レールジャック/クルー発言集

Last-modified: 2022-08-06 (土) 23:14:53
人物像
Tickerの雇用画面やクルーメニューで表示される説明文。

これまでの経歴、シンジケートに入る契機、各々の個性が記述されている。

任命
クルーメニューで任命したときの発言
挨拶
レールジャック内で最初に交わす言葉
発言
レールジャック内での発言

スティール・メリディアン

人物像
経歴
後にDarvoBekが調達に関わったことが明らかになる一級士官の遺伝子株から培養された。
未知の妨害工作員によって「欠陥のある」遺伝子が故意に導入された。
クバ要塞の組織溶解および栄養ペースト調製施設を警備していた。
儀礼兵としてクバ要塞に配属されたが、不服従により三日で降格させられた。
バンカーのアーカイブから回収された遺伝子テンプレートからクローンされた。
天王星の水面下にある厳重に警備された管束で培養された。
スティール・メリディアン支持者が回収した管から生まれ、勉学を教わった。その後グリニア兵に拉致される。
地球の深い森にある培養管から取り出された。
士官訓練で満点を取った。最初は両女帝の命令に抵抗する兆候は見られなかった。
培養管から育ちきらないうちに取り出された。
エイドロンの草原でタスク哨戒隊に配属されていた。
まだ培養管にいた時、誤ってリアクターの流出液にさらされてしまった。
クローン管から出て早々に欠品として扱われ、廃棄処分になる予定であった。
目に見える欠陥の兆候はなく、外地での軍務を複数こなした。
土星の紛争地帯で警備部隊に所属していた。
住所:火星の砂漠地帯。
後にテンノの侵入で汚染されたことが明らかになった羊水クローニング管で培養された。
最初に生み出されてから数時間でケレスに割り当てられた。
契機
女帝への忠誠に耐性を持つ仲間のグリニアと共に脱出する約束をした。どちらも生き延びて脱出した。
グリニアのクルーシップを乗っ取り、スティール・メリディアンに亡命した。
捕虜を処刑することを拒否し、不服従で投獄されたが、衛兵を圧倒して逃亡した。
女帝への忠誠に耐性を持つ仲間のグリニアと共に脱出する約束をした。その仲間は逃走中に殺された。
裏切りの罪で死刑を独房で待っていたところ、謎の救世主「Clem」によって救われ脱獄する。
スティール・メリディアンのスパイと誤認され、残酷な尋問を受けた。後に脱出し、スティール・メリディアンに加わった。
一騎打ちで上官へ挑んだ。戦いに勝ち、勝ち、武器を盗み、数人の護衛を撃ち、その後の混乱の中で逃げ延びた。
スティール・メリディアンと密かに接触し、共感した仲間たちと一緒に脱走した。
指揮官を殺し、逃走し、最終的にスティール・メリディアンの庇護下に入った。
グリニア収容所から脱走した。スティール・メリディアンと接触する前の数年の間は荒野で生き延びた。
ラムスレッドでグリニアガレオン船から脱出してコーパス船に乗り込み、配管内に数ヶ月密かに住んでいた。
かつて捕らわれたテンノ工作員を助け、その際にスティール・メリディアンの存在を知らされる。
グリニア施設の襲撃中にテンノ工作員に降伏し、スティール・メリディアンに加わることを許された
指令センターと共に自爆しようとしたが、自身は意外にも生き残った。
平時の手榴弾訓練の際に誤って兵舎を破壊した。命を守るためにスティール・メリディアンに参加した。
尊敬される対等な一員として、クブロウの群れの中で生きていた。
個性
自身の命日を知っていると信じ込んでいる。
たまにMarooとKomiを打つ。
抽象的な木の彫刻を彫る。
鏡の近くに居るのを好まない。
次の戦闘までの時間を数えているのが聞かれることがある。
他人に気を許さない。
オストロンのChimurrに目がない。
工業用化学薬品の匂いが好き。
自身のような人間と接触して、解放するつもりである。
死んだ後は、フォーチュナーベントキッドに持ち物を全部あげる予定。
兵舎に1人でいるとき、もの凄い大音量でSkeg音楽を聴く。
胸のポーチに同じ管で育った兄弟の歯を入れて持ち運ぶ。
銀の果樹園を破壊しようとしたことに対して罪悪感を感じている。
簡単に倒せる人間を尊敬するのは難しいと感じる。
Shawzinを習おうとしている。これで3回目の挑戦。
Tickerのフルタイムの護衛を務めることを申し出たが、不要だと言われた。
機械には魂があると信じているようだ。
火を通さない食事のみを食べる。
任命

