稼ぎ場

Last-modified: 2020-08-06 (木) 18:56:29

概要

このページでは経験値、お金、などを「稼ぐ」際の定番的ミッションや方法を紹介している。
英語圏では、農作業の如く黙々と何かを収穫する様から「Farm(ファーム)」と称する事が多い。

なお、アップデートによって星系・ミッション内容が変更されることが多々あるため、変わりやすい内容であることを留意して頂きたい。

Warframeには「無理して高難易度をクリアする」よりも「無理せず低難易度を周回する」方が多く稼げるという傾向がある。
自分にはまだ早いと感じた場合は、少しレベルを落とした対応を考慮してみよう。

  • SMEETAキャバットについて
    SMEETAキャバットの固有アビリティ「Charm」は、最大で27秒経過するごとに28%の確率でプレイヤーにランダムなバフを与える。
    そのバフの1つ「Doubled Pickups and Affinity」の効果は、文字通り「アイテム取得数 2倍 + 獲得アフィニティ 2倍」というもの。まさにプレイヤー垂涎の効果である。
    当然運とタイミングに左右されるが、平均的にはおよそ2割程度の各種増加が見込める。ぜひ活用しよう。

アフィニティ(経験値)

Warframeの経験値の仕組みは独特な所がある為、効率的に装備を育成するために「アフィニティ(経験値の仕組み)」も読んでおくと良いだろう。
特に経験値共有の有効範囲については、意識してプレイすれば大きな恩恵を得られる。

  • Hydron(セドナ防衛)
    分隊前提でのアフィ稼ぎの定番。敵が有限ではあるが、対グリニア高レベルと言うことで経験値が高い。マップが狭いことからアフィニティ共有も活かしやすく、強力な範囲攻撃を持つフレームや武器で大量に狩ることもできる。
     
  • Helene(土星防衛)
    上記Hydronと同型のマップ。特徴はほぼ同じ。敵レベルはHydronより低くなるがその分育成段階でも参加しやすく、また同時に枯渇しがちな素材オロキンセルを入手出来る事から人気がある。
     
  • Dark Sectorミッション全般
    各惑星に二カ所ずつあるミッション。以前はクラン対抗戦要素のボーナス的なミッションであったが、現在は対抗戦自体が廃止され常設ミッションとなったもの。
    内容に特殊ルールなどもなく、参加条件もなくなっている。
    報酬のクレジットが高い上に、報酬ボーナス(キルボーナスやドロップボーナスなど)がついている。
    敵が感染体のためアフィニティはさほど多くないが、ボーナス要素があるからか序盤の稼ぎによく利用される。
    比較的人気なのは定点戦闘が可能な「防衛」。
    発掘」はアフィニティ稼ぎと他の稼ぎを兼ねて利用される事が多い。
     
  • 高レベル帯の潜入ミッション
    ソロ向け、かつ「潜入」ミッションに慣れている人向け。
    突き詰めていくと1周5分程度でもクリア可能で、Lv25以上のノードなら合計8万程度(クリアボーナス含む。全装備合計値)のXPが稼げる。
    データ回収のボーナスという形でアフィニティが得られるため「武器を使わずに武器に経験値が入る」という利点がある。
    育てたい武器以外を外し、一つの武器にアフィニティを集中させる事も可能。(詳細はアフィニティを参照のこと)
    分隊でのプレイは潜入ミッションに慣れたプレイヤーが来るとは限らず、データ回収に失敗する(アフィニティが得られない)可能性もあるので、アフィニティ稼ぎとしては推奨出来ない。
    基本的にはデータ回収による報酬狙いの「ついで」的な利用がされがち。
    また、オペレーターでハッキングする事でアンプの育成も可能だが、アンプに入るのは表示上の37.5%である事に注意。
     
  • VOID亀裂ミッション防衛耐久機動防衛
    ランダムではあるが、通常ミッションの拡張版的な扱いで追加されるため、上記のHydronやHeleneで亀裂ミッションが発生した場合は、そのまま経験値も稼ぎつつレリックを使用すればプライムパーツやフォーマも稼げる美味しいミッションとなる。
    ただ、性質上、エンドレス型のミッションでもあまり長居するプレイヤーは少な目。
    なお、亀裂からは通常ミッションの敵に加える形でナリファイア、エンシェントヒーラー、ボンバードなどの強敵が出現するため難度はやや高めとなる。
     
