きほぐした卵液を半熟まで焼き、ご飯を上にのせ、包んでからケチャップをかける。この料理は他の地域の料理をもとに調整したもので、より複雑な作り方もあるようだ。
美味しそうな卵の部分を箸で軽く刺すと、繊細で半熟な卵がふっくらした白いご飯を包み、とろとろした甘酸っぱいソースと共に口にする者の食欲をそそる。楽しみながら味わえば、口角に笑みが浮かんでくるだろう。
微妙な夕暮れの鯛焼き鯛の形をしたお菓子。あんこが甘すぎたため、小さな一口でも、水をたくさん飲んで緩和する必要がある。いくら狂熱的な甘味愛好家でも、この甘さに耐えることはできないだろう。
-カリカリした皮で甘いあんこを包んだ食べ物。稲妻人の中では大人気である。最初は普通の円柱の形をしたが、改良を重ねて、今のこのかわいい魚の形となったそうだ。
美味しそうな出来立ての時は熱々で、心を躍らせる香りがする。一口噛むと、その瞬間に甘さが口の中で溶けてしまう。夕方の池にいる一尾の魚のように、うろこに温かい金色の光が輝いている。
微妙なお好み焼き鉄板で焼き上げた食べ物。見た目は悪くないようだが、一口で小麦粉の固まりを食べてしまった。やはり料理をするには、手を抜いてはいけないようだ。
-小麦粉に水を加えてよく混ぜ合わせ、野菜と肉を加えた後、鉄板で焼く。最後はソースと鰹節を上に散らす。食材をいくら入れても美味しい。多く入れれば入れるほど美味しくなるため、お好み焼きという名になった。
美味しそうな豊かな食材が重ね合わせ、噛むと外はサクサクで、中は柔らかい。滑らかなソースが具材に絹の衣を着せたように、唇と歯の間からお腹へするりと滑り込む。空気の中に残っている香りも、忘れがたいものとなった。
微妙なうな茶漬けさっぱりとした主食。お茶の味が薄すぎて、うなぎの塩味に負けてしまい、お茶の香りがほとんど感じられない。よく混ぜてお粥のようにして飲めば、口にすることはできる。
-うなぎを乗せたお米にお茶を入れ、お米がお茶の香りを吸収するまで静かに待つ。うなぎのほんのりとした甘さは絶妙な美味しさを引き立て、箸がどんどん進んであっという間に食べ終わってしまう。
美味しそうなお茶と煮込んだ出汁のほんのりとした香り、白くふっくらと炊き上がったごはん、そして炭火の洗礼を受けた柔らかいうなぎ。魚とお茶の香りが舌の上で踊り、爽やかで甘い米の香りと共にさらに美味しく溶け合う。この三つの組み合わせによる誘惑に耐えられる者はいないだろう。
微妙な五宝漬物野菜の漬物。なぜかは分からないが、変わった酸味を感じる。ほのかに酸っぱい味は食欲を引き出せるが、これは明らかに酸味が強すぎる。ヒルチャールシャーマンの好物かも?
-長時間発酵した食材は味が濃く、長期保存できる。本来4種類しかなかったが、縁起をよくするため、盛り付けの際に4種の野菜にもう一種加えることから、五宝漬物と名付けられた。
美味しそうな発酵させることで、食材の自然な甘みに一風変わった風味を加えたもの。シャキシャキとした食感も特徴の一つである。ごはんをさらに美味しく食べることができ、お酒に合うお供でもある。まさに五宝という名に相応しい料理だ。
微妙な緋櫻えびせんべい色合いが悪く、サクサクとしたせんベい。丸い形から見れば、確かにせんべいだが…実際に食すと、なぜか生臭いエビの味がする。
-サクサクとしたせんベい。ジャガイモのでん粉にエビと緋櫻毬を入れ、焼き上げる。おやつにしては香り味共に優秀。老若男女問わず食べられるため、贈り物としても人気がある。
美味しそうな緋櫻毬の愛らしい色とエビの美しい滑らかな形を完璧に再現している。口の中に入れる前に、エビの香ばしい風味が勢いよく漂う。食べると、サクサクとした味が、噛むたびに口の中で広がり、花と海の美しさを楽しむような感覚を味わえる。
微妙な龍髭麺龍の髭のように細い麺類。細さにこだわり過ぎて、調理後に麺がちぎれてしまった。簡単に作れそうだが、しっかりとした練習が必要である…
-ねぎを炒めた後、煮込んだ出汁と副菜を入れ、最後に麺を投入し、出来上がった品を器に盛りつける。何度も生地を伸ばさないと、立派な細い龍髭麺にはならない。璃月の麺類の中で、もっとも技術が試される一品である。
美味しそうな麺は滝のように伸び、山幸の精髄が凝縮された出汁の中に落ちていく。通常の麺よりも柔らかく、絡みつくような食感で、箸が止まらなくなる。
微妙な紫苑雲霓一風変わったドリンク。色だけなら問題はなさそうだ。スミレウリの仕込みを失敗したことによる渋みを無視できれば、許容範囲内のドリンクと言えるだろう…
-有名な小説『お願いっ! 私の仙狐宮司』に出てくる、特別なドリンク。セーリングブリーズと八重堂が共同開発し、不思議な風味を再現することができた。豆製品が含まれていないため容彩祭特別限定版とは若干味が異なるが、豆アレルギーの症状が出る心配はなさそうだ。
美味しそうなモンドのドドリアンと稲妻のスミレウリ、滑らかなミルクと果物の爽やかな香りが山と海を越えて混ざり合い、今までにない清々しさを感じさせる。どうりで小説の中でも、これを飲んだ病気の将軍様が元気になったわけだ!
微妙なバターチキン風味豊かな料理。調味料の分量を見誤り、味が濃すぎて食べづらい料理になってしまった。水を沢山含んで、ギリギリ飲み下せる程度である…
-漬けたチキンを先に油で揚げる。そして、バターを溶かしてトマトのみじん切りと香辛料を加え、ペースト状になるまで煮込む。最後に揚げたてのチキンを加えれば完成。出来上がったものを主食と一緒に食べれば、スメール人の心を一番揺さぶる美味しいグルメの完成だ。
美味しそうな滑らかなソースが柔らかくジューシーなチキンをまんべんなく包み込み、口の中に広がる豊かな調味料が「美味しさの元素爆発」をもたらし…おっと、いつの間にかお皿が空っぽ。ソースも最後の一滴まで、ナンにつけて平らげちゃった。
微妙なピタ色んなものが入ったピタ。粗い皮は砂利のように舌の上で砕け、中身は色を失い乾ききっている…こんな食事を喜んで食べるのは、道に迷って三日ばかり腹を空かせた者だけだろう。
-平たい生地は焼くと鉄砲フグのように丸くなり、切り開くとポケットになった。昔のスメール人はソースをかけて直接食べるのを好んだと言われているが、今は様々な具を詰め、大口を開けて食べるのが主流である。