これがアレ?まぁいいか。

勤務報告。

キャプテン。

挨拶

テンノ。

準備完了。

発言

今でも声が聞こえるの、服従せよと。ああ、そうしたくなる。最悪の気分。その後はいつも、頭がへこんで手がメチャクチャになる。反抗の選択を一度切りで終わらせはしないわ。これって「fah-sukh-ung」な生き方よね。痛みも伴う。

昔は使用済みの弾薬ケースを嗅いで暇を潰してたわ。たまには、弾丸から雷管を外して、ムスキーなボルダイトの ベースとシャープなルビドーのアクセントとトースティなマグネシウムのシメの薫りを嗅ぎたいわね。
冗談よ、楽しい事なんて一度も無かったわ。

悪事を働いていたの。そのツケを払わなければ、自分を認められない。だからここにいる。あなたの下に。ツケを払うため。私はクローンとして生まれたかもしれないけど、同一のものとして死ぬ気は毛頭ないから。

私みたいに、あらゆる自身の創造理由に一人孤独に逆らってる奴らだっているわ。自分たちは異なっているという事とその理由と、自分が何かに属する事は二度とない事とを知っている。私は幸運よ、けど私もそれを踏まえて生きていくのには苦労してるの。

えぇ、私らは死んだ兄弟を食べてきた。私らは短命なの。子供?家族? 無縁の存在ね。グリニアが生き続けるには、兄弟姉妹を乗り越える必要があるの… 私たちが死んだ後、彼らが生きられるようにすることでね。 だから判断は下さないで。贅沢なんて吐き気がする。

ちょっとした助言。船員がプライベートな時間を共に過ごしたがってたら、やらせたげて。音楽を流したり、散歩に出たり、そんな事を。頑固なヤツにはならないで。私たちは皆大人で、人生は短すぎるんだから。

アービターズ・オブ・ヘクシス

人物像
経歴
自らの誇りを傷つけるような真実を明らかにするよう強要された。
テンノの伝説にどっぷり浸かって育った。
オロキン時代の異様なまでに正確な夢を見ると伝えられる。
若かった時、訪れていた裁定者を自らの洞察で感心させた。
かつて未知の言語を翻訳した事でヘクシスの学者達を驚かせた。
名前を変え、アービターに加わるためにそれ以前の人生の全てをなげうった。
貧相な農家の育ち。
テンノの手でグリニアの攻撃から救われ、それ以来テンノに執着している。
公平な裁判官として開拓地から開拓地へと旅した。
家族には彼を養う余裕がなく、アービターズ・オブ・ヘクシスの保護下に置かれた。
Origin太陽系全体を股にかける巡礼の旅を試みた。
かつて取り仕切った仲裁での出来事が彼を苦しませ続けている。
ヘクシスの学徒は、彼がかつての裁定者の生まれ変わりであると信じている。
天才だと考えられていた。
「七つの原則」に関する論文の全文を暗記している。
自身の家族を「不純」であると非難し、自ら家を出た。
契機
真実と愛のどちらかを選ばなければならず、真実を選んだ。
共にアービター・オブ・ヘクシスに加わった7人のうち、入門儀式の試練の全てを耐え抜いたただ1人。
心から信頼していた人がそれに値しないことに気づき、傷が完全に回復することはなかった。
悪夢のような幻覚をもたらす高熱に苦しみ死にかけた。
聖なるビジョンの追求に人生を費やしたが、まだそれを成し遂げていない。
一ヶ月の滝行を行い生のマークレイの肝臓を食べて生き延び、内なる真実の声がよりよく聞こえるようになった。
入門の誓いを立てている際、誤ってヘクシスの宣言書のページを破ってしまい、それ以来押しつぶされるような罪悪感を抱えている。
彼は大いなる義務を果たすために選ばれたと信じており、宇宙が成すべきことを告げるのを待っている。
パンと発酵Hoffka以外は口にせず、ヘクシスのアーカイブで聖典のみを読んで何年も過ごした。
かつて教習所から姿を消し、5年後に混乱状態で毛皮のみを羽織った状態で発見された。
教習所を感染体から入門者と共に防衛した、唯一の生存者。
偽りの証言を聞き入れて無実の者に有罪を言い渡し、それ以来自身を許すことができない。
最愛の師への判決を自ら下す事を余儀なくされ、未だその行為の正当性を疑っている。
個性
衝動に呑まれると、パンと水を絶って断食する。
彼は自らの手で殺した者のために祈りを捧げる。相手の名前を知ったなら、忘れることは決してない。
Ayatanに魅了されている。
Voidに恐怖と憧れが混じった思いを抱く。
テンノをよりよく理解するために、レベリアンへ入る権利が与えられることを望んでいる。
不親切な者があまりにも多いので、彼も他人に不親切にすることにしている。
あらゆる偽りと愛情を軽蔑している。
空の部屋で音響を確かめるために大声で叫ぶ。
他の人から話を聞きたがっている。
いつの日か、真実を守って華々しく死ぬことを願っている。
キャバットが好き。
異常なまでに衛生面を気にする。
どれだけ時間がかかっても「真実は明らかになる」と心から信じている。
全ては責任重大と感じている。
任命