  • Telesto(土星掃滅)・Adaro(セドナ掃滅)
    どちらかというとソロ向け。経験値がおいしいグリニア相手、かつ敵の量が保証されていてステルスも狙える掃滅で、ステルスキルボーナス(最大500%)を維持して経験値やフォーカスを稼ぐ。高ランクのテンノには定番だが、フレームや武器を鍛え上げて初めて稼げるようになるため初心者向けではない。
    IVARAEQUINOXで敵を寝かせて即死ダガーもしくは強武器のスラ格により一撃で倒す、IVARALOKIOCTAVIAで透明を維持して近接や無音武器で処理する、3番特化BANSHEEでのフィニッシャーなどの方法がある。
    • ステルスボーナスを維持するための基礎としてレーダー系MODの使用を推奨。
      敵のアイコンが枠のみ()であれば未警戒状態である。
      警戒状態になるとアイコンの中心に点が付き、完全に見つかるとアイコンが塗り潰される()。
    • アップデートにより近接ステルスフィニッシャーや死体の目撃で近くの敵が警戒するようになったため、プレイで補う必要がある。*1射撃武器のFERROXOPTICORARCA PLASMORなどはキル後すぐ死体を消滅させる効果を持つ(要消音MOD)。
    • マルチショットの複数弾やショットガンの散弾でのワンショットキルでは、敵が未警戒でもステルスボーナスが途切れてしまう。あくまで弾丸やペレット一発分の威力で敵を倒しきることが必要だが、IVARAEQUINOXで敵を寝かせた場合やVAUBANの3番で未警戒の敵を捕らえた場合は、マルチショットや散弾でも問題なくボーナスが継続される。起きる前に倒しきれるならフルオート武器も可。
    • グリニアローラーは背後で敵が死んでも警戒する上になかなか未警戒に移行しないので、優先して倒すかIVARAEQUINOXなどの使用を推奨。
    • アークトラップは作動音によって警戒されることはないが、作動時および破壊時の放電で範囲内の敵が感電すると、ステルス状態であっても警戒してしまうので注意。電気状態異常によってしつこくダメージが入るのでIVARAの睡眠も阻害される確率が高く、地味だがステルスの障害としては大きい。(Update27現在)
    • ステージがアラーム状態ではなく、敵がIVARAアビリティによる睡眠状態の時、背後からの二撃型近接フィニッシャー(デュアルソード、ヘビー、ハンマー、サイス、ブーメランなど)であれば、敵が警戒表示であってもステルスボーナスを得ることができる。(おそらく一撃目で睡眠が解け、未警戒状態となった敵へ二撃目が入るため)
       
  • エクシマスの要塞(ソーティーミッション)
    高レベルのエクシマスを倒すと莫大な経験値を入手できる。防衛などで数を倒すのはもちろん、ソロで救出等に挑めばステルスキルボーナスを狙うチャンスでもある。最高難度のため初心者・中級者は生き残る事が最優先であり、ビルドとプレイを研鑽したテンノのための稼ぎ場と言える。何も考えずキル稼ぎに没頭して遠征の末に死亡なんてことになると分隊に迷惑をかけるので、そうならないよう気をつけたい。
     
  • Salacia(海王星・アークウイング機動防衛)
    タイミングよくコンバージェンス球を得られれば、ソロでも一周あたりフォーカスポイントを数千~1万ちょいほど稼ぐことができる穴場。ELYTRONなどの広範囲殲滅技を持つAWがお勧め。FLUCTUSを持っていればAMESHAで守りつつ敵を倒すのも効率的。
    ただし、AWミッション全体に言える事だが人がいない。また、火力をAW頼みにしているとパワー切れの際に敵をさばききれず、ミッション失敗の恐れもある。
    Razorback Armadaイベントの際はそちらへの入場券稼ぎの場として高ランクのテンノが集まるので、初心者はできるだけ便乗して、育っていないAW装備の強化を図ろう。
     