美味しそうなソースは舞台の中心にある食材の魅力を際立たせる照明のようなもので、肉と野菜のシャキシャキ感が見事に調和している。この「ポケット」はまるでマジックショーの四次元ポケットのように、次々と驚きをもたらしてくれる。
微妙なタフチーン量が多く、食べ応えのある定番の一品。殻の色が濃く、何だか嫌な予感がする。食べてみると、焦げすぎの硬さに食べ物が歯と戦っているような錯覚に陥ってしまう。歯の健康のためには、中の部分だけ食べるのがいいだろう…
-まずは米を炊いて、ヨーグルトに漬け込んだ肉の塊を米の中央に据えて、表面がカリッとするまで焼き上げる。最後にパティサラを振りかけるのも忘れずに。ご飯も肉も満腹感抜群のため、グランドバザールではとても人気がある。
美味しそうな一口目、パリッとしたおこげが唇と歯の間で揺れ、澄んだ音を響かせる。二口目、しっとりとした柔らかい米とジューシーな肉が舌の上でとろけ合う。三口目、パティサラの香りが舌の上に広がる…最後の一口、心はこの素晴らしい楽しみをもっと欲しがっているけれど、残念ながらもう胃が限界…明日も食べる?
微妙な夕暮れベリーティー甘酸っぱいフルーツドリンク。酸味を消すために、砂糖をうっかり入れすぎた。喉の渇きを癒すつもりが、飲めば飲むほど喉が渇く一品に…水をもう少し足そう…
-まろやかなお茶にフルーツの香りを加えた。爽やかな口当たりはゴクゴクという音と共に、心の煩わしさを吹き飛ばしてくれる。
美味しそうな延々と続くお茶の香りは思いを遠くまで運んでくれる。まるで生い茂った果樹園の真ん中で、吹き抜ける風が運ぶ甘くさわやかな果実の香り味わうように、人々を酔わす。
微妙なミルキーキノコクリスプタワーサクッとした口当たりのお菓子。サイドの付け合わせが乾燥している様子から、長い間放置されていたことが分かる。パンの水分も抜けてパサパサになっており、噛むと固く、頬が疲れてしまう…次からは温かいうちに食べよう…
-パンの上に食材とチーズを乗せて、焼き上げる。匂いだけで期待が膨らみ、口に入れれば、たまらなく美味しい味がする。
美味しそうなほのかなミルクの香りが舌の上でとろけ、柔らかいキノコと組み合わさる。カリッとしたパンのスライスのサクサク音と共に…指先に残るパンくずさえ惜しいほどの満足感を味わえる。
微妙なバクラヴァスメールの伝統的なデザート。甘い衝撃はまるで口の中ではじける爆弾のようで、歯まで痛くなってしまう…適度な糖分は気分を良くしてくれるが、多すぎると耐え難いほど重い…
-生地の真ん中にみじん切りにしたナッツを載せて包み、ホットバターをかけて焼き上げる。オーブンから出したら、シロップをかけるのもお忘れなく。試験前のエネルギー補充にこの「甘いキャッスル」を注文する学者もいるため、教令院では人気ナンバーワンのデザートになっている。
美味しそうなとある学者はこう言った――スメール人は二種類に分けることができる。一方は生きるためにデザートを食べる人、もう一方はデザートを食べるために生きている人だ――…薄いシュー生地が重ねられた層と、骨の髄まで染み渡る、バターとハチミツの香り。これを味わった人は、誰もが後者の仲間入りをせざるを得ないだろう。
微妙なナツメヤシキャンディ中身の詰まった砂糖菓子。硬いナッツは砂の中に隠れた小石のように、油断すると攻撃してくる。甘さは幸せをくれるものだが、歯の間に挟まったそれは、その幸せを半分以下にしてしまう。
-まずは砂糖水を透明になるまで煮詰め、その後、中に入れる材料とスメールゴマダレを混ぜ合わせ、出来たシロップが型の中でザクザクに固まって完成するまで待つ。似たようなデザートが寒いスネージナヤにもあるのだが、その味わいは少し違う。もちろん両国の民は、自分たちのものがテイワットで一番美味しいと主張している。
美味しそうなハチミツが口の中で溶け、中のナッツはまるでビロードに包まれた宝石のように、何層もの驚きと喜びをもたらしてくれる。一口食べただけで、甘さは心の奥底まで染みわたり、ハチミツの瓶の中で泳いでいるような心地に…次は、もっとたくさん作ろう。
微妙なパティサラプリンスメールの人気デザート。一口食べると、花の香りのする牛乳のような味がする…食感は悪いとは言えないが、想像したプリンとはかなりの差がある。も、もしかして計量を間違えた?
-パティサラとスメールローズの花びらを絞り、牛乳、ゼラチン、砂糖などと混ぜて固形状にしたもの。見た目が可愛らしく、口当たりも甘い。スメールのお祭りでよく見かける。
美味しそうな口に入れた瞬間にとろける滑らかな口当たりは、まるでクリーミーなアロマの雲の中を漂っているよう。しっかりと味わってみると、パティサラとスメールローズの芳香を織り交ぜた甘美な香り高さが感じられる。最後の一口が終わってしまっても、物足りなさを満たすため、スプーンの背を舐めるのをやめられない。もう少しだけ、この至福のひと時を享受させて!
微妙なデーツナン真っ黒な甘い焼き菓子。一見、闇料理に見えるかもしれないが、勇気を出して一口食べてみれば…ひょっとして、間違って木炭を食卓に出したんじゃないかと疑ってしまう。
-デーツを焼いて粉状にし、ふるいにかけて精製したものを生地に加え、混ぜて焼く。素朴な仕上がりだが、ほのかにデーツの香りがあり、ジャムと合わせると甘さの相性が抜群。
美味しそうな繊細でツヤのある焼き上がりからは、デーツの華やかな香りと温かさを感じられる。口当たりは柔らかくしっとりしていて…疲れていても、悲しみの中にいても、この「黒いスイート」を口にすれば嫌な気分をたちまち払拭できる。人は見かけによらず――お菓子も然り。
微妙なバケーションサイダー透き通った色のノンアルコールドリンク。ググプラムの酸っぱくて渋い味の取り扱いに失敗した結果、舌に何となく痺れを感じる。あれ…今、奔狼領の狼の遠吠えが聞こえたような気が…げ、幻覚だよね…
-夕暮れの実とググプラムを別々に絞って味を調えてから、順番にグラスに注いでいく。氷のようにひんやりとした味わいと涼しげな色が、バカンスの楽しい思い出を簡単に蘇らせてくれる。綺麗なグラデーションを作るには、手順を間違わないこと!
美味しそうな爽やかな味わいは、ファンタジックな夢のよう。少し口をつけただけで、白い砂浜にいるかのような錯覚に陥る。きらめく海水はビートを刻み、ゆったりとしたバカンスの時間を詩のように詠ってくれる。

