YARELI

Last-modified: 2024-02-21 (水) 23:59:45

YARELI

常に行動しているYareliはまるで波のよう。
ウェーブライダーの異名を持つ。

Sea SnaresSea Snares
視界内の敵を探し、高速で移動しながら照準を合わせる5つの水球クラスターを発射する。ターゲットを獲得していない場合、代わりにYareliの数メートル前に広がり、その場で動かずにホバリングする。
MerulinaMerulina
水深から忠実な水生生物を召喚して乗る。
AquabladesAquablades
周りを30秒間周回するアクアブレードを投影する。
RiptideRiptide
上昇する水流のサイクロンを呼び起こす。


ステータス
(Update 34)
基礎値ランク30値
ヘルス270370
装甲値105
シールド455555
エネルギー200300
移動速度1.00
MODスロットMaduraiNaramon
オーラスロットMadurai


製作

設計図材料製作費製作時間即時製作
YARELI ニューロティック125,000 Cr72 時間50 Pt
YARELI シャーシ1
YARELI システム1
オロキン セル3
 
パーツ略称材料
ニューロティックアルゴンクリスタル(2)プラスチド(150)サルベージ(875)ハートノクトロル(10)
シャーシテルル(2)ベネロール鋼(20)回路基板(350)ナノ胞子(1,500)
システムニタン抽出物(2)クライオティック(350)スクラバーEXAブレイン(5)合金板(1,750)
パーツ
設計図
クラン DOJO
バッシュラボ
製作費15,000 Cr
製作時間12時間
即時製作25 Pt

概要

Update 30.5『Parvosシスター』にてリリースされた女性型Warframe。
HYDROIDと同じく流水を操るWarframeであり、実装当初はCC偏重に近い能力だったが、アップデートによって火力補助を獲得、耐久性も向上した。

説明文にも「常に行動している」とある通り、2番アビリティ「Merulina」に乗って動き続けながらの戦闘が基本となるセカンダリ武器特化フレーム。
Merulinaに乗ると通常のパルクールでの回避は行えなくなるが、独自のヘルスでYARELI本体が受けたダメージの大半を肩代わりしてくれるため騎乗中のYARELIは非常に頑丈。
この頑丈さに守られながら適宜1番アビリティ「Sea Snares」によるCC&脆弱性付与と4番アビリティ「Riptide」による集敵を行い、パッシブで強化されたセカンダリで蹴散らすのがYARELIの得意戦術。
ガーリーなデザインにそぐわず、パワフルに敵砲火へ撃ち返していくフレームとなっている。

とにかく「Merulinaに乗ってセカンダリを撃つ」ことに能力が集中しており、これは欠点も同様。能力を最大限活かそうとすると自然と戦術・装備の幅が狭まりやすく、また攻撃能力はほぼセカンダリの性能に依存してしまう。
癖の強いMerulinaの操作性も加味した武器選びが鍵になるだろう。

隠し要素
このWarframeを装備してベントキッド通気口(ベント)へ行くと…?
余談
何より特徴的なのは、各種専用モーションのパリピガールぶり。君も好きなフレームをキャッピキャピピースさせよう!

ヘルメットスキン

YARELI PHYSALIA HELMET

■YARELI PHYSALIA HELMET

深淵から這い上がりしYareliの別ヘルメット。

アビリティ

パッシブ

移動中、セカンダリ武器に200%のクリティカルチャンスボーナスを獲得する。

厳密には1.5秒移動し続けたタイミングでパッシブアビリティが発動し、移動を停止してから1秒後にアビリティが終了する。
30.5.3では壁に向かって歩き続けても発動し続ける。ジャンプ中や、エイムグライド中でも発動する。

変更履歴

Update 32.2.0「ルアの犠牲者
Yareliが動きを止めた後、Critical Flowバフが終了するまで一秒の遅延を追加。
Update 30.7
クライアントとしてプレイ中、Yareliのパッシブボーナスがピストルのクリティカル率に適用されない問題を修正。

