ボフォース40mm対空機関砲(連装)

Last-modified: 2023-03-27 (月) 01:03:30

基本データ

No.50
U-Country_2x40mm_Bofors_AA_Guns.png名称美国博福斯40毫米防空炮(双联)日本版ボフォース40mm対空機関砲(連装)
レアリティ☆☆☆☆対空機銃
装備ステータス
火力+1雷装
爆装対潜
対空*1+7(+19.6)対空補正+35%
命中+1回避
索敵装甲
射程
耐久対空補正値*22.45
対空倍率2.8
装備可能艦種
航空母艦軽空母装甲空母戦艦
航空戦艦巡洋戦艦重巡洋艦航空巡洋艦
重雷装巡洋艦軽巡洋艦モニター艦駆逐艦
潜水空母潜水艦砲戦潜水艦補給艦
ミサイル駆逐艦防空ミサイル駆逐艦ミサイル巡洋艦防空ミサイル巡洋艦
大型ミサイル巡洋艦ミサイル戦艦
廃棄時獲得資源
燃料0弾薬4
鋼材1ボーキサイト1
備考
 
日本語説明ボフォース40mm機関砲は第二次世界大戦時におけるもっとも有名な中距離対空火器であり、各交戦国に使われていた。1942年からアメリカ海軍に装備され、後にエリコン20mm機関砲との組み合わせが活躍した。4発ずつのクリップで給弾され、弾薬さえ十分にあったら長時間打ち続けられる。
中国語説明博福斯40毫米炮是二战期间最成功的中程防空武器,各个交战国都有装备。U国海军于42年开始装备,之后迅速形成了厄利空+博福斯的组合。这种机关炮使用4发弹夹供弹,并且只要供弹跟上,可以长时间持续射击。

入手方法

中国版
開発(16:40)
摩尔曼斯克昆西改奥马哈改新奥尔良改初期装備
日本版
開発(16:40)
ムールマンスククインシー改オマハ改ニューオーリンズ改初期装備

性能や運用について

  • 開発可能な対空砲としてはかなり強力な部類に入る。
  • 上位品の4連装は開発不可能なので、序盤では数が揃えにくい。
    こちらは艦載機開発などのハズレで出てくるので、4連装の数が揃うまでは駆逐艦用の装備として活躍が見込める。
    攻略が進むと4連装の方がむしろ手に入りやすくなり、他の強力な対空機銃を量産する目処もついてくるため、それらに後を任せて御役御免となる。