☆4

画像タイトル名前説明
微妙なムーンパイモンド伝統の主食。焦げたパイ生地はまだ許容範囲に見える。だが、モンド出身の人には見せないほうがいいだろう。手取り足取り成功するまで口出しされてしまうだろう…
-漬けた肉は風味が強く、パイ生地で包んで焼き上げると甘くて肉汁がたっぷり。モンドの祝日には欠かせない一品。
美味しそうな切れ込みを入れれば、バターと肉の香りが鼻をくすぐる。甘い食感は人々に祭りの日を思い起こさせ、自然と幸せな笑みがこぼれる。
微妙な黄金のジャンボチキン味付した鳥肉の揚げ物。油温のコントロールが不十分なせいか、サクサクのはずだった皮が柔らかくなり、脂っこい食感になった。
-食材を生地に混ぜ鳥肉を包み、高温で揚げた料理。香りを嗅ぐだけでサクサクの皮とやわらかい肉を想像させる。噛むと肉汁が溢れだすゆえ、この誘惑に抵抗できる人はほとんどいない。
美味しそうな金色の皮が肉汁をしっくり包み、豪快に噛むと大きな満足感が得られる。つかの間で完食してしまうが、指先に残る香りでも後味を感じさせてくれる。
微妙な翠玉福袋見栄えがいい料理。野菜が萎びてて、中の具材も半生。がっかりする一品。
-歯応えのある野菜がハムの旨味を包む。スープと一緒に口にすると、そのピリ辛の旨さを忘れられない。
美味しそうな野菜包みの中にハムと蓮の実が入っている。ハムの旨味とクリスピー蓮の葉が相まって、濃厚なスープと一緒に食べるのがおすすめ。
微妙な黄金ガニ古いレシピ通りに作られたカニ料理。小麦粉はジャリのようにざらざらしていて、殻もたまに入っている。けど、味のないカニ肉より、殻の方が風味がある。
-カニを数個に分けた後、小麦粉をつけて、金色になるまで強火で炒める。食欲をそそる香り、見た目もそのクオリティも黄金の名に負けないほどの絶品である。
美味しそうな遠くからでも分かるカニの香り。一口食べてみるとその潮の香りが口に広がり、黄金のような華やかさと長く伝わる文化の美を体験できる一品
微妙な天枢肉じっくり煮込んだ獣肉。長時間火にかけたことにより歯応えは皆無で脂身はギトギト。清心の葉で包むことで、ようやくなんとか飲み込むことができる。
-肉と脂のバランスが絶妙な獣肉に香辛料を揉み込んでじっくり煮込む。出来上がった肉は綺麗な色をして、柔らかくてとろける。噂によるとこの料理は歴代の天枢の中である人が研究を重ねて開発した傑作らしい。
美味しそうな香り豊かで味わい深く見た目も美しい。この料理の真髄はここにあるだろう。月海亭の宴会に並べても遜色ないだろう。
微妙な鶏豆花細かく作られた料理。ベースのスープはしょっぱくて、鶏豆花の食感は雑。技術が欠けているため、形はちゃんとしていても、魂が抜けている。残念な一品だ。
-鳥肉を細かく刻み、歯ごたえが出るようにこねる。そしてひき肉を煮たスープを入れ、弱火でゆっくりと焼く。出来上がりは白く上品で、豆花の食感を味わうことができる。鳥肉を食べているように感じないのに、普通の鳥肉料理に勝る美味しさを持っている。
美味しそうな豆花のようなしっかりとした形。レンゲで口に入れると、舌の上でトロトロと溶けていく。その直後、美味しさが猛烈に変わり、まるで客の魂を押し出すかのような衝撃を与える。目の前にあるのは、もはや鳥肉料理ではなく、神の思いが込まれた春のそよ風なのかもしれない。
微妙な刺身の盛り合わせ新鮮な食材を組み合わせた海鮮料理。誰かの練習作のようで、錆びた包丁は食材本来の味を損ない、魚の骨も完全に取れていない。今からプロの料理人に指導してもらったとしても、もう手遅れなのだろうか?
-薄くさばかれ、キレイに並べられた魚と貝。軽くて柔らかな食感で、良質な栄養を与えてくれる。ほんのりとした後味は、食材自身の新鮮さによるもので、一口一口が極上の喜びとなる。
美味しそうな芸術品の如くこだわりがある盛り付けを動かすのはもったいない。巧みな包丁さばきは、食材の味を最大限に引き出した。
繊細な食感と極上の弾力、自然な甘み…まるで生命力あふれる何かが口の中で飛び回り、心の中へと滑り込んでいくようだ。
微妙なカニのバター添え焼き上げたカニ料理。冷えたカニ肉は、しょっぱさと臭みを口の中に押しつけてくる。まるで海水を力いっぱい吸ったかのようだ。
