Top > シーファイア

シーファイア

Last-modified: 2019-10-11 (金) 14:08:47

基本データ Edit

No.57
Seafire.png名称海喷火日本版シーファイア
レアリティ☆☆☆☆戦闘機
装備ステータス
火力雷装
爆装対潜
対空+7対空補正
命中回避+2
索敵装甲
射程
耐久1機当たりのコスト-5
装備可能艦種
航空母艦軽空母装甲空母戦艦
航空戦艦巡洋戦艦重巡洋艦航空巡洋艦
重雷装巡洋艦軽巡洋艦モニター艦駆逐艦
潜水空母潜水艦砲戦潜水艦給油艦
ミサイル駆逐艦防空ミサイル駆逐艦ミサイル戦艦
廃棄時獲得資源
燃料2弾薬2
鋼材0ボーキサイト8
備考
 
日本語説明イギリス海軍は第二次世界大戦初期の艦戦の性能に不満を感じていた。バトル・オブ・ブリテンでスピットファイアの優秀さを気づき、スピットファイヤVBを基礎にし、空母用のシーファイアを開発した。前のフルマーよりシーファイアの性能が極めて優れていた。航程が短い問題と離着艦の問題を抱えていたが、各戦闘で自分の優秀さを証明した。
中国語説明E国海军对其二战早期的舰载战斗机十分不满意,在不列颠空战中喷火表现出色,于是E国海军在喷火VB的基础上改进出了航母用的海喷火战斗机。相比之前的海燕和海斗士,海喷火的性能上了一个台阶。尽管有航程较短和起降性能不佳的缺陷,但是在各个战斗中,海喷火均表现出色。

入手方法 Edit

中国版
開発(33:20)
追赶者独角兽可畏不挠怨仇百眼巨人改初期装備
日本版
開発(33:20)
チェイサーユニコーンインドミタブルインプラカブルアーガス改初期装備

