Top > エイドロンの草原


エイドロンの草原

Last-modified: 2018-12-14 (金) 12:49:49

紹介ページ:https://www.warframe.com/ja/plains-of-eidolon-update
パッチノート:https://forums.warframe.com/topic/854273-アップデート22「エイドロンの草原」

注意事項 Edit

エイドロンの草原では、採石、銛漁、シータスウィスプ探しと戦闘以外にも遊び方の選択肢があるが、
「依頼」を受けた状態での戦闘以外の行動は「他者への迷惑行為」となる
公式回答にて対象者には警告を送られるため、通報されぬようマナーを持って参加しましょう。

概要 Edit

エイドロンの草原地球にあるかつてセンティエントオロキンタワー破壊のため数々の闘争が起きた戦場であり、現在はオストロンが草原を開拓し故郷としている。センティエントは戦略に失敗し、草原は彼らの古代墓地と化している。 オストロンの開拓コロニー、シータスから訪れることができる。

グリニア軍は草原の各地に古代戦争時の技術発掘のための前哨基地を設立し占拠している。オストロン民から依頼を受け、昼時間の間にグリニアと援軍と戦闘し基地を奪還するのです。しかし草原の奥深くへ探検する事でグリニア軍のレベルも上昇するので、装備を整える事を忘れずに。

特徴 Edit

  • 時間
    1日のサイクルは昼が100分、夜が50分の150分となっている。
    ゲーム内での簡単な昼夜の切り替わりタイミング確認方法は、依頼の前半100分が昼、後半50分が夜。
  • 夜の時間
    サイレンが鳴り響いたあと草原を出歩いていたグリニア兵は撤退し、草原で会うことは少なくなるだろう。
    夜の間は草原の池が磁気を帯び、入ると磁気の状態異常を受けてしまう。
    また、センティエントの生き残りである、エイドロンボンバリストやエイドロンテラリストなどが現れるようになる。
  • 移動
    広大なフィールドを、アークウイングで移動することもできる。
    アークウイングの展開にはアークウイングランチャーモジュールが必要で、設計図はTennoラボにてリサーチ、もしくはマーケットにて175ptで購入。
  • エンカウント
    依頼を受けずに草原に出た場合や、依頼をクリアしても帰らずにいると、ランダムにミッションが発生する。
    このミッションでも報酬としてランダムな報酬と地位を受け取れる。
  • データ保存のタイミング
    シータスに帰還する事で「ミッション」が終了時
    ポーズ画面からランディングクラフトに帰還
    依頼、エンカウント完了
    釣り、採掘、ギアの使用でギア所持数に関するデータが保存
    • つまり、戦闘のアフィニティアイテムの取得をしても、上記のセーブを行わないでESCメニューで「中止」するとその成果は保存されない。
      例:ミッション完了(セーブ実施)→帰り道にて戦闘およびアイテム入手→ホスト抜けによるセッション異常終了の場合、ミッション完了時の状態まではセーブされるが、その後の帰り道での成果はセーブされない。
    • ESCメニューから自分のステータス上にある「分隊を抜ける」ボタンを押すことで、現ホストのエイドロンの草原の状態(敵配置、ドロップなど)が引き継がれて、自分があらたなホスト状態になる。
  • 全体マップの色の濃さは以下で変更できる、小さいほど薄くなる
    オプション→インターフェイス→オーバーレイランドマップの消失

