TITANIA

Last-modified: 2022-04-30 (土) 10:07:51

いたずら好きな妖精で空を舞え。

 
Spellbind
敵を宙に浮かせ武器を落とさせる。範囲内の分隊に異常状態無効化を付与。
Tribute
範囲内の敵からランダムでアビリティ強化を入手。生き残りの攻撃力を低下。
Lantern
レイザーフライの群れを出現させ、敵に付着させ、敵を引き寄せ爆発。
Razorwing
サイズを縮め飛行モードに変換し、レイザーフライの群れが付近の敵を攻撃。
 
ステータス初期値ランク30値
ヘルス100300
装甲値100
シールド100300
エネルギー150225
移動速度1.00
MODスロット
オーラスロット


全身

アジャイルモーション
ノーブルモーション

製作

完成品 275 Pt

設計図材料製作費製作時間即時製作
マーケット
35,000 Cr
TITANIA ニューロティック125,000 Cr72時間50 Pt
TITANIA シャーシ1
TITANIA システム1
オロキンセル3
 
【製作費用】15000 Cr 【製作時間】12h 【即時製作】25Pt
設計図パーツ名材料
クエスト報酬TITANIA ニューロティック合金板(1500) ニューロード(2) ポリマーバンドル(2500) 回路基板(700)
TITANIA シャーシニタン抽出物(3) フェライト(3000) ルビドー(900) テルル(1)
TITANIA システムコントロールモジュール(1) ブラスチド(800) クラオティック(2200) テルル(1)

TITANIA設計図は「銀の果樹園クエストの報酬として入手。
クエスト完了後はCephalon Simarisから本体設計図を50,000地位、各パーツ設計図を25,000地位で購入可能。

概要

クエスト銀の果樹園」のクリアによって獲得できる妖精をモチーフとした女性型フレーム
如何にしてこのwarframeが封印されるに至ったか、そして我々の手で再生した経緯はクエストの中で知ることとなる。

 

敵をラグドールと化すクラウドコントロールを中心としたフレーム
単体を対象にするものがほとんどだが、そこを起爆点として広範囲を制圧することができる。
他にも2番アビリティ「Tribute」でバフやデバフの効果を与えたりなど、補助的な能力を多数備える。

 

また、4番アビリティ「Razorwing」を発動するとアークウイング形式の操作に切り替わり、
空間を飛翔しながら電光石火ともいうべき近接ホーミングで敵陣を突破するオフェンシブな側面もある。

 

フレーム自体の性能は並、かつエネルギー最大値は少なめで個々のアビリティの燃費はあまりよろしくないことに加え、使いやすいアタックアビリティに乏しいことからいかに状況に合ったバフを維持できるかがポイントとなる。
そのため適切な状況判断やエネルギー管理を要求されるテクニカルな側面を持つ。

 

Update 24.2 にて最大エネルギーが225に増加し、いくつかのアビリティに変更が加えられた。

 

○公式紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=Shm1Yvo2PHI


ビルドについてはおすすめフレームビルド#TITANIAへ。


小ネタ

  • 名前の由来はシェイクスピア作の劇『夏の夜の夢』より妖精の女王「ティターニア」からか。
  • フレーム名の発音は、プロフィール動画の0:10付近を参照。

ヘルメットスキン

TITANIA AURAI ヘルメット

角のようなパーツが特徴のヘルメットスキン。フェイス部分はフルフェイスメットを思わせる非生物的なものになる。
Auraiはギリシャ神話における微風の精を指す言葉。

TITANIA MAB ヘルメット

女神・母・女王。Titania専用の別ヘルメットで宮廷に集結を。

アビリティ

パッシブ

  • バレットジャンプとローリングの距離が25%増加する。
  • アビリティを発動するたびに、自分と近くの仲間のヘルスを20秒間、毎秒4ずつ回復する。
    • 発動すると「Upsurge」のバフアイコンが表示され、残り時間を確認できる。
    • 効果時間中に再発動した場合、効果は重複せず、効果時間のみがリセットされる。
    • コンパニオンのヘルスは回復しない。

