NIRAアルコン

Last-modified: 2022-09-24 (土) 09:51:04

概要

MAG PRIMEを素体としたアルコン。蛇の頭部をもち毒属性攻撃を使用する。
Update32.0.0より、アルコン討伐戦のボスになった。
本ページではクエストで出現するものではなく、アルコン討伐戦で出現するものについて解説する。

ステータス

名前NIRAアルコンNira Archon
勢力ナルメル
アーマーアレイアーマー: XXXX貫通+ 冷気+ 放射線+++
切断-- 電気-- 磁気--
ヘルス肉体: XXXX切断+ 毒++ 感染++
衝撃- ガス-

パッシブ

  • アーマーダメージ耐性
    • アーマーを減らす効果を受けない。各種増強を含むアビリティ、Shattering Impact MODすら効かない。
  • 状態異常耐性
    • 状態異常を4スタックまでしか受け付けない。5スタック目以降の発生した状態異常は無効化される。
    • 放射線をかけても周囲の勢力と敵対しない。
  • DPSによる与ダメージ逓減
    • 一定時間内に与えるダメージ統計に応じて与ダメージ逓減が付く
      • 最後にダメージを与えてから2秒経過するとこの逓減は無くなる
  • アビリティ耐性
    • アビリティの対象にならずデバフも通じない。
    • クバリッチで有効だったBANSHEEのSonarはかからず、XAKUのGrasp of Lohkは反応せず、Denyで吊り上げることもできず、MAGのMagnetizeも掛からない。
    • 透明見破り機能はないので透明フレームにより行動の選択肢をへらすことはできる。Thurible、毒散布、召喚は使ってくる。

行動

通常射撃
手から毒属性の光弾を投げる。精度が悪くまっすぐ飛んでくることは少ない。
射撃モードで使用する。
近接攻撃
接近して鞭で3回攻撃する。範囲が広い。
近接モードで使用する。
近接モードチェンジ
テンノの背後にモーションなしでテレポートし近接モードになる。
射撃モードチェンジ
くるくると回るモーション後、射撃モードになる。
石化の叫び
叫んだあと外側からウェーブを3回発生させる。命中するとテンノにダメージを与え石化が蓄積される。
石化してしまうと約5秒ほど動けなくなる。
ウェーブが床判定なので空中にいれば回避可能。(単に物陰に隠れただけでは石化してしまう)
Adaptationによるとこれは電気属性のダメージらしい。
Thurible
オーバーガードを得る。シャード部分を除き当たり判定がなくなる。
香炉を振り回しヘルスを回復する。一定時間たつかオーバーガードが解除されると終了する。
後半戦ではなぜかオーラがなくなる。
召喚
アマルガムフェイズモア、アマルガムアルカククマッツを召喚し、召喚が倒されるまで無敵になる。
透明化
あるていどの高さの壁にRiplineし透明化して無敵になる。3回射撃したのち無敵、透明化を解除してスラム攻撃する。
マーカーが消えるためどこにいるか分かりづらい。
毒散布
後半戦から使用する。
オーバーガードを得て、足元に毒を展開し触れたテンノにダメージを与える。状態異常率100%。
水平方向への判定は広いが上下には狭いため、低地やバレットジャンプ、ウォールキックを駆使して回避できる。
エクシマス召喚
周囲にエクシマスユニットがいない場合定期的にモーションなしでスポーンさせる。
Pull
アルコンの遠くや到達できない場所*1にいると判断されたテンノを近くにワープさせる。
毒散布と併用してくることもあり、その場合避けようがないので注意。
場外防止
アルコンがボスエリアから離れた場所に移動した場合、ボス部屋に瞬時にワープして戻る。

攻略

有効なダメージタイプは
ただしディーコン及びナルメルコーパス兵、フェライトアーマーのセンティエント、シールド/ロボティックのアマルガムと交戦する機会があるため、そちらの対策も必要になる。
NIRAアルコンの使う毒ダメージはシールドゲーティングを起こさないため低ヘルスのフレームは事故死しやすい。

where is 頭部?