アークウイングモード Edit

エイドロンの草原でアークウイングを呼び出して装着し、飛行することができる。
飛行方法

  1. アークウイングランチャーモジュール」を入手する。入手はマーケットから購入(175pt)するか、Dojoのテンノラボで「アークウイングランチャーモジュールの設計図」を研究し、その設計図からモジュールを製作する。設計図の作成にはマスタリーランク5以上必要。
    製作素材クレジット(100,000), Grokdrul(50), Iradite(50), オキシウム(1200)製作時間:12時間
    ファウンドリで設計図からモジュールを製作する。完成したモジュールを取得し、再度ファウンドリにアクセスすると自動でセットされる。
  2. ファウンドリのギアの項目に「アークウイングランチャー」が追加されるので、それを作成。
    製作素材クレジット(7,500), Iradite(50), Grokdrul(50), 魚油(50), 回路基板(600)製作時間:30分
  3. 作成した「アークウイングランチャー」をギアにセットする。
  4. エイドロンの草原のMAPで「アークウイングランチャー」を使用することで、現在アーセナルで装備しているアークウイングを装着する。
    オペレーターモード中は使用しても装着されないので注意。
    また、一度呼び出した後は数秒間再度呼び出しが不可能になる。正常に装着した後、即解除した直後や、誤ってオペレーターモードで呼び出してしまったときにこの再使用不可時間によって呼び出しができない隙ができるので、落ち着いて操作すること。

操作などは基本的には通常のアークウイングと変わりなく、装着中のAWのアビリティも使用可能だが、武器はアークウイング専用の物ではなく通常の武器をそのまま使用、ダッシュ時に左右移動するとロールするようにと、通常と異なっている部分もある。
また、アークウイングではデフォルトで半径数メートルのアイテムバキューム機能がついていたが、草原で呼び出した場合この機能は働いておらず、アイテムに触れなければ取得できない。

 

近接攻撃ボタンを押すことでいつでもアークウイングモードを終了でき、再使用することで再度呼び出すことができる。

 

モリ突き漁 Edit

草原の箇所にある川や湖などの水辺で、以下の魚類を捕ることができる。魚はシータスでは貴重な食料であるとともに素材としても使用される。
捕った魚や草原での素材を使用しHai-Lukから餌釣り用の道具6種類のベイトの設計図を購入する事も可能。


モリ突き漁のやり方

  • 草原に出る前にギアメニューにモリを装備。
  • 水辺でギアメニュー(あるいはホットキー)を開き、モリを選択する事で釣りモードに変更。
  • 投擲武器同様、狙って放つ事でモリを投げます。(エイムすることで魚の音にのみ注目することができます)
  • 魚を見つけたらモリを放ち、巻き上げる事で魚を捕らえます。
  • セカンダリ射撃ボタンで餌をまく事もできます。
魚の種類と出現場所、シータスでの交換レート等

よくある質問・釣り Edit

どの場所でどういう魚が釣れるの?

  • 魚一覧表参照。マップ中央にある一番大きい、それ以外のの3種類のスポットにそれぞれ異なる魚が出現するようになっている。時間帯によっても出現する魚は異なる。

モリってどういう違いがあるの?

  • モリによって魚に与えるダメージが異なり、一撃で獲れるかどうかが決まる。モータスラングフィッシュとトラロックを除いた何もしなくても出現する通常魚は全種1HPなためどのモリでも一撃で獲れる。
    また、持っているモリで魚のスポーンの仕方が変わるといった事はない。
    • Lanzoモリが効果的な魚:モータスラングフィッシュ、シャラック、カルキナ、クトルマークレイ
    • Tulokモリが効果的な魚:トラロック、シャラック、カルキナ、
    • Peramモリが効果的な魚:モータスラングフィッシュ、トラロック、ノルググラピッド
  • つまりどうすりゃいいの?
    • LanzoとPeramモリを使い分けろ。

ベイトってどういう意味があるの?

  • 撒き餌する事で魚のスポーン率を上昇させる。どういったベイトがどういった魚に効果があるかは魚一覧表参照。
    また、ベイトの効果時間は沈み始めるまでの3分間。沈み始めたら次のベイトを投げるといい。

レア魚が釣れない!

  • 一部の魚は湖、池、海などの決まった場所で撒き餌をしないと決してスポーンしないようになっている。その中でも特殊な餌を要するレア魚は飛沫が出ている水面近くに撒き餌を投げなければならない。

レア魚が釣れる条件の(飛沫/泡/波紋)って何?

