クブロウ (Kubrow)

Last-modified: 2021-03-24 (水) 16:43:38
 

概要

クブロウセンチネルのようにテンノに追従するのではなく、自律行動してテンノを支援する「コンパニオン」の一種である。
イントロとチュートリアルを兼ねたクエストがある事からもわかるように、ビースト系コンパニオンの中では最も基本的な種類と言える存在。

クブロウセンチネル同様、アフィニティ取得でレベルアップし、固有のステータスを持っている他、専用のプリセプトMODも同様に存在する。
センチネルとは違い、テンノから離れて自立行動する+攻撃手段は近接攻撃に限られているために、運用には注意が必要となるが、
適切なビルドと運用により非常に頼もしい仲間となる。

クブロウオロキンによって作り出された犬のような外見をした卵生の種であり、オロキンのエリートのために攻撃や守護を行なう動物として扱われていた。

 

オロキンが滅んだ後、地球上に残されたクブロウは野生化し、より凶暴な種だけが生き残った。改良された遺伝子設計技術によって再び家畜化することで、新たな所有者に対して忠実な仲間とすることが可能になる。しかし、このプロセスによって飼いならされた動物となっても、変異による欠陥は残ったままであり、絶えず修復されなければならない。知的で社会性の高いペットのクブロウは、効率を最大限に保つために、所有者との定期的なふれあいも必要とする。

 

クブロウはテンノのための強力で忠実な味方とすることができる。しかし、彼らは近接攻撃のみを行え、絶え間ない注意と適切なメンテナンスが必要である。

クブロウ獲得クエスト

ビースト系コンパニオンを所有していないプレイヤーが最初にクブロウを入手しようとする場合、『クブロウ獲得クエスト』をクリアする必要がある。
このクエストは以下の手順で開始できる。

  1. 金星水星 ジャンクションをクリアするし、クエストをアンロックする。
  2. コーデックスまたは星系マップのクエストタブから『クブロウ獲得クエスト』を選択する。
    • コーデックスから開始するには、選択後に画面右下の「開始」をクリックする必要がある。

手順

※ミッションは全てクエスト専用のもの

  1. コーパスの孵化器モジュールを奪取するために、金星のUndaで10分間の耐久ミッションを行う。
  2. 奪取した孵化器モジュールをオービターにインストールし、孵化器を使用可能にする。
  3. クブロウの卵を入手する。
    • 地球の森林にあるクブロウの巣を破壊すると、一定確率でドロップする。
    • 10Ptでマーケットから購入可能。
  4. 孵化器パワーコアを入手する。
    • 50,000クレジットでマーケットから設計図を購入できる。
    • 地球火星ジャンクション初回クリア報酬に、孵化器パワーコアの完成品が含まれている。
    • 完成品は35Ptでマーケットから購入可能。

      ファウンドリ情報

      製作時間: 8時間 / 即時完了: 10Pt

      素材必要数
      クレジット100,000
      ナノ胞子4,500
      コントロールモジュール2
      アルゴンクリスタル1
  5. クブロウの卵を孵化させる。
    • インベントリのコンパニオンスロットに空きが無い場合、孵化を開始できなくなる。
    • Warframeの首筋に完全なHelminthシストがあれば、Helminthチャージャーを孵化させることもできる。
    • 孵化には48時間かかる。15Ptで即時孵化も可能。
  6. 孵化した幼クブロウに名前を付ける。
    • この時点で、クブロウの性別と毛柄(ファーパターン)が確定する。
  7. クブロウを成長させ戦闘に参加させる』を選択し、幼クブロウを成体まで成長させる。
  8. 地球のGaiaでグリニアからクブロウを5ウェーブ防衛する。
    • クリア後、TAICHEN クブロウチョーカーを報酬としてクエストが完了する。
    • 以後、クブロウをミッションへ同行させられるようになる。

Tips

破壊→
クブロウの巣(地球クブロウの卵(レアMODのように光る)
 
