Top > GAUSS


GAUSS

Last-modified: 2019-11-21 (木) 13:13:09

GAUSS

立ち止まることのない動力。Gaussのバッテリーは動くことにより充電され、壊滅的な運動能力を高める。敵は動きが速すぎるものを倒すことはできない。

 
1番アビリティ名_Mach Rush
ハイスピードにギアを変え、バッテリーをチャージしながら敵を踏みつぶす。
1番アビリティ名_Kinetic Plating
吸収された運動ダメージの一部をエネルギーに変換する装甲版を生成する。また、Gaussへのよろけ効果やノックダウンを防ぐ。
1番アビリティ名_Thermal Sunder
範囲内から運動エネルギーを集め、バッテリーを充電するとともに近くの敵へ冷気状態異常を与える。長押しするとプロセスが逆になり、バッテリーを消耗するとともに近くの敵に火炎状態異常を与える。
1番アビリティ名_Redline
Gaussのバッテリーがレッドラインを超えると、アビリティを過充電でき、
発射速度、攻撃速度、リロード速度、ホルスター速度をオーバードライブさせる。
 
ステータス初期値ランク30値
ヘルス100300
装甲値150
シールド150450
エネルギー150225
移動速度1.40
MODスロットMaduraiVazarin
オーラスロットNaramon
エクシラススロットNaramon


製作 Edit

完成品 325 Pt

設計図材料製作費製作時間即時完成
マーケット
30,000Cr
GAUSS ニューロティック125,000 Cr72時間50 Pt
GAUSS シャーシ1
GAUSS システム1
オロキンセル3
 
【製作費用】 15,000 Cr 【製作時間】 12時間 【即時完成】 25 Pt
設計図パーツ名材料
ミッション報酬GAUSS ニューロティックアルゴンクリスタル(1), ルビドー(1,600), サルベージ(6,200), 合金板(2,950)
GAUSS シャーシラジアンセンチラム(3), ハートニス(3), スター クリムジアン(6), グロクドロル(55)
GAUSS システムラディアントゾディアン(3), マーキーズタイスト(3), MYTOCARDIA スポア(70), THERMAL スラッジ(85)

GAUSS設計図はマーケットにて販売。
ニューロテック、シャーシ、システムの設計図セドナ Kelpie (分裂)のローテーションC報酬に含まれる。

概要 Edit

Update.25.7.0にて実装された男性型フレーム。
『スピードスター』をコンセプトとし、移動力1.40に加え、1番『Mach Rush』から生まれる速度は他のフレームの追随を許さない。
速度以外のスペックは平均的で、打たれ弱いことはないという程度。

 

「バッテリーレベル」というゲージを管理する要素がある。
蓄積で2番『Kinetic Plating』による防御力強化や、4番『Redline』のバフ倍率が上がってゆくので積極的に溜めてゆきたい。
通常移動の他、1番『Mach Rush』で攻撃判定発生、3番『Thermal Sunder』の短押し(冷気属性)で増えてゆくため、
必然として常に動き回ることで、最大の性能を発揮・維持することを心がけた立ち回りが似合うフレームとなっている。

 

欠点としては、味方への支援効果の少ない単騎・近距離型のフレームでもある。
明確な飛び道具というべきアビリティもなく、武器へのバフが付くことも含めて武器への依存度も高い。
自慢の速さやバッテリーレベルの蓄積にある程度地形との相性が絡むのは難解な部分といえる。

それらを踏まえて美点だけを引き出せるようになれば、世界を縮めてしまう快感に耽溺できるだろう。

 

ちなみに、名前は有名な研究者カール・フリードリヒ・ガウスと、その科学者の名前に由来した『磁束密度』を現す単位からか。

 

???コーデックスGAUSS → 右下のレバリアンを押すと・・・

 

○公式紹介動画: https://www.youtube.com/watch?v=gb9JKmJ5-6g

ヘルメットスキン Edit

GAUSS MAG ヘルメット Edit

GAUSS MAG ヘルメット

Gaussを象徴するヘルメット。
正面の縦長のライトカラーのラインが入るバイザー部と、
頭頂部のエンジンのエキゾーストマニーホールド(排気管)のような波打ったパイプが印象的。
ちなみに、MAGも、『GAUSSヘルメット』というヘルメットスキンがある。

アビリティ Edit

パッシブ Edit

移動すると、Gaussのバッテリーを充電できる電流が生成されます。
バッテリーレベルに基づいて、シールドは最大80%まで早く再充電され、再充電遅延は80%まで短くなります。

