レールジャック (Railjack)

Last-modified: 2022-05-14 (土) 12:13:03

公式案内


概要

レールジャックとは旧戦争時代の宇宙戦艦である。オロキンとともに消え去った技術であったが、テンノとCephalon Cyによって再構築された。センティエントの脅威を封じ込めるため再び動き出す。


外宇宙を舞台にしたエンペリアンミッションにおける「母艦」となるもの。
操縦席や銃座のタレットによる攻撃、移動補助やAWの性能強化など、ミッション中のテンノを様々にサポートする能力を持つ。Warframe同様シールドや機体ライフがあり、攻撃により致命的な災害に至れば破壊される。既存のフレームや武器とは違う「複数の成長要素」を持っており,様々に強化やカスタマイズを行いながらエンペリアンミッションに対応していくことになる。

 

エンペリアンミッションの攻略情報については「エンペリアン」の項目を参照のこと。

入手

入手法は以下の通り。
クエストで修復・建造したものを獲得するのが通常の流れだが、完成品をマーケットからプラチナで購入することもできる。

レールジャックの入手後は、乾ドックから搭乗した後にCephalon Cyの指示に従ってレリクアリ・ドライブを調べると発進できるようになる。

能力と運用

レールジャックは最大4名を搭乗させエンペリアンのミッションに出撃できる。
どのレールジャックにも必要な設備は最初からすべて備わっているが、それらをどのように扱えるかは各クルーの性能値ランクによる。
以下各項目の船内配置については船内マップの項目を参照のこと。

操作、移動関連

操縦席
レールジャックの移動操作、機首タレット、オードナンス、戦闘アビリティ(戦闘MOD必須)を操作できる。
星系マップ
乾ドック内及びレールジャックミッションの完了後に操作できる。ミッション中は操作できない。
ハッチ
出入口。船内のいろいろな場所にある。
戦術メニュー
策略ランク1より解禁されるエンペリアン専用メニュー(PC版の初期設定は[L]キー)。船内の状況確認や、戦術アビリティの発動がここから行える。

策略ランク2でWarframe遠隔アビリティ、策略ランク3で船内ファストトラベルが解禁され、策略ランク10でクルーの元に直接ワープできるようになる。

構成部品

シールドアレイ
レールジャックのシールド性能を決定する。
エンジン
レールジャックの機動力を決定する。
詳細はの項目参照。
プレーティング
レールジャックの機体(ヘルス)と装甲値を決定する。
リアクター
レールジャックの戦術アビリティ威力、範囲、効果時間を決定する。

兵装

タレット
攻撃用の機銃。敵戦闘機を撃破できるが、クルーシップは破壊できない。
オードナンス
機首タレットと回転タレットから発射できる特殊兵器。専用の弾薬を消費し、追尾ミサイルや多弾頭ロケット等による攻撃を行う。
クラン DOJO内の乾ドックで研究を完了すると製作できるようになる。
前方重砲
クルーシップを外部から破壊できる唯一無二の兵装。
操縦席の後方から搭乗できる。武器切り替え操作で前方タレットと切り替え可能(オードナンスは発射不能)。
アークウイング スリングショット
銃砲ランク3より解禁。アークウイングを装備したWarframeを発射し、敵戦闘機を撃墜したりクルーシップに侵入させたりする。ロックオン発射すれば追尾されるようになる。
船内上層エリアのハッチから搭乗(自身を装填)できる。

レールジャックの船外上部が丸ごと発射口となっており、船外から直接使用することもできる。

クルー

プレイヤー
最大4人搭乗できる。
NPC
プレイヤーが4人に満たないとき、欠員分はホストが予め任命しているNPCのクルーメイトかリッチにより補われる。
クルーメイトには防衛、操縦、ガンナー、修理のいずれかの役割を与えることができ、複数のクルーに同じ役割を与えることもできる。
また、白兵戦用の備えとして、ホストは自身のアーセナルにあるWarframe用武器を装備させることができる。

システム

プレクサス
レールジャック専用のMODスロット。統合MODによるレールジャックのアップグレード、及び戦闘・戦術MODによるアビリティの編成を行える。
オービター乾ドックからアクセス可能。
性能値
クルーがレールジャックの能力をどれだけ引き出せるかのランク。レールジャックミッション以外に影響するものもある。
ミッション中でなければEscメニューのレールジャックからいつでも割り振りを行える。