増強MOD: Ironclad Flight

詳細

Razorwing中のアイテム吸引を無効にする。滞空中はダメージがX%減少。
影響するMOD-
ランク0123
コスト4567
ダメージ減少10%20%30%40%
 
  • エクシラスMOD
  • Aviatorとは排他。
    • あちらとの違いは極性とアイテム吸引の有無のみ。
      吸引が無くなれば当然Razorwing中にアイテムやエネルギーオーブを回収するのが大変になるので、吸引を無効化したい理由があるとか、極性不一致で容量をオーバーしてしまうとか、そういった事情が無いのであればAviatorの方が良いだろう。
    • Agility Driftとの併用は可能。

Spellbind

敵を宙に浮かせ武器を落とさせる。範囲内の分隊に異常状態無効化を付与。
発動エネルギー25
影響するMODアビリティ効果範囲
アビリティ効果時間
ランク0123
発動範囲20m30m40m50m
効果範囲1m3m5m
効果時間10秒12秒14秒16秒
  • アビリティ範囲は効果範囲と発動範囲に影響する。
  • アビリティ効果時間はバフとデバフの効果時間に影響する。
 

発動条件
自身から50mの発動範囲内に照準を合わせた状態で、そこから5mの効果範囲内に対象となる敵か味方が存在する場合にのみ発動できる。

  • 足下や目の前の壁などに向け、効果範囲内に自分が収まるように使用すれば、自分も効果を得られる。
    • 壁や床を利用せずとも、アビリティキーを長押しすることで自身を中心に発動することもできる。

デバフ
爆風に巻き込まれた敵は装備している銃火器をその場に落とし、それから16秒間ラグドール化した状態で宙を漂う。

  • 効果時間が終了して落下するとラグドールの解除モーションが入り、落とした武器を拾いに移動する。武器を拾うまでは一切の攻撃行動をとらない。
    • 格闘型等の武器を取り外せない敵や、感染体などの武器を持たない敵はラグドール化終了後は普通に行動する。
    • 浮かせないがラグドール化する敵や、そもそも浮かせずに普通に行動する敵もいる。
    • スコーチのIGNISは落とせるが、ハイエッカマスターのIGNISは落とせず、回復後は普通に行動する。
  • ラグドール状態からの復帰モーション中の敵に発動した場合、デバフは無効化される。
  • 敵は直前の速度と運動量に応じて漂う。また浮遊中はプレイヤーの攻撃により移動する方向が変わり、敵が予期せぬ方向に跳ね返ることを引き起こす可能性がある。
  • 一部の近接武器MODやアルケインに存在している「浮遊状態の敵へのボーナス」は、このアビリティのデバフでは機能しない。

バフ
爆風を受けた味方の状態異常を全て解除するとともに、16秒間の状態異常耐性を与える。

  • 効果時間中に再びSpellbindの効果を受けた場合、効果時間がリセットされる。

共通事項

  • 発動までには1.75秒のラグが存在し、この間に効果範囲の外に出た対象には一切の影響を及ぼさない。
    • このラグ(発動モーション)はNatural Talentによって短縮可能。
  • 効果を受けている対象は、味方であれば各自の、敵であればTitaniaのエネルギーカラーの色をした、エフェクトと蝶を纏う。
    • エフェクトは敵味方で異なり、味方は上方へ流れるエネルギーの縞模様が体を彩り、敵は上方へ流れるエネルギーの縞模様を放出する。
 

過去の変更

過去の変更

Update 27.3

  • アビリティキー長押しで自分に発動するように。

Update 26.0

  • キャストモーションが上半身だけになり、高速化。

増強MOD: Spellbound Harvest

詳細

Spellbindを最低4体の敵に当てることでTitaniaがXエネルギーを得る。
影響するMODアビリティ威力
ランク0123
コスト6789
入手エネルギー20304050
  • アビリティ威力は得られるエネルギー量に影響する。
 
