習熟訓練(トレーニングモード)

Last-modified: 2022-05-11 (水) 04:34:28

概要

習熟訓練(トレーニングモード)では、加入しているキャラクターの能力を自由に試すことができます。

習熟訓練

「ホーム画面」>「メニュー」の「習熟訓練」からプレイできる。

出撃ルールなど

  • 通常同様のチームを1つ選択して出撃。
  • サポーター選択不可。
  • 制限時間なし。
  • 戦闘エリアは半径50m(直径100m)。
  • ギアスキル等の条件は通常任務と同じ。
    • メニューの「やり直す」で弾数/ポーズ中の設定リセット。
  • オプション設定・撮影可能。
  • 「出撃ではない」ため、ギア所持上限を超過していてもプレイ可能。

一時停止中の画面表示

①「SPスキル自動回復」スイッチ
 ONにすると、SPゲージが最大まで自動チャージされるようになります。

②「ターゲットを複数表示」スイッチ
 ONにすると、敵が増加します。

③「終了」ボタン
 訓練を終了できます。

④「やり直す」ボタン
 訓練をやり直すことができます。

※①と②は習熟訓練を終了、またはやり直すと自動でOFFになります。

  • ①は上限解放による増加分も含む。
  • ②の詳細はコチラを参照。

習熟訓練中の画面表示

①近接戦闘ナビゲーター
 クロスギアの連続攻撃をサポートする機能です。
 近接攻撃を行った際に、次に入力可能な攻撃指示が表示されます。
 ※矢印は各種方向へのフリック操作、「TAP」はタップ操作を表します。

②訓練用敵ヴァイス
 訓練用に「タキプリ/TTG」が1体出現します。
 「タキプリ/TTG」は撃破されず、一定時間が経過するたびにHPを全回復します。

③一時停止ボタン
 一時停止画面を表示します。
 訓練のやり直しや終了が行えます。

近接戦闘ナビゲーターの表示について

入力成功
攻撃指示通りの入力に成功した場合、対応するアイコン上が白く光ります。
ジャスト入力

ジャスト入力による操作が発生する場合、「TAP」の色が変化します。
長押し入力

長押し入力が発生する場合、「HOLD」の表示が追加されます。

ナビゲーター補足

  • ざっくり言うと『次の派生攻撃先』が何パターンあるか表示。
  • クロス装着系SPスキルも対応。
  • 実戦で使えないため、このナビゲーターに依存しないように注意。
    出来るだけアクトレスの動きで慣れよう。
  • あくまで近接攻撃用のため、一部ショットギアのタイミングアクションや、ギアスキルと射撃換装系SPの方向指定操作には非対応。

タキプリ/TTG 情報

Lv.100 HP:25万 無属性 撃破不可(HP1で耐える)

  • その場から動かず攻撃もしない。
  • 弱体解除後に弱体耐性は上がらず、連続で付与しやすい。
    (通常任務は1度付与すると、同じ弱体耐性が上がるため注意)
  • 気絶値の検証も一応可能だが、実践では状況によってしやすさが異なるのであくまで指標として。
    • 値自体の有無の確認としては有用。

間合いの把握や座標爆撃型ギアスキルの練習がしやすい。

  • 相手の攻撃が必要な「ガード/カウンター等」はここでは練習できない。AEGiS戦闘教練調査任務等の実戦で行おう。
  • 最後の被弾から5秒後にHP回復開始。約1.67秒(100フレーム)で全回復。
  • 属性耐性低下のデバフを付与するとその属性が弱点として表示される。デバフの効果時間終了と共に弱点表示も消える。
    (この特徴は通常任務と同じ)
  • 射程距離測定等の検証を行う場合、タキプリ/TTGの当たり判定の厚み分の誤差が生じる点に注意。
    • 正面からの直線軌道では+2.0mほど、ただしウェポンギアやギアスキルによっては前後する場合あり。

ターゲットを複数表示OFF

  • 1体出現。
  • 位置はエリア中央。最大射程50mからの攻撃が可能。

ターゲットを複数表示ON

  • 7体出現。横1列に並ぶ。
    • 間隔:5m。1番左を0mとした場合1番右は30m。
    • 現在、マルチロックの際にロックの表示が発生しない仕様あり。
    • マルチロックのロック順の仕様上、正確なロックオン範囲とは限らないので注意(マルチ2で半径10とは限らない→もっと広範囲)。攻撃数>ロック数+1(ターゲット分)でほぼ距離は確定。
      • 同距離で数を図る場合は、等間隔に敵を配置する特異型クリオスを利用するとよい。
      • マルチロックの仕様はコチラ
  • 位置はエリア端から10m。反対側では最大射程92.7mからの攻撃が可能。
  • 出現位置がフィールド端際であるため、それを利用すれば後ろブースト射撃の測定や、密着の検証がしやすい。
  • オンオフのたびに再出現となるため、マスクデータである気絶値等の検証を確実に行える。

各種入力タイミング

有志の検証より。

画像を開く

小ネタ

  • '21年/04/12(月)配信の Ver.1.41.0 にて実装。
  • '21年/06/28(月)配信の Ver.1.43.0 にて機能追加。
    • 新BGMを追加(曲名:Kinetic Movement)。
    • 一時停止画面からSPゲージをチャージできる機能を追加。
    • 一時停止画面から敵の配置数を増やせる機能を追加。
    • その他調整:習熟訓練に限り、敵が状態異常になった後に、再度状態異常になりにくくなる挙動を無効化。

コメント

  • ずっと欲しかった訓練機能。これで独特な動きをする派生ギアやコラボギア練習が好きなだけ出来る。 -- 2021-04-12 (月) 23:13:36
  • マルチロックの仕様にちょっとおかしなところあるな。一体しかロックしないものがある。 -- 2021-06-28 (月) 16:34:58
    • やっぱバグみたいだ。天音バズ後ろのロック数が明らかに違った -- 2021-07-01 (木) 14:07:06
      • マルチロックは攻撃によってロック可能範囲が決まっててタゲから一定範囲内しかマルチロックの対象にならないっす -- 2021-07-03 (土) 13:27:08
      • えーとつまり、射程距離内でも別の敵がターゲットから離れすぎてるとマルチロックできないと -- 2021-07-03 (土) 18:03:13
      • そうっす。トレモだと5m間隔の目盛みたいなもんなんで端っこのをロックすれば大まかなマルチロックの範囲が調べられるっす。 -- 2021-07-03 (土) 20:35:47
      • マルチロック範囲の外周ギリギリの敵が向かって右側しかロックされない例が多く見られるけど、武器を右手に持っている関係でマルチロック範囲の円もそのぶん右に寄っているって事だろうか。つまり弾の発生座標だけでなく照準座標も右にずれている?(単にロック順と弾数の問題?) -- 2021-08-03 (火) 16:33:06
  • 戦闘エリアは半径50mとありますが、これは自由に行動できる範囲。とある方法を利用すれば、タキブリから200m以上離れることも可能(筆者は260m程まで確認)。とはいえ何か行動すると一瞬で50mまで戻ってくるのでネタにしかなりませんが‥‥(苦笑) -- 2021-07-03 (土) 06:25:29
    • 任務同様、クロス攻撃し続けたりすればエリア外にはいけるけど、一瞬で戻せるからうーん…。まぁ確かに「行動範囲」ではあるけども -- 2021-07-03 (土) 10:57:37
  • とりあえずマルチロックのロック順の仕様を把握したので、注意入れといた -- 2021-08-30 (月) 01:30:35