Top > SBD-3(マクラスキー隊)

SBD-3(マクラスキー隊)

Last-modified: 2018-12-23 (日) 18:35:27

基本データ Edit

No.184
Equip_L_184.png名称SBD(麦克拉斯基队)日本版SBD-3(マクラスキー隊)
レアリティ☆☆☆☆☆爆撃機
装備ステータス
火力雷装
爆装+12対潜+3
対空対空補正
命中+2回避
索敵+5装甲
射程
耐久1機当たりのコスト-5
装備可能艦種
航空母艦軽空母装甲空母戦艦
航空戦艦巡洋戦艦重巡洋艦航空巡洋艦
重雷装巡洋艦軽巡洋艦モニター艦駆逐艦
潜水空母潜水艦砲戦潜水艦給油艦
ミサイル駆逐艦防空ミサイル駆逐艦
廃棄時獲得資源
燃料1弾薬1
鋼材0ボーキサイト2
備考
開発不可
日本語説明マクラスキーはエンタプライズのパトロール指揮官だった。ミッドウェー海戦で重要な役を演じていた。米軍の攻撃機編隊は日本空母部隊を発見できなかった際、真裏スキーは帰投せず続きに飛行したことにより駆逐艦嵐を発見した。マクラスキーは攻撃機編隊を率い、嵐を追跡し、日本の空母部隊を見つかった。その後米軍編隊の急降下爆撃攻撃で帝国海軍の3隻の空母を撃沈した(マクラスキー機は加賀への攻撃を参加した)。現在米軍が授かる優秀攻撃機中隊の表彰の名はマクラスキー奨である。
中国語説明麦克拉斯基是企业号的航空指挥官。他在中途岛之战中扮演了关键角色,美军攻击机群一直未能搜寻到日军航母部队,但是指挥官麦克拉斯基坚持多飞了一会,并发现了日军岚号驱逐舰。麦克拉斯基带队跟着岚号找到了日军航母部队,之后美机群的俯冲轰炸一举击沉了日军3艘航母(麦克拉斯基座机参加了对加贺的投弹)。现在美军每年颁发的优秀攻击机中队奖就叫麦克拉斯基奖。

入手方法 Edit

中国版
企业(中间岛战役Ex-5通关奖励)初期装備
战利品兑换(60枚)
日本版
エンタープライズ(ミッドウェー海戦Ex-5報酬)初期装備
戦利品交換(60枚)

性能や運用について Edit

  • 爆撃+12・ボーキコスト5に加え、他のステータス値補正も大きい高性能な爆撃機。
  • 建造したエンタープライズにはこの装備をしていないが、Ver3.3.3現在大陸版・日本語版共に戦利品景品にて交換可能である。

