PROTEA

Last-modified: 2021-06-08 (火) 21:29:54

Proteaは数あるガジェットを使いいかなる状況をも打破できる。

 
Grenade Fan
アーチを描いて飛ぶ3つのグレネードを投げる。
Blaze Artillery
プラズマチャージを敵に浴びせかける砲撃ユニットを展開する。敵に命中するとプラズマ攻撃の威力は増加する。
Dispensary
時間をおいて強化されたヘルスオーブ、共有弾薬パック、エネルギーオーブの3つのドロップアイテムを生成するデバイスを展開する。
Temporal Anchor
短期間後にProteaを巻き戻して内破を起こす「Temporal Anchor」を設置する。
 
ステータス初期値ランク30値
ヘルス100300
装甲値125
シールド150450
エネルギー150225
移動速度1.20
MODスロット
オーラスロット


製作

完成品 325 Pt

設計図材料製作費製作時間即時製作
クエスト報酬PROTEA ニューロティック125,000 Cr72時間50 Pt
PROTEA シャーシ1
PROTEA システム1
オロキン セル3
 
【製作費用】 15,000 Cr 【製作時間】 12時間 【即時製作】 25 Pt
設計図パーツ名材料
Granum VoidPROTEA ニューロティックサルベージ(11500), ポリマーバンドル(5150), キュービック・ダイオード(1250), 神経センサー(5)
PROTEA シャーシ合金板(20000), カーバイド(2750), オキシウム(550), モーフィクス(12)
PROTEA システムフェライト(13400), クライオティック(1000), コペルニクス(3500), コントロールモジュール(10)

PROTEA設計図クエストデッドロック・プロトコル」の完了報酬として入手する。
クエスト完了後はセファロン・シマリスから50,000地位ポイントで購入可能。

ニューロティック、シャーシ、システムの各パーツの設計図Granum VoidローテーションC報酬に含まれる(報酬テーブル)。

概要

Update 28にて追加された女性型Warframe。
攻防バランスの良い能力を持ったフレーム。火力は勿論リソース面もサポートする。
取得クエストデッドロック・プロトコル』により、その由来・そして時間を操る能力が明かされることとなった。

 

フレームの性能としてはシールドやエネルギーがやや多めだが、ヘルスやアーマーも平均的な値を確保している癖のない基本性能。
また、Warframe史上初めてのオーラの初期極性がユニバーサル*1なフレームであり、どんな極性のオーラも2倍のキャパシティに変化する。

 

設置式アビリティが多いことから地点防衛への適性が目立ちやすいが、全てのアビリティが移動を阻害しない上に発動が速く、基礎移動力の高さも併せ機動戦も可能なフレームとなっている。

直接的なCC能力は無いものの、1番Shrapnel Vortexや2番Blaze Artilleryの攻撃によるストッピング性能が高め。
これらアビリティによる自動攻撃を補助的に使いながら、本体は武器戦闘を展開する事ができる。
そして、攻撃の合間には3番Dispensaryによる補給や1番Shield Satellitesによる防御を挟みつつ、緊急時には4番を使って切り抜ける。
実に「多彩なアビリティを積極的に回していく」楽しさのあるフレームとなっている。

 

○公式紹介動画: https://www.youtube.com/watch?v=cQUmrFRMdRU


小ネタ

  • 名前の由来は南アフリカに自生するヤマガシ科の植物……というよりも更にその由来となったギリシアの神プロテウスからか。
  • Proteaは日本語では「プロテア」と読む。

ヘルメットスキン

PROTEA TELEMA ヘルメット

#ref(): File not found: "***.png" at page "PROTEA"

Telemaの繊細なセンサーがProteaの周囲を検査し、状況データをくまなく収集する。

PROTEA MAVV ヘルメット

#ref(): File not found: "***.png" at page "PROTEA"

心眼を持ちし者は十の忠実な戦士より勝る。Proteaがヘルメットのバイザーを上げる時、それは敬礼であり… 宣告でもある。

アビリティ

パッシブ

Proteaのアビリティは、4回おきにアビリティ威力が+100%増加された状態で発動する。

  • Helminthシステムで注入したアビリティでもカウントされ、効果も適用される。
  • 画面右下、武器の残弾数などの上に現在の発動回数を示すゲージが表示される。
  • 表示の色がエネルギーカラー1(左側)に大きく依存するため、暗い色にすると非常に見づらくなってしまう。
 

