BUBONICO

Last-modified: 2020-12-29 (火) 17:13:11
武器タイプ:アームキャノン
Bubonicoプライマリセカンダリ
基礎ダメージ287152
直撃衝撃2.09.0
貫通13.0-
切断19.0-
7.0-
爆風感染-143.0
精度25.0100.0
発射速度3.833.37
消費弾薬13
クリティカル倍率2.3x3.5x
クリティカル率25.0%3.0%
フォールオフ19.0 - 41.0
最低ダメージ:1.0
(減衰率97.6%)
-
状態異常9.3%57.0%
マガジン27
マルチショット71
リロード0.5
射撃モードフルオートバースト
特殊効果自動給弾
(16.875発/1秒)
爆風半径-7.00m
(減衰率50.0%)
極性Naramon
エクシラスMadurai
性質
備考マスタリーランク13
リリースUpdate 29.5
3つの疫病バブルを一定距離からボレー射出し、近距離ではプライマリ射撃で敵へ毒素が含まれた棘を複数発射する。
 

入手方法・必要材料

完成品 265 Pt

設計図材料製作費製作時間即時製作
クラン DOJO バイオラボ
50,000 Cr
ミュータジェン マス1030,000 Cr24時間Pt
アルゴンクリスタル3
プラスチド1,200
ナノ胞子22,000

概要・短評

Update 29.5で実装された、感染体ベースのアームキャノン。
毒棘の散弾と嚢胞の榴弾をばら撒く。
MOD強化はショットガンMODに対応。

プライマリファイアはクリティカル寄りの性能で、1.9mの貫通距離と毒ダメージを備え、切断の割合もそれなりに高い。
ペレットは螺旋を描きながら飛び、即着弾ではないが、散弾が有効となる距離で戦うぶんには問題にならないだろう。

セカンダリファイアは1発ごとに弾薬を3つ消費する榴弾を3連射する。榴弾は山なりの軌道を描き、着弾と同時に爆発する。
こちらは状態異常に優れており、範囲ダメージは貴重な感染感染属性となっている。
高い状態異常率に目が行きがちだが、地味に高いクリティカル倍率3.5倍も見逃せない。クリティカル率こそ低いが、アルケイン アベンジャーやHARROW4番、キャバットなど、クリティカル率を加算できる方法を利用すればダメージは跳ね上がるだろう。

マガジンは自動給弾式で、トリガーを離すと0.5秒のディレイの後、16.875発/秒(空マガジンからフルチャージまでディレイを除いて1.6秒)の速度でリチャージされる。

フルオートショットガンとグレネードランチャーを一つで賄える初めての武器であり、大量の敵を相手取る上でこれほど魅力的な武器は数少ないのではないだろうか。

コメント

 • 他利用者に対する攻撃的なコメントはお控え下さい。
 • Riven Mod のサイクルで悩んだ時はこちらも参考にどうぞ → ステータス指針