  • Razorwingの発動中でもエネルギーを回復できる。
  • クールタイムは存在しないが、既にSpellbindの効果で浮いている敵は数に数えられない。

Tribute

敵へ発動時に4つあるバフ効果をサイクルして選択。生き残りの攻撃力を低下。
発動エネルギー25
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果範囲
アビリティ効果時間
ランク0123
ダメージ()200300400500
発動範囲10m15m20m25m
弱化時間6秒8秒10秒12秒
効果範囲35m
効果時間120秒
  • アビリティ威力は指定した相手への衝撃ダメージに影響する。
  • アビリティ範囲は発動可能距離に影響する。効果範囲には影響しない。
  • アビリティ効果時間は弱化時間(魂を抜いた相手への攻撃力低下の時間)に影響する。
  • 以上のいずれも、4種の各バフには影響しない
 

概要
指定した敵に衝撃ダメージを与え、攻撃力を25%低下させる。さらにヒット位置に出現する魂を取得することで、周囲に指定した効果を発動させる複合アビリティ。

 

効果選択
アビリティキーをタップすることで発動する効果をサイクルし、長押しすることでアビリティを発動する。
この操作は [オプション]→[コントロール]→[アビリティのタップ・長押しを転回] から入れ替えることができる。

  • エネルギーが足りない場合はサイクルもできなくなる。
 

ヒット
アビリティがヒットした敵本体は爆発方向にラグドール化して吹き飛び、生き残った場合は攻撃力が25%低下するデバフが付与される。
ヒット位置にはが出現する。

  • この攻撃力低下効果にアビリティ威力は影響しない。
 


敵の魂を取得すると、以下の4種類のバフのうち、発動時に選択していたもの1つが付与される。

  • 出現した敵の魂はTitaniaが取得するか、15秒間経過することで消滅する。
    • この時間にアビリティ効果時間は影響しない、なおTitania以外には視認できない。
  • 魂は敵の生死に関わりなく出現する。
    • 発動直後にTribute以外のダメージで敵が死んだ場合でも出現する。
  • 各バフは共存可能で、同じバフを取得すると効果時間が初期化される。
  • Razorwingの発動中はレイザーフライドローンが積極的に魂を回収する。
 

効果

Thorns
Titania自身と35m以内にいる味方の被ダメージを50%減少させ、その分を攻撃者に反射する。
  • 発掘の掘削機や機動防衛のターミナルといった防衛オブジェクトはThornsの効果を受けない。
  • ダメージは距離に関わらず攻撃者に反射される。
  • 敵の装甲値で反射ダメージは軽減される。
  • 受けるダメージを50%軽減させる、Titaniaの生命線となるバフ。
Dust
Titaniaの35m以内にいる敵の射撃精度を50%低下させる。
  • 50%の確率で敵の攻撃が外れるようになるわけではないことに注意。
Full Moon
Titania自身と35m以内にいる味方が連れているコンパニオンの与ダメージを75%上昇させ、更にヘルスと装甲値を50%増加させる。
  • ヘルスと装甲値の増加効果は、例によってMODやランク、パーツ等による補正が乗る前の基礎値を参照する。
  • 連れているプレイヤーが範囲内にいれば、コンパニオンがどれだけ離れていてもバフは機能する。
  • Razorwingのレイザーフライドローンにも効果がある。
Entangle
Titaniaの35m以内にいる敵の移動速度を25%低下させる。
 

その他

  • 効果を受けている対象にはTitaniaのエネルギーカラーと同じ色の蝶がまとわりつく。
  • 発動中のバフ1つごとにRazorwingのレイザーフライドローンが1つ増加する(最大で計10体)。
    • Razorwingの発動前にバフを得ている必要は無く、発動後にバフを得ることでも増加する。
    • 破壊されてもバフを再発動すればその分のドローンが復活する。
  • Tributeでダメージを与えても魂が出現しない敵もいる。
  • 魂は他の分隊員からは見えず、取得もできない。
  • エリア外に落下した場合、バフの効果は全て消去される。
 

過去の変更

過去の変更

Update 27.3.11

  • Thornsの被ダメージ軽減50%効果を復活。

Update 27.3

  • バフが敵依存ではなく選択式になり、対象にできるすべての敵から任意のバフを得られるように。
  • 効果範囲を35mに統一。
  • Thornsの被ダメージ軽減50%効果を削除。
  • Full Moonにヘルスと装甲値を上昇させる効果を追加。

