Top > 九九式艦爆

九九式艦爆

Last-modified: 2018-06-30 (土) 13:46:22

基本データ Edit

No.62
Aichi_D3A.png名称九九式舰爆日本版九九式艦爆
レアリティ爆撃機
装備ステータス
火力雷装
爆装+5対潜
対空対空補正
命中+1回避
索敵装甲
射程
耐久1機当たりのコスト-4
装備可能艦種
航空母艦軽空母装甲空母戦艦
航空戦艦巡洋戦艦重巡洋艦航空巡洋艦
重雷装巡洋艦軽巡洋艦モニター艦駆逐艦
潜水空母潜水艦砲戦潜水艦給油艦
ミサイル駆逐艦防空ミサイル駆逐艦
廃棄時獲得資源
燃料1弾薬1
鋼材0ボーキサイト2
備考
 
日本語説明九九式艦爆は日本がドイツの技術を基づいて開発した艦載急降下爆撃機だった。九九式は戦争前半の主力爆撃機、熟練のパイロットによる命中率は極めて高かった。真珠湾とインド洋作戦で多くの戦果を挙げたが、パイロットの損失とアメリカ戦闘機対空防御の改造により九九式は時代に遅れるようになった。1944年彗星の就役により九九式は戦争の舞台から降りた。
中国語説明九九式舰爆是J国在吸收G国技术基础上研制的舰载俯冲轰炸机。九九式是J国前中期的主力轰炸机,在熟练飞行员操作下,九九式舰爆的命中率相当惊人。在偷袭珍珠港和印度洋作战中战国颇丰,但是随着飞行员的损失和U国飞机、防空的增强,九九式逐渐落伍,44年左右让位于彗星。

入手方法 Edit

中国版
開発(09:10)
大凤以外の日本航母初期装備
日本版
開発(09:10)
大鳳以外の日本空母初期装備

性能や運用について Edit

  • 17年4月2日のメンテナンスによる性能調整にて、爆装+1、命中+1された代わりに対潜が-3された。*1
    • さらに同月28日のVer3.0.0アップデートで爆装-1の下方修正を受けた。