テンノに尽くすためにオロキン技術が施されたレールジャックに乗船する。これが我々の天命だ。悲願の頂点でもある。

キャプテン、あなたへの忠誠を誓います。お互い、真実のみを語りましょう。

あなたは私を選ぶのか。もちろん。あなたが私を信頼してくれたことにお応えする。

挨拶

崇高なテンノよ。

あなたに奉公することを栄光に思います。

発言

私はこの素晴らしいオフィスに相応しい者になれるよう努める。もし失敗を犯したら、目が燃え尽きるまでコアを眺めることとしよう。 Zarimanののもとに誓いを述べる。

多くの人は訪ねるでしょう。「あなたには私たちを裁く権利はない」と。我々の回答はただ一つ。「あなたに我々を問う権利があるのか」と。

真実の痛みは、消毒された傷口の賢さに値する。真実の流出を止める者は、自分の汚物に影響を受けた人のようだ。

我々は、起源が始まったVoidから旅を始めている。宇宙を巡るうちに真実を学ぶことができるだろう。真実はすべて、適切に明らかになっている。

我々は決して… 他のものを殺すという任務を軽視してはならない… 特に真実へ… 奉仕するものは。 血で書かれた判決は… 永遠に… 消されるものではないのだから。

真実を見落とすことは罪ではない。しかし、明かされた真実を拒否することはどうだろう。 絶対に許されるべきではない罪だと考えている。

セファロン・スーダ

人物像
経歴
フォーモリアンの攻撃の際に重傷を負ったリレー労働者。
元連絡将校。
ドック事故で負傷経験あり。
元データ入力工作員。
幼少の頃から物事の仕組みに魅了されていた。
元フェイジンエネルギーラボのアシスタント。
どう見ても完全な記憶喪失でオーブ峡谷を彷徨っているのが発見された。
数学の天才。
襲撃の際、グリニア兵の攻撃を受け死んだものとして見捨てられた。
孤独な音楽家。
逃亡者。
防護なしで集合体にアクセスしようとしてシナプス損傷に悩まされている。
いつも人間より機械の方が理解できていた。
コーパス技術者であり、テンノの襲撃によって脳に損傷を起こしている。
自らをセファロン化しようとして悲惨な結果に終わった。
アーカイブ環境で育てられた。
契機
Cephalon Sudaの作戦任務に選ばれて、増強一式を受けることを打診され、了承した。
集合体を介して遠隔でCephalonSudaと接触して彼女に感銘を与え、採用された。
CephalonSudaが採用ツールとして仕込んだ難解なパズルを解読し、見事契約し、加入後に改造を施す。
増強と引き換えにCephalonSudaに労力を提供した。
「興味をそそる、おそらくユニークな脳の特質」のためにCephalonSudaが採用した。
CephalonSudaから連絡を受け、研究者の役職を提示された。
シンジケートの会員特権と引き換えに、CephalonSudaに研究用の献体を登録した。
CephalonSudaジュニア情報スカウトから工作員に電撃出世し、改造も施す。
スーダハブと脳幹がデータリンクされている。
CephalonSudaの実地工作員訓練過程に入隊した。
CephalonSudaの知識共有セミナーへ招待され、すくに加入した。
CephalonSudaのシンジケートに入るため、ほぼ完全な肉体再建を受け入れる。
CephalonSudaの募集で、一見ランダムな「対照試験」として選出された。
個性
天体物理学の専門家。
高名な昆虫学者。
エントラティのVoid理論に魅了されている。
ぬいぐるみを集めるのが好き。
機械学習を研究したい。
放棄された構造体を探検したいと熱望する。
合成実証主義のFoxx-Webb理論の提唱者。
品物を気晴らしに解体するのが好き。
他の文化に関する経験を深めたいと考えている。
セファロンの心理に多大な興味を持っている。
結晶高調波を研究する。
時折フラッシュバックを体験する。
人間の死の儀式に強い関心を持っている。
高等数学について瞑想する。
任命