Update 26.0

  • Thornsに被ダメージ軽減50%効果を追加し、反射ダメージも25%から50%に増加。
  • Tributeの能力一つにつきレイザーフライが1体増加するように。
  • レイザーフライはTributeの魂を回収するように。
  • キャストモーションが上半身だけになり、高速化。

Hotfix 24.2.8

  • ThornsとEntangleの効果範囲が10mから30mに変更

Update 24.2

  • 発動エネルギーが50から25へ減少
  • 各バフは1回で最大の効果を得るように変更

Lantern

レイザーフライの群れを出現させ、敵に付着させ、敵を引き寄せ爆発。
発動エネルギー75
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果範囲
アビリティ効果時間
ランク0123
発動範囲15m20m25m
効果時間10秒15秒20秒25秒
秒間ダメージ()200250300350
効果範囲2.5m
爆発ダメージ()1,0001,5002,0002,500
爆発範囲5m6m7m8m
吸引範囲8m12m15m20m
  • アビリティ効果時間は効果時間に影響する。
  • アビリティ威力は爆発ダメージと秒間ダメージに影響する。
  • アビリティ範囲は発動範囲、秒間ダメージの効果範囲、爆発範囲、吸引範囲に影響する。
 
  • 対象の敵を宙に浮かせ、視線が通った周囲の敵を誘因、それらに対して秒毎火炎ダメージを与える。
    • 対象の敵はアビリティ無敵になるが、与えたダメージはアビリティ解除時にすべて与えられる。
      • エナジーリーチエクシマスのエネルギードレインは無敵中でも消えないため、対象にする際は要注意。
    • 秒間ダメージの範囲はたったの 2.5m と、非常に狭い。
    • 4体まで同時に発動が可能。4体以上キャストした場合、最も古い対象の効果が解除される。
  • 吸引範囲内の敵は対象の敵に向かって歩み、一切の攻撃をしなくなる。
    • 対象との距離が離れて範囲から出た場合や、対象を見失った場合は解除される。範囲内に再度入ればまた誘因される。
  • アビリティキーを長押しするか効果時間が終了すると対象の敵を爆破し、対象の敵と爆発範囲内の敵に火炎ダメージを与えると共にノックダウンさせる。
    • 爆発のダメージは距離とともに減少する。
  • Spellbindで浮いている敵には発動できない。また、浮かせないが爆破はできる敵がいる。
 

過去の変更

過去の変更

Update 27.3

  • 対象の敵は発動した地点に固定されるように。

Update 26.0

  • 対象の敵の無敵時間に蓄積されたダメージを解除時にすべて与えるように。
  • キャストモーションが上半身だけになり、高速化。

Update 24.2

  • 対象を4体まで同時発動可能に変更。キャストキー長押しですべての対象を爆破する。

増強MOD: Beguiling Lantern

詳細

引き寄せられた敵はX%の近接ダメージボーナスを受ける。
影響するMODアビリティ威力
ランク0123
コスト6789
近接ダメージボーナス25%50%75%100%
  • アビリティ威力は近接ダメージボーナスに影響する。
 
  • ランクが上がる毎に効果量が上昇するはずだが、実際のダメージボーナスは25%のまま変化していない。
  • ガンブレードの射撃やブーメランのRecall Discharge、ZENISTARのディスク等にはボーナスが乗らない。

Razorwing

サイズを縮め飛行モードに変換し、レイザーフライの群れが付近の敵を攻撃。
発動エネルギー25(トグル形式
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果時間
ランク0123
ドローン数6
回避50%
ダメージ (銃)5080120160
近接ダメージ150165180200
ドローンダメージ10244880
毎秒エネルギー量5
  • アビリティ効果時間は毎秒エネルギー量に影響する。
  • アビリティ威力はダメージにのみ影響し、回避やレイザーフライの数には影響しない
  • アビリティ範囲はレイザーフライの行動や認識範囲に影響しない
 
