Top > 公式配信情報


公式配信情報

Last-modified: 2019-05-05 (日) 06:04:44

概要 Edit

TwitchYoutubeで行われる隔週配信の公式生放送。通称Devstream。日本時間土曜AM4:00(サマータイム時はAM3:00)放送開始。

 

配信では今ゲームで何を開発しているかといった近況報告やアップデート情報を始め、予めフォーラムなどのコミュニティで盛り上がっている話題に対して[DE]Rebeccaがまとめて答えたりしてくれる。
また、配信中に視聴者の中からランダムで数人を選んで$50相当のプラチナ(ゲーム内通貨)をアカウントにプレゼントしたり、配信終了後には貴重な報酬(主にリアクターやカタリスト)が設定されている24時間限定のアラートミッション『Lotusからの贈り物』が恒例となっている。
※配信されたアップデート情報等は全てが確定事項ではなく開発途中や構想段階の話も含まれており、全てが話の通りに実装されるとは限らないので注意。

 

視聴は以下のリンクから

次回配信予定 Edit

Devstream#128

最新の配信 Edit

Devstream#127
5月4日(土)AM3:00~(日本時間)配信

ハウスキーピング

  • ロータスの贈り物で24時間限定のカタリストとウルフクレド×75が来ています。
  • Loki PrimeとVolt PrimeのPrime Vaultが開きました。7/2までゲーム内でレリックが入手できます。詳細
  • TennoCon Digital Packをお見逃し無く!TennoCon2019コスメティックスやBaroの過去の製品を全て手に入れられるアクセス権などが付いています。詳細

ガスシティリマスター:ニューゲームモード + Wisp

  • 木星のGanymede(衛星)に行き、全く新しいエンドレスDisruption hordeモードを乗り切れ。アマルガムから落ちたカギを集めて対応したアーティファクトを起動させ、敵の大軍から守って下さい。各アーティファクトはランダムなデバフやバフを発動させる。
    機動防衛と異なり、プレイヤーは一度に複数を起動させる事ができ、その過程で報酬のTierも増加します。保護できるアーティファクトの数により報酬が偏ります。例えばAABC…と報酬が進む代わりに第一ラウンドからBに直行する事も出来ます。
    このアップデートでは、新しいゲームモードに関連したクランイベントも開催します。動画
  • Wispのシグネチャーショットガン:雷のようなショットガンと稲妻のようなライフルの2つの発射モード。 動画
  • Wispの2番アビリティに関する追加情報
    • キャストボタンを押したままにするとデコイの移動速度が上がり、離すとその位置にテレポートできる。
    • 2番アビリティはSol Gateと併用できるので、敵を混乱させながら目眩ましし、燃やす事ができる。
  • PC版ではいくつかのサプライズも含めて5月にJovian Concord(ガスシティリマスター、Wisp、Nyx Deluxeスキン)を期待してください。動画

ナイトウェーブ:シリーズ2
画像

  • キャッチアップ(ケチャップではない)
    • 現在の週のアクトを完了した後に、達成できなかったアクトをプレイできるシステムの追加。
      これはウィークリーとエリートアクトのみに適用されます。ウィークリーとエリートの両方のアクトを終えると、前の週の達成していないアクトを再生できるようになります。

ここでの包括的な計画は週ごとに与えられるアクトの量を減らすが、地位報酬を維持する事です。ナイトウェーブはその日やることが分からない時に、するべき事の方向性を提供するように設計されている。大規模にする事が目標ではないので、シリーズ2ではそれを減らすための変更を行います。

  • シリーズ2では5つのウィークリー(以前は7)と2つのエリートアクト(以前は3)になります。数は減りますが報酬は増えるので、以前と同じ地位量を得られるでしょう。
  • これには一部アクトの長さの短縮も含まれます:60分→30分、40ウェーブ→30ウェーブ、10回の動物保護→6種類、10回の依頼→5種類など。
  • クランアクトには連盟のメンバーも含むように。
  • プレイヤーのフィードバックから考慮した新しいアクトも。
  • サターン6の狼
    • シリーズ1終了後も彼は完全に消えるわけではありません。
    • イベント終了後は「大仕上げ」が予定されています。
    • シリーズ2ではEvergreen報酬を利用した「オンデマンド脅威」を用意。
  • シリーズ2で提供されるショルダーアーマー。動画

QOL UIの変更

  • Voidレリック精錬画面がアップデートされます。まず「ALL」カテゴリができたので、全ての時代の検索が出来ます。
    レリックを選択すると、それに含まれる報酬が表示され、報酬の上にマウスを移動させると、そのアイテムの所持数、作成条件、トレードに必要なMR、デュカット価値が表示される。
    Vaultに保管されているかの状態の表示は議論中です。また、一度精錬したレリックを更に精錬する事が可能になります。動画
  • マーケットの購入画面をプラチナとBPでの購入、ギフトする機能を表示するように更新。動画
  • シンジケート画面はシータス/フォーチュナーなどを含む全てのシンジケートを表示。動画

レールジャック Wisp-Empyreanアップデートの舞台裏

  • Steve氏は「スペース忍者」の「スペース」の部分をやり直す作業の一部を紹介した。動画
  • レールジャックのUI。画像
  • 作業中の戦闘機アニメーション。動画

Khoraデラックススキンコンセプト
画像


TennoGen ラウンド16
詳細

ベネチアンカーニバルコンテスト
詳細
画像画像

二色のエネルギーカラーに加え、フォーマを使用した装備に2番目の二色発光カラースロット。
これはカスタマイズの為の追加レイヤーで、これによりカラーをキャストする機能をWarframe自体が出すエネルギーと別に設定できる。動画

Steveの技術更新

  • ボリュームライティング、年内に実装予定。動画
  • Wispと同時実装予定のメッシュアニメーションから発するGPUパーティクル。動画
  • パフォーマンスの最適化、特にSwitchのHiZオクルージョン。動画

その他

  • New WarはTennoConの後で「かなり大規模な拡張」。
  • レイドの復活については発表されず。
  • 「疫病の星」作戦は6/12に帰ってきます。
  • ItzalのBlinkについて:アビリティをナーフする事は望んでいないが、それを「必須アビリティ」にしている全体的な問題に対処する。
  • そうする事が合理的な所ではエフェメラのドロップ率を上げたい。
  • アーセナルでの装備のカスタマイズはミッション内での外観により忠実になる。2012年の技術が公式にアップデートされ、あなたのWarframeはどこにいても素晴らしいものになるはずです。(ファッションフレームについての約束はありません)
  • Nyxデラックススキンはシャンダナとショットガンスキンと一緒にもうすぐ実装予定です。動画
  • Wukongはリワークされます。次のDevstreamで何かをお知らせしたい。
  • TennoCon2019をTwitchで視聴すると、Twitch Dropで新しいエフェメラが貰えます。動画

過去の配信 Edit

Devstream#126(2019/04/06)
Devstream#125(2019/03/16)
Devstream#124(2019/03/02)
Devstream#123(2019/02/09)
Devstream#122(2019/01/19)

さらに過去の配信: Edit

2013年/2014年/2015年(1)/2015年(2)/2016年(1)/2016年(2)/2017年の配信(1)/2017年の配信(2)/2018年の配信(1)/2018年の配信(2)

 
  • 開発情報:これまでの配信やフォーラムでアナウンスされた現在進行中の情報がまとめられている。

コメント Edit

保管庫:コメント/公式配信情報