元ネタ解説

絵のモチーフ3inch/50 Mk 33連装砲対空砲
実際の兵器スウェーデン Bofors 40 mm/60 Model 1936 アメリカ 40 mm/56 Mark 1, Mark 2 and M1
  • 絵のモチーフは3inch対空砲になってしまっている。これは単純なイラスト発注ミスであると思われる。
  • ボフォース 40mm機関砲。1930年代初めにスウェーデンのボフォース社が開発した、第二次世界大戦時の傑作対空機関砲。
    • スウェーデンでは第一次世界大戦時にイギリスから輸入したQF 2ポンド ポムポム砲をライセンス生産していたが、航空機の発達によりポムポム砲では対空戦闘が難しくなってきたため、40mm機関砲を新規開発した。
      4発入りクリップ弾倉を採用したため、長時間の連射が可能だった。また、薬莢は銃の下から排莢する面白い形をとる。
    • 砲身長は56口径だが、ボフォース社では一の位を繰り上げて60口径と呼ぶことが多い。
  • 6tという、高角砲クラスの大重量がネックだったものの、その性能で連合国・枢軸国を問わず幅広く使用された。
    アメリカ海軍の対空兵装の中で最も多くの航空機を撃墜したとも言われており、多くの日本軍機(特に大戦終盤の特攻機)を海の藻屑へと変えた。
    • アメリカがこの機関砲を作るために手に入れたライセンスは入手方法が独特だった。
      1940年になってもアメリカは中立を保っており、スウェーデンから直接ライセンスを購入することが困難だった。しかし、40mmというキングサイズの機関砲は魅力的だった。(意外にもアメリカの国産機関銃の開発は、M2 12.7mm重機関銃以降うまくいかず、大口径機関砲が陳腐化していた。QF 1ポンド(37mm)機銃は古すぎたし、頼みの28mm機銃も追随性が悪い、弾詰まりするといった問題を抱えており、更新は急務だった。ポムポム砲のライセンス生産も候補に挙がったが、ポムポム砲はコルダイトを装薬に使用しており、当時のアメリカにはコルダイトの生産設備がなく、アメリカ製の装薬に変えることも不可能な構造だったため、候補から外れた)
      ここでイギリスが持っていた製造ライセンスに目を付けたのである。
      イギリスではすでにボフォース40mm機関砲をライセンス生産しており、地上用・艦載用として多数の40mm機関砲を製造していた。アメリカはイギリスのライセンス製造権のライセンスを買うことで、40mm機関砲を製造できるようになったのである。1942年5月ごろから配備が始まり、既設の28mm機銃や3inch高角砲を置き換えていった。
    • 第二次世界大戦が終わった後、アメリカは大戦中のライセンス料をまとめてスウェーデンに支払ったらしい。
  • ただしアメリカでも大戦末期は威力不足を指摘していた。通常の雷撃機や急降下爆撃機に対しては完璧な効果を発揮したが、特攻機相手だと上空で粉砕しきれずに体当たりを許すことが多かったのだ。
    • そもそも対空機銃は敵機の接近を阻害したり、攻撃を失敗させるミッションキル兵器であり、敵機の撃墜は最重要ではなかった。攻撃後に離脱する通常攻撃では敵機の速度に上限があるため、40mm機銃で撃墜できたが、離脱を考慮しない特攻では速度に上限がないため、40mm機銃でも撃墜できないことが増えていた。
      -こうしてさらなる火力を求め、3inch対空砲や対空ミサイルの開発につながっていく。
  • 生産国のスウェーデン以外では、オランダがいち早く連装型を採用しており、ヘイズメイヤー型の砲架と組み合わせていた。スタビライザー付きの砲架であり、船が揺れていても砲架は水平を保つ機能があった。
  • アメリカでは単装型と連装型のほか、連装型2台を同一のターンテーブルに載せた四連装型を大量に生産し、多くの水上艦艇に装備した。
  • イギリスでは、オランダから脱出した船に乗っていたヘイズメイヤー型砲架を研究し、単装型と連装型を大量に生産した。40mm機銃のほか、20mm連装機銃もヘイズメイヤー型砲架に載せた物が作られた。
    イギリス陸軍では1937年から配備を始めていた。一方海軍では予算不足により、製造・配備が遅れていたが、1942年ごろには十分な数が揃っていた。
  • ドイツでは戦前に購入したものを主に使用したほか、少数だがライセンス生産を行っていた。単装型のみ運用した。
  • なお日本では輸入やライセンス生産はしていなかったが、大東亜戦争の初期にマレー半島でイギリス軍から鹵獲したものを研究し、ドイツのラインメタル37mm機関砲より高性能だったので、五式40ミリ高射機関砲として違法コピー複製を試みている。また、鹵獲品も研究用に後送したもの以外は積極的に使用した。
    しかし製造に手間取り、終戦間際に30門程度が完成したに留まった。
    • 日本がライセンスを取得しなかった理由については諸説あるが、当時の日本では対空機銃の有効射程を1500m程度に設定しており、40mm機銃は弾道の低下が25mm機銃より大きかったため、不採用になったらしい。また、毘式40mm機銃が劣悪だったため、大口径機銃に対する不信感があったことも一因だといわれる。
      尤も、当のスウェーデンは日本に売り込む気がなかったわけではなく、商談次第では製造ライセンスを入手できる可能性は十分にあったという。
    • ただ、日本が違法コピーにてこずった理由の一つに、バネのコピーが難しかった説があり、これが正しいとすると仮にライセンスを取得したとしても量産できたかは疑問符が付く。
  • 戦後も主に西側諸国で改良を重ねながら使用され、一部国家では80年以上の時を経て現役稼働しているロングセラー兵器である。砲身を70口径に延長したモデルが主流である。
  • 因みに日本の海上自衛隊でも過去に搭載していた艦があり、海上保安庁の巡視船にも単装型を載っけている船が今現在でもある。

コメント

 
 