↑孵化直後クブロウ成犬
最終追記: Hotfix 29.10.4

クブロウの育て方

クブロウにはシールド・装甲値・ヘルスの他に、遺伝子の安定度忠誠心という2つのステータスが存在する。
これらのステータスはそれぞれヘルスボーナスとダメージボーナスに関わっており、低下するとボーナスが失われる。

実装当初の仕様では遺伝子の安定度が下がるにつれて能力が下がるだけでなく、死亡してしまい
育成したクブロウがロスト(消滅)するという仕様であったが、段階的に仕様が変更され
U28以降では完全にこの仕様は撤廃されているため、ログインが不安定な人でも安心してクブロウを所有できるようになった。

 

遺伝子の安定度

  • クブロウの健康状態を表し、数値分のヘルスボーナスが付く(最大+100%)。
    • 時間経過と共にDNAが崩れてきてしまうため、高く保つには「DNA安定装置キット」が必要。
      • 安定装置はマーケットより6個セットを75,000クレジットで購入可能。1個で20%回復する。
      • 遺伝子の安定度が下がるのは日本時間で毎朝9時頃で、1日ごとに-5%される。

忠誠心

  • クブロウの飼い主に対する忠誠心を表し、ダメージボーナスに影響する(最大+100%)。
    • プレイヤーが1日ログインしないと-10%低下する。
    • クブロウが戦闘不能になり、死亡した場合-40%低下する。
  • 下がってしまった忠誠心は孵化器の「触れ合う」項目で10%回復可能。
    • 回復効果は1日に3回までしか効果が無いが、回復効果が無くなるだけで好きなだけ触る事はできる。

クブロウの管理

  • 成獣になってミッションに連れていけるようになったクブロウセンチネル同様、コンパニオンの所持枠に入る
    • U28以前の仕様では専用の休眠スロットが存在していたが、同アップデートにて廃止された(以下、旧仕様折りたたみ)。
    • クブロウの所持数を増やしたい場合はコンパニオン所持枠を12ptで2スロットずつ購入可能。
  • 戦闘につれていく場合はアーセナルのペット欄から装備する。

撤廃済仕様:死亡・休眠

死亡

  • 実装当初の仕様では、遺伝子の安定度が0になるとクブロウは死亡してしまい、ロスト(消滅)する仕様だった。
    • 死亡した場合、クブロウが死亡した為に宇宙葬にした旨を伝えるメッセージが表示される。
  • 後に仕様変更が入り、自動的に休眠スロットに入るようになった。

休眠

  • クブロウは休眠スロットに入れることで保存できる。
    • 休眠スロットは初期で二つあり、三つ目以降は一つ 10 Ptで追加できる。
    • 休眠スロットから解放されたクブロウはその後30分活動できない。10,000クレジットで即回復できる。
    • リセットタイム時に休眠スロットで寝ている小犬は成長しない。
    • 現状8:59までに休眠スロットを使えば遺伝子の安定度は減らない(9:00で1日をカウントするため)。しかし前日の状況がリセットされないため、忠誠心を上げる触れ合いの回数もリセットされないままとなる。戦闘でよくダウンする場合は注意すること。

カスタマイズ

  • マーケットで「遺伝子設計キット」を購入することで、模様やカラーリングをカスタマイズできるようになる。
    • ベーシック遺伝子設計キットは 100,000 Crで購入できる。その他に模様とカラーとセットが各 50 Ptで販売している。
  • 遺伝子設計キットはWarframe本体でいうスキンやパレットと同じようなアイテムで、成獣になっているクブロウの外見を変えるのに使用する。
    • 遺伝子設計キットによってクブロウの外観を変えても、生まれた時に持っていた遺伝子データ(後述)は変更されない点に注意。