保守

フォージ
ミッション中に消耗したエネルギーや弾薬の補給を行うことができる船内設備。ただし製作に使える材料はミッション中に取得したものに限られる。
オムニ
レールジャック専用のマルチツール。船内修理を行える。
予めギアホイールに装備しておけるが、未装備の場合はミッション時にギアの最後尾に自動的に装備される。

策略ランク4より、船外で使用するとレールジャックへ帰還ワープできるようになる。

その他

レリクアリ・ドライブ
レールジャックを動かすために必要なもの。詳細不明。

船内マップ

区画設備説明
下層中層上層
機首操縦席
星系マップ
前方重砲
第2回転タレット(背部)
ハッチ(中央)
回転タレット(腹部)銃砲ランク2で視野拡大
第3ハッチ(左右)中継(展望エリア)
第4フォージ(左右)レリクアリ・ドライブスリングショットスリングショット:銃砲ランク3で使用可能
艦外(艦上)からも使用可能
格納庫

Update 29.10以前

区画設備説明
下層中層上層
機首操縦席
星系マップ
前方重砲銃砲ランク5で使用可能
第2アーセナルミッション中は操作できない
ウイングタレット銃砲ランク2で視野拡大
ハッチ(中央)
第3ハッチ(左右)?何か(展望エリア)
?何か
第4↑↓ハッチ(左右)スリングショットスリングショット:銃砲ランク3で使用可能
艦外(艦上)からも使用可能
レリクアリ・ドライブ
第4-5↑↓
第5ハッチ(中央)
フォージ(左右)丸い黄色ライトで起動
床下

装備

レールジャック構成部品兵装プレクサス(レールジャックMOD)をカスタマイズできる。
構成部品と兵装には、標準的なシグマシリーズの他に高性能なメーカーモデルが存在する。
メーカーモデルはレールジャックミッションで得られる残骸を修理すると入手できる。

メーカー
長所と短所の傾向が異なる以下の三メーカーにより製造された。
ゼットキ (Zetki)

最高級の品質を提供するメーカー。 しかし、製造のために消費する資源とエネルギーの条件が高いため、艦隊の最も重要な船だけがゼットキ技術を使うよう優先された。

ビダール (Vidar)

素材の専門家メーカー。機能とコストのバランス調和に力を入れたことで名を上げた。
ビダールが造る船体と装甲パーツは極端な要素に耐える能力が備わっているため、特殊ユニットの特許を獲得した。

ラバン (Lavan)

エンジンとシールドを特化したメーカー。より低い素材コストを用い強固な技術を提供する。
ラバンのパーツはオロキン艦隊の基盤だったが、エリートユニットが求めていたカスタマイズ機能が備わっていなかった。

入手
シグマシリーズ(標準品)
乾ドックの研究コンソールから製造できる。
メーカーモデル
レールジャックミッションのドロップアイテムや報酬で残骸を入手できる。装備するには修理が必要。
修理
構成部品と兵装のメーカ品は残骸として入手できる。残骸を使うには修理が必要となる。
修理は乾ドックレールジャックのカスタマイズより行う。
通常修理
クレジット素材が必要。構成部品なら12時間、兵装なら2時間かかる。

修理は投資画面からコストを投資する形で行われ、すべての投資が完了してから作業が開始される。
部分的な投資では修理を開始できない。

「修理をキャンセル」のアイコンをクリックすれば、クレジットを含む素材が全て返還され、残骸を残骸スロットに残すことができる。

即時修理ドローン
クレジットも素材も消費せずに即時修理を完了する。このドローンはミッションのランダム報酬により入手できる。
〈修理〉の右にあるドローンのアイコンから実行できる。
スクラップ
未修理の残骸をスクラップすると、ENDOを入手できる。

修理後のパーツをスクラップすると、修理で消費した素材の80%が還元される。

〈修理〉の右にあるENDOのアイコンから実行できる。

残骸容量
所持している残骸が30個以上ある間は、レールジャックミッションがプレイできなくなる。

乾ドックに戻らずミッションを続けて行った場合は30を超えて取得できる。

残骸容量はカスタマイズ/構成部品と兵装画面の上部に表示されている。

バレンス・フュージョン
修理済みのパーツの性能の移し替えと性能向上が行える。
フュージョンには(修理済み・残骸問わず)同種・同メーカーのパーツが必要で、修理素材の40%を消費する。MKは異なっていてもフュージョン可能。

