Top > シーファング

シーファング

Last-modified: 2019-09-01 (日) 22:46:33

基本データ Edit

No.58
Seafang.png名称海毒牙日本版シーファング
レアリティ☆☆☆☆☆戦闘機
装備ステータス
火力雷装
爆装+3対潜
対空+10対空補正
命中回避+2
索敵装甲
射程
耐久1機当たりのコスト-6
装備可能艦種
航空母艦軽空母装甲空母戦艦
航空戦艦巡洋戦艦重巡洋艦航空巡洋艦
重雷装巡洋艦軽巡洋艦モニター艦駆逐艦
潜水空母潜水艦砲戦潜水艦給油艦
ミサイル駆逐艦防空ミサイル駆逐艦ミサイル戦艦
廃棄時獲得資源
燃料2弾薬2
鋼材0ボーキサイト13
備考
 
日本語説明シーファングはシーファイアシリーズ戦闘機の最終改造バージョンだった。シーファングは有名なグリフォンエンジンを採用し、MKF32型では2350馬力のグリフォン89式水冷エンジンと二重反転プロペラを応用した。グリフォンエンジンの強大な出力のおかげで、シーファングの最大時速は800キロに達していた。これもほぼプロペラ飛行機の性能の上限だった。ジェット機の応用により、シーファングは大量生産されなかった。
中国語説明海毒牙是海喷火/怨仇系列战斗机的终极改进版本。海毒牙使用著名的格里芬系列发动机,而海毒牙MKF32则换装了功率达2350马力的格里芬89液冷发动机,并使用了对转螺旋桨。得益于格里芬发动机的强劲动力,海毒牙的最大速度接近800千米,而这差不多也是活塞螺旋桨战斗机的性能极限。由于喷气时代的到来,海毒牙并没有大规模服役。

入手方法 Edit

中国版
開発(48:20)
日本版
開発(48:20)

性能や運用について Edit

  • 開発可能な艦戦では対空最高であり、資材最低値で開発すれば獲得率も高くF4Uが副産物と無駄が少ない。
  • 火力をしっかり強化した空母に搭載すれば、制空権争いに大きく貢献してくれる。主力空母の最小スロットに配置しよう。
  • 爆装は砲撃では火力に2倍換算され、開発可能な艦戦ではF4U、F6Fの爆装+4(火力+8)が双璧、次いでシーファングの爆装+3(火力+6)であらゆるネームド艦戦を上回る。
    信濃や艦載数が少ないスロットなど、艦や状況によってはこちらのほうが有効なこともある。
  • 4月28日のVer3.0.0アップデートで、対空が-1された代わりに、爆装が+3、回避が+2、ボーキコスト+1の修正を受けた。
    • 戦利品機体及び爆撃機・雷撃機からシーファングF4UF6F震電へ載せ換える場合差分が発生する
    • もっとも、航空優勢以上なら艦戦が減少することはまずなく、装備先も最小スロットなら影響は少ない。
      待機中の空母の最小スロットには、副産物のF4Uを装備させて載せ替えに備えよう。

元ネタ解説 Edit

運用イギリス海軍艦隊航空隊Fleet Air Arm
正式名称Supermarine Seafang
製造会社Supermarine
分類艦上戦闘機
初飛行(生産開始)1944年(1945年)
乗員1名
出力(離昇,高度)Rolls-Royce Griffon 89 液冷36.7LV型12気筒SOHC1段2速メカニカル・スーパーチャージャーエンジン1基
(1900HP,2300HP/152.4m) (F Mk.32)
最高速度765.0km/h 高度-m
航続距離633km
武装Hispano V 20mm機関砲x4, Browning 7.7mm機関銃x4, 1000lb爆弾x2or60lbロケット弾x4(F Mk.32)
  • イラストは5枚ブレードのシングルプロペラなのでMk.31型であると思われる。
  • スーパーマリン製艦上戦闘機シーファング。スパイトフルの艦載型として制作された。
  • 元となったスパイトフルは、スピットファイアの発展型として開発されたもの。最高速度770km/hという速度は、レシプロ戦闘機においては極限に近い。
  • しかしスパイトフル生産型の初飛行は1945年4月。ドイツ降伏の直前であり、太平洋方面も既に終結が見えていたのである。
    並行して開発していたシーファング共々、発注数の大幅な削減を受け、最終的には試験用として少数が採用されただけに留まる。
  • この後ジェット時代の到来により、ジェット艦載機の開発が始まることとなるが、それまでの繋ぎにはより安くて信頼性の高い、ホーカー製シーフューリーが務めることとなった。
    最高速度740km/hに2,000ポンド(約1トン)爆弾の搭載も可能と、性能も申し分ない機体であり、こちらが採用されたのは当然のことと言えるだろう。
  • 150機発注されたが最終的に18機が制作されることになった。2つのタイプが生産されている。
    • F Mk.31 (Type 382):初期型。エンジンはGriffon 61(2375hp)を搭載。150機発注されたが、9機しか生産されず残りはキャンセルされた。
      F Mk.32 (Type 396):試作機。エンジンをGriffon 89に換装。油圧式折りたたみ翼、燃料タンクの増加、二重反転プロペラなど変更が加えられた。2機制作。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • コストが上がったせいで装備変更が一気にやりにくくなった…。 -- 2017-04-29 (土) 09:27:47
    • 他の調整はほとんどカモフラージュで最大の目的はコイツの弱体化じゃね -- 2017-04-29 (土) 21:58:07
      • やっぱ弱体化だよなこの調整。他の能力あげて代わりに対空下げてコスト上げるとか… 今までこの装備に頼ってた人は別の戦闘機開発するかパンツ戦闘機に鞍替えしたくなるだろうな。 -- 2017-05-03 (水) 07:01:30
    • 今までは外国機5、日本機4で分かりやすかったのに、アップデートでゴチャゴチャして分かりづらくなったのが辛い -- 2017-05-02 (火) 17:50:17
  • 戦闘機のコストは制空権取ってればほぼ落ちないから問題あまり無いと思うよ 他の爆撃機に対空がついてトータルで上がってるし爆撃も付いたから火力の底上げになってむしろ全体的に強化された -- 2017-05-03 (水) 13:39:42
    • ボーキ消費が増えた機体がいるから功罪両方出た調整だったね -- 2017-05-03 (水) 13:53:04
    • シーファングのわりと取りやすく、F4Uも同時開発可能だから、最小スロをボーキ6艦戦の指定席にすれば問題にならんでしょうな。待機中の空母にはF4U載せとけばいいし。 -- 2017-05-05 (金) 01:39:30
      • 制空が必要ないときに全部BTDに積み替えてたのが出来なくなって普通に使いづらい -- 2017-05-10 (水) 19:19:50
  • 別にボーキなんぞ遠征すりゃいいし気にならないレベルだと思うんだがなぁ。ドーリットルクラスなら躊躇するけどさ。 -- 2017-05-31 (水) 10:48:18
  • 景雲改との乗せ換えがしやすくなったのはありがたい。とはいえ震電のようにもうちょっと制空値がほしいけど -- 2017-06-10 (土) 12:03:16
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 
 

カード一覧/種類別装備一覧表

装備一覧表 Edit

装備一覧表

装備通称リスト Edit

通称