Sea Snares

5つの水球体を展開し、球体は敵を追求し触れる事で拡張され、捕らえた敵を捕縛しダメージを与える。
発動エネルギー25Sea Snares
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果時間
アビリティ効果範囲
ランク0123
効果時間(秒)681012
効果範囲(m)15202530
ダメージの脆弱性125150175200%
冷気ダメージ冷気 / 秒100150200250
ダメージ増加 / 秒5075100125
  • アビリティ威力はダメージの脆弱性冷気ダメージ、ダメージ増加に影響する。
  • アビリティ効果時間は、敵を拘束する効果時間に影響する。
  • アビリティ効果範囲は、敵に誘導する範囲に影響する。
     
  • ダメージの脆弱性の表記について
    • yareliは、最終ダメージ×ダメージの脆弱性[%]=与ダメージとなっている。
    • 一般的には、最終ダメージ+ダメージの脆弱性[%]=与ダメージとなっている。
    • 例として、mod無しのLATO(基礎ダメージ40)の与ダメージは、
      yareliは、40×ダメージの脆弱性[200%]=80となり、
      一般的には、40+ダメージの脆弱性[100%]=80となる。
    • ただし脆弱性の値はアビリティ威力×200%ではなく、100%+アビリティ威力×100%で定まるため、
      単に「威力×100%の脆弱性を付与するアビリティ」と考えてよい。
  • 発動すると前方へ扇状に5つの水球体を展開する。
  • 発生した水球体を中心とした効果範囲内に敵が存在する場合に自律的に誘導する。
  • 水球体はそれぞれ別の敵を追尾する。既に捕縛されている敵に誘導することはなく、命中しても捕縛時間の更新や重ねがけは起こらない。
  • クラウドコントロールの影響を受けない敵(オーバーガードが残っているエクシマスなど)が、Sea Snaresの影響を受ける場合、
    拘束はできないが、ダメージの脆弱性の影響は受ける。
  • 効果範囲内に追尾対象の敵が居ない場合、その場に停滞する。近距離に追尾対象の敵が現れた場合、その敵へ向けて誘導する。
  • 一度に存在できる水球体の最大数は15個で、古いものから消滅する。ただし敵の同時捕縛数には上限が無い。

変更履歴

数値は最大ランクのもの

Update 32.2.0「ルアの犠牲者
Sea Snaresに捕らえられた敵が、他のすべてのソースから200%のダメージ脆弱性を持つようになった。
Hotfix 30.5.2
ダメージタイプ 衝撃ダメージ冷気ダメージ
水球体の発生数 3 → 5
秒間ダメージ増加 80 → 125

Merulina

K-ドライブのインスピレーションとなった生物「Merulina」を召喚する。
Merulinaに乗っている間はYareliが受けるダメージをMerulinaが吸収する。
発動エネルギー25Merulina
影響するMODアビリティ威力
ランク0123
ヘルス3000450060007500
ダメージ軽減90%
無敵時間(秒)4
  • アビリティ威力はMerulinaのヘルスに影響する。
  • アビリティ威力はダメージ軽減に影響しない。
  • アビリティ効果時間は無敵時間に影響しない。
     
  • 発動すると即座にMerulinaを召喚する。
  • 発動直後の無敵時間(最大で4秒間)の間に受けたダメージを吸収・蓄積し、無敵時間終了後にMerulinaの耐久値へ上乗せする。
  • K-ドライブとは違い、セカンダリ武器を構えた状態で乗る。
    • Merulinaから降りる際は、乗る直前に持っていた武器へ自動的に切り替わる。
    • K-ドライブと同じく、武器切り替え操作によりセカンダリ武器を収納・装備できる。
    • K-ドライブのように格闘キーかアビリティ再発動で降りることができる。
  • ローリング操作でMerulina ダッシュを繰り出す。
    • 前後左右への移動入力により移動方向が決定される。
  • 搭乗中はよろけ・ノックダウンが全て無効化される*1
    • 受けた攻撃によっては内部的に硬直してしまうのか、しばらく操作を受け付けなくなる現象を起こす事がある。恐らく修正しきれていない不具合。
  • 落下した直後は少し無敵。
  • YARELIのアビリティはMerulinaに乗っていても使用できる。
  • Helminthシステムにより注入されたアビリティは発動できなくなるが、効果は維持される。
    • トグル式アビリティ*2なら、発動後に騎乗することで維持できる。
  • ハッキングやデータマスの保持などを乗ったまま行える。
    • コンソールによっては高さが合わず操作不可なものもある。
    • 使用キーを長押しするとMerulinaから降りてしまう。要注意。
  • ギアホイールに制限がかかるため、サイファーやドラゴンキー等を使用できなくなる。
  • ナリファイアやオルフィクスのアビリティ無効化に接触しても解除されない。
    • ただし、Merulinaのヘルスが大きく減り続ける。
  • MerulinaにはMODを装着できない
  • ハイジャックの輸送ターゲットはMerulinaのヘルスを優先して消費する。
  • 元がOW用のシステムだからかマップによっては動作が不安定。特に閉所やエレベーターでは予期せぬ壁抜けなどに注意。
    • 物理的な挙動以外にも、「騎乗中は特定アルケインが発動しない」などの処理上の不具合を起こしていることもある。新しいビルドにする際は要確認。