追加効果が異なる2つのMK III構成部品をフュージョンする際は、2つの追加効果のうち任意の1つを選択できる。

フュージョン後の性能は、各値ごとにより高い方の一定倍となる。

最終確認画面で「FUSE」と入力し(小文字でも可)、OKを選択することで、バレンス・フュージョンは完了する。

  • 倍率はグレード差によって異なり、同じグレードでは1.1倍、1グレード下では1.05倍、2グレード下では1.02倍となる。

研究

乾ドックの研究コンソールで、標準モデルの構成部品と兵装を研究できる。 これらの研究は他のクランメンバーと協力して進めることができる。

研究が完了したパーツは、完成品を複製できるようになる。 研究を一つ終わらせると次のグレード(MK)を研究できるようになる。

標準モデルのグレード別製造コスト

Update 29.10 以前

※全構成部品・兵装で共通

コスト無印Mk IMk IIMk III
研究時間-3日3日3日
クレジット15,00015,00015,00015,000
オークラックス
キャパシター
13
アイソス10150
カーバイド500
キュービック
・ダイオード
2505,000
ナルストーン27
アステライト75300
チタン2,5003,0006,000
パストレル1,500
コペルニクス4,000

ダメージタイプと状態異常

レールジャックミッションでは、各種状態異常が独自の効果を持つ。

ダメージ
タイプ
状態異常
名称効果
切断破裂被ダメージ増加
衝撃振動与ダメージ減少 + 射撃精度低下
貫通減圧シールド低下 + 装甲値低下
火炎焼却火炎ダメージのDoTを受ける
電気スクランブル飛行コントロール無効化
混乱仲間を含む付近の船を攻撃するようになる
冷気不動飛行コントロール無効化 + 移動停止

Update 29.10 以前

エンペリアンにおけるアークウイング運用にも適用され従来のもの(衝撃/貫通/切断など)と置き換わる。詳細はアークウイングのページを参照。

ダメージタイプ状態異常効果
パーティクル破裂敵の船体に穴を開ける。 プレイヤーはより多くのダメージを与えることができる。
バリスティック振動船に乗り込んできた敵を振りはらう。 敵のエイムとダメージは軽減される。
プラズマ減圧敵の船体の装甲やシールドに穴を貫通させる。 シールドと装甲値を全体的に減らす。
インセンディアリー焼却時間の経過とともに敵の船体を炎上させる。
イオニックスクランブル敵の飛行制御を一時的に無効にする。
ケミカル混乱敵のパイロットが混乱に陥る。 敵は周りの誰をもターゲットにする。
フロスト不動船のコントロールがフリーズするため、前進しながら停止する。

構成部品

詳細は./構成部品を参照されたし。

レールジャックの航行に必要な主要な機関。

シールドアレイ
シールド容量、時間あたりのリチャージ率、リチャージ開始時間を決定する部品。
シールドは敵からのダメージを一定量防ぐことができる。限界容量を超えるとシールドは一時的に消失し、船体が直接ダメージを受ける。
ダメージを受けて減ったシールドは、被弾がなくなり一定時間経過するとリチャージにより回復する。
エンジン
基本速度とブースト倍率を決定する部品。
航行速度は基本速度に対してブーストを掛けることにより一時的に上昇する。
  • Update 29.10以前は、非ブースト中に回復するブーストゲージを消耗する仕様だった。
リアクター
戦闘MODのアビリティ威力、範囲、効果時間を決定する。
  • Update 29.10以前は、アビオニック容量とフラックス容量を決定する部品だった。
プレーティング
船体(ヘルス)と装甲値を決定する部品。

兵装

詳細は./兵装を参照されたし。

レールジャックの武器。
タレットオードナンスの2つを装備できる。

タレット (Turret)
機首タレットと回転タレットの二箇所に装備できる。
弾薬は不要だが、発射毎に熱が蓄積されていき限界に達すると数秒間使用不能となる。
蓄積された熱量は、射撃停止から一定時間経過後、徐々に冷却されていく。
機首タレット
レールジャック正面にあるタレット。レールジャックの操舵を担う。