  • (エリート)サンクチュアリ交戦
    アフィニティというよりもフォーカスポイント稼ぎ向け。
    比較的高密度で敵がポップし続けるので、範囲殲滅の手段があればかなりのポイントが稼げる。逆に「ミッションの性質上、倒し続けないと失敗となる」ので、ある程度仕上がった装備が求められ、育成段階の武器やフレームにはあまり推奨出来ない。
    なお、ウェーブ2以降は転移直後にフォーカス・コンバージェンスが自動的に付与される。
    報酬はやや変則的で、2ウェーブクリアごとにレリックなどが得られる。
     
    エリートの方は表示レベルの高さからもわかる通り難易度は高く、30ランクのフレームでないと参加出来ない制限がある。
    敵のレベルの高さとアビリティの連続使用制限があるため適正な装備が必要。2回目のローテーションC報酬が貰えるウェーブ8まで耐久するのが一般的なので、そこまで行ける火力(と生存能力)は確保しておきたい。範囲と威力を盛ったSARYN, VOLT, EQUINOXあたりが人気のフレーム。
    ウェーブごとの継続・離脱は自由なので途中で抜ける人は当然いる。ホストが抜けて移行失敗で台無しになるリスクもあるので、それらが気になるのならソロを推奨。一人で捌ききれる火力が前提とはなるが、フォーカス稼ぎだけが目的ならソロでもあまり問題は無い。
     

各地の確保ミッションHotfix 23.4.2以降は使用不可能

各地の確保ミッション Hotfix 23.4.2以降は使用不可能
ステルス稼ぎができない、長時間の防衛耐久を生き抜く自信が無い、残り時間を気にしたくない、オンラインにしても人が来ない等の場合に苦肉の策として有効。
確保対象を床に転がしたら、確保せずに放置して敵を倒しつつエリア全体を徘徊するだけ。その状態であればアラームでロックダウンされることもなく無限に敵が出てくるため、擬似的な耐久として利用できる。
一ヶ所に留まったり早く移動しすぎたりすると敵の湧きが悪くなるので、出入り口の多いエリアを2つ3つ、気持ちのんびり往復するのがコツ。
ZARRTIGRISなど基礎威力の高い武器を持たせたスペクターを用意しておくと心強いかも。
※Update 23より「確保ミッションでターゲットを確保した後、マップアラートは1分後に解除され、敵は2分後から生産されなくなるように」なったので、稼ぎ終えるまでターゲットは確保しないこと。
※Hotfix 23.4.2にて「確保ミッションでターゲットがダウンした後1分間の確保カウントダウンタイマーが適応されるように」変更。この方法は利用できなくなりました。

栄光のDraco(ケレス・高レベル傍受

栄光のDraco(ケレス・高レベル傍受
Update「Railの亡霊」にてマップやミッション内容の変更が行われ、栄光のDraco(ケレス・高レベル傍受)は低レベルの耐久に変更されてしまい、今ではアイテムファーム場と化した。オロキンセルを集めるならおすすめ。

クレジット

インデックス: 耐久/低リスク投資 (海王星)
※中堅-玄人向け
  • 失敗すると赤字を被ってしまうが、安定してクリアできるなら最高効率のクレジット稼ぎ場となる。
    一周の利益は75,000 Cr。慣れれば平均5分程度でクリアできるようになる。
  • インデックスの敵は非常に堅いため、高火力武器が必須となる。
    特殊な戦闘ルールの都合上、「ヘルスやシールドに依存しない防御能力」が特に有効となる。REVENANT / RHINO(2番増強を強く推奨)の防御アビリティを常に維持し、インデックスポイントの大量所持ボーナスを狙うのが定番となる。
  • 上記のようなWarframeが無い場合は、『ポイントを5個だけ取得したら即ゴールイン』を繰り返せば比較的安定してクリアできる。無論この場合もできるだけ高耐久ビルドで挑むすることが重要。
  • 中リスク投資や高リスク投資に挑んだり、戦闘を継続したりすれば利益は大きくなる。
    ただし、敵の強さ(特に堅牢さ)も格段に増していくため、難易度上昇だけではなく時間効率も下がってしまうケースがある。
    • なお、リザルト画面ではクレジットブースターが適用されていないように見えるが、ちゃんと適用されているので安心しよう。
       