元ネタ解説 Edit

運用アメリカ海軍United States Navy,海兵隊United States Marine Corps,陸軍航空軍United States Army Air Forces
ニュージランド空軍Royal New Zealand Air Force
正式名称Douglas SBD Dauntless (SBD-3)
製造会社Douglas Aircraft
分類艦上急降下爆撃機,艦上偵察爆撃機
初飛行(生産開始)1940年(1940年)
乗員2名
出力(離昇,高度)Wright R-1820-52 Cyclone 空冷29.87L単列星型9気筒OHV1段2速メカニカル・スーパーチャージャーエンジン1基
(1000HP,-HP/-m)(SBD-3)
最高速度402.3km/h 高度4267m
航続距離2164km
武装AN/M2 Browning 12.7mm機関砲x2, Browning 7.7mm機関銃x2(後方), 100lb爆弾x2, 1000lb爆弾x1(SBD-3)
パイロットClarence Wade McClusky,Jr.
  • Clarence Wade McClusky,Jr.(クラレンス・ウェイド・マクラスキー・ジュニア) (1902-1976)。
    アメリカ海軍の将校で、最終階級は海軍少将。
  • 1926年に海軍士官学校を卒業、パイロットの資格を取得し士官学校の教官をしていた。
    1940年に空母エンタープライズに所属するVF-6飛行隊(F4F戦闘機)に就任し、1941年から指揮をとった。
    当初マクラスキーはF4Fワイルドキャットのパイロットであったが、VF-6(第6航空群)司令官就任を期にSBD-3へと乗り換えた。
  • ミッドウェー開戦での活躍
    • 1942年6月、ミッドウェー海戦においてマクラスキーは敵空母機動部隊発見の報告を受け、全艦載機による一斉攻撃を指示した。
      エンタープライズの全艦載機を指揮する立場でありながら自身も33機のSBDで構成される部隊を直接率いて出撃した。
      しかし、スプルーアンス少将は発進して戦闘機隊、艦攻隊、艦爆隊が集結する時間を惜しみ、部隊ごとに敵部隊へと向かわせてしまった。
      • 機体重量と発艦距離の関係から戦闘機、爆撃機、攻撃機の順で発艦し、上空で待機、全機発艦後一度集結し直すのが一般的な運用。
    • この結果マクラスキー自身も出撃したSBD隊は戦闘機隊や攻撃機隊とは全く別の方向に進んでしまった。
      目標を見失ってしまったSBD隊は燃料切れとの戦いの中で予想していた海域を索敵を続けた。
      この時、潜水艦ノーチラス(USS Nautilus,SS-168)を攻撃するために行動していた駆逐艦嵐を発見。
      が機動部隊と合流しようとしていると判断し、その予測進路を索敵した結果、海戦に参加していた空母の内3隻(赤城、加賀、蒼龍)を先に到着していた攻撃機隊が低空から雷撃している最中であった。
      エンタープライズの雷撃隊(TBD)への対応で対空砲火や直掩零戦隊が低空に集中しており、高空への警戒が手薄になっていると判断したマクラスキーは同時刻に到着したヨークタウン艦爆隊とともに急降下爆撃を開始した。
      マクラスキーの部隊は加賀に攻撃を集中、部下のガラハー隊が加賀に命中弾を与えた。
      またマクラスキーの部下であるベスト大尉の部隊は連携に失敗して4機で赤城を爆撃し命中弾を与えた。
      この結果、マクラスキーは自らが直接率いる兵力による1度の攻撃で2隻の航空母艦を撃沈するという戦果を挙げることになった。
    • 蒼龍ヨークタウンから出撃したマクスウェル・レスリー少佐の率いる艦爆隊が攻撃している。
    • 攻撃時は損害がなかったものの護衛無しだったため上空直掩に出ていた零戦隊の追撃を受け、30機の攻撃部隊の内14機が撃墜され自身も負傷しながらエンタープライズへ帰還した。
      マクラスキーは負傷した後も艦上で指揮を執り続け、第二次攻撃にガラハー大尉の艦爆隊とヨークタウンが大破したことでエンタープライズに退避していたシャムウェイ大尉の艦爆隊を出撃させた。
      第二次攻撃で空母飛龍を撃沈したことで、マクラスキーは1回の作戦において自分の指揮により3隻の空母を撃沈した類まれな指揮官としてNavy Cross(海軍十字章,最高位から2番目の勲章)を授与されている。
  • ミッドウェー海戦後は中佐に昇進し、護衛空母コレヒドール(USS Corregidor,CVE-58)の艦長になった。
     
  • 第二次世界大戦後は大佐に昇進、朝鮮戦争では第1艦隊と第7艦隊の主席参謀を努めた。
    1952年にはイリノイ州の海軍航空隊基地で勤務し、1954年に准将に昇進。1956年に退役するまで予備艦隊で勤務した。
    退役後功績を称えられて1階級特進し少将になった。
    ミッドウェー海戦での功績を報いて1981年に就役したオリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート32番艦にマクラスキーの名前がつけられている。
     
  • マクラスキーの功績は後世へ多くの影響を与えた。
    アメリカ海軍では毎年夏にファロン海軍航空基地やオシアナ海軍航空基地で射爆撃競技会を実施おり、その中の対地爆撃部門で優秀な成績を残した部隊に贈られる賞がRear-Admiral Clarence Wade McClusky Award(マクラスキー少将賞)となっている。
    この賞を受賞した部隊の飛行隊長機には受賞を示すMcCluskyが次の競技会まで記入されるという名誉を受けることになる。
    • また架空戦記やゲームなどでは非常に強力で運に恵まれたエンタープライズの航空群司令として必ずと言ってほど登場する重要人物という扱いを受けている。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 消費ボーキ5で優秀だよね。 -- 2017-03-22 (水) 00:16:14
  • 対空ないことのぞけばボーキ安い割に景雲と同等の爆装で極めて優秀。ただ量産が不可能であり在庫作って使い回すのには不向き。他の艦載機で対空値をフォローしながら使うぶんにはこれ以上ない逸材 -- 2018-01-21 (日) 20:47:38
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 
 

カード一覧/種類別装備一覧表

装備一覧表 Edit

装備一覧表

装備通称リスト Edit

通称