『操縦』を命じられたNPCクルーが搭乗する。

回転タレット
上下に位置するタレット。
上下2箇所あるが、異なるタレットを装備することはできない。

『ガンナー』を命じられたNPCクルーが搭乗する。

オードナンス (Ordnance)
船底に装備する特殊兵器。

タレットより強力だが、専用弾薬の『ミュニション』を消費する。ミュニションはミッション中にフォージで補給できる。

プレクサス

船体と武器を強化、および機能を搭載できるシステム。統合、戦闘、戦術の3つに大別されるレールジャック専用のMODを、各スロットに入れることによって機能する。
旧アビオニックと違いホスト依存ではないのため、船員参加でも設定が必要。
それぞれのModの詳細はプレクサスを参照。

統合MOD

レールジャックの各種性能を強化する。
1つのオーラMODスロットと8つの統合MODスロットがあり、オーラ以外のMODは他のプレイヤーやレールジャックそのものに影響を及ぼさない。
Warframe同様ランクがあり、プレクサスランクかマスタリーランクのいずれか高い方がMOD収容量となる。

  • 初期状態でオロキン リアクターがインストールされているため、実際はその2倍となる。

プレクサスランクはアフィニティにより上昇し、最大になるとフォーマによる極性変更が可能になる。
また、「指揮」の性能値を上げることで雇えるAIクルーは、オーラを含めたホストの統合MODセットのコピーを装備している扱いになる。

Update 29.10 以前の統合アビオニックとの違い
  • 各プレイヤーの統合MOD設定に依存するようになった。

戦闘MOD

各タレットと重砲への搭乗中に自身が使用できる戦闘アビリティを決定する。
戦闘アビリティを使用するとWarframeのエネルギーが消費される

  • HILDRYNはエネルギーの代わりに自身のシールドを消費する。
  • LAVOSは戦闘アビリティ別にクールタイムが設けられる他、トグル式戦闘アビリティを発動と同時に終了するようになっている。

各種エネルギーリストアDispensary等のエネルギー供給手段を確保することで使いやすくなる。
また、元々エネルギー容量の大きいフレーム(Primed)FlowPreparationを装着すれば、ギアを消費せずに初動を加速することも可能。

  • ただし、Preparationはミッションのクリア後にそのまま次のミッションへそのまま移行した場合は効果を発揮しない。
Update 29.10 以前の戦闘アビオニックとの違い
  • フラックスエネルギーが廃止され、Warframeのエネルギーを消費するようになった。
    • これに伴い、フラックスの代わりにWarframeエネルギーをフォージできるようになった。
  • 収容コストが撤廃された。
  • 使用する度に、使用した戦闘アビリティのコストが倍々に増加するようになった。
    • 倍加したコストは時間経過で徐々に減少し、最終的に元に戻る。
  • 各プレイヤーの戦闘MOD設定に依存するようになった。

戦術MOD

戦術メニューから使用できる戦術アビリティを決定する。

  • 効果終了後はクールタイムに入り、一定時間発動不能になる。
  • エネルギーなどのコストは不要。
Update 29.10 以前の戦術アビオニックとの違い
  • 戦闘MODと同じく3種類(防御 / 攻撃 / スーパー)に区分されたため、一部の組み合わせが両立不可能になった。
  • 収容コストが撤廃された。
  • 各プレイヤーの戦術MOD設定に依存するようになった。

レールジャックMOD一覧

(ランク最大時)