移動によるバッテリー充電速度は移動速度の影響を受ける。
移動速度増加Modや他フレームから移動速度上昇のバフを受けると短時間で充電出来る。

 
変更履歴

Mach Rush Edit

ハイスピードにギアを変え、バッテリーをチャージしながら敵を踏みつぶす。
障害物に衝突すると強力な衝撃波を放つ。長押しで走り続けることが可能。
発動エネルギー15Mach Rush
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果範囲
ランク0123
効果範囲6m8m10m12m
効果範囲2m3m3m4m
爆発範囲4m6m8m10m
衝撃衝撃ダメージ200400600800
毎秒エネルギー量12.5
  • アビリティ威力はダメージに影響する。
  • アビリティ効果範囲は効果範囲と爆発範囲に影響する。
 

発動時点のエイム方向に向かって高速移動。発動後の方向制御は移動キーで行う。
発動時の移動距離は1つ目の効果範囲の距離、ランク3で最大12m、ホールドするとエネルギーを消費しつつダッシュ継続。
発動・長押し共に「障害物に衝突する」「射撃ボタン・エイムボタン・近接ボタン」「落下する」等で停止する。

  • 射撃、エイム、近接での停止は慣性すら残らず急停止出来るので、方向転換するのに便利。

空中発動すると水平方向へのバレットジャンプのような挙動を取ってダッシュが開始される。
途中で足場が消えるような場所から飛び出した際も似たような感じでぶっ飛びつつダッシュ継続。

ホールド後に移動キーを押し続けることでもダッシュが継続、ダッシュへの移行後は移動キーのみで継続出来る。
ダッシュ中はEnergy Siphon、Energy Pulse、Energizing Dash等の継続的なエネルギー回復バフの効果が受けられなくなる。
エネルギーオーブの取得による回復は可能。

移動速度ModやVolt2番のSpeed、Wisp1番のヘイスト・モート等の移動速度上昇効果が乗り、併用するとかなりの速さを出せる。
無論、制御は相当辛くなる。

Kinetic Plating発動中は衝突時の衝撃波で与えるダメージが衝撃から切断に変化し、切断の状態異常を付与する。

長押しでのダッシュ状態は水上を走り抜けることが可能。エイドロンの草原の湖など、磁気異常も受けずに通過出来る。

衝突の衝撃波は敵をラグドール化させて吹っ飛ばすため、ぶつかれる障害物があるのなら手軽に発動できるCCとして活用出来る。

 
変更履歴

Kinetic Plating Edit

吸収された運動ダメージの一部(物理、火炎、冷気、爆発)をエネルギーに変換する装甲版を生成する。
また、Gaussへのよろけ効果やノックダウンを防ぐ。ダメージ耐性は、バッテリーレベルと連動する。
発動エネルギー50Kinetic Plating
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果時間
ランク0123
効果時間15s20s25s30s
ダメージ軽減14~70%16~80%18~90%20~100%
エネルギー変換2%3%4%5%
  • アビリティ威力はダメージ軽減率に影響する。
  • アビリティ効果時間は効果時間に影響する。
 

軽減したダメージ量を一定割合でエネルギーに変換する。
電気・毒・磁気・放射線・感染・腐食は軽減出来ない。

  • 敵の攻撃の大半は物理ダメージ3種の何れかである場合が多いが、
    グリニアコーパス感染体勢力は軽減出来ないダメージタイプの何れかで攻撃してくる敵が居るため注意。
  • 毒属性の攻撃を受けることの多い感染体相手の場合は、耐久力を上昇させるModを積んだほうが安定するだろう。

バッテリ-0だと最低限の軽減量しか効果がないため、十分な効果を得るにはバッテリーをある程度溜めておく必要がある。

アビリティ威力は軽減量に影響するが、100%以上だとバッテリー0での最低軽減量が変化するだけに留まる。

  • 威力が100%未満になると威力=最大軽減量になる。
  • Overextendで40%になったとするとバッテリーMAXでの最大軽減量も40%まで下がる

効果時間中は軽減するたびにバッテリーが減少していくので軽減率100%になれる時間はほぼ無い。このため徐々にシールドやヘルスが削られる。

  • 移動しているだけで賄える減少量だが、足を止めて殴り合うような場合はバッテリー残量に注意。
  • 4番効果中、かつバッテリーMAX&100%状態に限り、軽減率100%の維持が可能に。