-絶妙な火加減で、カニの身の水分と脂を適度に保っている。カニ肉に染み込んだバターの香りに食欲をそそられる。
美味しそうなバターとカニ肉が濃厚な香りを放ち、味覚を揺さぶる。この新鮮な香りの誘惑には、誰も敵わない。知らない間にカニの身を食べ終えると、その美味しさを思い出したいあまりに、殻についているバターをもう一度舐めたいとさえ思わせる。
微妙なピリ辛蒸し饅頭璃月の民間で広まっている料理。大量に炒めた絶雲の唐辛子が積み重なり、耐えられない辛さになっている。一口味わうだけで、喉が焼けるように痛くなる。もっと食べると…グゥオパァーのように火を噴くことができるかもしれないかも?
-新鮮な生地を練って形を作り、寝かせてから蒸し焼きにする。それから、野菜と肉を洗ってみじん切りにし、油で炒める。食べる時には、炒めた具材を蒸し饅頭の窪みに入れて一緒に食べる。カリカリの野菜と香ばしい肉の相性がなかなか良い。
美味しそうな熱々の具材をふんわりとした蒸し饅頭の窪みに入れて、抜群の香りが口の中に広がっていく。勤勉な璃月人が七国に名を馳せる繁華な港口を作ったように、普通の食材も努力の「発酵」により、驚きに満ちた美食になれる。だからこそ、眠る魔神をも引き付けるのだろう…
微妙な実り豊か贅沢な極上のお刺身。しかし切り身は不揃いで、大波に飲まれたかのような魚は、頭を下げて皿に張り付いている。全く食欲がそそられないが、たっぷりと盛り付けられているため、食べないともったいない一品…
-薄く切られた刺身を満開の花の形に並べ、その周囲を様々な食材が囲んでいる。食べる前にそれら食材と刺身を一緒にかき混ぜて味わうのが一般的。これからの日々も、実り豊かに過ごせるようにという意味が込められている。
美味しそうな幾重にも重ねられた刺身は、蝉の羽のように薄く、煙のように軽く、まるで大地に霜が降りたかのようにかすかな白い質感を持つ。刺身を口に入れると、柔らかく舌触りの良い身と色鮮やかな食材が絡み合い、様々な味をかもし出す。その様子は、まさに世にある至味である。
微妙な獣肉のビリヤニ肉の香ばしい匂いがするビリヤニ。透き通るまで油に浸した米は、油臭い。食べ終わってもまだ、皿の上には厚い油の層が残る…食べたが最後、3日間は肉と油を口にしたくなくなるだろう…
-まずは下処理済みの獣肉を外がカリッと、中が柔らかくなるまで炒める。そして、すべての材料とロングライスを一緒に蒸し、最後にパティサラを飾れば出来上がり。獣肉の脂の香りと調味料の混ざりあう香りが膨らんだ米に溶け込む。まさに、スメールの珍味と言えるだろう。
美味しそうなパティサラの花びらは散らばるオアシスのように、ロングライスと肉でできた黄金色の玉座に横たわる。香辛料の香りが米粒に均一に絡みついており、口に入れる度にさまざまな味を楽しめる。そしてまもなく皿の上が空っぽになると、最後の味を噛み締めようと、食通も唇を舐めずにいられない。
微妙な焼きキノコミートピザ焼き上げたピザ。チーズと具がごちゃごちゃに混ざっている上、油臭い。厚くて硬い皮は、さらに難易度を上げてしまっている。うーん、焼き上がり時間の問題?それとも発酵…?
-大きな獣肉と新鮮なキノコが生地に敷き詰められている。そこに、甘くて香ばしいチーズが組み合わされば、もうたまらない。焼き上がりと同時に完売してしまうため、スピードこそグルメゲットの一番の秘訣。
美味しそうな肉の濃厚な脂の香りがふわふわの生地に染み込み、美味しいキノコとの組み合わせは絶妙。チーズの風味がとても濃厚で、一枚を食べ終わる前から、次の一枚のことが気になってしょうがない…

☆5

画像タイトル名前説明
微妙な仙跳牆手間をかける璃月の名物料理。スープの作り方を理解していないため、出来上がったものはしょっぱくて臭みがある。でも食材の値段を思うと…ああ、どうしようかな。
-厳選した食材にそれをかぶるくらいのストックを加えて、弱火でじっくりと煮込めば完成。記憶を元にレシピを書いただけで、仙人が凡人のように心が揺れ動いて、人間界に赴いた。
美味しそうな山と海の幸が詰まった一品。一口食べてみると、その滑らかな食感がたまらない。よく味わってみると、口の中に残る余韻が素晴らしくてたまらない。仙人でさえも、その美味しさに住み処から誘い出せるらしい。

