Top > 零戦五二型

零戦五二型

Last-modified: 2019-09-01 (日) 22:41:24

基本データ Edit

No.55
Equip_L_55.png名称零战五二型日本版零戦五二型
レアリティ☆☆☆戦闘機
装備ステータス
火力雷装
爆装+2対潜
対空+7対空補正
命中回避
索敵装甲
射程
耐久1機当たりのコスト-5
装備可能艦種
航空母艦軽空母装甲空母戦艦
航空戦艦巡洋戦艦重巡洋艦航空巡洋艦
重雷装巡洋艦軽巡洋艦モニター艦駆逐艦
潜水空母潜水艦砲戦潜水艦給油艦
ミサイル駆逐艦防空ミサイル駆逐艦ミサイル戦艦
廃棄時獲得資源
燃料1弾薬2
鋼材0ボーキサイト3
備考
 
旧イラスト
日本語説明戦況の進展につれ、零戦二一型の性能は需要に満たせなくなった。五二型は零戦の構造、防御、排気管などの諸問題に対し改造し、後継型は新しい機銃を装備した。零戦五二型は帝国海軍戦争後期の主力艦戦だった。しかし改造は徹底的ではなく、新しいエンジンを換装していなかったため、また熟練操パイロットの損失により、アメリカ軍F6Fと対戦する際圧倒された。
中国語説明随着战局的变化,零战二一型的性能已经不能满足需求。五二型针对零战暴露的缺陷进行了改进。五二型加强了结构,防护,修改排气管以增加动力,后续机型还更换了新的机炮。零战五二型是日军航母中后期的战斗机。由于改进并不彻底加上没有更换大功率发动机,以及熟练飞行员的损失。零战五二型面对美国F6F时几乎是一边倒的劣势局面。

入手方法 Edit

中国版
開発(17:30)
神鹰大凤改初期装備
日本版
開発(17:30)
神鷹大鳳改初期装備

性能や運用について Edit

  • 地味に開発限定な戦闘機……だったのだが、大鳳改の初期装備としても手に入る。
  • 性能的には零戦二一型の対空をほんの僅か強化して爆装を追加した程度。開発で出てこられても使いどころに困ること請け合い。
  • 17年4月2日のアップグレードによる性能調整にて、対空+1、爆装+2、ボーキコスト+1の修正を受けた。*1

元ネタ解説 Edit

運用大日本帝國海軍
正式名称三菱 A6M 零式艦上戦闘機(零式艦上戦闘機五二型(A6M5))
コードネームZeke (ジーク)
製造会社三菱航空機 中島飛行機
分類艦上戦闘機
初飛行(生産開始)1939年(1940年)
乗員1名
出力(離昇,高度)中島 栄 21型空冷27.9L複列星型14気筒OHV1段2速メカニカル・スーパーチャージャーエンジン1基(1130HP,1100HP/2700m,980HP/6000m) (A6M5)
最高速度564.9km/h 高度6000m
航続距離1920km/2560km(増槽あり)
武装九九式二号20mm機銃x2, 九七式7.7mm機銃x2, 30kg爆弾x2or60kg爆弾x2(A6M5)
  • 1943年から生産が始まった、零戦の後期生産型。日本海軍の大戦後期の主力艦上戦闘機である。
    一般に知られるグリーンの塗装の零戦はこの五二型であり、数度の改良を経て零戦シリーズでは最多の約6,000機が生産された。
  • 五二型は二二型の発展型。これまで問題視されていた点に改良が入った。
    具体的には以下のような改修が加えられた
    • 主翼を三二型と同じ11mに短縮した。三二型と違い翼端は丸みを帯びたなめらかな形状になっている。(三二型で短くした主翼を二二型で元に戻していた)
    • エンジンのマフラーを集合排気管から推進式単排気管に変更した。これによりエンジン性能は変わらず、全備重量が200kg増えた機体ながら最高速度を20km/h向上させた。上昇力も向上している。
    • 無線機が新型の三式空一号に換装された。これは後に米軍から問題点はあるものの自軍の無線機と遜色ない性能を持つと評価されている。
    • 翼内タンクに自動消火装置を装備し、生存性を上げた。
  • エンジンは三二型系統と変わらず栄二一型(1130hp)を搭載した。このため、同期の敵戦闘機と比較すると劣る性能だったのは否めない。
    高出力エンジンの開発の遅れにより、五二型の時点では大幅な強化には至らなかった。また、重量増による格闘性能の低下が発生した。
    しかし、日本軍パイロットも一撃離脱戦法を取るようなど工夫を始めており、五二型は多くのエースパイロットを生み出した。
    • 戦後に生き残った一部のエースパイロットたちが(特に格闘性能の低下を根拠として)やたらと二一型を持ち上げて本機を貶める発言をしたため、本機を改良に失敗した駄作機と見做す意見も根強い。
      しかし現場では高い防御力などが評価されて二一型より五二型の補充を要請する声が出たり、実際本機に搭乗してエースパイロットとなった人がいたり、元エースの中にも本機を評価する声が少なからずあったりと、評価されていた記録・証言もまた多い。
    • そもそも二一型が活躍していた時代とは違い、本機の登場時期は高速での一撃離脱が空戦の主戦法となっており、低速で行う格闘戦は相手が乗ってくれない限り生起し得なかった。
      そしてアメリカ軍は既に数多の戦訓や鹵獲機の検証によって零戦の特性を熟知しており、「零戦との格闘戦には応じるな」とパイロットたちに徹底していたため、格闘性能の低下はそこまで大きな問題にはならなかった。
       