性能や運用について Edit

4月28日のVer3.0.0アップデートで回避が+2の上方修正を受けた。

元ネタ解説 Edit

運用イギリス海軍艦隊航空隊Fleet Air Arm,海軍予備員Royal Naval Reserve
フランス海軍航空隊Force maritime de l'aéronautique navale
アイルランド空軍An tAerchór
カナダ海軍Royal Canadian Navy
正式名称Supermarine Seafire (LF.Mk.III)
製造会社Supermarine
分類戦闘機 (艦上戦闘機型)
初飛行(生産開始)1942年(1942年)
乗員1名
出力(離昇,高度)Rolls-Royce Merlin 55M 液冷27.04LV型12気筒SOHC1段1速メカニカル・スーパーチャージャーエンジン1基(1230HP,1585HP/838m) (LF.Mk.III)
最高速度578.0km/h 高度1554m
航続距離825km
武装Hispano IIorV 20mm機関砲x2, Browning 7.7mm機関銃x4, 250lb爆弾x2or500lb爆弾x1(LF.Mk.III)
  • イラストのモチーフは主翼が折りたためるようにした本格的量産型LF.Mk.IIIがモデルであると思われる。
  • 第二次大戦前、英国海軍は空母上で運用する航空機の開発リソースが極めて少なく、多様な機種開発を到底行えなかったため、多用途型のスクアソードフィッシュのみを配備し、直掩はあろうことか爆撃機のスクアにやらせる状態であった。
    しかし海軍は性能的に不満足であり、かと言って今から戦闘機の開発も難しいので陸上機であるスピットファイアを改良して艦載機仕様とした。
    SBDJu87など艦上爆撃機を戦闘機として転用、運用するケースもあったためこれは単純に無茶な転用といい切ることはできなかった。また、この改造が完成する間、スクアの後部に動力銃座を取り付けたロック戦闘機というゲテモノまでこしらえている)
  • 完成した海軍仕様スピットファイアはシーファイアと名付けられたが、元が陸上機のため離着艦性能が悪かった。
    特に小柄な護衛空母からの離着艦は困難を極め、多くを事故で喪失している。
    元々のスピッドファイアの段階から設計上脆くなりがちな主脚の内開き構造を生産性や整備性を理由に採用しているため、若干の改良を加えただけは解決しなかった。
  • 主脚の脆さの根本的な原因として、当時ヨーロッパの空軍の滑走路がキレイに舗装されているのが前提であり、軽量化やその他の課題のためには主脚の多少の弱さは問題にならないという考え方が浸透していたことにある。
    • この為主脚が脆いという点は戦争相手のBf109にも共通する。
      ついでに、ライバル(Fw190、ハリケーン)は設計者のこだわりで頑強な脚を持ち、実数上ではより活躍した点も共通している。
  • シーファイアは大戦末期、ドイツ降伏後東洋艦隊に配備された空母に搭載され対日戦にも参加し、日本本土への攻撃にも参加した。
    しかし、液冷エンジンで連れている攻撃機がアメリカ製のアベンジャーだったため、その多くがP-51と誤認されていた。
  • シーファイアはスピットファイア同様に改良型が作られた。最終的にスピットファイアの生産が終わったあとも改良型が作られ、スピットファイア/シーファイアシリーズの最後を飾ったのはシーファイアF Mk.47型だった。
    全体で22000機生産されたスピットファイア/シーファイアシリーズの最終機はVR971号機で、1949年1月28日を最後にスーパーマリンによるイギリス大戦期最優秀主力戦闘機の生産は終わった。
  • 戦後当初は、Mk.XVとMK.17を運用していたが、Mk.47型に置き換えられた。
    配備されたシーファイアはフェアリー・ファイアフライとともに朝鮮戦争に参加した。
    多くの機体が重量級のボディによる着艦時の負荷で機体後部に大きなストレスを抱えており、作戦終了後引退していった。
  • 1954年6月19日、アイルランド空軍で運用されていた最後のシーファイアが引退したことで世界中からスピットファイア/シーファイアは姿を消した。
  • 多くの機体が団体や個人の手で保存されている。飛行可能な機体も多く、現在でも映画に出演するなどメディア露出も多い。(最近では映画ダンケルクに参加した。)
  • シーファイアは全体で2646機が生産された。派生型は以下の通り
    • Spitfire Mk.Vb(Type 349):エンジンをMerlin 45(1470hp)に換装し、胴体に小改良を施したモデル。その中でも武装に20mm機関砲x2、7.7mm機銃x4を搭載していたモデル。
      Mk.Ib(Type 340):Spitfire Mk.Vbに艦載機としての装備を追加したモデル。エンジンはMerlin 46(1415hp)に換装。48機が改造され、海軍パイロットの操縦訓練や艦載機開発のテストに使われた。その後118機が追加で改造された。
    • Spitfire Mk.Vc(Type 349):Mk.Vbの武装が7.7mm機銃x4と20mm機関砲x2のどちらかに選択できるようになったモデル。
      F Mk.IIc(Type 357):Spitfire Mk.Vcをベースに護衛空母やカタパルトのない空母からの発艦のためにRATOを装備できるようにしたモデル。
      FR Mk.IIc:F Mk.IIcに偵察用カメラ2台を装備した戦闘偵察機型。
      Mk III:ウェストランド社が生産したF Mk.IIc。30機が作られた。
    • F Mk.III:折りたたみ主翼を初めて採用したモデル。主翼の形状も再設計された。エンジンはMerlin 55(1470hp)に換装している。武装はイスパノMk.V 20mm機関砲x2、ブローニング7.7mm機銃x4。このタイプが最多生産型で合わせて1220機が作られた。
      FR Mk.III:F Mk.IIIに偵察用カメラを搭載した戦闘偵察機型。
      L Mk.III:エンジンをMerlin 55M(1585hp)に換装したモデル。
    • F Mk.XV:エンジンをGriffon VI(1735hp)に換装したモデル。強化されたF Mk.IIIの機体に、主翼燃料タンク、大型の昇降舵など改良点も多い。Spitfire F Mk XIIの海軍版と呼ばれることもあるが実際には別物。
      F Mk.XVII:F Mk.XVでを起きていた着艦時の不具合を改善したモデル。翼と主脚が補強され、キャノピーをバブルトップに変更している。
    • F Mk.45:エンジンをGriffon 60(2035hp)に換装したモデル。燃料タンクの増量も同時に行われた。また、このモデルからプロペラが二重反転プロペラに変わった。
    • Spitfire F Mk.22(Type 356):Mk.21をベースに小改良したモデル。バブルキャノピーへの変更、電気系統の強化、尾部の拡大が行われている。
      F Mk.46:Spitfire F Mk.22をベースに燃料タンクの増加、エンジンをGriffon 85(2375hp)かGriffon 87に換装したモデル。
      FR Mk 46:F Mk.46に偵察用カメラを搭載した戦闘偵察機型。
    • F Mk.47:スピットファイア/シーファイアシリーズの最終生産型。エンジンはGriffon 88(2375hp)。油圧式折りたたみ翼を採用、昇降舵の改修が行われた。1949年生産終了。
      FR Mk.47:F Mk 47に偵察用カメラを搭載した戦闘偵察機型。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ヲタクでなければそもそも伝わらないような書き方やネタ振り ネットスラングの多様はやめてください 一部COさせていただきました -- 2017-12-11 (月) 21:08:24
    • DiffAnaで確認したところ、編集相談板と管理掲示板で問題となっている人物と同じでした。 -- ≠木? 2017-12-11 (月) 22:21:24
    • イキりすぎてるなこの人。こんな話、ミリ仲間と話せば良いのであってwikiにそのまま書く必要性を感じない。同じミリオタとして情けないぜ。 -- 2017-12-11 (月) 22:38:32
      • 加筆していただけるのは結構だと思うんですが、主観が入りすぎというかネタを多用しすぎでwikiとしては相応しくない文になってる気がします。 -- 2017-12-12 (火) 00:59:37
  • 一部記述をサルベージしました -- くりおね? 2017-12-19 (火) 22:39:02
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 
 

カード一覧/種類別装備一覧表

装備一覧表 Edit

装備一覧表

装備通称リスト Edit

通称