カード一覧/種類別装備一覧表

装備一覧表

装備一覧表

各欄の下段は日本版未実装

主砲

主砲
カテゴリ装備名
小型主砲日本三年式12cm単装砲日本三年式12.7cm単装砲日本三年式12.7cm連装砲ドイツ127mm単装砲ドイツ150mm単装砲ドイツ150mm連装砲イギリス4inch連装砲イギリス4.7inch連装砲アメリカ5inch両用砲アメリカ5inch単装砲フランス138mm単装砲ソ連130mm単装砲イギリス4inch単装砲アメリカ5inch連装砲フランスM1934連装138mm砲ソ連СМ-2-1連装130mm砲日本九八式10cm連装砲中国150mm火砲ソ連二連装130mm火砲イタリア連装120mm火砲イギリス連装4.5inch砲(MK.VI型)ソ連単装305mm無反動砲三年式15.5cm高角砲ドイツ二連装128mm両用砲MK.N6連装4.5inch砲イタリア135mm単装砲フランスM1948連装127mm砲イタリア135mm連装主砲ソ連CM-5-1 100mm連装砲5inch二連装両用砲(RAT)オート・メラーラ76mm連装速射砲БР-482砲弾5インチ両用砲(MK4)MK12型5inch砲ボフォース120mm連装砲イギリスL54連装5inch両用砲イギリス3inch連装速射砲秘密な武器シーキラーミサイル9.2inch砲(BM)100mm速射砲(53)381mmL40砲(BM)改良型3inch高射砲T-34/85砲塔(186)MK42型5inch砲MK71型203mm砲A22ロケット砲100mm速射砲(G)79式100mm二連装主砲5inch連装砲(F)イギリス5inch連装砲
三联381毫米压缩空气炮(维苏威)
軽巡主砲日本三年式14cm単装砲日本四一式15.2cm連装砲ドイツ150mm三連装砲イギリス5.25inch連装砲イギリス6inch連装砲アメリカ6inch三連装砲中国140mm連装砲イギリス三連装6inch火砲ソ連三連装152mm火砲オランダ二連装152mm火砲イギリス6inch火砲ソ連三連装180mm火砲日本三年式15.5cm三連装砲フランス連装155mm主砲スウェーデン三連装152mm主砲ソ連改良型180mm三連装主砲MK16 6inch三連装主砲(サプレッサー)オーストリア=ハンガリー24cm連装砲イギリス連装MK.N5型6inch両用砲アメリカMK16DP6inch連装高角砲イギリス6inch三連装両用砲アームストロング8inch砲フランス27cm単装砲イギリス9.2inch連装砲(ACR)三連装両用主砲(6inch)254mm三連装砲Б-1-К180mm単装砲152mm三連装両用砲(46)改良型6inch三連装主砲20cm連装砲(AH)試製30cm単装砲
重巡主砲日本三年式20.3cm2号連装砲ドイツ203mm連装砲アメリカ8inch三連装砲イギリス二連装8inch火砲アメリカ三連装8inch火砲(MK12/15)日本仮称20.3cm連装砲3号砲三連装8inch高角砲MK16ドイツ三連装203mm主砲アメリカ連装12inch主砲(CB)254mmボフォース連装主砲イタリア203mm連装主砲フランスM1931型203mm連装砲ソ連CM-40型220mm三連装砲イギリス9.2inch連装砲アメリカ背負式12/8inch連装砲ソ連240mm三連装砲ヴィッカース10inch連装主砲三年式20cm砲(一四式方位盤)試作30cm主砲12inch連装主砲(Sp)28cm3連装主砲(sp)イギリス三連装9.2inch主砲30cm連装砲(k)
戦艦主砲日本四一式35.6cm連装砲日本三年式41cm連装砲日本九四式46cm三連装砲ドイツ283mm三連装砲ドイツ380mm連装砲ドイツ406mm連装砲イギリス15inch連装砲イギリス16inch三連装砲イギリス14inch四連装砲アメリカ12inch三連装砲アメリカ14inch三連装砲アメリカ16inch三連装砲(MK6)イタリア305mm三連装砲フランス四連装380mm主砲フランス四連装380mm主砲(故障)ドイツ二連装280mm主砲(旧式)イギリス二連装15inch火砲(改)イギリス三連装15inch火砲(試作)アメリカ二連装16inch火砲イギリス三連装16inch火砲(改)イタリア三連装381mm主砲イタリア三連装320mm主砲イギリスMK.III型三連装16inch主砲アメリカ二連装16inch火砲(改)アメリカ二連装18inch主砲日本試作48cm二連装主砲アメリカ三連装16inch主砲(MK7)早期型アメリカ三連装14inch主砲(改)アメリカ16inch三連装砲(MK7)スウェーデン連装280mm主砲ソ連三連装406mm主砲イギリス18inch連装主砲フランス330mm四連装主砲イタリア3連装381mm主砲(改)イギリス20インチ連装主砲日本試作35.6cm三連装主砲フランスM1920型450mm三連装主砲日本試作41cm三連装主砲イギリス18inch単装砲オーストリア=ハンガリー30.5cm三連装砲イタリア45.7cm連装砲日本46cm長砲身連装砲アメリカ18inch三連装砲ドイツSKC/40型42cm三連装砲イギリス18inch三連装主砲(K)試作41cm四連装砲アメリカ20inch連装主砲イギリス18inch三連装砲(N)イタリア連装381mm主砲(BM)アメリカ18inch主砲(三連装)イギリス15inch連装砲(284)ソ連СМ-31 305mm三連装主砲ドイツ48cm連装主砲(43)ソ連三連装460mm砲MK6型三連装16inch砲(mk8)一週間主砲群380mm連装砲(SKC/34)イギリス14inch四連装主砲(284)イギリス18inch主砲(M)試作甲砲340mm四連装砲超戦艦三連装主砲五年式46cm主砲四一式36センチ主砲15inchMKII連装砲ドイツ508mm連装砲(H)406mm四連装主砲(試製)九四式三連装主砲(MU)長砲身46cm三連装砲MK7(BM)16inch主砲(MK2)18inch三連装主砲(ティルマン)九四式主砲(22)ドイツ四連装406mm主砲533mm連装主砲(試製)41cm連装砲(演習)ドイツ試製533mm砲(36)15inch連装砲(RP12)MK7 16inch三連装主砲(M)480mm二連装主砲(42)試製41cm四連装主砲(S)48cm四連装砲406mm三連装主砲(S)45cm三連装主砲51cm三連装主砲14inch三連装主砲(カタパルト)
德国双联533毫米炮、法国四联420毫米主炮、英国15英寸双联主炮(BM)、四联十六英寸主炮(T)
砲潜主砲フランス二連装203mm潜水艦主砲イギリス12inch潜水艦主砲