Grenade Fan

アーチを描いて飛ぶグレネードを投げる。
(タップ) Shrapnel Vortex
切り裂いてよろめかせる破片の渦を生み出す。
(長押し) Shield Satellites
Proteaはグレネードを調整して、自身、分隊、コンパニオンを保護するオーバーシールドジェネレーターとして機能させる。
シールドが破壊されると同時に衛星は破壊され、追加の無敵時間が付与される。
発動エネルギー25
影響するMODアビリティ効果時間
アビリティ効果範囲
アビリティ威力
ランク0123
効果時間10秒
効果範囲2m3m4m4m
Shrapnel Vortex
ダメージ()100150200250
Shield Satellites
シールド200300400500
シールド/秒25304050
 
  • カメラ方向に向かって4つのグレネードを投げる。グレネードは弧を描くように飛び、地面に接地するとその場で発動する。
    • 敵や壁にぶつかった場合は反射する。地面に接触しないと効果は発動しない。
    • 再使用による設置数の限界は不明。(少なくとも10個以上設置可能)
  • Shrapnel Vortexは破片の渦を継続的に発動させ、その場に踏み込んだ敵に定期的なダメージを発生させる
    • ダメージタイプは切断で、確率で切断異常を発生させる。また、確定でよろめきを発生させる。
  • Shield Satellitesは接触した味方にオーバーシールドを付与すると共に、シールドの継続回復効果を発生させる。
    • 設置されたデバイスに近寄ることで拾得できる。拾得すると、シールドを即座に全回復すると共にアビリティ説明の「シールド」の値分がオーバーシールドとして付与される。また、デバイスが消えるまでの間は「シールド/秒」の値で継続的にシールドが回復し続ける。
    • 継続回復効果によって最大値を超過した分はオーバーシールドになる。
    • シールドが存在しないINAROSNIDUS、及びナイトメアモードのシールド枯渇環境下では効果が無い。
    • シールドのある防衛系オブジェクトにも効果がある。一部のオブジェクトはオーバーシールドは得られないが、シールドの即時回復と継続回復は発動する。
    • 効果時間はアビリティの使用時からとなり、地面に置かれた状態でも効果時間は経過する。
    • デバイスは一度に1つだけ拾うことができる。
    • デバイスの効果を受けている間にシールドが完全に破壊された場合、デバイスが破壊されると共に、通常より長い3秒間のシールドゲーティングが発生する。
      • 一度デバイスを破壊されても、設置されている他のデバイスを拾い直せば再び効果を得られる。
 

Blaze Artillery

プラズマチャージを敵に浴びせかける砲撃ユニットを展開する。
敵に命中するとプラズマ攻撃の威力は増加する。
発動エネルギー50
影響するMODアビリティ効果時間
アビリティ効果範囲
アビリティ威力
ランク0123
ダメージ()100150200500
ヒット毎追加ダメージ100%
効果時間3秒
効果範囲(射程)30m
射程アーチ130°
  • アビリティ威力はダメージに影響するが、ヒット毎追加ダメージには影響しない
  • アビリティ時間は効果時間に影響する。
  • アビリティ範囲は効果範囲(射程)に影響するが、射程アーチには影響しない。
 

発動すると、Proteaの頭上少し前あたりに砲撃ユニットを設置する。
砲撃ユニットは範囲内の敵を自動で探知して攻撃し、攻撃が命中する度にダメージが増加していく。

  • 砲撃ユニットはカメラと同じ方向を向いて水平に設置される。
  • 空中発動可能。その場合、砲撃ユニットはそのまま空中に設置される。
  • 最大で3つまで設置可能。4つ目以降を設置すると最も古いものから消失する。
  • 砲撃ユニットの背後には残存時間を示すサークルと、その中に現在のダメージ倍率が表示されている。
  • 砲撃ユニットの攻撃は火炎ダメージで、なおかつ確定で火炎状態異常が発生する。
    • 砲撃ユニットの攻撃は敵に対して無限の貫通距離を持つ。
    • 射角の限界(アビリティ説明の「射程アーチ」)が存在し、設置時の向きの前方130度にしか攻撃できない。この射角限界は固定で、広げる事は出来ない。
    • 敵に命中する度に、次の攻撃のダメージが基礎ダメージの100%分増加する。このダメージ増加はユニットごとに管理され、ユニットが消滅するとそのまま消失する。
      • 一度の射撃が複数ヒットすればその分一気に上昇する。
      • この性質上、アビリティ効果時間が火力アップにも寄与する。
    • 効果時間が長ければその分ユニットの残存時間が延びるので、アビリティ効果時間は実質的に攻撃回数に影響する。
      • アビリティ効果時間100%で切れ目なく攻撃した場合、3秒間で9射。
    • VOLTElectric ShieldMUTALIST QUANTAのバルーンを通して射撃することもできるが、効果は得られない。
 