変更履歴

Update 32.3.0「CITRINE:最後の願い」
Merulina搭乗中のダメージ軽減が75%から90%に増加した。
Update 32.2.0「ルアの犠牲者
発動直後に無敵時間が追加された。さらに無敵時間の間に受けたダメージを吸収・蓄積し、
無敵時間終了後にMerulinaの耐久値へ上乗せするようになった。
Update 30.7
Merulina ダッシュが実装された。

インデックスでMerulinaに乗っているYareliがスコアを加算しても金融強制デバフが取り除かれない問題を修正。

Merulinaに乗っている時サイファーを使えない問題を修正。

YareliとしてMerulinaに乗っているとき、共有アフィニティがプレイヤーの武器へ付与されない問題を修正。

YareliがMerulinaに乗っている間、敵のAoE攻撃の影響を受けない問題を修正。

プライマリ武器が装備されているときにMerulinaへ切り替えると武器のランクUI表示が欠落している問題を修正。

プライマリ武器を装備しながらMerulinaに乗っていると、空のプライマリ武器用ライフル弾薬をピックアップする問題を修正。

Merulinaに乗っているときにYareliのアビリティによって倒された敵の統計がミッション完了画面に表示されない問題を修正。

Merulinaへ乗っているYareliの懐中電灯の色*3がYareliのプライマリエネルギーカラーを常に適用する問題を修正。

Merulinaに乗りながらマスタリーランク昇進テストに挑むと起こるスクリプトエラーを修正。

Hotfix 30.5.5
Merulina搭乗中に転移操作できるようになった。

Merulina搭乗中のYareliに対して、多数のアビリティが機能していない問題を修正。

Hotfix 30.5.4
Merulinaに乗っている間はPrimed Sure Footedを装備していてもノックダウンが引き起こされる問題を修正。

増強MOD: Merulina Guardian

詳細
Sea Snares発動中に敵を倒す事でMerulinaのヘルスをX%回復する。
回復した際にY秒間はセカンダリのリロード速度と発射速度が+200%増加する。
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果時間
Merulina
ランク0123
コスト6789
ヘルス回復5%10%15%20%
効果時間(秒)8121620
リロード速度50%100%150%200%
発射速度50%100%150%200%
  • アビリティ威力は、ヘルス回復に影響する。
  • アビリティ威力は、リロード速度と発射速度に影響しない。
  • アビリティ効果時間は、効果時間に影響する。
  • あくまで回復をトリガーにバフが発動するため、Merulinaのヘルスが満タンの状態で敵を倒してもバフを受けることはできない。
    • バフ持続中に再度条件を満たして更新することは可能。
  • セカンダリ発射速度が跳ね上がるため、武器と設定によっては激しい画面揺れやサウンド・視覚効果の過剰な重複が起きてしまう。運用の際は要注意。

Aquablades

3つの回転する水圧刃で敵を切り刻む。
発動エネルギー75Aquablades
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果時間
ランク0123
効果時間(秒)25303545
切断ダメージ 切断350450600750
  • アビリティ威力は、水圧刃のダメージに影響する。
  • アビリティ効果時間は、水圧刃の維持時間に影響する。
  • アビリティ効果範囲は、水圧刃の半径に影響しない。
  • このアビリティはHelminthシステムを利用することで他のWarframeへ移植する事ができる。


  • 発動するとYareliを中心として3つの回転する水圧刃を展開する。
  • 刃の射程は1m - 4mで、Warframeの周囲1m未満にいる敵には当たらない。