遺伝子データ

  • 全てのクブロウは毛並みの色やパターン等の固有の遺伝子データを持っており、スキャンする事で遺伝子データとして保存できる。
  • 1匹のクブロウをスキャンする事が出来る回数は2回までである。
    • スキャンは90分かかり、この間クブロウに干渉することはできなくなる。10ptで即時完了させられる。
  • スキャンした遺伝子データはプレイヤー間でトレードが可能。
  • 遺伝子データを2個以上持っている場合、孵化する時に使用し交配させる事ができる。
    • 別個体の遺伝子データを1個ずつ使った場合、各項目がいずれかの遺伝子データの特徴を引き次ぐ。性別とサイズ(体高)はランダム。
    • 同一個体の遺伝子データを2個使う場合、ほぼ100%同じ犬種、体型、色のクブロウが誕生する。
  • 遺伝子データに記録される要素
    • ベースカラー
    • セカンダリカラー
    • ターシャリーカラー
    • ボディタイプ
    • サイズ
    • 瞳の色
    • ファーパターン
    • 犬種

NUTRIO孵化器アップグレードモジュール

Update 17にて追加された孵化機の機能をアップグレードすることができるモジュール。
マスタリーランク5以上である必要があるが、ペット管理の利便性が大幅に向上する。
アップグレード後には孵化器の名称が NUTRIO インキュベーターに変化する。

 

クラン DOJOのテンノラボでリサーチすることで設計図を入手できる。マーケットで完成品を 175 Pt で購入することも可能。

設計図材料製作費製作時間即時製作
クランDOJO
15,000 Cr
アルゴンクリスタル1100,000 Cr12時間25 pt
孵化機パワーコア1
オキシウム1200
 

アップグレードの効果

  • DNA安定装置キットの値段減少(75,000 Cr→5,000 Cr)。
  • 卵の孵化が1日短縮(48時間→24時間)。
  • 遺伝子の安定度が減少しなくなる。

クブロウの詳細な仕様

孵化

  • 種類は孵化を開始すると同時に決まる。孵化時に自動的に入手する専用MODで確認できる。
  • 外見(体形や骨格、毛色、模様)は成体になったときにランダムで決定される。
    • コーデックスの種類にある外見とは限らず、例えばSahasaの項目にある体形だがRaksaになることもある。
    • 遺伝子ツールを使うことで外見を遺伝させる確率を上げることができる。
  • 孵化作業中は孵化器の他の機能を使用する事ができなくなる。
  • 遺伝子ツールで遺伝子データテンプレートを作成した後、完成した遺伝子データを取得するまで、ミッションへの同行やDNA安定剤投与、触れ合う等のコマンドを一切受け付けなくなる。

ステータス

  • ランクアップでヘルスとシールドが上昇する。
  • クブロウのダメージは全種類共通で152.0切断ダメージ、クリティカル倍率3.0x、クリティカル率10.0%となっている。
  • アーセナルでのステータスは遺伝子の安定度と忠誠心による補正がかかっている状態の物が表示される。
  • オロキンリアクターでMOD容量を倍増できる。フォーマも使用可能。
  • クブロウはチョーカーを変えることによってシールド、ヘルス、装甲値を強化できる。

ミッション中

  • ミッションではスペクターのようについて回り、およそ10m~15m先の敵に攻撃を仕掛ける。
  • ダウンした際、テンノのように蘇生できる。ダウンタイマーは20秒。
    • 飼い主がヘルスオーブを拾うことでも蘇生できる。
    • 最大ランクの Loyal Companion (ダウンタイマー +90%) を装備するとタイマーが38秒まで延長される。さらに Warframe MOD の Undying Will の影響も受け、最大ランクのそれを同時に装備するとタイマーが46秒になる。
    • ダウンしても蘇生に成功すれば忠誠心は減らない。
    • ダウン後死亡してしまうとその時点で忠誠心が減り、ミッションを中断しても忠誠心は減ったままである。
    • ダウンタイマーのカウント中にミッション完了した場合は忠誠心は減らない。
  • センチネルとは違い、飼い主とペットが死亡した状態で飼い主が復活してもクブロウは生き返らない。
  • 離れすぎるとワープしてくる。
  • 落ちているアイテムの上を通ると拾う。
  • ヘルス回復手段:
    • ヘルスオーブを拾うとクブロウのヘルスも回復する。
    • ヘルスパック・チームヘルスパックのギアを使用する。
    • TRINITYのBlessingやOBERONのRenewalなどの回復アビリティ。
    • MODのPack Leaderを装着し近接攻撃を使用する。
    • オーラMODのRejuvenation。
  • 最大600のオーバーシールドを適用することが可能。