あなたが船長なのですか? 最も興味深いです。

キャプテン、乗船する準備ができました。

船長。私は手作業と管理作業の両方、十分な訓練を受けています。
私を選んでいただいて、賢明な選択をされたと思います。

挨拶

すべては順調に進んでいますか。よかったです。

ごきげんよう、テンノ。

発言

音声記録。セファロン・スーダの不在にあたり、私は船上のセファロンとの交友的な対話を始めました。彼は私が気に入っていると信じています。

分析を行うために勝手ながら船体からサンプルを掘削しました。心配することは全くありません。セファロン・スーダからの権限は頂いております。

観察報告。この船体はオロキン黄金時代の技術が施されていて、機能は完全に復元されています。第二電力システムはオルゴン世代のものみたいです。最も興味深いです。

あなた達の仲間には首に嚢腫を患っている方が観測されています。何故このような事が?
潰す時手伝いを必要としますか?
Warframeから感染体を採取する事は可能なのでしょうか?

現地調査は、データの集約よりもはるかに興味深いです。
スーダハブの仲間は、自分の内臓を売ってでもこの場に参加したがるでしょう。

武器が多すぎるようです。
タレットをタキオン周波分析装置へ置き換えることを提案します。
かなりの数の有力なデータが採取できるでしょう。

ペリン・シークエンス

人物像
経歴
ヘマをした相場師。
ハイパー経済学部の学生。
戦争で財産を没収された。
鉱業協会の一員。
インデックスへの投機ですべてを失った。
元取り立て工作員。
元有望なファイナンシャルアドバイザー。
ブローカー企業で失敗経験あり。
元武器開発者。
夢破れた探鉱者。
貧しい学生。
論理的なビジネスに熱心。
コーパス文化で育った。
奮闘している独立トレーダー。
ビジネスの鬼才。
高リスクの起業家。
契機
潜入した工作員によって密かにペリン・シークエンスに採用された。
コーパスによる過激な搾取を恐れている。
両親を追ってペリン・シークエンスに参加。
他人を助けたいという心からの願いからペリン・シークエンスに加わった。
ペリンに加入し、コーパスの思惑を全て崩壊させる事を誓う。
アルゴリズムによってペリン・シークエンスが選出した。
ペリン・シークエンスのヘッドハンターによって採用された。
ペリン・シークエンスのセミナーに出席し、その後すぐに加わった。
ペリン・シークエンスは不採用にしたが、粘り、最終的に採用された。
Glast奨学金の受給者。
ブローカー業での失態の帳消しを試みる為ペリン・シークエンスに加入する。
ペリン・シークエンスの高官から指導を受けた。
友人の推薦でペリン・シークエンスに参加。
ペリン・シークエンスの価値観を受け入れた。
個性
定期的に株価をチェックしている
他の勢力と親交を深めたがっている。
ErgoGlastに会い、個人的に感謝を伝えたいと思っている。
どこかに富の山を埋めたかもしれない。
感染体接触恐怖症がある。
熱心なK-ドライブレーサー。
連続ドラマに夢中。
貨幣収集家。
大規模な慈善寄付のため何度も貧窮する。
子供の頃のParvosGranumsの話に怯えていた。
自身の勤務記録を書き換えるため、密かにシステムに侵入した疑いあり。
マイコーナの文化を学ぶ。
コーパスの一員である元配偶者との出会いを恐れている。
密かにIndexのトーナメントを観戦している。
ペリンへの貢献を称え、ゼルトラム・ビーコン褒賞を授与された。
残高が許せば、Tickerからソラリスの借用証を買い取る。
いくつかの刑務所破りに資金を提供した。
任命

レールジャックだ!何て素晴らしい機体だ!これがあればどんな闘争も始まる前に終わるさ!