  • Dark Sectorミッション周回
    インデックス耐久が上手くこなせない序盤はこちらが定番。
    DarkSectorは通常ミッションよりクリア報酬のクレジットが多く、難易度にもよるがクリア報酬で一度に1万~2万クレジットが稼げる。
    エンドレス型のミッションだが滞在を長くしてもクレジットの報酬量は変化せず、クレジット目的なら最短でクリアして周回する必要がある。
  • ただしDarkSectorは上記経験値稼ぎでも使われるため、経験値狙いで長時間稼ぎたいテンノとクレジット狙いで最短で回したいテンノがブッキングする事もしばしば。
  • 金策のために最短クリア周回するのであればソロでの周回が推奨される。こちらを見て自分が回しやすそうなものを探そう。
     
  • 分裂 海王星 Laomedeia
    海王星にたどり着いたもののインデックス耐久は難しい、というテンノへDarkSectorの次にオススメするミッション。
    DarkSectorよりも高難度ではあるもののインデックスの様な赤字のリスクや極端なデバフを受ける事は無く、
    テーブルAで2万、Bで3万クレジットが確定で手に入り、Cでは95%の確率で5万クレジットが手に入る。
     
  • 不用品の売却
    インベントリをチェックし、不要な設計図が溜まっていれば売却する。重要な物を手放してしまわないよう注意する事。対象としては、各惑星や敵からのドロップで入手できる、重複したフレームパーツや武器の設計図など。OBERONパーツの設計図などは気付くと大量に所持しがちである。
    MODも売却しクレジットに出来るが、MODはENDOに変換する事も可能。ゲーム中盤あたりからは大量にENDOを必要とする状況になりやすい。他にも4枚集めての変換や貴重なMODの場合はトレードにも使える為、クレジット入手として売却する場合は、足りないクレジットをやりくりする程度に抑えた方がよい。
     
  • ソーティーミッションのボーナスクレジット
    装備が十分に育っているなら、ソーティーミッションのボーナスクレジットも狙い目。それぞれ一日に一度ずつしか貰えないが、難度が高いだけあって報酬額もなかなかに大きい。最後までやりきる自信が無くても、ボーナスクレジットはそれぞれのミッションのクリアごとに貰えるので、ある程度腕と装備に自信がついてきたら腕試しがてら挑んでみるのもアリ。
     
  • プロフィット・テイカー オーブ討伐
    ※/玄人向け
    インデックスの様にクレジットを没収されるリスクは無いが、テイカーオーブ戦そのものは四方八方から撃たれ続けるので耐久力を要求され、最終段階では時間制限も付くのでしっかりと削りきれるだけの高い火力も必要であり準備無しに挑むのは難しいものの、インデックスをも上回りうるハイリターンなCr稼ぎミッション。
    金星フォーチュナープロフィット・テイカー ステージ4を受注し、ミッションに従いテイカーオーブを倒すと確定で12万5千クレジットを落とす。
    これにはインデックスなどと同様にクレジットブースターやイベント時のクレジットブーストも乗る他に
    同ミッションへの適性の高いCHROMAの4番を使う事で(撃破直前から・クレジットドロップまで維持する必要がある模様)クレジットが2倍になり、またSMEETAキャバットのアビリティによるドロップ倍化でもクレジットの獲得量を増やすことが可能であり、条件が整えば100万以上のクレジットを1度の討伐で稼げる可能性がある
    (理屈上はクレジットブースター+CHROMA4番(4倍)で50万、更にSMEETAキャバットのアビリティ(計8倍)で100万、イベントクレジットボーナスまで乗れば(計16倍)200万をも稼ぎうるはず)
    2020/02/27時点で初回クリアボーナスが乗らないのを確認(「リザルトの表示上だけ乗らない」可能性も考慮してミッション前後のクレジットもチェック)

ENDO

ENDOは様々な箇所で得られるので少しづつ溜まってはいくが、逆に運にあまり頼らずENDOを大量に集める手段は高難度ミッションの「仲裁」ぐらいしかない。序盤はMODからの変換が拠り所になりがちなので、MODのやりくりには注意しよう。

  • 仲裁
    報酬にENDO関連のものが多めに割り当てられている。
    ローテーション毎にAYATAN像や900~1500のENDOがある他、各種強力な固有MODが得られる。
    ただし、星系マップのすべてのミッションをクリアすることが受注条件とスタートまでが遠く、受注出来たとしても最高ランクの敵と通常より厳しいミッション条件と、極めて難易度が高い。
    また、エンドレスミッションという特性上、プレイヤーの拘束時間も長いため時間にゆとりのある時に取り組むこと。
     