メンテナンス

  • クブロウが居なくなる条件(破棄する方法):
    • 「LOTUSに託す」で25,000 Crを支払う。(確認のためクブロウの名前を入力する。)
  • 15ptで改名できる。休眠スロットから出した後に改名する場合は休眠状態から回復している必要がある。

クブロウの種類

現在6種類存在し、ステータスと装備できる専用MODがそれぞれ違う。
専用MODは孵化時に得る以外に、野生のクブロウから手に入れられる。
下記データのヘルスとダメージは遺伝子の安定度および忠誠心の補正がかかる前の数値となっている。

HURAS クブロウ

ステータス初期値ランク30値
ヘルス75225
装甲値50
シールド125375
切断152.0
クリティカル倍率3.0x
クリティカル率10.0%
状態異常5.0%
MODスロット x 2
x 1
Hurasクブロウは忍びやかに獲物を狩る能力に恵まれており、
当初オロキン貴族たちの狩りのお供として使われていた。
オロキン時代のテンノたちも、すぐにその特性を隠密行動と暗殺に利用するようになった。

透明化アビリティを持つステルス向きのクブロウ

  • 専用MOD
    • Hunt: クブロウは敵に突進する
      • 野生のクブロウと同じような突進攻撃。威力は高いが動く敵相手にはよく外す。
      • Maulを装備することで威力が増加する。
      • クールダウンは約8秒との情報有り。
    • Stalk: クブロウは自分と飼い主にクロークを掛け、獲物に忍び寄る
      • センチネルSHADEのGhostと同じものだが、敵の検出範囲が広く、より確実に透明化できる。
      • プレイヤーが武器で攻撃する、クロークの発動対象となった敵が死亡する、その敵から一定距離以上離れる、プレイヤーが放置判定されることで解除される。
      • ナリファイアのバリアによって解除されない。プレイヤー、クブロウのどちらがバリアに触れても問題ない。
      • SHADEとは異なり、クローク中にもクブロウが攻撃することがある。

RAKSA クブロウ

ステータス初期値ランク30値
ヘルス100300
装甲値50
シールド100300
切断152.0
クリティカル倍率3.0x
クリティカル率10.0%
状態異常5.0%
MODスロット x 2
x 1
オロキンが完璧なペットとして設計したこのクブロウは決して飼い主の傍から離れない。
忠実、そして従順、このクブロウは理想的な護衛として働いていた。
シールドジェネレーターを装備してその守り力を伸ばす、
そして荒々しい唸り声は敵に恐怖を掻き立て、麻痺に嵌る。

クラウドコントロールとシールド回復を行えるクブロウで、高い耐久力も備える。

  • 専用MOD
    • Howl: 範囲内の敵を逃亡させる
      • クブロウ版テリファイ、効果中は敵が逃げ回るようになり、速度も低下する。
    • Protect: クブロウと飼い主のシールドを回復する
      • センチネルのように全快ではない。回復量は現シールド値によって変化し、シールド * 0.5 + 150
        短時間に二回回復するため実際にはこの2倍回復する。クブロウの回復量も同じどうかは不明。
      • 少しでも飼い主のシールドが減っていると使用する。
      • クールダウンは約7秒。