やった!遂にやったぞ!この星から出られるんだ!
恩に着るよ、隊長!マジで。

この取引は後悔させないよ。あなたを隊長と呼べて誇らしいよ。

挨拶

どうも!

あぁ、これはどうも!

発言

Voidを通る時はいつも恐る恐るです。窓の向こうからこっちを眺めているParvos Granumが見えるんじゃないかと思ってしまうんです。 あるいはもっと恐ろしいものを。

そのですね、宇宙はもっと空っぽなものだと思ってました。そしたらどっこい廃棄物がわんさか溜まってる。 確かに、機械を作る機械を作り続ければこうもなりますよね。

すみません。少し考え事をしてました。この宇宙の広さと、対話できる素晴らしい存在がそこにいると。 マイコーナの民、セファロン 、エントラティセンティエントでさえ、おそらくは、いつの日か。信じていれば。

自分のやりたい事が他人の頭に斧を叩き込む事だけなら、その他人の言語を習う必要はないさ。けど、取引なら? それは交流ということ。そして一度彼の言葉を理解したら、考えていたよりお互い分かり合えると理解できるでしょ。

Ergo Glastこそ真の慈善家です。彼は全てを手に入れられたハズが、良心という小物に躓いたんです。昔、あとちょっとで彼と話できたって伝えましたっけ?

コインは聖なるものだと思われていたそうです。神々の顔をそこに刻んで。方法を知っていれば、コインで未来を占える事も。
Granumクラウンを手のひらに握っていると、常に冷たいままであることに気付きます。
そこから何が分かりますか?

レッド・ベール

人物像
経歴
家族はフォーチュナーで負債に縛られていると信じられている。
有罪判決を受けた放火犯。
車両集団の襲撃者。
グリニアに捕らわれ投獄されていたが、レッド・ベールの襲撃により解放された。
傭兵団の一員。
追放された元入植者。
人違いされてグリニアの暗殺の標的となったが、生き残った。
元ヘキセノンガスのプラットフォーム労働者。
自ら過激化した「星系の守護者」。
「元問題児」。
植民地における非公式の治安維持員。
はみ出し者。
複数のグリニア将校を暗殺した疑いあり。
グリニアの攻撃で孤児になった。
元は砂漠地帯で活動していたフリーランスの殺し屋。
契機
空爆された廃墟で一緒に閉じ込められたレッド・ベールの一員から参加するよう説得された。
落書き行為でレッド・ベールの注目を浴びる。
レッド・ベールの入門儀式をあっさり通過した。
彼を危険人物だとみなしたレッド・ベールは、心を安定させられないかと期待してシンジケートへ引き入れた。
レッド・ベールが接触した瞬間に彼らへ忠誠を誓った。
大虐殺を引き起こしたいという欲望がレッド・ベールの注意を引いた。
軍団の血の盟約によってレッド・ベールに加わった。
レッド・ベールが気づいて気に入るだろうと信じて、重要人物の暗殺を行い、その通りになった。
個人的な復讐を果たすためにレッド・ベールに加わった。
高度に暗号化されたデータチャネルを介してレッド・ベールと接触した。
彼の攻撃性は利用できると考えられて、レッド・ベールに採用された。
「鳴り響くささやき」によって名前を知られ、Palladino本人がリクルートする。
レッド・ベールの隠し武器庫を見つけた際コンタクトを取る。
レッド・ベール支持者であった仲間の命を救いリクルートのスポンサーとなった。
個性
マチュアの武器デザイナー。
古の大戦の記念品を集めている。
革細工を楽しむ。
いびきが非常にうるさい。
周期的に起きる意識の喪失に悩まされている。
リニアに追跡されていると信じている。
火打ち石を砕いて尖らせるのに長時間を費やす。
可能な時は自分の食料を狩る。
忠誠心を重視する。
過去5年間で、どのレッド・ベールの団員より星系を浄化するために多くのことを行ったと主張する。
自分が耐えられる痛みの限界を高頻度で試す。
「デカいヤマ」に取り組んでいると主張し、いずれ教えてやると言う。
肉体改造に興味をそそられている。
Parvos Granumが彼の首に賞金をかけていると信じている。
セファロンに不信感を抱いている。
任命

あー、はいはい。怖気づくなよ。

マジで?

よぅし。俺とお前とでこの腐った太陽系を掃除しようぜ。

挨拶

よぅ。

あぁん?