機能名称

系統効果時間威力範囲追加
統合オーラIndomitable Matrix7全体強化損害発生確率低減
損害発生中: シールド回復加速
ヘルス一定以下: 装甲値増加
編集
統合オーラIronclad Matrix7全体強化ヘルス/装甲値/シールド強化編集
統合オーラOnslaught Matrix7全体強化戦闘MOD効率上昇
健全中:タレット強化/ダメージ反射
編集
統合オーラOrgone Tuning Matrix7全体強化フォージ/タレット/属性耐性強化編集
統合オーラRaider Matrix7全体強化アークウイング/クルーシップ強化編集
編集
統合一般Conic Nozzle11移動速度+25.5%編集
統合一般Cruising Speed14移動安全宙域内:速度+100%編集
統合一般Ion Burn9移動ブースト+45%編集
編集
統合一般Hyperstrike15タレットダメージ+75%編集
統合一般Predator11タレットクリティカル確率+50%編集
統合一般Section Density15タレットクリティカル倍率+50%編集
統合一般Protective Shots7タレットシールド75%以上:ダメージ+30%編集
統合一般Waveband Disruptor9タレットシールド無視 (確率: 51%)編集
統合一般Turret Velocity16タレット射程+25.3% / 弾速+55%編集
統合一般Crimson Fugue20タレット撃破時:8秒間、ダメージ+27.5% (S(スタック)上限: 5)編集
統合一般Worm's Torment9タレットグリニアダメージ+27%編集
統合一般Granum's Nemesis9タレットコーパスダメージ+27%編集
統合一般Sentient Scalpel11タレットセンティエントダメージ+27%編集
編集
統合一般Warhead16オードナンスダメージ+100%編集
統合一般Ordnance Velocity9オードナンス弾速+60%編集
統合一般Overloader5オードナンス最大ミュニション数+50%編集
統合一般Quicklock7オードナンスロックオン時間-75%編集
統合一般Ripload11オードナンスリロード時間-42%編集
統合一般Ordnance Cheap Shot7オードナンス命中時:60%の確率で消費なし編集
統合一般Scourging Warheads9オードナンスシールド無視 (確率: 51%)編集
編集
統合一般Forward Artillery16前方重砲ダメージ+100%編集
統合一般Artillery Cheap Shot7前方重砲命中時:60%の確率で消費なし編集
編集
統合一般Defensive Fire11シールド撃破時:10s間シールド容量+9% x10編集
統合一般Fortifying Fire11シールドクリティカルヒット時:シールド回復+3%編集
統合一般Revo Reducer7オムニリボライト消費率-40.5%編集
編集
戦闘防御Blackout PulseE50防御電磁パルス、ダメージ600、範囲200m
手動起爆時:範囲+50m
編集
戦闘防御CountermeasuresE5~40防御誘導フレア、数16、時間10s編集
戦闘防御Munition VortexE50防御ダメージ吸収爆発、範囲70m、時間10s編集
編集
戦闘攻撃Particle RamE100攻撃体当たりダメージ1k~2k、時間5s編集
戦闘攻撃Shatter BurstE100攻撃クラスター爆弾、ダメージ6k、範囲200m、時間5s編集
戦闘攻撃TetherE100攻撃拘束15秒+脆弱化50%(120m、8体)、爆発2k(80m)編集
編集
戦闘スーパーPhoenix BlazeE100
E5/s
スーパー航跡ダメージ(火炎)200/s
速度+20%、ダメージ軽減40%
タレットダメージ火炎+60%
終了時: 蓄積ダメージ(火炎)100/s、範囲250m
編集
戦闘スーパーSeeker VolleyE200スーパーホーミングミサイル、数25、ダメージ(爆発)3k編集
戦闘スーパーVoid HoleE200スーパーブラックホール、ダメージ(冷気)200/s
範囲100m、時間20s
編集
編集
戦術防御Breach QuantaCD300s損害船体損害防御、時間45s編集
戦術防御Form UpCD240s移動全クルー帰艦、分隊ヘルス回復75%編集
戦術防御Intruder StasisCD300s艦内敵凍結、時間35s編集
戦術防御Squad RenewCD300s回復分隊ヘルス回復75%編集
編集
戦術攻撃Battle StationsCD240sタレットタレットダメージ+65%、時間26s編集
戦術攻撃Death BlossomCD300sタレットタレット即時クールダウン、時間25s編集
編集
戦術スーパーBattle ForgeCD480sフォージフォージクールダウン短縮 時間100s編集
戦術スーパーFire SuppressionCD230s損害火災を1つ消化編集
戦術スーパーFlow BurnCD240s移動速度とブースト上昇+23%、時間13s編集
戦術スーパーVoid CloakCD120s移動透明化+速度低下30%、時間35s編集

ペイロード (廃止)

Update 29.10にて廃止された。

以前の情報

戦闘で消費されるエネルギーや弾薬を乾ドックで補給する。各補給物資を生成するには素材が必要となる。
出撃後はペイロード画面からの補給は行えないが、船内設備のフォージより同種の補給が行える。ペイロードは基地の保管庫(プレイヤーのインベントリー)から素材を供給できるが、出撃後のフォージは戦闘中のドロップアイテム取得分しか素材を供給できない。
乾ドックでの作成の場合最大値を超えて作成・ストックされるが最大値を超えた分は乾ドックにストックされミッションに持ち出しできない。
フォージでの作成の場合最大値を超えて作成できない。
フォージ容量(各素材の貯蓄上限数)は200。(ディープ ホールド有りなら320)
フラックスエネルギーの上限はリアクターやハイパー フラックスで増える。
ミッション中のみ『技術』性能値によって作成数が最大1.5倍まで増える。