SAHASA クブロウ

ステータス初期値ランク30値
ヘルス125375
装甲値50
シールド75225
切断152.0
クリティカル倍率3.0x
クリティカル率10.0%
状態異常5.0%
MODスロット x 2
x 1
進取的なオロキン遺伝子設計者たちはクブロウのフェッチ遊びをもっと実用的なことに応用しようとしていた。
彼らはすぐその特性を偵察と密輸に運用した。
テンノもよくこのクブロウを現場の補給要員として利用している。

エネルギーやヘルス、弾薬などの補給を助けてくれるアビリティを持ったクブロウ

  • 専用MOD
    • Dig: クブロウはにおいを嗅ぐ、そして埋められた物を掘り出す(弾薬・ヘルス/エネルギーオーブ・MOD・生命維持装置・クレジット)
      • エネルギー・ヘルス・弾薬が減っている状態で、まわりに敵がいないと積極的に掘り出す。
      • エネルギーもヘルスも十分にある状態だとあまり掘らない模様。
      • 敵が永久的に湧き続ける耐久マップでは殆ど掘ってくれない。
      • クブロウは開始時の侵入ムービー以前からスタート地点にいて、一堀して主人を待っていてくれる。最大成功率270%にもなると一堀りで「エネルギーオーブ2~3個+小遣い」を供給してくれるためエネルギー分だけ開始が楽になる。
      • クールダウンは10秒~15秒ほど。
    • Ferocity: クブロウが敵に対しフィニッシャー攻撃を仕掛ける。
      • SUNIKA クブロウのSavegeryと同じもの。敵に組み付き大ダメージを与える。
      • ランクにより威力増加。ベースダメージの+20%から+120%ダメージ。
      • 最初の一撃で敵が死ななかった場合、その後もしばらく噛みつき続け、ダメージを与え続ける。

SUNIKA クブロウ

ステータス初期値ランク30値
ヘルス110330
装甲値50
シールド90270
切断152.0
クリティカル倍率3.0x
クリティカル率10.0%
状態異常5.0%
MODスロット x 2
x 1
クブロウの番犬として優れた能力を知ると、
オロキンの守衛は直ちにそれを戦闘用に転用した。
転用されたクブロウは既に飼い犬ではなく、その残虐性と攻撃性を引き出し、
戦場の闘犬として生まれ変わった。

攻撃に特化したクブロウ

  • 専用MOD
    • Savagery: クブロウが敵に対しフィニッシャー攻撃を仕掛ける。
      • SAHASA クブロウのFerocityと同じ。敵に組み付き大ダメージを与える。
      • ランクにより威力増加。ベースダメージの+20%から+120%ダメージ。
      • 最初の一撃で敵が死ななかった場合、その後もしばらく噛みつき続け、ダメージを与え続ける。
    • Unleashed: クブロウ確保ミッションのターゲットを組み伏せる
      • 確保ミッションで確保対象の近くまで来るとクブロウが一目散に駆け寄って組み伏せる。
      • ランクにより捕捉範囲が広がる。

CHESA クブロウ

ステータス初期値ランク30値
ヘルス125375
装甲値50
シールド75225
切断152.0
クリティカル倍率3.0x
クリティカル率10.0%
状態異常5.0%
MODスロット x 2
x 1
このKubrowは敵を武装解除し、戦いの戦利品を取得します。

敵の銃火器を奪ったり、追加の戦利品を発生させたりしてくれるクブロウ。Update 17で追加された。
Update 24.4にてRetrieveの効果内容が刷新された。