オリジナル料理

フリガナソートキャラクター元の料理オリジナル料理説明
アーロイアーロイミントゼリー満腹感ゼリー切りロが完璧で、形がよく整い、涼やかな雰囲気をかもしだしている。最初、アーロイはあなたがこの特別な見た目のデザートを受け入れられるか心配していたが、一気に食べ尽くしたあなたを見て、彼女はほっとした。
ジンジンキノコピザ眠気覚ましピザ工芸品のように整えられたピザ。一切れ食べるだけで元気がみなぎる。彼女が何時間も仕事を続けられる秘密は、これだろうか?
アルベドアルベドバター魚焼き「林の夢」平らに並べた果物は草を表し、立てたものは樹を表す。皿の上では世界が斑模様の城壁を囲み、茶色の小道に沿って歩けば、淡いオレンジの城に辿り着く。柔らかく甘い味は瞬時に咲き誇る。目を開けば、白髪の王子が目の前で微笑んでいた。
ディルックディルックお肉ツミツミ「モンドの過去」まずは目で綺麗な盛り付けを楽しむ。柔らかいステーキが口の中で融けていく。えっ…旦那様にこんな得意料理があったとは知らなかった。
エウルアエウルアムーンパイ荒波パイ月のような形は、伝統に反抗したものなのか、もしくは彼女の「目には目を」の精神の表れなのかもしれない。黄金色の皮の中は、塩味と新鮮なスモークの風味が漂う。こんなに美味しいものを作れる人は、彼女以外いないだろう…しかし、このような褒め言葉は彼女に聞かれない方がいい。「恨み」を覚えられるからだ。
クレークレー漁師トースト魚香トースト爆弾を勝手に投げて魚を驚かせたクレーは、ジンの指導の下、このトーストを作って漁師たちに詫びを入れた。味がよく、満腹感を長く保つこの料理のおかげで、爆弾で魚が逃げても、クレーは怒られなくなった。
モナモナ満足サラダ最高の知恵・生活偉大なる占星術師による偉大な料理、その偉大さはこの料理は効率よく空腹を満たせるところにある。
ウェンティウェンティ風神ヒュッツポット真・風神ヒュッツポット装飾用のセシリアの花を除けば、普通の風神ヒュッツポットと何の変りもないように見えるが、ゆっくり食べてみると、「些細な転機と希望の風」の味がする。もしかして…これがウェンティの気持ち?
コクセイ刻晴チ虎魚焼き九死一生の焼き魚火で焼くのではなく、雷元素で魚を内部から加熱した料理。程よく焦げた皮が身を包み、一口で旨味が広がる。彼女にはこういうサバイバルスキルもあるのか? 人は見かけによらぬものだ。
ナナ七七お食べくだ菜アシタナシ綺麗に並べられた食材はとても美味しそうに見える。白朮曰く、この料理は七七がかなり時間をかけた成果らしい…しかし七七は味覚がないから、食べるのにかなり勇気がいる。
フータオ胡桃松茸のアワビもどき幽々大行軍丸い頭の幽霊が一か所に集まる様子がかわいい。もし好奇心を抑えられず、その内の「一匹」を食べたら、きっと後悔するだろう…何故なら、口に入れたのは、味覚を完全に失わせるほど衝撃的な──「得体のしれない食材」だからだ。
シンカク申鶴龍髭麺連心麺思い出の味を再現するためか、申鶴は調理と盛り付けに長い時間を費やした。なめらかな麺と舌を唸らせる出汁の組み合わせは、実に印象深い。しかし一番印象に残っているのは、やはりこの料理を作った者の気持ちである…
ショウ杏仁豆腐「夢」彼の「夢」は、ただ良い夢を見たいだけ。
ショウリ鍾離腌篤鮮とろ火で煮込んだ腌篤鮮ソーセージは月海亭の基準に満たした火瞳部位、肉は清泉町でその日捕れたばら肉、タケノコは軽策荘で取れたもの。それらを弱火でじっくり煮込みんだ…「こだわり」の美味。味の分かる人としか分かち合わない。
イェラン夜蘭エビのあっさり炒め美露エビ翹英荘が茶室に届けた新茶の「美露」を、獲れたてのエビにからめて炒めた。その色彩は上品で、お茶の香りが漂う。それに、柔らかくて歯ごたえもあり…待って、どうして彼女は唐辛子の皿を持ってこっちに来るんだろう?
カンウ甘雨四方平和盛世太平麒麟が花畑で休んでいる光景は、見る者の心を穏やかにする。甘雨は世への願いをこの料理に込め、己が最も好んでいる清心の花びらを何も言わずにあなたに残した。
カミサトアヤト神里綾人緋櫻天ぷら「静寂閑雅」繊細で優雅な盛り付けは、少しでも多ければ余分に、少なければ物足りなく見えただろう。それはまるで、普段綾人が仕事をこなすときの姿勢のようである。丁寧に味わえば、驚くべきことにその味が烏有亭のものとまったく同じであることに気づくだろう。最後、透き通った椿の花に箸をつけると、「それは剣術の練習がてら作った、ただの飾りですが。」と綾人に止められた。
カエデハラ
カズハ
楓原万葉干物の網焼き雨奇晴好航行中の船で一晩風乾させた魚を使った料理。万葉によると、普通の干し魚を使っただけらしい。しかしこの味…森羅万象すべてを受け入れる洒脱を表しているのか?
