金星(Venus)

Last-modified: 2021-02-26 (金) 00:33:07

 

CORPUSはこの地域の製造設備開発に注力している。

資源

合金板、ポリマーバンドル、回路基板、フィールドロン サンプル

ボス

ボス名The Jackal
ステージFossa
ドロップSTAHLTA設計図
STROPHA設計図
クリア報酬RHINOパーツの設計図
ステータス
Proto Shield2000
Alloy Armor100
Robotic1500

コーデックス上ではProto Shieldをもっているが実際の攻略ではシールドを持っていない。シールドにダメージを与えたときの青色数字が表示されるが騙されないように。
Alloy ArmorとRoboticのためが最も通りやすい。通常のコーパス兵に有用なは通りが悪いので注意しよう。
ヘッドショット判定は前方中央の顔部分にあり、狙うべき脚部ではヘッドショット効果を発動できない。
ボスのためデバフ時間短縮型の耐性を持つ。ラグドールや宙づり耐性があり動きを止めることはできない。
アーマーに対するデバフアビリティ、近接MODのShattering Impuctは有効。減速アビリティも効くが進行上遅延行為になりうる

攻撃手段


  • ガトリングガン: 連射してくるが低精度なので、距離をとり走って逃げていればたまに当たる程度
  • 衝撃波:吹き飛ばし効果。距離問わず前脚で地面を打撃し衝撃波を発生させる。単発のときもあれば両脚で交互にしてくることも。
    ノックダウンと強い弾き飛ばし効果があり、後述の電気フェンスに当たりやすいほか、バフやアビリティ武器などフレーム自身に効果がある持続型アビリティを消去されてしまう。
    ダメージを受けないアビリティ(NYXのAbsorb等)の場合アビリティ無効化はされない。
  • ホーミングミサイル: 複数のホーミングミサイルを一斉に発射、プレイヤーを追尾して飛んでくる。
  • プラズマグレネードクラスター:自身の前方へグレネード(白い棒のような形状、大量に飛ばす)を撒き、少し間をおいて爆発させる。
  • グリッドウォール
    Jackalは脚を畳んで頭上に浮き上がり、4方向にビームを放ち回転させる。実行中は無敵になる。
    • 脚のヘルスを削り切ると確定で実行する。脚を削るのが長引いているとそれとは別にやってくることも。
    • この攻撃はバレットジャンプで飛び越える事が可能な他、空中に浮けるWarframeのアビリティで回避が可能(例:HILDRYNの4番、IVARAの1番(飛行の矢)、 ZEPHYRの1番など)。
    • 回転ビーム攻撃終了の着地時にこちらをノックダウンさせる衝撃波を発生させる。この衝撃波は通常のジャンプで回避が可能。足と違いバフ解除効果はない。
    • 回転ビームが青い時はダメージはないが、赤く発光している時に接触するとダメージを受ける。色は回転方向切り替え時に効果音とともに変更される。Update28.3で状態異常確率が0%になった。
    • 1回の接触で1回ダメージを受けるため、ゴリ押しする場合はJackalの真下で触れ続けるとダメージが減る。Update28.3でFix
    • 1度目のMercy後は電気フェンスの柱上部に乗れる引っかかりがあるためそこにのれば安全にやり過ごせる。
  • 電気フェンス
    1度目のMercy後、壊れた電気柱から電気柱へ電気のフェンスが発生する。
    触れると強烈なダメージの異常を受けるため、普通のフレームでは助からない。Jackal戦での最大の死因。

攻略手順


1:どれかの脚のヘルスを0にする

  • Jackal本体にダメージを与えるにはJackalの体勢を崩す必要があり、脚のヘルスを削りきる事でのみ体勢を崩す事が可能。
    1本の脚のヘルスが削り切れれば体勢は崩れるので狙いは絞った方がいい。攻撃した脚によって攻撃方法が変化することはないのでどの脚でもよい。

2:無敵状態で放ってくる回転ビーム攻撃を避ける

  • この段階では攻撃を回避してダウン状態に移行するのを待つ事しかできない。
  • 回転ビームは真上に向かってバレットジャンプ→エイムグライドなどで回避するのが正規手段と思われるが、難しいと思う場合は以下のような方法もある。
    • 1回目の柱がフロア中央に残っているときは柱によじ登れば回避可能。
    • 2回目以降、柱が壊されるが、部屋外周にある壁から突き出している柱(まっすぐな部分の側面)をよじ登っていれば回避可能。
      • じっとしていると壁から剥がれてしまうが、天井に頭をぶつけながらも登り続ければ落ちる事はない。

3:ダウン状態になったJackalにMercyを行う

  • Jackalがダウン状態になったら、接近してコンテキストアクションキー(キーボードならデフォルトでX)を押してMercyを行う事でJackalのヘルスゲージを1本減らす事ができる。
    • Mercyを行わないまま一定時間が経過するとダウン状態から復帰してしまい、また脚を破壊しなければならなくなる。
  • 1回目のMercy後のみ戦場の移動シーンが挟まれる。これはスキップすることができない。
  • 3回目までは1に戻ってより攻撃の激しくなったJackalと戦う事になり、4回目のMercyを行うとJackalの抹殺が完了する。