  • 専用MOD
    • Neutralize: クブロウが敵の手に噛み付き、武器を落とさせる
      • クブロウから20m以内で効く敵がいる場合に発動する。
      • 発動すると対象の敵に突撃し、敵単体の銃火器を失わせる。
      • 銃火器を持たない敵(モア・ミュータリストモア)にも有効。オスプレイは低空飛行になる。
      • 効かない敵(既に銃火器を落とした敵や効き目のない敵)は対象にならず発動しない。
      • クールダウン20秒。
    • Retrieve: 破壊したコンテナ、敵の死体から追加のドロップを発生させる。
      • 範囲内でプレイヤーに最も近いコンテナ/死体が対象となる。
      • 挙動としてはNEKROSのDececrateとほぼ同じ。発動時の効果音、ARCA PLASMOR等でドロップ対象から外れるのも同様。
      • 他の追加ドロップ効果(Dececrate,Pilferdroid,Ore Gaze等)とは重複しない。
      • クールダウン10秒。

HELMINTH チャージャー

ステータス初期値ランク30値
ヘルス95285
装甲値50
シールド85255
切断152.0
22.8
クリティカル倍率3.0x
クリティカル率10.0%
状態異常5.0%
MODスロット x 2
x 1
Helminth シストの付けられた感染ペット。

感染体クブロウ。攻撃に特化しており、その爪や牙には毒ダメージが付与されている。

  • 専用MOD
    • Proboscis: Helminthチャージャーは30m内の敵に向かって口先を振り回し、敵を引き寄せてダメージを与える。
    • Trample: Helminthチャージャーは敵に向かって突撃し、進路上にある物全てにダメージを与える。
    • Strain Eruption: マゴットは死亡時に爆発し、2/4/6/8メートルの範囲内に敵の現在ヘルスの1/2/3/4%分の腐食ダメージを与える。
    • Strain Fever: シストごとに+7/15/22/30%のダメージボーナス。
  • 取得方法
HELMINTH チャージャー は Helminth との相互作用によって得られる。
 
Helminth や他のプレイヤーから感染してから24時間後、感染したWarframe の首筋にピンクのシストが現れる。6日後、シストは完全に成長し(眼のようなものから毛が生え、卵胞から出てくる)、摘出する準備が整う。
 
シストの準備が整ってから、孵化器のクブロウ交配タブの『孵化を開始』を選択すると、下に「Helminth シスト」オプションが表示され、「吸入」と記されたボタンが表示される。これをクリックすると確認ダイアログが表示され、他のペットの場合と同じように孵化行程に進行する。
  • 備考
    • HELMINTH チャージャーの成長後、「チョーカー無し」となっているためにペットに装備する事ができない場合がある。その場合は再ログインすることでチャージャーを装備できるようになる。
    • プレイヤーは複数のシストを Warframe 1体につきに1つずつ持つことができる。
    • Update20で外見が変更された。以前の形状を好むプレイヤーはマーケットから10,000 Crで退化パターンスキンを購入できる。

クブロウの種類、性別の表示

クブロウを休眠状態にしたときに、右にクブロウの種類と性別(♂、♀)がアイコンで表示されます。

 

また、遺伝子コードを採取したときにも同様のアイコンで種類と性別が表示されます。

  • 採取例

クブロウ用MOD

MOD一覧こちらを参照。

 
  • クブロウが持つ特殊アビリティmodの2つは、クブロウの孵化を開始するとそれぞれ1枚ずつ入手できます。これにより孵化開始で入手できる特殊modから、どのクブロウが生まれるのか事前にわかります。
  • クブロウのmodスロットは以下のように上下あわせて10スロットで、下段にそれぞれ初期極性が付いています(例として以下にRaksa kubrowのもの)。
  • クブロウのmodは全て、地球に出現する野生のクブロウを倒した時にドロップします。
  • オロキンリアクターを使用することで、クブロウのキャパシティを倍(30→60)にできます。DNAが-100%になるとクブロウは死亡(インベントリから消失)し、消費したリアクターも戻らないのでよく考えてつかいましょう。

クブロウの装飾品

クブロウの装飾品には以下のものがある:

