Top > GORGON
HTML convert time to 0.011 sec.


GORGON

Last-modified: 2018-05-25 (金) 17:15:59
武器タイプ:フルオートライフル
GORGON.png基礎ダメージ25.0
衝撃18.75
貫通3.75
切断2.5
精度12.5
発射速度12.50
クリティカル倍率1.5x
クリティカル率17.0%
状態異常9.0%
マガジン90
リロード4.2
射撃モードフルオート
極性-
性質◆◆◆◆○
備考マスタリーランク3
スピンアップ時間あり
リリースVanilla
大容量マガジンによる制圧力と継続火力に優れた軽機関銃。
射撃前に銃身を空転させる必要がある。
 

入手方法・必要材料 Edit

設計図材料製作費製作時間即時製作
ドロップモーフィクス525,000 Cr12時間50 Pt
フェライト5,000
サルベージ6,000
回路基盤1,000

RAILの亡霊:アップデート1.1以降、設計図グリニアヘビーガンナー、またはアリッド ヘビーガンナーからドロップする。

短評 Edit

フルオートのグリニア製ヘビーマシンガン。グリニアヘビーガンナーが装備している。
衝撃ダメージの値はフルオートライフルの中でも特に高く、シールドを持つ敵に対し有効である。

 

撃ち始めの射撃速度は遅いが、トリガーを引き続ける事で徐々に加速するのと引き替えに射撃精度が低下する。
スピンアップ時からも精度は余り高くは無く、スコープを覗いて撃っても監視カメラに当たらないことがある。
マガジン容量は多いがリロードが4.2秒と最長クラスな為、弾を撃ちきったら武器を持ち替えた方が良い局面も多い。
撃てば撃つほど攻撃速度が上昇するので、Speed TriggerやShredが非常に有効な銃である。

 

豊富なマガジン容量によって継続火力を保持しつつ、高い連射力で単体の敵に対するダメージ効率もいいが、
いくらマガジンが大きくても携行弾数が変わるわけではないので、調子に乗って弾をばらまけば弾切れは必至。
しかし、Stabilizerをつけたうえで迂闊な連射さえしなければ命中率はそれなりに向上する。
そのため、連射による制圧は強敵相手のみに限定し、しっかりと指切りで射撃を行うようにすれば、
低レベルの雑魚を一掃し、なおかつ硬い敵への瞬間火力も発揮できる武器として運用できる。

 

フルオートで発射する場合、散らばる弾着を制御しきれなくなるのはどうしようもない。
しかし、プレイヤーは人間であっても、幸いテンノとWarframeにはそれを補う能力が与えられている。
具体的にはVOLTのElectric ShieldやMAGのMagnetizeがそれに該当する。
Electric Shieldは透過した弾丸の威力が大幅に向上し、集弾性が悪化して弱点にヒットしなくなっても問題なくなる。
Magnetizeには防御無視などの能力は無いが、弾着が如何にブレようがほぼ命中させられる様になる。
また、どちらも防御的に働く効果も持っている為、敵に体を晒しつつ撃ちまくる運用が可能だ。
他のWarframeでGORGONを運用できない訳ではないが、上記の二体は適性があると言えるだろう。

 

過去の変更 Edit

Update 22.12.0

  • 状態異常確率が5%から9%に上昇。クリティカル率が10%から17%に上昇。
    エイム中の精度向上。

コメント Edit

保管庫:コメント/GORGON

Riven Mod 関連の相談は投稿前に当該ページの指針をお読みください。