  • 発動すると、Titaniaは元のサイズの半分ほどに縮小する。この形態でのTitaniaは常時空中に滞在し、アークウイングと同様の操作方法になる。
    • 滞空はしているが、極低空を飛ぶことでKela de Thaym戦などに存在する上に乗って押すスイッチを作動させることができる。
  • Razorwing発動中は敵の攻撃に対する50%の回避パッシブを得る。
    • これは敵の攻撃精度を下げる物であってダメージを無効化するものではないので、近接攻撃や爆風等の攻撃範囲の有る攻撃を回避することはできない。
  • Razorwing発動中は独自のステータスを持つ専用の射撃武器 DEX PIXIA と近接武器 DIWATA、そして自動追尾式ドローンを使用する。
    • Razorwingの発動中はDEX PIXIAとDIWATA以外の武器は使用できない。しかし、一部のスロットアイテムは使用可能。
 

レイザーフライドローン

  • Razorwingの発動中、6体のレイザーフライ ドローンが周囲の敵を攻撃する。ドローンは敵に群がり、それらが倒されるまで絶え間なく攻撃を続ける。
  • ドローンは高い脅威レベルを持っており、敵の攻撃と注意を引くことができる。
  • ドローンの数はTributeのバフ1種類ごとに1つずつ、最大で計10体まで増加する。
    • Razorwingの発動前にバフを得ている必要は無く、発動後にバフを得た場合にも追加のドローンは出現する。
    • 追加分のドローンが破壊された場合、該当のバフを再発動する(魂を取得する)ことでリスポーンする。
  • ドローンは個々にシールドとヘルスがあり、敵の攻撃によって消滅する。
    • 生存しているドローンの数はアビリティアイコン上に表示される。
    • 減ったドローンを発動中に補充する手段は基本的に無いが、Razorwingを再発動すれば全て復活する。
    • Titaniaが敵を倒すことによりドローンのヘルスが回復する。
  • ドローンは敵との位置によっては個々に別々のターゲットを攻撃する事がある。
  • ドローンがスキャンの射線上に入った場合、スキャンが阻害される。
  • 潜入ミッションのセンサーレギュレーターやオロキンスペクターに対しては無警戒のまま攻撃、破壊できる。
  • ナリファイアバリア内に入ったドローンは割合ダメージを受け続ける。
  • アークティックエクシマスの Snow Globe を無視して中の敵を攻撃できる。
  • ドローンはTributeの魂を積極的に回収しに向かう。
 
  • Razorwingの発動中はほとんどのトグル形式アビリティと同様に、チームエネルギーリストアやEnergy Siphon等のエネルギー回復効果を受けられない。
    • エネルギーオーブか、VOIDのデスオーブからの回復波動によるエネルギーの補充は可能。
  • Razorwingの使用中も他のアビリティを使用でき、発動しながら移動できる。
  • Razorwing発動中でもすべてのギアを使用することができる。
  • Razorwing発動中はコンソール操作やデータマス取得、仲間を蘇生する等のコンテキストアクションは行えない。
    • アビリティ発動前に手にしていた物はアビリティ発動時に落とす。
    • オペレーターへの転移は可能なので、それを利用すればRazorwingを解除せずに各種アクションを行える。
  • 通常のアークウイングと同様に、発動中はコンパニオンが一時的に消滅し、装着しているMODのほぼ全てが機能しなくなる。
    • (Primed)Animal InstinctとInvestigatorは機能する。それ以外のMODは機能せず、Ghostなどの効果も解除される。
  • Razorwingは発動時に1.4秒、終了時に1.0秒の硬直(発動モーション)が発生する。これらはNatural Talentによって高速化できる。
    • 空中発動時はモーションが短縮・高速化されて硬直が0.5秒程度に縮まるため、可能な限り空中発動を意識すると良い。
  • Razorwingはエイドロンの草原においてアークウイングとして扱われているらしく、ブラッシュタレットやグリニア兵士から対空ミサイル攻撃を受ける。その際アークウイングギア使用時と異なり警告は一切無い。
  • RazorwingはコンパニオンのVacuum/Fetchと同様のアイテム引き寄せ能力(10m程度)を持つ。
 


アビリティ武器(射撃): DEX PIXIA

DEX PIXIAのステータス

DEX PIXIAのステータス (Razorwing ランク3時)