名称使用対象増加単位
/最大容量
素材
カーバイドキュービック
・ダイオード
コペルニクスパストレル
リボライトオムニ+100(150) / 30055
フラックスエネルギー戦闘アビオニック+100(150) / 350(920)1515
ミュニションオードナンス+5(8) / 兵装に依存1010
ドームチャージ前方大砲+1(2) / 52025

性能値

詳細は./性能値を参照されたし。

レールジャックやアークウイングの性能を引き出すためのクルーとしての能力および経験値。
性能値ポイントを各スキル系統に分配しランクを上げ、様々な能力スキルを発揮できるようになる。
性能値によって得られたスキルはプレイヤーに付属するものなので、別プレーヤのレールジャックに搭乗した際も発揮されるのは自身のものである。

  • スキル系統
    策略操縦銃砲技術指揮の5つの系統がある。
  • ランク
    乾ドックにて性能値ポイントを各スキル系統に分配しランクアップさせる。どれを上げるかは任意に選択が可能。メニュー→プロフィール→性能値からでもアクセスできる。
    ランクごとに能力が解放される。ランク、スキル、必要ポイントは後述の表を参照。
  • 性能値ポイント
    ミッション中に敵を倒したり、災害を修復したりすると性能値ポイントを得られる。
  • その他
    • 各ランクを1上げると1500のマスタリーXPを取得する。
    • 性能値は各系統につき最大ランクまで1023ポイント必要になる。
      5つ全ての項目をランク10まで昇格させるには合計5115ポイント必要。
      またポイント貯蓄(獲得)には上限があり5115ポイントから使用済みのポイントを引いた分まで貯められる。*1
    • エンペリアンの一部ノードへの進行は、一定以上の性能値ランクが必要である。
    • 参考:エンペリアン/攻略#性能値

クルー

詳細は./クルーを参照されたし。

クルーはレールジャックの搭乗員のことであり最大3人で構成される。
レールジャックの運用はクルーとの連携が重要である。
ゲストプレイヤー以外に、ホストが契約したクルーメイトや転向リッチをクルーに任命することができる。

戦術メニュー

詳細は./戦術メニューを参照されたし。

戦術メニューは、戦況を把握し遠隔で様々な動作を行うことができる。
クルーの状況確認と指令、戦術MOD、遠隔アビリティー、ファストトラベル

カスタマイズ

以下の項目をカスタマイズできる。

外装

  • レールジャックの名前を変更する
    付けた名前は船体側面にアルファベット大文字で表示される。
  • デカール
    グリフを船体側面に張り付けることができる。
  • スキン
  • ウェザリング
    外装の汚れ具合
  • 配色

内装

  • 配色と照明

履歴

部品情報収集

表を完成させるためのコメント欄です。部品の数値や性能情報はこちらに書いてください。
プレクサスについてはプレクサスのページに書いてください。

  • ゼットキプレーティングMk3 船体4800 装甲2938 でフュージョン不可になりました -- 2021-03-21 (日) 21:47:12
  • ビダールプレーティングMk3 船体4400 装甲3688 でフュージョン不可 -- 2021-03-22 (月) 14:59:39
  • ゼットキリアクターMk-III「10%の確率で小さい損害を10秒後に自動的に修理する」→「5秒後に50%の確率で電気損害を自動的に修理する」追加効果変更されていました。 -- 2021-03-23 (火) 02:19:35
  • ゼットキリアクターMk3「50%の確率で凍結を5秒後に自動的に修理する」効果を確認しました。 -- 2021-03-23 (火) 16:49:05
  • ラバンシールドアレイMk3「消費された+100%のフラックスエネルギーはシールドに変換される」→「戦闘MODで消費された+1000%のエネルギーがシールドに変換される」 -- 2021-03-23 (火) 22:15:37
部品の数値や性能情報のコメント欄

コメント

ミッションの話はエンペリアンの方に書いてください。

ミッションの話はエンペリアンの方に書いてください。

*1 アプデ27.0.9 前に最大値以上のポイントを獲得していたプレイヤーを除く。その時の余剰分は保持されている