ボスの撃破後は元来た道を逆走することができなくなる。
(手前の部屋までは戻れるが、そこから更に戻ろうとすると穴に落ちたときと同様に画面が暗転し、元の場所に戻される)


Jackal: 旧金星ボス。The Jackalのリメイク元であり、現在は出現しない。

ボス名Jackal
ステージFossa
ドロップ星系資源、オロキンセル、
Jackal シジル
クリア報酬RHINOパーツの設計図
ステータス
Proto Shield2000
Alloy Armor100
Robotic1200
 

攻撃手段

  • ガトリングガン: ダメージ大。連射してくるが低精度なので、距離をとり走って逃げていればたまに当たる程度だが、まともに受け続けると即死は免れない。
  • 衝撃波: ダメージ中(50ほど)。吹き飛ばし効果。近距離に近づくと前足で地面を打撃し衝撃波を発生させる。
    後半になるほど連続で使用してくるようになる。
  • ホーミングミサイル: 複数のホーミングミサイルを一斉に上方に発射、その後プレイヤーを追尾して飛んでくる。
    着弾地点の範囲に大ダメージを与える爆風が発生する。
  • プラズマグレネードクラスター: 爆裂して10mの範囲に100~200の大ダメージを与える。
    自身の前方へグレネード(白い棒のような形状、大量に飛ばす)を撒き、少し間をおいて爆発させる。
    吸着式で地面などに貼り付き、プレイヤーの体に付いた場合はローリングで落とす事ができない。

攻略方法

  • 本体は堅固なシールドに守られており、シールドを削りきらない限りは本体にダメージが通らない。
    (このシールドはダメージが極端に抑えられ、1~4程度しか通らない)
    • 四脚のいずれかに一定量ダメージを与えると体勢を崩して停止し、その間はシールドが消える。
      この時、弱点の頭部を攻撃すると1.5倍のダメージを与えられる。
    • そのため「脚を攻撃→本体を攻撃」を繰り返すのがオーソドックスな戦い方となる。
  • 至近にいると衝撃波を、遠くにいるとバルカンを撃ってくるので、距離をとった方が戦いやすい。
    四方にある柱に隠れながら迎撃すると、衝撃波の回避が容易。
  • グレネードの発射前に「ピピッ、ポッ、ポッポ…」とカウントダウンのような警告音を出すので、
    「ボポン」というグレネードの発射音が聞こえる前に、急いで離れよう。
    • Jackalの目の前~前方へ飛ばすため、密着している場合はJackalの後方へ逃げると良い。
      ただしグレネードはwarframeにも張り付くため注意。
      自分の体に付いてしまった場合、味方から離れて無敵スキルなどで対処するか、諦めてダメージを受けよう。

Tips

  • 体勢を崩している時は、一定ダメージを与えるか一定時間が来ると元に戻る。
  • 衝撃波の当たり判定は地面(オレンジの線)にあるため、ジャンプで回避することができる。
  • ボスがステージの外周にいる際に衝撃波を喰らうと、場外に落とされ戻れなくなる場合がある。
    一度そうなってしまうとリタイアするしか無くなるので、なるべくステージの中心で戦おう。
  • 低レベルのJackalであれば、4人で近接攻撃をしているだけで倒せる。
  • Update14でコンクレーブ値でボスLvが変わるようになっている(Tips参照:敵ボスの強さ)
    また、敵のデータについてもROBOTICが5000→1200へと低下された。
  • ボスのいる部屋には天井に2本の壊れたレールがあり、一定間隔でコンテナが送られきて落下するとアイテムが出るようになっている。

Warframeのアビリティ活用

  • EXCALIBURのRadial Blindは非常に有効。
  • LOKIを使用している場合、Invisibilityを使用して安全に格闘で攻撃したり、味方の蘇生を行える。
  • FROSTのFreezeは、シールドのある状態で使用すると効果が切れるまでダメージが通らないので控えよう。
    Jackalのダウン中に間に使うことで暫くの間一方的にダメージを与え続けることができる。
  • RHINOのRhino Stompは効果あり。外見上は変化無いが、Jackalのダウン中に当てられれば、効果時間中はダウンしたままになる。
    • Rhino stomp効果中はシールド復帰能力が停止する。よって開幕にstompし、stomp効果中にMAGのShield polarizeで即シールドを全て削り、高火力な武器を叩きこめば一度も体勢を崩さずに破壊する事も可能。

接続している惑星

水星地球

ステージ

Update 24.0時点

Dark Sector

ステージ名ターゲットミッション地形レベル
Malva感染体耐久シップ8-18
Romula感染体防衛アウトポスト6-8

コメント

保管庫:金星/コメント