装飾品一覧(外部サイト): Kubrow_Cosmetics

KAVASA PRIME クブロウチョーカー

クブロウの遺伝子記憶とDNA序列を記録し、孵化器で再構成することができます。

  • オロキン製のクブロウ用チョーカー。
  • 装着することでクブロウのシールドを +10、ヘルスを +10、装甲値を +100 強化できる。
    • ヘルスの上昇量は遺伝子の安定度の影響を受けるため、最大で +20 になる。
  • 外装のチョーカーで装備可能。
 
設計図材料制作費制作時間即時製作
KAVASA PRIME クブロウチョーカーの設計図KAVASA PRIME ベルト (1)20,000 Cr12時間25pt
KAVASA PRIME バックル (1)

入手先>ボイド亀裂報酬入手先まとめ

クブロウアイテム

マーケット>コンパニオンにて販売している。
一覧: クブロウ用品

 

クエストに必要なアイテムのみ抜粋

名前説明値段
孵化器パワーコアこの装置はクブロウのクローンが生まれてから子犬までの成長を促進する。35pt
孵化器パワーコアの設計図50,000cr
DNA安定装置キットクブロウの健康を維持するためのDNA安定装置、6本入り。75,000cr*1
遺伝子データテンプレートペットの優性遺伝子をテンプレートに複製する。これによりオリジナルのペットの特性が、新しく産まれるクローンに引き継がれる確率を上昇させる。15pt
遺伝子データテンプレート設計図50,000cr
 
設計図必要素材製作費用製作時間即時製作
孵化器パワーコアの設計図ナノ胞子 (4500), コントロールモジュール (2), アルゴンクリスタル (1)100,000cr8h10pt
遺伝子データテンプレート設計図ナノ胞子 (700), 回路基板 (300), コントロールモジュール (1)10,000cr6h5pt

Tips

  • クブロウの性別は、名前をつける際に「メスクブロウに名前をつけよう」といったメッセージが表示されるほか、休眠コンテナに格納すると性別のアイコン(♂、♀)が表示される。
  • クブロウの卵は最大一つまでしか所持できない。孵化を開始すれば卵状態であっても改めて1つ所持することができる。
    • Update23.10にてクブロウの卵の所持数制限は撤廃された。
  • クブロウも種類ごとにマスタリーランクポイントへ貢献する。
  • 孵化機の近くで格闘キーを押すとクブロウと触れ合うことができる。
  • オービターで待機中のクブロウは孵化器から出て船内を自由に歩き回る。
  • 孵化開始のボタンを押した直後に犬種が判断できる。「クブロウの種類」に記載されているように、孵化ボタンを押すと対応する専用modが自動入手することから、入手したmodから判断可能となる。

バグ

  • ステイシスチャンバーを購入しても増えない件

    開く

    • その1
      14.0.9(2014/7/26)のバグでステイシスチャンバーが増えたことがあります。人によって1~4個と増加数にばらつきがあり、購入したスロット数(pt?)の処理がおかしくなってたことが要因のようです(初期のステイシスチャンバーは2個ですが、pt購入で3個にしてた人が6個になってたり、未購入の人が2個から5個になってたりした)。すぐに14.0.10(2014年7月28日)で修正されたようですが(hotfixにはこのバグについて一切記載はない)、増えた分が消えた人、そのまま残った人、増えた分を使って継続して使えている人など、バグで増加したスロットが完全に消えた訳では無いようです。このバグのため10ptで新たにステイシスチャンバーを購入しても増えない場合があります。2個増えた人が、10ptx2支払っても増えず、3個目(さらに10pt)を購入したら増えたとの情報あり。個人によって状況が異なるので、不審におもったらサポートに問い合わせてください。
    • その2
      update14.6.1のバグでステイシスチャンバーが大量にふえるバグがあり、hotfix 14.7.4現在修正済み、hotfixに記載なし。初期スロット2つの状態で+6されて8つになっていたり、スロット4つの状態で+7されて11まで増えていたりします。通常のスロットは「保留したスロット」という名前に対し、増えたスロットは「スロット」という名前で使用することができません。現時点では表示だけの問題で特に不都合は出ていないようです。