  • 時々水面に出てくるこの画像のレティクル右下のようなものの事。この飛沫付近に特殊餌を投げ込む事でレア魚がスポーンするようになる。
    飛沫は数分で出現位置を変えるので、まだ飛沫が出ているかどうかを時折確認しよう。

釣り用のおすすめ装備おしえて

  • フレームは常時透明になって敵を無視できるIvaraか、モリが揃ってないならパッシブアビリティでモリを強化できるVOLTがおススメ。コンパニオンはクリティカルバフで無理やり効果的じゃないモリでも魚を獲れるようにしたり、120秒バフで魚の取得量を2倍にできるSmeetaキャバットがおススメ。

採掘 Edit

宝石は古代戦争の残余エネルギーが注入されており、これらを使用しアルケインジェムを精製できる。
シータスでSuumbaatに会う事で、採掘に必要なレーザー機具を入手する。
レーザー機具を製作し鉱脈を見つけたらレーザーで表示されたパターンを描く事で採掘する。

採掘のやり方

  • 草原に出る前にギアメニューにカッターを装備
  • 草原に出たらギアメニュー(あるいはホットキー)を開き、カッターを選択する事で採掘モードに変更
  • 自分の周辺に鉱石があればスコープの左側に鉱石のアイコンと右側に距離が表示される
  • 探査音が鉱石のある方角を示し、スコープが鉱石の方角を向くとピッチが高くなる
  • 鉱石を発見したら照準をのぞくボタンでカッティングモードに
  • 鉱石周辺に浮かび上がる白い枠線に沿って射撃ボタンを押しながらなぞる

得られる鉱物
これらの鉱物は、シータスのSuumbaatから入手できる設計図で精製することで生産材料として使えるようになる。

  • 宝石 青
    • アズライト(AZURITE)
    • デバール(DEVAR)
    • ベリドス(VERIDOS)
    • クリムジアン(CRIMZIAN)
    • センチラム(SENTIRUM)
    • ニス(NYTH)
      ※要アドバンスNOSAMカッター
  • 鉱石 赤
    • パイロール(PYROL)
    • コプラン(CORPUN)
    • フェロス(FERROS)
    • オーロン(AURON)
  • 採掘ポイント密集地帯
    • 南西海岸沿いにあるグリニア2番基地付近および同場所洞窟内

よくある質問・採掘 Edit

カッターってどういう違いがあるの?

  • 上位のカッターほどビームの精度、鉱石の感知範囲が上昇する。
    それに加え、最上位のカッターは鉱石の位置をミニマップ上に表示してエイドロンの宝石を取得できるようにする。

この採掘ガイドラインに従うとなんか良い事あるの?

  • 鉱床周りのガイドラインはそれに沿ってビームを当てる事で採掘完了後の鉱石・宝石の取得個数、レア度を上昇させる。
    ガイドラインは鉱床をカッターで長くエイムしていると普通より長く残るので、より良い報酬を望むならより長く鉱床をエイムするといい。

採掘用のおすすめ装備おしえて

  • LOKIIVARAなどの透明になれるフレームが良い。

Konzuの依頼 Edit

シータスを困らせるお尋ね者の討伐依頼はKonzuから受け取れる。全部で5段階の依頼があり、敵のレベルと報酬で段階が特定される。依頼内容は150分周期でローテーションする。

エンカウント Edit

草原を気軽に探検している間、Lotusからの通信によりエンカウントミッションが開始される事がある。これらのミッションはランダムで発生する。
報酬にはA・B・Cのローテーションがあり、その内容は草原に入る前に受注したKonzuの依頼によって決まる。
最も簡単な依頼をTier1、最も難しい依頼をTier5として、ローテーションAは依頼未受注の探索とTier1・Tier2から、ローテーションBはTier3・Tier4・Tier5から、ローテーションCはTier5から得られる。
Konzuの依頼をすべて完了しても、シータスに帰還しなければエンカウントの報酬ローテーションは変わらない。
詳しい報酬内容については英Wiki参照。