  • ソーティーミッション
    デイリークリア報酬にAYATAN ANASA像(2000ENDO、最大3450ENDO)と4000ENDOが含まれる。また、極々低確率ではあるものの、どんなMODもそれ1つでクレジット消費無しに最大ランクに強化できるレジェンダリコアも入手できる。
     
  • ミッション内でAYATAN像を拾う
    ミッション中で稀に落ちているAYATAN像は、スターを取り付けることで約1500~2700のENDOに換えることができる。
    配置はランダムだが、基本的にコンテナと同じ位置に配置されるため、コンテナの多いミッションで発見しやすい。
    エリスの駆除ミッションはスタート地点にコンテナが大量配置されている為、出なかったらやり直してリセマラ的に狙う方法もある。
     
  • ウィークリーAYATANトレジャーハント
    週に1回実施(日本時間で月曜日9:00更新)出来るこのウィークリーアラートでは、AYATAN像が確定で1個入手できる。
    なお、VOIDの時間制限付き隠し部屋を攻略する必要がある。失敗した場合は再挑戦が可能。
    攻略はこちらのリンクを参照。
     
  • MODの売却
    不要なMODをENDOへ変換する事ができる。「重複」条件で並び替え表示すると、所持数の多い順に表示されるので、大量所持しているMODは変換してしまおう。MODは売却してクレジットに変える事も可能だが、ENDOを能動的に入手する数少ない手段なのでENDOを優先するのがお勧め。
    なお、レア以上のMODは貴重なものならトレードできるし、MOD変換にも利用できるのでよく考えて対応しよう。
     
  • 合成時の節約
    ENDOが足りないうちはMODを最大まで強化せず、ランク8や9止めで保留することで大幅に節約できる。多くのMODは強化の最終段階に近づくにつれ大量のENDOを要求するが、強化される数値は常に一定であるため、最大ランクに近づくほどENDO効率が悪い。Primed MODは特に顕著で、ランク0→9までの合計とランク9→10に使うENDOはほぼ同額(約2万)となっている。これらはランク8や9でも十分に使用できるレベルなので、最大強化は余裕ができるまで待ち、重要なMODから徐々に最大にしよう。

仲裁以外のENDO稼ぎ (効率は良くない)

  • 発掘ミッション
    冥王星のHieraconは敵が感染体であり比較的対処しやすい。Aローテーションに旧R5コア五枚相当の400Endoが含まれる。
     
  • セドナアリーナミッション
    セドナ・Vodyanoiの敵はENDOとMODしか落とさない為NEKROSのDesecrateを使うことで300~700ほどのENDOを獲得可能。NEKROS自体は脆いフレームのため、ミッション適正は低い。腕と装備に自信のある人向け。
     
  • バロール・フォーモリアン (イベント)
    常時行けるミッションではないが、クリア報酬に高確率で400ENDOが当たる。
    周回作業が少々面倒ではあるが、2分程度で1周出来るのでイベント中なら狙ってみる価値はある。

レリック

レリックのドロップは多くのミッションやコンテンツで多岐に渡っており、レリックのみを稼ぐというよりは「ついでにレリックも得られる」という状況が多くなるので、それらで自然に集まったものに加えてある程度方向性を持って追加入手していく方が結果的に効率的になりがち。
レリックの出現は完全なランダムではなく、ミッション毎に特定のレリックが出るor出やすいなどの傾向がある点にも注意。
詳細の記載されている「VOIDレリック」のページを参照し、時期ごとに入手分布がどうなっているかを把握しよう。

 
  • VOIDの各ミッション
    エリア「VOID」では、どこでもクリアすると確定でレリックが一つ入手可能になっている。
    VOID亀裂ミッションがエリアVOIDで発生した時も同様に確定で一つ取得できる。
    また、Prime Vault開放中のレリックは「VOIDのみ」もしくは「VOIDシータスフォーチュナーの依頼ミッションのみ」でしか入手出来ないケースがあるため、解放直後は早く回せるミッションに非常に人が増える。
    特に最速で周回可能な「確保」ミッションが人気。
     