NIRAアルコンのヘッドショット部位は蛇部分の頭部になっている。
顔だけでなく判定は長いが細い。背後からでも狙えるようになっている。

AIは近接モードではひたすら接近して近接攻撃を、射撃モードでは飛行可能コーパスよろしくふわふわと飛んで逃げながら射撃したがる。

どこからともなく味方のコーパス所属のMOAがあらわれることがある。
ヘルス回復により長期戦に及ぶと見た目のゲージがあっていないのか救済措置なのか、NIRAアルコンのヘルスが一気に減り倒れることがある。

前半戦
体力を50%削る*2とフェイズ1終了となりムービーシーン*3で逃げる。

 

追跡フェイズ
逃げたアルコンを追跡する。追う道中はディーコンベールのバリアで塞がれており、接近するとAB地点が表示され、そこにいるディーコンを2体倒しベールを2つ持ち帰ってセットすることになる。
ガスシティタイルは1タイルが巨大なため道のりが他アルコンより長い。

 

後半戦
体力を削りきりインタラクトすると無事討伐完了となり、脱出可能になる。

装備候補

フレーム

復活不可やアビリティ耐性がある。透明化はRolling Guard込みでも事故しやすいので高耐久フレームのほうがやりやすい。
INAROS:高ヘルスでそれなりにダメージを受けることができる。DESICCATIONやフィニッシャーによるヘルス回復は望めないのでアルケインHelminthアビリティで回復しよう。
WUKONG:ソロスピードランナー向け。移動が高速。パッシブにより3回分の死なら何であろうと受けられるため短期決戦では強い。
REVENANT: 威力を積んだ2番Mesmer Skinで常に無敵維持で戦う。アビリティかけ直し時の隙が大きいのでNatural Talentを採用するか、Rolling GuardやVAZARINProtectiveSlingによる無敵中にかけ直す。火力を1番増強Thrall Pactで補強できるがこれは敵を倒されると消滅してしまうためソロ向け。

HELMINTH移植アビリティ

ガスシティタイルでボス部屋は暗い判定のためEclipseは光を透明フレームで持ち込まない限り、影モードになってしまい相性が良くない。
Xata's Whisper: 2重に適用されるダメージ補正とVoid状態異常による弾丸の吸引がシンプルに強力。フレームや武器によってはワンショットも可能。Void状態異常は着弾点を中心に発生するため、ヘッドショットを積極的に狙いたい。
Roar: ワンショット方針用。アルコンをワンショットするのに必要な火力の確保に使用する。

プライマリ

PHENMOR:ノンクリ倍率がうまく軽減されないのかアルコンに高いダメージを出せる。ソロでは適度に指切り連射することでカットを軽減できる。変化後には素で放射線ダメージがある。
FELARXPHENMORと同様の性質を持つショットガン(変化前)。ショットガンとして使うにはリロードが必要な事に注意。
KUVA HEKソロスピードランナー玄人向け。ダメージカットがない状態でAltFireをダメージバフと合わせてヘッドショットすることで一瞬でアルコンを鎮圧する。

セカンダリ

LAETUM:カットはモロにくらうが弾持ちが良い
KNELL PRIME:いくらでも撃ち続けられる、最大カットが避けられないマルチ向け
EPITAPH:状態異常漬けにできる。Galvanized Aptitudeなどのお供に

コンパニオン

バグと思われるが、第1ラウンドが終了してアルコンがエリア移動する際のカットムービー再生後にコンパニオンが停止してしまう。
WYRM:バグでVacuumは作動しないがNegateによる状態異常防御は機能している。

コメント


*1 高所や飛行の矢ジップラインなど
*2 この時点で100%削り切れても50%まで回復し逃亡する
*3 スキップ可能