エイドロン討伐 Edit

別ページにて詳しく解説しています。
エイドロン

洞窟 Edit

草原内の丘や水辺付近などで発見される洞窟には貴重な素材が豊富

素材 Edit

素材によって分布域が異なる。
またドロップするリソースのアイテムの数は、その場所の敵Lvに比例してドロップ数が上昇する。
シータス入り口から遠くなるほどに敵Lvが上昇するので、MAPの奥の方はドロップ数が上昇する。
または高Lvミッションを受けた場合は、入り口近場でも敵Lvが上昇しているのでドロップ数が上昇する。

  • ニスルポッド(Nistlepod)
    イソギンチャクのような外見の植物。等高線の明るい色の地域に多く分布。おおまかにはMAPの中央から奥側に掛けて分布。コンテナ扱いなので壊すとアイテムをドロップする。
  • イラダイト(Iradite)
    鈍く赤い筋が含まれる岩石。等高線の暗い色の地域に多く分布。おおまかにはシータス入り口近くから中央にかけ分布する。コンテナ扱いなので壊すとアイテムをドロップする。
  • グロックドルール(Grokdrul)
    グリニアの拠点などにおいてある縦長の黄色っぽいコンテナ。壊すことでアイテムをドロップする。
  • マプリコ(Maprico)
    低木の潅木になる木の実。シータス入り口近くから分布する。分布域は広く様々な場所に見られる。壊すことでアイテムをドロップする。
  • シータスウィスプ
    水辺に現れる謎の物体。オペレーター用装備品の素材やシンジケートのランクアップなどに使われる。
    他のアイテム同様にアイテムレーダーに表示され、触れることで回収できる。アークウイング状態でも回収可能。
    1,2m程まで近づくとゆっくりと上昇し始め、10m程上昇しきると消失する。
    実装当初は接触判定が極小だったが、Hotfix 22.8.3で判定が2倍以上大きくなり拾得しやすくなった。
    Konzuの依頼報酬リストにも含まれる。
    朝、夕に多く見られるという情報もあるが、基本何時でも出現する。
    昼は3体前後、夜間は最大で8体確認、また時間経過か昼夜の切り替えの長時間経過にてリポップを確認(要検証)
    MAP中央の大きな湖周辺や小さな池などの周辺の固定位置にランダムで出現する。
    MAPに出入りすることでリセットするので、アークウイングなどを利用して水辺を高速で確認、回収することで効率よく集めることが出来る。
  • その他多数の新素材

マップ Edit

画像をクリックすると大きなマップが開きます。
Map_s1067.jpg

マップの切り替え

  • マップ表示キー(標準[M])で全画面マップとミニマップの切り替え、および長押しでアドバンスマップを表示

マップの設定

  • 全体マップの色の濃さは以下で変更できる、小さいほど薄くなる
    オプション → インターフェイス → オーバーレイランドマップの消失

アドバンスマップ

  • エイドロンの草原の全体マップと時計が表示される
  • 左右移動キー、マウスドラッグでマップを左右に寄せることができる
  • マップ上右クリックで目標マーカーを置くことができる
 

シータスへ帰還する扉は、上に貼ってあるスクリーンショットの現在地アイコン(△)の位置にある。
KONZUの依頼達成後でも、扉はマーキングされないので、覚えておいて完了時にマークするといい。
大雑把に南に向かって移動し続けてもいいが、扉が侵入不可領域の凸型の先端にあるため慣れが必要。

各地の小ネタ

時間 Edit

シータスや草原の現在の時間を知るには以下の方法がある。

  • ミッション選択の星系マップで大体の時間がわかる。(夜明け・昼・夕暮れ・夜など)
  • シータスではKonzuの依頼の残り時間で次の朝までの時間がわかる。夜は50分なので、差し引きで夜までの時間もわかる。
  • 草原内ではアドバンスマップを開くことで大体の時間がわかる。(東から太陽・月が昇り西に沈む表示)
  • シータス・草原に行く前に正確な時間が知りたい場合は、Warframe Hub(外部サイト)の情報が参考になる。
    • 右上のPlatformの切り替えでPC・PS4・XboxOneにそれぞれ対応している。

コメント Edit