カミサトアヤカ神里綾華緋櫻餅「紅炉一点雪」まるで小さな可愛らしい工芸品のようだ。ほのかに赤い衣は、乙女心を象徴している。白鷺の如く優雅な姫君とお茶を楽しめるなら、時間を永遠に止めたいという欲張りな考えが生まれるかもしれない。
アラタキイット荒瀧一斗焼きそば強者の道のり本人によると、これは「荒瀧・美食マスター・一斗」が直々に作った「古今東西激ウマ料理」らしい。立っていても、座っていても、横になっていても、口に入れればとにかく腹を満たすことができ、さらには、世界を制覇する強者になれるらしい…わざわざどうも。
ライデン
ショウグン
雷電将軍料理不能
ヨイミヤ宵宮三色団子夏祭りの游魚花火を見ている時に宵宮から貰った菓子。彼女の無邪気な子供のような笑い声と、ドンドンと打ち上がる花火の音が重なる。独特な響きの中で、手の中のふっくらとした金魚が今にも泳ぎ出しそうな雰囲気を醸し出している。
サンゴノミヤ
ココミ
珊瑚宮心海鳥の玉子寿司「奇策」卵で作った皮が袂落としのような形で全体を包んでいる。端にある魚の尾は小さくてとてもかわいい。「袂落とし」の中身は気になるが、食べるのがもったいないと思ってしまう…心海は笑みを浮かベた。くっ…もう策にはまったのか?
ヤエミコ八重神子うどん福は内うどん真ん中に載っている油揚げは「狐お姉さん」のれっきとした特注品である。真心を込めて一気に食べると、その日はまるー日「仙狐様」のご加護を受けられ、不運を遠ざけ強運に恵まれると言われている。
タルタリヤタルタリヤドドリアン海鮮スープ極みの一釣り海を漂う野獣が、野垂れ死ぬ前に発した音のない咆哮のようだ…ただ、タルタリヤは笑いながら、海釣りの戦利品が勝手に故郷の土産を持ってきたのだろうと説明した。
ティナリティナリ山盛りキノコレンジャー長のイチオシレンジャー長のティナリが厳選した食用キノコを使っている。普通のキノコ以外に、見たこともない謎のキノコも。香料は使われていないため、キノコそのものの新鮮さが引き立っている…これほどの珍味を作るには、きっと研究以外の時間も沢山必要だったはずだ。
セノセノタフチーン決闘の魂黄金色に輝く米粒が、不可思議な丘のように積み重なっている。スプーンですくい上げ、香ばしい肉を口に入れると、言いようのない衝動があふれ出す――今すぐ「七聖召喚」カードを出して、思う存分決闘をやりたい!
ベネットベネットテイワット風目玉焼きテイワット風焦げ卵目玉焼きのまわりはどうしても焦げがちだが、そのパリパリした食感は新しい風味をもたらしてくれる。
ガイアガイア鳥肉と野生キノコの串焼きフルーティーな串焼きとても美味しそうな串焼き、しっかりとした濃厚な甘みを感じる。待って…本当にフルーツの香り?
レザーレザーモンド風ハッシュドポテトツメ型ハッシュドポテト丁寧に狼の爪の形にしたハッシュドポテト。素朴な味の中に甘い香りが広がり、人間の料理に対するレザーの努力を味わえる。
ノエルノエル午後のパンケーキふわふわパンケーキこの分厚いパンケーキは騎士団のアフタヌーンティーのお供、雲の中にいるような幸せな気分になれる一品。隣にいるノエルの笑顔を見ると、その甘さがまた少し壇えたような気がする!
ロサリアロサリア鳥肉のスイートフラワー漬け焼きヴァーディクトディナー「暗黒」のとげが付いているため、最初はどこから食べたらいいのかわからない。周りの飾り物をやっとのことで外し、口にすると驚きの美味しさがやわらかい鳥肉から炸裂する。食す者の表情をロサリアは決して見逃さない。相手のリアクションを見た彼女はご満悦のようだ。
バーバラバーバラホワイトソースポトフスパイシーポトフ星の形に切ったニンジンで可愛さを増している…待って、この鬼のような辛さはどういうこと?
スクローススクロースかにみそとハムのグリル野菜五九三式栄養食一見変わった錬金物に見えるが、スクロース本人は「これは何度も実験を繰り返した上でできた栄養食品」と主張している。「健康」の緑色はクリームに天然の野菜汁を入れているから…野莱汁?
リサリサ完熟トマトのミートソース魔法のミートソース見た目はちょっと微妙なミートソーススパゲッティだが、一度口にしたらもう手が止められない。一体どんな魔法をかけたんだろうか?
アンバーアンバーステーキ偵察騎士ステーキ!片面は血の色をしており、もう片面からは焦げた肉の微妙な香りを放っている。目を閉じて一気に食べると、アンバーは喜んでくれるだろう。