  • 1943年8月から三菱で生産が始まり、12月には中島からもライセンス生産が始まった。
  • 残念ながら、この時期には既にアメリカ軍は一世代先と言える2,000馬力クラスのF6Fの配備が進んでおり、1,200馬力弱の本機では相手が悪く、二一型のような戦果を挙げることは出来なかった。
    また、前線では新米パイロットが増えていたため性能を十分に発揮できなかったこと、数的不利な状態での会敵が多くなっていたことなど活躍できる場が無くなっていた。
  • すでに米軍は一撃離脱戦法の徹底と零戦との格闘戦を避けるような指示を出していたことから、格闘性能を活かすことは満足にできなかった。
    日本軍でも零戦で一撃離脱戦法を取るパイロットは存在し、彼らは厳しい戦いの中で戦果を上げている。しかし、相対的な基本性能の低さはどうしても覆すことは難しく、条件が整ったときにしか活躍はできなかった。
  • 大戦末期には米軍の熟練パイロットが増え、場合によっては格闘戦で負けることもしばしば発生していた。
     
  • 後継機となる紫電改や烈風の開発・配備が遅れたため、本機が事実上の日本海軍最後の主力機となっている。
    大戦末期には空母も制空権も制海権も完全に失われたため、陸上基地から発進しての特攻機として使用されることもあった。
  • 終戦後は残存機のほとんどが廃棄・破壊され、現存している機体は数えるほどしか存在しない。
    現在、飛行可能な五二型は一機だけアメリカに存在する。
     
  • 最多生産型となった五二型は複数の派生モデルがある。
    • 五二型(A6M5):二二型の発展型。翼幅を三二型と同じ長さに戻した。翼内燃料タンクに自動消火装置を追加。排気管を推力式単排気管に変更し200kg増ながら20km/h最高速を伸ばした。五二型全体で6000機製造。
      五二型甲(A6M5a):九九式二号三型20mm機銃を九九式二号四型20mm機銃に換装したモデル。翼内スペースが増え、100→125発に増加。主翼の強度を高め急降下制限を666.7km/h→740.8km/hに伸ばした。
      五二型乙(A6M5b):右主翼の九七式7.7mm機銃を三式13.2mm機銃に換装したモデル。前部風防に45mm厚の防弾ガラス、座席の後部に8mm防弾鋼板を装備可能にした。
      五二型丙(A6M5c):武装と防弾装備を強化したモデル。九七式7.7mm機銃を撤去し、三式13.2mm機銃を3丁追加。座席後部に55mm防弾ガラスを追加。またロケット弾が積めるようになった。
      (A6M5d-S):五二型を改修した夜間戦闘機型。操縦席後部か胴体左舷に九九式二号四型20mm斜銃を一つ追加。
      五三型(A6M6):五二型丙の改良型。栄三一型(1150hp)に換装。防弾燃料タンクを追加。量産には至らなかった。
      六二型(A6M7):五二型丙に250kg爆弾を搭載できるようにした戦闘爆撃機型。栄三一型甲(1130hp)を搭載。大型爆弾での急降下爆撃をするために構造強化と外板厚増加を施した。
      六三型(A6M7):五三型に250kg爆弾を搭載できるようにした戦闘爆撃機型。栄三一型(1150hp)を搭載。大型爆弾での急降下爆撃をするために構造強化と外板厚増加を施した。
      五四型(A6M8):五二型丙の改良型。金星六二型(1560hp)に換装。エンジンの大型化に伴い機首の13.2mm機銃を撤去。試作機2機のみ
      六四型(A6M8):五四型の戦闘爆撃機型。生産中に終戦。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 戦艦少女では、五二型ヘルキャットと互角とだね。実際は・・・ヘルキャットが優位で、オクタンゼロの研究で対策を取ってたよね -- 2017-04-19 (水) 16:37:21
  • 烈風はコスト4でそれよりパラメータの低い五二型はコスト5という不遇っぷり… -- 2017-05-02 (火) 18:35:01
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 
 

カード一覧/種類別装備一覧表

装備一覧表 Edit

装備一覧表

装備通称リスト Edit

通称




*1 元は対空+6のみ