戦闘機

戦闘機
カテゴリ装備名
コスト3ボーイング218(ロバート・ショット)シーグラディエーター(フェイス)
コスト4九六式艦戦零戦二一型烈風I-16(哲生機)BF2C(志航機)D.790RE.2001スピットファイア(ビール樽)
コスト5零戦五二型BF109TシーファイアF2AF4FXF5Uシーファイア艦上偵察機シーファイアMKXVF2A(サッチ隊)Yak-1B(リディア機)FM-2P-39(ポクルィシュキン機)F4U(ボイントン機)LA-7(コジェドゥーブ機)ME-155BF-109E(ガーランド機)F7FSR.A/1陸軍単発噴進式戦闘機ファイア.9374P-51(観兵式)F4U(サッカー戦争)F4F(ジョン・サッチ)F4U(アイスクリーム)烈風改JT-2VシースターF6F(102)FR-1ファイアボールYak-9戦闘機XF15CF4F(オヘア)F6F(マッキャンベル)ブラックウィドウ戦闘機F2R
CM.170
コスト6シーファングF4UF6F震電シーフューリーSO.8000XFV-1垂直離着陸戦闘機震電改シーバンパイア(フレキシブル・デッキ)XF8BXFY-1シーファングMK32シーホーク
コスト7シーミーティアF8FFD-1ファントムF6U
VG.90战斗机
コスト8F2HF3DシービクセンシービクセンFAW.2F3H
コスト9F9FF-9 クーガー
航巡・航戦装備可SR.A/1XFV-1垂直離着陸戦闘機シーバンパイア(フレキシブル・デッキ)
XFY-1

強化部品

強化部品
カテゴリ装備名
回避強化標準型エンジン改良型エンジン先進型エンジン発煙筒ディーゼルエンジンレーダー警戒装置速達ダンボール新型高圧ボイラー神秘な電子機器シュノーケル(潜水艦)潜水用防振浮筏艦体ダズル迷彩三連装回るブランコ(6inch)艦載チャフシステムチャフ発射装置潜水艦用防衛システム
航空戦強化トールボーイティニー・ティムロケット弾RAT-52ロケット魚雷Motobomba FFF真夜中のウィッチロケット弾油圧カタパルトフリッツX
火力強化スティックカラムーチョ雷獣ソックスハロウィンコウモリトリック・オア・トリート艦載ロケット弾仮装九四式40cm三連装主砲(リサイクル可能物)祝日花火
装甲強化付加装甲(小型)付加装甲(中型)付加装甲(大型)プリエーゼ式水面下防御システム遮音タイルSGグローブ多層装甲水面下防護システム
対空強化連絡電報空翔けるユニフォーム夜間戦闘機連隊
命中強化スライダーシューズ
索敵強化潜水艦用SJレーダーAR-231潜載偵察機OS2Uキングフィッシャー(DD)
雷装強化フライング・ホワイト潜水艦用快速装填装置潜水艦ロケット砲(U)ミニ装載艇
生き物オスカージンジャー&フィッシュケーキ凶暴な虎ベアトリーチェ・フィッシュケーキベルマッキャン・3世
食品軍用レーション
合味道TapTap冰淇淋
その他黄金箱鉄の錨イタリア食器セット極秘荷物化粧台グングニル豪奢な木製インテリアお年玉みたいなものZ旗日本短砲身単装20cm砲ドイツ海軍便器第二十三駆逐隊旗ブルーリボン賞M4A2中戦車507B迷彩(マウントバッテンピンク)Ка-15潜水艦用ソナー105mm甲板砲(潜水艦)
风火轮

強化弾

強化弾
カテゴリ装備名
火力強化特殊徹甲弾
対空強化三式弾近接信管砲弾
ダメージ上昇超重量弾MK8砲弾
敵装甲ダウン91式徹甲弾一式徹甲弾

装備通称リスト


*1 ()内は対空倍率考慮値
*2 対空*対空補正で計算
*3 太字は防巡・大巡のみ搭載可能
*4 太字は防巡・大巡のみ搭載可能