基礎ダメージ160
衝撃16.0
貫通16.0
切断128.0
精度23.0
発射速度5.83
クリティカル倍率2.0x
クリティカル率10.0%
状態異常25.0%
マガジン60
リロード0.3
射撃モードフルオート
ノイズ警戒
極性
  • セカンダリ用のMODを装着できる。
    • Pistol Amp の効果を受ける。
    • Aim時の移動速度を上昇させる Spry Sights も効果あり。
    • アビリティ武器なのでRiven Modは存在せず、未開封も装着不可。
  • DEX PIXIAのリロードはアークウイング用武器と同じ仕様で、射撃をやめることで自動的に補給される。
  • 初期状態でオロキンカタリスト使用済み。
  • 一般的な武器と同じくフォーマによる極性付与が可能。マスタリーXPは得られない。
     


アビリティ武器(近接): DIWATA

DIWATAのステータス

DIWATAのステータス (Razorwing ランク3時)

基礎ダメージ200
衝撃30.0
貫通150.0
切断20.0
クリティカル倍率2.0x
クリティカル率20.0%
状態異常10.0%
攻撃速度1.083
範囲4.00
極性
  • DIWATAのコンボカウントはRazorwingの発動時と解除時に0になる。
    • Razorwing発動前のコンボ数と残り時間は記憶され、Razorwingの解除時に発動前の状態を復帰する。
  • スピンアタック、ジャンプアタック、ウォールアタックの表記があるが、いずれも使用不可。
  • 初期状態でオロキンカタリスト使用済み。
  • 一般的な武器と同じくフォーマによる極性付与が可能。マスタリーXPは得られない。
  • この武器は以下の近接MODを装着することができない。
    • Body Count
    • Blood Rush
    • Dispatch Overdrive
    • Gladiator Rush
    • Maiming Strike
    • Weeping Wounds
    • 特定武器・カテゴリ専用MOD (Covert Lethality、Bright Purityなど)
    • Riven Mod (アビリティ武器のRiven Modは存在せず、未開封も装着不可)
 

過去の変更

過去の変更

Update 27.3

  • Blinkが可能に。

Update 27.2.2

  • 空中耐性Modなど、ダメージ耐性系Modの上限が90%に。

Update 27.2

  • レールジャックでアークウイングボーナスがRazorwingにも乗っていたのを削除。

Update 27.0

  • アークウイング操作変更に伴い慣性が変更され、アフターバーナーにも対応。

Update 26.0

  • Razorwing発動中にオペレーターにチェンジ可能に。
  • Tributeの能力一つにつきレイザーフライが1体増加するように。
  • レイザーフライがTributeの魂を回収するように。

Hotfix 24.5.5

  • Razorwing発動中にAviatorとAgility Driftの効果が適用されるように。

Hotfix 24.2.8

  • TITANIAが敵を倒すことによりレイザーフライドローンのヘルスが回復するように。

Update 24.2

  • Vacuum機能が追加

Update 23

  • DEX PIXIAとDIWATAが、それぞれ対応した武器に装着したMODの影響を受けなくなり、代わりに個別にMOD強化が可能に。
    以前のDEX PIXIAはプライマリ武器を参照していたが、変更後はセカンダリ用のMODを使用する。

銀の果樹園 Update 1

  • 銀の果樹園 Hotfix 5より発生していた、SpellbindとTributeのバフがRazorwing発動時に得られない問題を修正。

銀の果樹園 Hotfix 5

  • Razorwing発動中にフォーカスの発動がロックされるように。

銀の果樹園 Hotfix 4

  • Razorwingの飛行速度を上昇し、衝突時のTITANIAへのダメージを減少。
  • DEX PIXIAのカメラのブレを減少し、精度を調整。

増強MOD: Razorwing Blitz

詳細

アビリティ使用時、X秒間飛行速度と発射速度が25%増加。
最大4回までスタックする。
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果時間
ランク0123
コスト6789
効果時間2秒4秒6秒8秒
  • アビリティ威力は飛行速度と攻撃速度の増加量に影響する。
  • アビリティ効果時間はバフの持続時間に影響する。
 