発言

ゼットキメーカー産はアーティストだよ。殺す時は、芸がある殺しをした。目的があって。俺みたいにな。この太陽系は腐っている。俺か? 俺はメスさ。

いいか、どの安定した基盤も肉と血で出来ているんだ。まぁ、大半はそれを見て見ぬフリをするがな。後味が悪りぃからよ。俺か? ハハ、俺かい? 俺はハードコアな肉食系さ。もちろんより大きな益のため、にな。

なあ、あのHelminthってやつ? 餌付けに誰か食わした事あるか?

長く拷問を続けていれば誰だって喜んで告白するさ。最っ高な気分だぜ。

レッド・ベールは他が出来ない事を平然とやる。じゃなきゃ何も残らない。「犠牲や流血をものともしない」が俺らのモットーさ。俺の血でなけりゃあな。

この船の好きな所? 皆がちゃんと役目を果たしている。以前のベール船では何もしないクズが居たからな。ある奴なんかサボり癖が酷すぎて、俺が食っちまったよハハハ。

ニュー・ロカ

人物像
経歴
バイオ技師。
元傭兵。
生物学者。
地球科学者。
生態学の専門家。
熱心な信奉者。
元兵站工作員。
水耕栽培の専門家。
戦争で心に傷を負った退役軍人。
地球の深い森にある培養管から取り出された。
元シフト労働者。
元企業幹部。
元ステーション管理人。
元現場監督。
元テラフォームエージェント。
環境保護修道院で育てられた。
自己破産者。
契機
ライバルのシンジケートからニュー・ロカに亡命。
予言的な夢を見たのち、改宗した。
深い幻滅感を抱いたのち、ニュー・ロカに入信した。
汚染物質に侵された後、ニュー・ロカに加わった。
地球を訪れた後、ニュー・ロカに所属。
ニュー・ロカにスパイとして潜入し、改宗した。
Amaryn直々に洗礼を受けるよう選ばれる。
薬草を用いて啓示を得る儀式を経て改宗した。
牢獄から救ってくれたニュー・ロカへの恩を返すため加入する。
指令センターと共に自爆しようとしたが、自身は意外にも生き残った。
パートナーと共にニュー・ロカに加わった。
メンタル崩壊後にニュー・ロカに加入する。
深刻な病からの回復をニュー・ロカのおかげと伝える。
自らの家族を捨てた後、ニュー・ロカに加入した。
個性
廃棄物回収のスペシャリスト。
ボランティアで救援活動をしている。
開墾の顧問を務めている。
家畜品種を蘇らせることに集中している。
牧羊者活動に参加している。
アーキビストにして民俗学者。
銀の果樹園の元守り手。
いくつかの果樹園を管理している。
種の保存の研究者。
現役の牧畜家。
宣教の務めを与えられることを望んでいる。
ホスピスを設立。
何件もの器物破損に関与している疑いあり。
Vascaキャバットの治療に携わっている。
「raggedy-kai」なオモチャを作る。
作物栽培に力を入れている。
任命

キャプテン。植物に関する規制はありますか?
多少… 持ち合わせているのですが。

地球を訪れる事はありますか?
広大な緑はいつ見ても美しいです。たとえそれが墓場だとしても。

こんにちは、キャプテン。

挨拶

素晴らしき日々に祝福を。

こんにちは。

発言

一度立ち止まり、耳をすましてみて、あなたの鼓動に。そしてあなたを作ってくださった宇宙に感謝しましょう。あなたのその… 体? にも心臓はあるのでしょう?

ここには慣れてきました。リサイクルされた空気の臭いもせず、照明もさほど頭痛の種になりません。

本当は私の純血キャバットを連れてくるはずだったのだけど。癒し用の猫ね。幸運をもたらしてくれる。でも、もし船体が破損して彼が宇宙に吸い上げられてしまったら? そう思うと私が戻るまでTickerに世話を任せて正解かもね。

偉大なる母よ、我らがキャプテンを祝福し、空の堕落からお守りください。偉大なる母よ、我らがクルーへ祝福を。偉大なる母よ、我らが支給品を虫とカビからお守りください。偉大なる母よ、Cephalon Cyへ祝福を。

私達の体には宇宙にある銀河の数より細胞があるのよ。ざっと800億以上。そう思うと自分のエゴを抑えるのも容易だわ。

まるで悪い夢でも見ているようね。もしかしたらそうなのかもしれない。もしかしたら私は今地球にある家のベッドで安眠しているのかも。よく耐えられるわね。