Top > Fl-265

Fl-265

Last-modified: 2019-09-03 (火) 22:04:08

基本データ Edit

No.198
Equip_L_198.png名称Fl 265日本版Fl-265
レアリティ☆☆☆☆偵察機
装備ステータス
火力雷装
爆装対潜+5
対空対空補正
命中回避
索敵+1装甲
射程+1
耐久一機当たりのコスト-5
装備可能艦種
航空母艦軽空母装甲空母戦艦
航空戦艦巡洋戦艦重巡洋艦航空巡洋艦
重雷装巡洋艦軽巡洋艦モニター艦駆逐艦
潜水空母潜水艦砲戦潜水艦給油艦
ミサイル駆逐艦防空ミサイル駆逐艦ミサイル戦艦
廃棄時獲得資源
燃料7弾薬5
鋼材0ボーキサイト5
備考
開発不可
日本語説明ヘリコプターの離着艦の所要面積が少ないため、ドイツ海軍もこの武器に興味があり、ケルンの第二砲塔の近くの臨時降着場でFl-265型の離着テストを行っていた。初期のヘリコプターの搭載量は少なく、武器の搭載は不可能だったが、ヘリコプターの未来性を証明した。
中国語説明由于直升机起降占地面积较小,所以海军很感兴趣,Fl-265型在科隆号2号炮塔附近的临时平台上进行了起降测试,尽管早期直升机带不了多少武器,但这无疑是种很有前途的装备。

入手方法 Edit

中国版
科隆改初期装備
日本版
ケルン改初期装備

性能や運用について Edit

元ネタ解説 Edit

絵のモチーフFlettner Fl 265

アントン・フレットナーが開発した双交差ローターという凝った方式の小型ヘリコプター。
ごく近い基部に傾けて配置された2枚のローターがそれぞれ逆方向に回転することでトルクを相殺するため、テールローターの必要がない。
機体は通常の飛行機と似ている。すなわち一番前に星型エンジンを配置し(冷却効率のため)その後ろに操縦席が続く。
ただしエンジンの動力を上にあるローターに伝えるためのギアとシャフトが必要なため、
操縦席に見える部分の前半分は実際シャフトがグルグル回るだけの場所で、操縦手は後ろ半分に座ることになった。
6機が製造されなかなかの性能を示したが、フレットナーはこれに満足せず、エンジンと操縦席の位置をそっくり入れ替えたFl-282を開発した。
これは今日のヘリコプターと同様操縦席が一番前に来る仕組みで、視界が広く扱いやすいことからこちらを本製造することが決まった。
参考用動画第二砲塔真上突っ込みどころ満載な場所に作られた発着場にタッチダウンするシーンもある

コメント Edit

コメントはありません。 コメント/Fl-265?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 
 

カード一覧/種類別装備一覧表

装備一覧表 Edit

装備一覧表

装備通称リスト Edit

通称