フィッシュルフィッシュル冷製肉盛り合わせ祈聖シンフォニー精美に盛り付けられた料理には誰も知らない奥深さを感じる。料理を口にする時、フィッシュルに視線を向けると、その顔を隠す指の隙間から彼女の期待を込めた視線が見れるかもしれない…これも秘密の一部だろうか?
ディオナディオナモンド風焼き魚絶対オツマミじゃないパリパリした魚の皮に、柔らかい魚肉、魚を愛する者だけが作れる美味しさ。もし何か酒とか…まずい、ディオナの視線を感じる!
ユクアキ行秋水晶蝦江湖百味工芸品のような見た目は食べるのがもったいないと思わせるが、一口食べてみるとすぐにその甘い味わいの虜になる。待って…二ンジンをこっそり捨ててないよね?
シンエン辛炎椒椒鶏ロック・チキン!化け物のような見た目の中に化け物のような辛さが隠されている。食べると涙が溢れるが癖になる味。化け物にしか作れないだろう!
ホクト北斗豚肉の油炒め豚肉の唐辛子炒め香菱に教わった料理をさらに改良を加えたものらしい。一気に全部食べると、北斗の賞賛を得られるかもしれない。
チョウウン重雲山幸の麺山幸の冷やし麺歯ごたえのある麺は夏に最適だ。でも重雲は冬でも主食として食べている。本当に大変だ。
シャンリン香菱黒背スズキの唐辛子煮込み万民堂水煮魚万民堂とっておきの一品。香菱が料理に対する情熱を込められている。食べた人はその爽快な味の中で、美食に対する純粋な感動を覚える。
ウンキン雲菫ハスの実入り茶碗蒸し雲隠し玉喉に負担をかけない、甘くてもちもちとしたお菓子。雲菫の大好物である。後味が軽く、たくさん食べても飽きがこない。よく見ると、普段彼女が自分のために作るものより量が多い。これも彼女の優しさなのだろう。
エンヒ煙緋かにみそ豆腐「法律ここにあり」真四角に調理されたかにみそ豆腐。作り方も味も、レシピに書かれた「かにみそ豆腐の法律」に完璧に従い、法律の尊さを感じさせる形にした。
ギョウコウ凝光モラミート乾坤モラミート皮はちょうどいい柔らかさ、肉は上質なものしか使わない。蜜のような肉汁がジュワッっとあふれてくるのがたまらない一品。「天権」凝光様は一体どこでこの料理を学んだだろう?
クキシノブ久岐忍オムライスオムライス・ワルツ柔らかなたまごがソースの作り上げた舞台で踊り出し、はんなりと舞う袂が甘くふわりとしたご飯を包む。烏有亭の料理人にも劣らぬ一品を作れるなんて、さすが忍。料理人の資格を持っているだけある!
サユ早柚おにぎり眩暈回避術・改早柚によって、可愛い形に握られたおにぎり。その形はムジナである。タヌキと間違えないように。もしかしたら、この料理こそ、早柚が丸一日ぐっすり寝ていられる秘密の術なのだろうか?
トーマトーマ味噌汁「温もり」精巧な見た目のわりに、使われている材料はごく普通。一口飲むと、太陽のように温かい卜ーマの笑顔が思い浮かぶ。素朴な食材を使って人の心を暖める料理を作られるのは、彼の腕前によるものだろう。
シカノイン
ヘイゾウ
鹿野院平蔵カツサンド唯一の真相トロトロの卵の上に黄金色をしたジューシーなトンカツが乗っており、たまらない香りを放っている…急いで完食すると、なぜか秘密を打ち明けたい気持ちになってしまう。これはまさか、平蔵の秘密兵器なのだろうか?
クジョウ
サラ
九条裟羅鳥卵の玉子焼き永遠なる信仰料理というより、甘味と言った方が正しい。甘くてふわとろな食感は裟羅本人の好みには合わないようだ。待て、この上の印はまさか、「あの方」と関係があるのか?
ゴローゴロー獣骨ラーメン常勝伝説高く積み上げられた具は、彼の気持ちと同じように心が動かされる。麺とスープを一気に食し、膨らんだお腹をさすりながらそばにいるゴローを見ると…満面の笑みを浮かべ、しっぽを軽く振っていた。おそらく、本人も気づいていないだろう…
ドリードリーバターチキンモラ、早くいらっしゃい!大金をはたいて、やっとサングマハベイ様が直々に作ってくれた料理を食べることができた。滑らかなソースは絹のようにずっしりとした鳥肉を包み込む…この絶妙に人を惹きつけるグルメを目の前にすると、何とも奇妙な衝動が湧いてくる――モラを払って、おかわりしたーい!
コレイコレイピタ憧れふわふわの皮の中には、栄養価の高い具が詰め込まれている。持ち運びしやすく、食べ応えがある。中の肉の名前は「レンジャー焼き肉!」なのだと、コレイが補足してくれた。うーん、思わず赤くて元気なあの子の姿を思い出した…これはコレイの心の奥底に焼き付いている、美しい憧れなのだろう。
キャンディスキャンディスアアルコシャリ至れり尽くせり目の前に出された皿からは、香ばしい匂いが漂ってくる。どうやらキャンディスは「食欲」を守ることについても、心得があるようだ…しかし…普通のアアルコシャリよりも随分ボリューミーに見える。一体どうやってこの「尽くされ過ぎの一皿」を食べ切ろうか?