Razorwingの発動中に他のアビリティを使用することで、飛行速度と攻撃速度が上昇するようになる。
現在の効果量と残り時間は「Razorwing Blitz」としてバフアイコンに表示される。

  • デフォルトでは飛行速度と攻撃速度は100%まで、効果時間は32秒まで上昇する。
    • 説明文には発射速度(fire rate)とあるが、Diwataの攻撃速度も増加する。
    • 上限は「4スタック分」なので、威力と効果時間を上げれば上げただけ最大値も上昇する。
  • 5回目以降のアビリティ発動時は効果時間が延長される。ただし上限を超える事はない。
  • アビリティ威力はRazorwing発動時のものを参照する。そのため、Razorwingの発動後にGrowing Power等の効果が発動したとしてもバフの量は増加しない。
  • バフの量にもよるが、ダッシュするとまさに「吹っ飛ぶ」勢いで飛行するので操縦が非常に難しくなる。通常マップではまず御しきれないだろう。
  • Helminthシステムで注入したアビリティでも効果は発動する。
  • Razorwingを解除するとバフは即座に消滅する。

増強MODの入手先

レッド・ベール または ニュー・ロカ

影響するMOD早見表

アビリティ影響項目表より埋め込み

アビリティ消費時間範囲威力備考
1Spellbind25
Spellbound Harvest
2Tribute25
3Lantern75
Beguiling Lantern
4Razorwing25 +
5/s
AW切替(トグル)
Razorwing Blitz
  • Tributeによる各種バフは、全アビリティ項目に影響を受けない。

〇:関連性がある
※:特殊な関連。又は注意が必要。アビリティ詳細を参照のこと
空欄:関連性無し

TITANIA PRIME

ステータス初期値ランク30値
ヘルス125375
装甲値125
シールド100300
エネルギー175262.5
移動速度1.00
MODスロット
オーラスロット
魅力的な恐怖、これぞTitaniaの真の姿。
 
パーツ名材料製作費製作時間即時製作
TITANIA PRIMETITANIA PRIME ニューロティック(1), TITANIA PRIME シャーシ(1),
TITANIA PRIME システム(1), オロキンセル(5)
25,000Cr72h50Pt
TITANIA PRIME ニューロティック合金板(5500), 神経センサー(6), オキシウム(225), アルゴンクリスタル(2)15,000Cr12h25Pt
TITANIA PRIME シャーシニタン抽出物(2), ナノ胞子(4750), ルビドー(1400), モーフィクス(8)
TITANIA PRIME システムコントロールモジュール(10), テルル(3), フェライト(4300), 回路基板(1450)

設計図入手先>ボイド亀裂報酬入手先まとめ

 

Update27.3.6「TITANIA PRIME」にて実装されたPRIMEバージョン。本体及びパーツ設計図VOID亀裂ミッションの報酬に追加された。
黒い外装がコルセットのようにボディラインを構成しており、PRIME品としては控えめな金装飾も相まって、元モデルより落ち着いた外観となっている。
また、レーザーフライも金装飾のプライム仕様の外観になっているほか、Razorwing時の武器もDEX PIXIA PRIME、DIWATA PRIMEとしてプライムバージョンに変更されている(性能は一般モデルと同じ)。

 

ヘルス・装甲・エネルギーが強化されており、ヘルス耐久に優れた改良がなされている。
また、初期極性がの2つが追加されており、育成初期のアビリティ面の強化がやりやすくなっているのは非常に嬉しいところ。

 

また、専用モーションでは、WISP同様の浮遊移動となり、今までの歩行移動ではなくなったこともポイントに挙げられる。

 

通常のTITANIAとは成績の集計が別扱いとなっているので、通常版とPRIME版と別々にランクポイントを稼げる。
PRIME版の特典としてVOIDのデスオーブに接近すると、オーブから周囲のメンバー含めエネルギーが250回復する波動が発射される。

コメント


各Warframeについての議論、改善案等が有る方は公式フォーラムから直接DEへフィードバックが可能です。

書き込む際には上記の「フォーラム使用のルール」「フォーラムの使い方」を良く読んでからご利用下さい。