元ネタ解説 Edit

運用大日本帝國海軍
正式名称愛知 D3A 九九式艦上爆撃機(九九式艦上爆撃機二二型(D3A2))
コードネームVal (ヴァル)
製造会社愛知航空機
分類艦上爆撃機(急降下爆撃機)
初飛行(生産開始)1938年(1939年)
乗員2名
出力(離昇,高度)三菱 金星五四型 空冷32.34L複列星型14気筒OHV1段2速メカニカル・スーパーチャージャーエンジン1基
(1300HP,1200HP/3000m,1100HP/6200m) (D3A2)
最高速度427.8km/h 高度5650m
航続距離1050km
武装九七式 7.7mm機関砲(機首x2 後方x1), 250kg爆弾x1,60kg爆弾x2(D3A2)
  • イラストはプロペラスピナーが追加されているためエンジンを金星五四型に載せ替えたD3A2 二二型であると思われる。
  • 愛知飛行機が開発した単発複座、低翼単葉固定客の急降下爆撃機。
    ドイツから購入したHe70多用途機やHe118などを参考にしたため特徴的な楕円翼を持っている。
    1938年制式採用となり各空母に配備された。演習では高い命中率と優れた操縦性で好成績を残し、軍の関係者を大いに喜ばせた。
  • 真珠湾攻撃を始め日本海軍初期の快進撃を支え、多くの戦果を上げている。
    特に当時急降下爆撃の命中率は高くても25%とされていたところ、真珠湾攻撃では47%、セイロン沖海戦では80%を超すなど非常に高く、日本海軍の航空機としては最も敵艦に損害を与えた機種でもある。
  • その一方で高い命中率と引き換えに、隊長機以下同じコースで突入する単縦陣のような爆撃方法は対空砲火をその突入コースに集中させやすく、真珠湾第二次攻撃やセイロン沖など大勝とされる戦いでも10%程度の損害を受けている。
  • 珊瑚海海戦では空母レキシントンレキシントンを大破させ自沈に追い込み、ヨークタウンも損傷させるが、この時は33機が出撃し9機が未帰還となった。
  • 続くミッドウェー海戦でもヨークタウンを攻撃し戦果を上げたが空母喪失により九九式艦爆の多くは喪失。
    第二次ソロモン海戦ではエンタープライズを大破に追い込むが出撃機の6割以上を損失するなど損害は急激に増大。
    しかし後継機彗星の開発に遅れが出ていたため、海軍はそのつなぎとして九九式艦爆の性能向上型を求め、翌年二二型として配備が始まる。
    南太平洋海戦ではホーネットを大破させるが艦爆隊は再出撃を含め63機発進に対し、40機未帰還・不時着喪失と、ここに至って九九式艦爆の損害は全く無視できないものとなった。
  • しかし後継機である彗星はもともと艦載用は定数の都合上数千機にも及ぶような大量生産を考慮しておらず、また昭和一六年には艦攻・艦爆を統合した流星の開発計画も始まっていたためそれまでの場繋ぎと考えられていた。
    そのため九九式の損害は九九式で穴を埋めるより他にないという、苦しい状況に追い込まれていく。
    後継機彗星には小型空母への発着艦が困難という問題も浮上したため、本機の穴埋めには小型空母でも運用できる零戦に250kg爆弾を搭載可能とした爆装型までもが多数投入されることになった。
  • それでも相次ぐ損耗に対し生産可能な機体として九九式艦爆は性能不足を承知の上で投入され続けている。
    昭和一九年以降は特攻機として多数が投入される事態となり、特に沖縄戦では通常作戦には性能不足で不適当とされほとんどが特攻に使用された。
    ラフィーに突き刺さった5機(6機とも)の特攻機も九九式である。
  • 緒戦の大勝を支える立役者でありながら後継機が間に合わず、性能不足となってからも戦線に投入され「棺桶」と揶揄されるまでになりながら、最後まで戦った本機の辿った経歴は、帝国海軍の栄光と落日の縮図であった。
  • 九九艦爆は1486機生産された。派生型は以下の通り
    • 十一試艦上爆撃機:試作機。エンジンは光一型(730hp)を搭載。
      九九式艦上爆撃機一一型(D3A1):量産型。エンジンを金星四四型(1070hp)に換装した。476機生産。
      九九式艦上爆撃機一二型(D3A2):一一型の改良試作機。エンジンを金星五四型(1300hp)に換装した。
      九九式艦上爆撃機二二型(D3A2):一二型をベースにプロペラスピナーの追加、風防やエンジンカウル、尾翼の形状変更を加えた量産型。816機生産。
    • 仮称九九式練習用爆撃機一二型(D3A2-K):二二型の後部席に操縦装置を追加した練習機。一部の機体が二二型から改造された。
    • 明星(D3Y1-K):試作機。九九艦爆をそのまま木製化したもの。終戦までに4機が完成したが配備はされていない。

小ネタ Edit

  • ヨーロッパで木製機モスキートなどの活躍を受け、資源不足解消を狙い木製機開発に当たっての習作とするため、本機を木製化した「明星」が試作されている。
    しかし戦前から木製の高速旅客機などを製造し実績と経験のある英国デ・ハビランド社に対し、造船技術を転用した木工技術では航空機製造は難しく習作でありながら試作機は難航。
    なんとか完成にこぎつけたものの試験飛行では機体の隙間から流入した空気がちょうど笛のような作用を起こして機内に「尺八のような音」が充満し、パイロットは辟易したという。
  • ウィリアム・D・ポーターが沈没の原因になった特攻機がこの「明星」だったとも言われるが、終戦までに試作機4機のみが完成しただけで配備されてはいないため、
    誤認であろうと考えられている。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 脚が可愛い九九艦爆。 -- 2016-12-28 (水) 12:45:25
  • そういやこいつの国籍マークは零戦他の武田菱っぽいのじゃなくてパックマンみたいな感じなんだな -- 2017-09-05 (火) 22:44:39
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 
 

カード一覧/種類別装備一覧表

装備一覧表 Edit

装備一覧表

装備通称リスト Edit

通称




*1 元は爆装+5、対潜+3