薬剤

合成で入手できる

画像名前レアリティ効果説明(原文)その他用途
耐熱薬剤☆3チーム全員の炎元素耐性+25%、継続時間300秒。飲むと酷暑にも耐えられる不思議な薬剤。炎元素耐性が上がる。
その原理は体を冷やすのでなく、暑さに憤れさせることである。
耐湿薬剤☆3チーム全員の水元素耐性+25%、継続時間300秒。飲むと湿っぽい環境にも耐えられる不思議な薬剤。水元素耐性が上がる。
防湿効果もあるらしい。リウマチ患者にとっては宝物。
耐寒薬剤☆3チーム全員の氷元素耐性+25%、継続時間300秒。飲むと極寒にも耐えられる不思議な薬剤。氷元素耐性が上がる。
飲むと冷気が舌から全身に響き渡るが、その後は寒気を感じなくなる。
耐風薬剤☆3チーム全員の風元素耐性+25%、継続時間300秒。飲むと強風にも耐えられる不思議な薬剤。風元素耐性が上がる。
よく野宿をする冒険者にとって非常に便利な薬剤。風邪予防にも使えるらしい。
耐電薬剤☆3チーム全員の雷元素耐性+25%、継続時間300秒。飲むと感電にも耐えられる不思議な薬剤。雷元素耐性が上がる。
飲むと全身がピリピリと感じる。逆な交流電気を作ることにより、雷のダメージを相殺する。
耐塵薬剤☆3チーム全員の岩元素耐性+25%、継続時間300秒。飲むと砂嵐にも耐えられる不思議な薬剤。岩元素耐性が上がる。
飲むと、口の中にマグネッ卜の匂いが広がる。疲れた旅人にとっては清潔感を保つ方法のーつである。
耐草薬剤☆3チーム全員の草元素耐性+25%、継続時間300秒。草木の成長を抑制させられる薬剤。草元素耐性が上がる。
その原理は除草剤とは違い、草木を排除するではなく眠らせる。人間の身体にも良さそうなので、直接飲むのもおすすめ。
烈火のオイル☆3チーム全員の炎元素ダメージ+25%、継続時間300秒。炎元素ダメージを上げることができるオイル。
炎元素を育む物質で作られたもの、塗るとより効率的に炎元素を集めることができ、使用者自身もより情熱的になる。
鍛造
激流のオイル☆3チーム全員の水元素ダメージ+25%、継続時間300秒。水元素ダメージを上げることができるオイル。
ぬめりのある外用薬、水元素をより効率的に利用することができる。変わった匂いがする。
霜劫のオイル☆3チーム全員の氷元素ダメージ+25%、継続時間300秒。氷元素ダメージを上げることができるオイル。
塗ると冷たく感じ、汗が出にくくなる。氷元素の魔導能力を高められる以外、頭をスッキリさせられる。
狂風のオイル☆3チーム全員の風元素ダメージ+25%、継続時間300秒。風元素ダメージを上げることができるオイル。
爽やかなにおいがする。野原で旅する時、この薬を使うと途中の風は全て追い風になると言われる。
驚雷のオイル☆3チーム全員の雷元素ダメージ+25%、継続時間300秒。雷元素ダメージを上げることができるオイル。
触れるとビリビリする。塗るとより効率よく雷元素を獲得するが、電気による火花も発生しやすくなるらしい。
磐石のオイル☆3チーム全員の岩元素ダメージ+25%、継続時間300秒。岩元素ダメージを上げることができるオイル。
中には細かい粒が入っている薬、塗るとその岩元素を感じられる。外傷にいいと言われる。
叢林のオイル☆3チーム全員の草元素ダメージ+25%、継続時間300秒。草元素ダメージを上げることができるオイル。
栄養に飛んだ外用薬剤。土に使うと植物の成長速度を高められるだろう。使うとより効率的に草元素を利用することができる。

コメント

コメント投稿ルール

コメント投稿ルール

誰もが快適にコメント欄を利用できるように、他人を傷つけない投稿を心がけましょう。
不平不満は愚痴掲示板へ。

  • リーク情報、キャラクターや他者に対する誹謗中傷、バグ悪用の推奨等は、投稿・編集ガイドラインで禁止されています。
  • 不適切な投稿は、反応したり相手にしたりせずに、zawazawaにログインして通報(推奨)、または管理連絡掲示板で報告してください。
  • 悪質な場合は管理者より警告・投稿規制等の措置を行います。
  • 不快なコメントに対しては、日付横の通行止めマーク🚫をクリックすることで、その投稿者のコメント全てを非表示にできます。

  • 自分がリアルで食べたいのを作ればいいんだよ(暴論) -- 2021-01-12 (火) 05:28:59
  • 回復はハッシュドポテト・スイートフラワー漬け焼き・キノコ串焼き・野菜スープをメインで、キノコピザ・黒背スズキ・四方平和をサブに、復活は目玉焼き、攻撃は仙跳牆と福袋。これらだけ作っておけば安く済むのでおすすめ。 -- 2021-01-14 (木) 02:47:41
    • スタミナはヒュッツポットだと毎日の周回に使うにはモラがかかりすぎるのでハニーソテーかポトフをお肉の量と相談して。防御はいらん。 -- 2021-01-14 (木) 02:49:38
  • 料理の説明文かなり種類あって面白いな -- 2021-01-14 (木) 23:32:31
    • 途中送信しちゃった……全部作るの結構コストかかったしwikiにデータ載せてもいいかも?攻略にはいらん情報だから邪魔になっちゃうかな -- 2021-01-14 (木) 23:34:26
    • デフォルトは料理画面、完璧とオリジナルは図鑑で見れるから微妙だけまとめたゲテモノ図鑑は面白いかも -- 2021-01-15 (金) 04:07:40
      • 言われてみればゲテモノ以外は見れますね……じゃあゲテモノだけまとめて折りたたみにでも入れようと思います!とりあえず文字に起こしてみます -- 2021-01-16 (土) 18:07:01
      • 微力ながら把握してる分だけ、追記しました。 -- 2021-01-18 (月) 04:39:26
      • 見やすくなっていて整理感謝です!自分もあとでわかる範囲で追記します -- 枝1? 2021-01-18 (月) 04:43:47
  • 「バッグ/食べ物」と「料理」は分離しないと他のバッグ項目のページと整合性が取れないので、とりあえず「料理」ページを作成しました。薬剤以外はコピペです。以降このページは「バッグ」ページ(アイテム説明文のデータベース)として活用していってほしいです。 -- 2021-01-17 (日) 20:26:07
  • 極みの一釣り:タルタリヤのオリジナル料理。海を漂う野獣が、野垂れ死ぬ前に発した音のない咆哮のようだ…ただ、タルタリヤは笑いながら、海釣りの戦利品が勝手に故郷の土産を持ってきたのだろうと説明した。 -- 2021-01-18 (月) 09:08:01
  • おおぉ!ノエルのふわふわパンケーキ10個中5個も作ってくれた -- 2021-03-20 (土) 22:12:36
  • そういえばオリジナル料理が出来る確率って何%なんだろ?上で20%くらいという話は出てるけどキャラやレア度によって差があったりするんだろうか -- 2021-03-20 (土) 23:30:49
  • 玉子焼き、画像見て美味しそうか・・・?w -- 2021-09-13 (月) 00:25:57
  • 読み物として見てて楽しいし飯テロもしてくる すき -- 2022-05-01 (日) 23:08:45
  • 松茸の肉巻きが美味そう…食べたい!代わりにエリンギを豚バラ肉で巻いて焼いて食べよう… -- 2022-05-04 (水) 16:07:25