  • フォーチュナーシータスの依頼ミッション
    これらの依頼で得られるレリックの種類はある程度固定されており、依頼時に入手可能レリックが表示されるため非常に特定レリックを狙いやすい。なお、このレリックは現在解放中のPrime Vault、もしくはPRIME ACCESSに固定されている事が多い。
    特定のPRIME品を狙う場合は、まずこちらを確認する事。
    特に他ミッションでの入手確率が低くなりがちなAXIレリックを狙い撃ちするのに有用。
     
  • 防衛
    ローテーションABCすべてにレリックが含まれる。
    全般に報酬割り当てにレリックが多く、特にローテーションAにレリックが多いのが特徴。
    特定のEraのレリックを集めるときは、ローテーションAにそれが含まれる防衛ミッションで10ウェーブクリアを繰り返すと効率がよい。
    時間効率はさほど良くないが、アフィニティ稼ぎと両立出来る点で効率的と言える。セドナのHydron(NEO),土星のHelene(MESO)が定番な他、亀裂ミッションでの防衛もさまざまな意味での「ついで」として使えるため人気がある。
     
  • 発掘
    ローテーションB・Cにレリックが含まれる。
    上記のEndoファーム地点ではMESO、NEO、AXIのレリックが手に入る。
    固有素材のクライオティック集めのついでの他、ミッション内容的に「慣れたら最速でCローテーション報酬を狙える」ため、AXI狙いで高速周回されるケースも。
     
  • 傍受
    セドナ・Berehyniaとエリス・Xiniが、ローテーションAではMODが混じるもののNEOレリックのチャンスがあり、ローテーションB・Cはなんとテーブル全てがAXIレリックであるため、それらを狙う際には非常に有用な場所となっている。他にも時期ごとの新規レリックドロップの確率は傍受がやや有利に割り振られて設定されているケースが多い。副産物狙いがし難いのとミッション内容が長くなりがちな都合上か、人気はあまりない。
     
  • 分裂
    難易度は高めのミッション内容となるが、報酬にレリックが多く割り当てられている。
    また報酬ローテーションがやや特殊で、
    「コンジット防衛成功数とラウンド数で決まる報酬テーブルから報酬が決められる」
    「報酬ローテーションのランクががループせず、4Wave以降高ローテーションで固定される」
    といった特徴がある。
    これを利用し場所と防衛回数を選ぶ事で特定のEraのレリックを高効率で狙い撃ち可能になる。
    レリック稼ぎに有用な場所としては火星OlympusのA・BでLith・CでMesoのみ、天王星UrのAでMeso・BでNeoのみ・Cで高確率でNeo、ルアApolloのAでNeo・BでAxiのみ・Cで高確率でAxiが出る他セドナKelpieではAでMeso・BでNeoのみの他にCでGAUSSパーツ設計図とAxiレリックを狙えるのでGAUSS狙いと同時にレリックを集める事も可能。
    特に他ミッションでCローテーションを狙う必要が多いAXIレリックを狙う意味では他のミッションより大幅に時間効率が良くなる。

デュカット

  • 低レベルの亀裂掃滅
    • 亀裂掃滅は他の亀裂ミッションに比べて反応物質ドロップ率が非常に高くなっている。
       
  • HEPIT(VOID確保ミッション)
    • クリア時にLITHレリックが1個確定で入手出来る。おそらく現状最速でレリックが得られるミッション。低レベルで戦闘はほとんど問題にならないので、足の速いフレーム,ビルドがお勧め。これでLITHレリックを稼ぎ、上記の亀裂掃滅を繰り返そう。

VOIDトレース

  • 入手方法は「VOID亀裂ミッション」に限られ、なおかつ入手数もランダムである。上記デュカット集めも兼ねてVOID亀裂ミッション(すぐにクリアできる確保掃滅が最適)を周回プレイすると良いだろう
    基本的に意図してこれだけを稼ぐものではなく、「亀裂ミッションの副産物」という考えで良い。

生産材料

星系素材・生産材料の稼ぎ方は生産材料を参照のこと

アークウイング(AW)

アークウイングに育成・MOD稼ぎについてはプレイガイドの該当項目が詳しいのでそちらを参照のこと。

関連項目

 

コメント


*1 以前はチャネリングキルで死体を消滅させることで死体目撃による警戒の可能性を減らせたが、アップデート26でチャネリングが廃止され近接ヘビー攻撃に変更されてしまった。