Dispensary

時間をおいて強化されたヘルスオーブ、共有弾薬パック、エネルギーオーブの3つのドロップアイテムを生成するデバイスを展開する。
発動エネルギー75
影響するMODアビリティ効果時間
アビリティ威力
ランク0123
効果時間10秒15秒20秒25秒
追加ドロップアイテム確率10%15%20%25%
 
  • 使用するとドロップアイテムを生成するデバイスをその場に展開する
    • デバイスは同時に一つしか展開出来ない。デバイスの展開中に再使用すると、古いデバイスは消失し、新しいデバイスが展開される。
    • 空中使用可。空中で使用するとデバイスも空中に設置される。
  • デバイスは約2秒ごとに、ヘルスオーブ→共通弾薬パック→エネルギーオーブの順にアイテムを生成する。
    • 効果時間中ループして生成し続けるが、デバイスが生成したドロップアイテムを拾得していない場合、同じアイテムは出現しない。
    • 追加ドロップアイテム確率に応じて、アイテムが同時に2個出現する場合がある。
  • ヘルスオーブは通常ドロップのものと違い、一つで100回復する。見た目も異なっておりやや大きい。
    • Equilibriumの効果も強化されたヘルスオーブの回復量に影響される。
  • 共通弾薬パックは一つあたり「使用武器の1マガジン分」補充される。
    • 地上用アークウイングガンも対象だが、しまわれている状態では補充されない。
  • エネルギーオーブは通常のものと同じ。一つで25回復する。
 

増強MOD: Repair Dispensary

詳細

長押しでxm以内のプレイヤーのセンチネルとペットモアをy秒毎に蘇生するデバイスを展開する。
影響するMODアビリティ効果範囲&ref(): File not found: "RepairDispensary.png" at page "PROTEA";
ランク0123
コスト6789
効果範囲5m8m11m14m
クールダウン150秒120秒90秒60秒
  • アビリティ効果範囲は効果範囲に影響する。
 

アビリティキーを長押しすることで、死亡したロボティックタイプのコンパニオンを蘇生する効果を持つデバイスを設置する。

  • 未使用状態のデバイスの上にはDethcubeの形をしたホログラムが浮かんでおり、蘇生効果が発動されると×印に変化する。一度使用されたデバイスの効果が復活することはない。
  • Repair Dispensaryを設置するとバフアイコンにクールタイムが表示され、これが経過するまでは再設置できなくなる。
    • クールダウン中でも通常のDispensaryは設置可能。
  • このデバイスは蘇生効果のみを持ち、通常のDispensaryのように各種リソースを生成することはない。
  • 設置枠は通常のDispensaryと共有であり、どちらを設置した場合でも古い方のデバイスが消失する。

Temporal Anchor

短期間後にProteaを巻き戻して爆縮を起こす「Temporal Anchor」を設置する。
爆縮のダメージはAnchorの設置時から巻き戻し時の間に与えたダメージ量に比例して上昇する。
その際に無くなった、使われた全てが返還される。
Temporal Anchorが起動中に倒されると、ProteaはTemporal Anchorへと巻き戻って死亡を回避する。
回避後ProteaはノックダウンしTemporal Anchorが消滅する。
発動エネルギー100
影響するMODアビリティ効果時間
アビリティ効果範囲
アビリティ威力
ランク0123
効果時間5秒6秒7秒8秒
内破ダメージ(爆発)10%15%20%25%
内破範囲(半径)8m10m12m15m
 
  • 発動すると3秒間無敵になり、効果時間中は視界にエフェクトが掛かりつつProteaの移動した場所に残像が残るようになる。
  • 効果時間が切れる、アビリティボタンをタップする、死亡するのいずかが起こると引き寄せ効果のある爆発ダメージを範囲内の射線の通った敵に与え、効果時間中のProteaの行動を発動時にまで巻き戻す。
    • 巻き戻し後はシールド、ヘルス、エネルギー、弾薬、使用武器、そしてProteaの位置が発動時の状態に戻るが、バフやアビリティの効果時間などはリセットされない。
    • 効果時間中に死亡した場合、巻き戻し後のヘルスは最大値の5%となり、軽減できないノックダウンが発生する。
  • 効果時間中にアビリティボタンを長押しするとアビリティをキャンセルし、巻き戻しは起こらなくなる。
 