効果時間中はバッテリー残量に関係なくよろめきとノックダウンを無効化できるので不意打ち対策として優秀。

 
変更履歴

Thermal Sunder Edit

範囲内から運動エネルギーを集め、バッテリーを充電するとともに近くの敵へ冷気状態異常を与える。
長押しするとプロセスが逆になり、バッテリーを消耗するとともに近くの敵に火炎状態異常を与える。
発動エネルギー50Thermal Sunder
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果時間
アビリティ効果範囲
ランク0123
効果範囲(半径)6m8m10m12m
効果時間4s6s8s10s
状態異常の持続時間2.5~5s3~6s3.5~7s4~8s
冷気冷気ダメージ75~375100~500125~625150~750
火炎火炎ダメージ150~750200~1,000250~1,250300~1,500
  • アビリティ威力はダメージに影響する。
  • アビリティ効果時間は効果時間と状態異常の持続時間に影響する。
  • アビリティ効果範囲は効果範囲に影響する。
 

発動すると効果範囲半径の大きさの円形エリアが設置され、時間経過とともに縮小していく。
効果は異なるが挙動はLimboのCATACLYSMのような感じで段々小さくなっていく。
あちらと同じく効果時間を延ばすと縮小スピードが落ちる。

冷気異常を受けた敵に短押しを当てると凍結状態になる。
火炎異常を受けた敵に長押しを当てるとダメージボーナスが発生。
冷気異常中の敵に長押し、もしくは火炎異常中の敵に短押しを当てると爆発属性のダメージを与え敵のアーマーを剥がす事が出来る。

複数のThermal Sunderを同時に設置出来るため、自力で上記の追加効果を狙うことが可能。

アビリティ発動時に範囲内に居た敵は短時間のスタンモーションを取るので、CCとしても使える。

AoEスキルとしては珍しく足が止まらないため、移動しながら連発も可能。

 
変更履歴

Redline Edit

Gaussのバッテリーがレッドラインを超えると、アビリティを過充電でき、発射速度、攻撃速度、
リロード速度、ホルスター速度をオーバードライブさせる。レッドラインを超えると、
アーク電流ボルトがGaussからが周期的に放出し、アビリティを無効にすると大きく爆発する。
発動エネルギー100Redline
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果時間
ランク0123
効果時間15s20s25s30s
発射速度6~30%9~45%12~60%15~75%
攻撃速度5~25%6~30%7~35%8~40%
リロード速度4~20%6~30%8~40%10~50%
武器切り替え速度8~40%12~60%16~80%20~100%
範囲ダメージ(衝撃貫通)100200300400
  • アビリティ威力は範囲ダメージにのみ影響する。
  • アビリティ効果時間は効果時間、発射速度、攻撃速度、リロード速度、武器切り替え速度に影響する。
 

発動すると自己バフを発動すると共に、通常時に最大ラインに設定されているレッドラインを超えてバッテリーチャージが可能になる。
発動時に自分の周囲にいる敵を吹き飛ばす。
通常のバッテリーと同じく1番、3番短押し、移動でチャージ。また、2番使用中と同じく徐々にバッテリーが減少していく。
レッドゾーンを超えたオーバーチャージ分も含めた全体のバッテリー量に応じてバフの効果量が上昇する。

最大チャージまで行くと、レッドラインの左側に表示されている%が上昇していき、100%になるとバッテリーの消費がなくなる。
つまり2番、4番の時間経過での減少や3番長押しでの消費がなくなる。
バッテリーMAXかつ100%の状態だと2番で物理3種+炎冷気爆発の6種のダメージを軽減率100%の状態に出来る。

バフの効果量は威力ではなく効果時間を延ばすことで上昇させることが出来る。

また、定期的にフレームから電流が発射され、周辺の敵に小ダメージを与える。
衝撃と貫通ダメージであるためかコーパスシップのガラスが割れる。

効果時間の終了、または効果中再発動による終了で爆発を起こす。

Redline発動中はフレームの形状がやや変化し、1~3番の各アビリティにも変化が現れる。
1番Mach Rushは消費エネルギーが半減する。
2番Kinetic Platingは近接攻撃にダメージボーナスとよろめきが追加される。
3番Thermal Sunderは短押しの冷気異常が凍結に、長押しの火炎異常は追加ダメージが発生、爆発ダメージには装甲値を削る効果が発生する。

 
変更履歴

影響するMOD早見表 Edit

アビリティ影響項目表より埋め込み

アビリティ消費時間範囲威力備考
1Mach Rush15移動速度mod影響
2Kinetic Plating50
3Thermal Sunder50
4Redline100

〇:関連性がある
※:特殊な関連。又は注意が必要。アビリティ詳細を参照のこと
空欄:関連性無し

公式フォーラムへのフィードバック Edit

フレームについての議論、改善案等が有る方は公式フォーラムから直接DEへフィードバックが可能です。

書き込む際には上記の「フォーラム使用のルール」「フォーラムの使い方」を良く読んでからご利用下さい。

コメント Edit