変更履歴

数値は最大ランクのもの

Hotfix 30.5.2
切断ダメージ 250 → 500
アビリティ効果時間 → 30秒
Hotfix 30.7
切断ダメージ 500→ 750
アビリティ効果時間 30秒→ 45秒

増強MOD: Surging Blades

詳細
Aquablades使用中あるいはクールダウン中に発動しAquabladeを射出する。
投げたAquabladeが敵にヒットした場合ダメージがX%上昇する。Merulinaに乗っている間はコスト0。
発動エネルギー15SurgingBladesMod.png
影響するMODなし
ランク0123
コスト6789
ダメージ上昇5%6%8%10%

Aquablades使用中、再度アビリティ発動ボタンを押すことで水球を纏った刃を射出して直線状の敵を攻撃する。

  • 射出した刃は敵を貫通しながら真っすぐに飛んでいき、敵にヒットすることで切断ダメージと切断DoTを発生させてよろめかせる。
  • 敵にヒットした分だけ次の刃の威力が上昇していく。上昇分は右上のAquabladesのアイコンで確認できる。
    • 説明文には投げた刃が敵にヒットした場合ダメージが上昇するとあるが、自機を周回している刃がヒットした際にも威力は上昇していく模様(ただしこの刃の威力は変わらない)。
  • 刃を射出する際にはエネルギーを消費するが、自機を周回している刃を消費することはない。
    • Merulinaに乗っている間はエネルギー消費が0になり、詠唱時間も短縮されるため連射し放題となる。

Riptide

敵を大渦巻でかき寄せ、蓄積された水圧を爆破させる。捕らえられた敵の数が多い程爆発のダメージが上昇する。
発動エネルギー100Riptide
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果範囲
アビリティ効果時間
ランク0123
効果範囲(m)15
効果時間(秒)46810
冷気ダメージ冷気1000150020002500
敵の数に応じてダメージ増加50%
ダメージ / 秒200300400500
  • アビリティ威力は、ダメージと捕縛時のスリップダメージに影響する。敵の数に応じて増加するダメージには影響しない。
  • アビリティ効果範囲は、大渦巻のかき寄せ範囲、爆発の攻撃範囲、キャスト範囲に影響する。
  • アビリティ効果時間は、効果時間に影響する。
 

短押しで効果時間中、周囲の敵を吸引する大渦巻を設置、効果時間後に爆発する。長押しすることで吸引後に即爆発する大渦巻を設置する。

  • 発動すると発動時に向けていた座標に大渦巻を発生させる。壁や天井を狙った場合、その座標から最も近い直下の地面に発生する。地形によっては壁から横向きに発生する場合もある。
  • 範囲内の敵はラグドール化して大渦巻の軸に向けて垂直に吸い込まれる。
  • 大渦巻に巻き込まれた敵は浮き上がり、爆発時に数メートル吹き飛ばされる。巻き込まれず爆発に当たった場合はその場で転倒する。
  • 効果時間中に再発動することで即爆発させることができる。
  • 爆発は大渦巻より低い位置には届かない。
  • Marulinaに搭乗した状態だと、発動時の長い行動不能時間でも移動できる。

変更履歴

Update 32.2.0「ルアの犠牲者
Riptideは、さまざまな効果に対して異なる方法で発動できるようになった。
Hotfix 30.7
効果範囲を25%増加。
Hotfix 30.5.2
ダメージタイプ 衝撃ダメージ冷気ダメージ
捕縛している敵の数に応じて上昇するダメージが25%から50%に。
爆発時に吹っ飛ばす距離を短距離に。

影響

アビリティ消費時間範囲威力備考
1Sea Snares25
2Merulina25
3Aquablades75
4Riptide100

〇:関連性がある
※:特殊な関連。又は注意が必要。アビリティ詳細を参照のこと
空欄:関連性無し

コメント


各Warframeについての議論、改善案等が有る方は公式フォーラムから直接DEへフィードバックが可能です。

書き込む際には上記の「フォーラム使用のルール」「フォーラムの使い方」を良く読んでからご利用下さい。


*1 Primed Sure Footed 等は不要
*2 Gloomのみ (Hotfix 30.7.2 現在)
*3 洞窟などの暗所でオンになる