増強MODの入手先

アービターズ・オブ・ヘクシス または ペリン・シークエンス

影響するMOD早見表

アビリティ影響項目表に、該当フレームの表を作成したのち、
下記「#includex...(filter=TEMPRAME)...」のfilterオプションもフレーム名に変更してください

 

アビリティ影響項目表より埋め込み

下記fold内と#fold(){{}}は削除

アビリティ消費時間範囲威力備考
1■1番アビリティ名?25備考
2■2番アビリティ名?50 +
10/s
備考
3■3番アビリティ名?75 +
10/射
備考
4■4番アビリティ名?100備考

fold内と#fold(){{}}は削除

ページに以下のプラグインを書き込むことで表示される。

#includex(アビリティ影響項目表,section=(filter=TEMPRAME),firsthead=false)
#includex(アビリティ影響項目表,section=(filter=凡例),titlestr=off,firsthead=false)

以下は影響項目表テンプレ。「TEMPRAME」を該当するWarframe名に置き換えること。
この見出しの中をテキストエディタにコピーして「TEMPRAME」をWarframe名へ一括置換すると、アビリティ説明へのリンクも一括で変換できる。
表下に細かな仕様を書いたが、別の表も参考にしてほしい。

表記例消費時間範囲威力備考
1■1番アビリティ名?25コンボ
1stEx?~を参照
2■2番アビリティ名?25 +
10/s
トグル
2ndEx?トグル
3■3番アビリティ名?25 +
10/回
持ち替え(トグル)
4■4番アビリティ名?100味方に影響
4thEx?近接mod影響
  • この位置(表下)に短い注釈があってもよい。
  • 関連がない部分を空白にする(〇を消す)
    編集時にcsvエディタ等がなくても編集しやすいようすべてに〇等を入れたが、逆がいいなら一括置換で消して作業すること。

備考欄記述ガイド

トグル / 部分トグル
PrismDefyなど、トグル式だが効果時間等で強制解除になるものを「部分トグル」とする。この記述は、エネルギー枯渇による強制解除を対象としない。(18/09/23時点)
持ち替え
Exalted Blade等、アビリティ武器への持ち替えを行うアビリティを指す。
効率 / 近接MOD 他
効果時間/効果範囲/威力以外のMODから受ける影響を指す。アビリティ武器を使用しない場合にのみ記述すること。
コンボ
コンボウィンドウが表示されるアビリティを指す。(例: Rhino Charge)
アビリティ効果時間が消費エネルギー以外に影響しないことを指す。
  • 効果時間が関わらない場合は表下に記述すること。
×
増強MODにより関連性が失われること。表の下にも別途記述を追記すること。
  • 30.0.6現在、Resonating Quakeの効果時間のみが該当。該当箇所が増えるようなら凡例への追加を検討すること。
挙動に不明点があり、かつ未検証であることを指す。表の下にも別途記述を追記すること。訂正は必ず検証後に行うこと。

備考欄記述に関する注意点

簡潔に記述すること。
長くなりすぎるようなら表外へ記述するか、記述自体を省くよう検討する。
特殊なトグル式アビリティについて
Descecreteなど、時間経過以外でエネルギー消費するトグル式アビリティについては、適宜単位を記述すること。上のアビリティCに一例を示してある。
増強MODが実装されていない場合
消去せずに行頭へ「//」を記述しコメントアウトしておくこと。
注意事項
  1. #fold(){{}}で格納しなければレイアウトが損なわれるほどの長文は控える。
  2. 各アビリティ詳細を読了済みの閲覧者を対象とすること。
  3. 詳細への誘導を主軸に据えた記述にすること。

〇:関連性がある
※:特殊な関連。又は注意が必要。アビリティ詳細を参照のこと
空欄:関連性無し

公式フォーラムへのフィードバック

フレームについての議論、改善案等が有る方は公式フォーラムから直接DEへフィードバックが可能です。

書き込む際には上記の「フォーラム使用のルール」「フォーラムの使い方」を良く読んでからご利用下さい。

コメント