変更履歴

Update 28.0

  • 休眠スロットが撤廃された。

Update 24.6

  • CHESAクブロウのRetrieveの効果が他の追加ドロップアビリティと重複しないように。

Hotfix 24.5.7

  • 遺伝子安定度・忠誠心の低下によるペナルティ(ヘルス・ダメージが100%以下に減少)が廃止。ボーナスのみが適用されるように。
  • 遺伝子安定度・忠誠心の増減量が半減。(ゲージが -100~+100 から 0~100 に変更されたため。割合は変わらない)
  • 遺伝子安定度が 0 になっても休眠スロットに移行せずそのまま生存し続けるように。

Update 24.4

  • CHESAクブロウの専用プリセプト Retrieve の効果内容が刷新。

Update 24.0

  • クブロウセットMOD Mecha Recharge, Mecha Overdrive が追加。
  • ビースト用MOD Fetch, Flame Gland, Frost Jaw, Shock Collar, Venom Teeth が追加。

Update 23.10

コメント

過去ログ

遺伝子データ(インプリント)報告用コメント

遺伝子データ(インプリント)を交配させたときの結果について報告するコメントです。報告するときは、以下のようにデータを記載してください。

  • 1匹目(犬種,性別,体格,毛色,模様)、2匹目(略)、交配結果(略)

遺伝子データに関するコメントのみ記載願います

遺伝子データに関するコメントのみ記載願います

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • •1匹目(SAHAGA♀:ノーマル体型、多分最大サイズ、灰と灰(多分Sedna GreyとCorpus Grey)Lotus Fur Pattern) •2匹目(HURAS♀:ガリ細体型、そこそこ大きいサイズ、黒地に青と薄茶(Derelict BlackにDarvo BlueとEarth Brown)Hound Fur Pattern) 、交配結果(SAHAGA♂:ガリ細体型、最大より若干小さいサイズ、灰地に青と灰(多分Sedna GreyにDarvo BlueとCorpus Grey)のHound Fur Pattern) -- 2014-11-07 (金) 14:29:39
    • 眼の色(ライトカラー)は両者赤紫だったので変わらず。特にロータス柄がレアってわけじゃないorレアだから優先して作ってくれるわけではないっぽい。 -- 2014-11-07 (金) 14:30:21
  • 白茶斑スニカと蓮柄ラクサを昨夜掛けたら何か白いのが寝てる('A`;) -- 2015-06-21 (日) 00:21:50
    • 白地を継承した隠れ蓮柄スニカでした 緑の目はラクサからのようです 初期レポにあった左種族右毛並みを自分も試した形です。 -- 2015-06-23 (火) 21:20:09
  • ロータスファーて遺伝しやすいのかな なかなか出なかったけど出たらまず消えないな -- 2015-07-05 (日) 23:05:55
  • 種類とファーパターンしかメモしてなかったけど...やっぱりロタ柄どっちつくかはランダム?種類に関しては右優先される気がするけど Raksa Lotus+Sahasa Striped=Sahasa Lotus/Raksa Lotus+Chesa Domino=Chesa Lotus/Sahasa Lotus+Huras Striped=Huras Striped -- 2017-02-25 (土) 16:21:30
  • 同じ二種類の遺伝子を使って、親1と親2に使う遺伝子を入れ替えて二回の交配をしました。毛色は省略します、すみません。~一回目(sahasa,♀,痩せ,Striped)×(rakusa,♀,特大,Hound Fur)=(rakusa,♀,痩せ,Striped)~二回目(rakusa,♀,特大,Hound Fur)×(sahasa,♀,痩せ,Striped)=(sahasa,♀,背が高い痩せ?,Striped)~結果として両方の交配で同じ結果だったのは、親1の体型、親2の犬種を引き継でいたことでした。遺伝子は多少確率が変わる程度でしょうか? -- 2017-09-13 (水) 02:05:42
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 モジュールのアップグレード後は5,000cr