Top > Octaviaの賛美歌


Octaviaの賛美歌(Octavia’s Anthem)

Last-modified: 2019-11-23 (土) 08:10:52

概要 Edit

日本時間:2017/3/25(土)、アップデート20「Octaviaの賛美歌」 で追加されたクエスト

聞こえますか、テンノよ。Mandachord交響曲の微かな音が響き、スーダがあなたに音を辿れと命じます。

セファロンの依頼を受け、Mandachordに関する知識を得るのです。

しかし用心してください、どうも彼女の言動には不審が点があるようです。

リレーでセファロン・スーダを訪れ、話しかける事でクエストを開始できます。
クエスト受注には「二番目の夢」クエストを完了する必要があります。

 

簡易チャート Edit

  1. 任意のリレーのセファロン・スーダのところに行き、話しかける
  2. ミッションを受注し、音楽の誘導に従い3つのパーツを集める
  3. mandachordを作成(作成所要時間:30分)
    • 必要素材
      mandachordボディ
      mandachordフレット
      mandachordブリッジ
      モーフィクスx3
  4. 断片を集める
    HYDRAULUSという楽器(オルガン)にアクセスすると、メトロノームのような画面で画面上部に正解の音階が表示されるので、それに合わせて音符記号を置いていく
  5. 2つめの断片を集める
    センティエントと戦闘x2
    HYDRAULUSで音階を合わせる
  6. 3つ目の断片を集める
    HYDRAULUSで音階を合わせる
    エネルギー不足と言われ起動防衛的なものをやらされるx2
  7. シマリスと会話
    Hunhowの出す光線を避けながら白い球、赤い球のある足場を踏むと、白い球は音符に、赤い球は消滅する。
    何もないところを踏むと赤い球が出現してしまうので注意。白い足場は安全地帯。
    全ての白い球を音符に、赤い球を消すとクリア。
    合計3回クリアするとミッション終了。
    2回目以降は一部の足場にセンティエントが出現し、倒さないとその足場の球を踏んだことにはならない。
 

手順 Edit

Step 1 Edit

テンノリレーの東ウイングにあるセファロン・スーダの拠点を訪ね、リーダーに話しかけクエストを始める。

Step 2 Edit

海王星 SAOでMANDACHORDを作成するための部品を集めるためのミッションをクリアする。
nolink
ミッション中、音が出る青と紫の光の筋を追いかけ、レアコンテナと同じ音の出るコンテナを集める。
コンテナの見た目は普通のコンテナではなく、コーパスのマップに置かれているアイテムが入っていない背景と同化しているこのコンテナ。

一つのミッションで「MANDACHORD ボディ」「MANDACHORD フレット」「MANDACHORD ブリッジ」すべてを集められる。

Step 3:MANDACHORDを作成する Edit

MANDACHORDを作成する。作成には30分掛かる。

  • 必要部材
    「MANDACHORD ボディ」 x1
    「MANDACHORD フレット」x1
    「MANDACHORD ブリッジ」x1
    「モーフィクス」 x3

Step 4:最初のSongの断片を見つける Edit

天王星・Stephanoで最初のSongの断片を見つける。
目的の場所にたどり着くと、オルガンを見つけることが出来、セファロン・スーダの会話でそれが「HYDRAULUS」と呼ばれる楽器だということを知る。
アクセスすると音階画面が表示され、音楽が流れる。
そこで正しい位置のマークを選択すると、ミッションが進み、次のSongがルアにあることがわかる。

Step 5:2つ目のSongの断片を見つける Edit

ルア・Tyhchoで2つ目のSongの断片を見つける。
ルアにアクセスしようとすると、セファロン・シマリスから通信が入り、スーダの言うことを聴くな、今すぐやめろと警告してくる。
ミッション中は、なんとスーダがHunhowに乗っ取られる場面に遭遇する。
Hunhowもスーダと同じようにアンセムを見つけろとテンノに話しかけてくるが、センティエントをけしかけてくる。
センティエントを倒し、「HYDRAULUS」を見つけると再びセンティエントと戦闘。その中で、Hunhowは「HYDRAULUS」を破壊しろとセンティエントに命じていた。
最初の断片を見つけたときと同じように、「HYDRAULUS」にアクセスし、音を合わせる。
完了すると、Ordisとの会話が始まるが、それを遮るようにHunhowがセンティエントを無数にけしかけてくるため、直ちに脱出しよう。

Step 6:オロキンタワーのパワーを利用 Edit

最後の断片を見つけるためにVOID・Taranisに向かう。
ここに来ると、最初のスーダの願いはアンセムを集めることだったが、今度はスーダの記憶を取り戻すためにアンセムを集めることになり、目的が変わる。
道中、ここにいるはずのないセンティエントに襲われる。Ordisいわく、Hunhowがスーダの力を利用して呼び込んでいるのではないかと。

「HYDRAULUS」を見つけると、丁重に仕舞われているかのごとく閉まっている。近くのコンソールで閉まっているドアを開けようとコンソールにアクセスすると、再びセンティエントが登場する。
センティエントを倒すと「HYDRAULUS」にアクセス可能になるため、音合わせ。
すると、スーダを乗っ取ったHunhowが話しかけてくるため、スーダに直接音楽を届けるため、今度はタワー内にある出力増幅器を探す。
出力増幅コンソールにアクセスすると、Hunhowがそんなことは無駄だと言ってくるがセンティエントを2度もけしかけてくるため、無駄ではないのだろう。センティエントが来ると増幅器が停まるため、倒して動かす。増幅器の出力が100%になったら、「HYDRAULUS」のもとに戻りアクセス。
ちょっと大きめの音楽が流れると、スーダが正気を取り戻しかけるが、やはりHunhowに乗っ取られてしまう。
もっと出力が必要なため、2つ目の出力増幅器を探す。
動かすと当然センティエントが襲ってくるため倒し、出力が100%になったところで自動的に音楽が流れる。
この音楽は彼女に直接届いたようだが、スーダと、そしてOrdisの通信が途中で途絶えてしまう。一旦帰還しよう。

Step 7: リレーのSimarisのところへ行く Edit

帰還してもOrdisからの通信はない。彼女らはどこへ囚われてしまったのだろう。行き先を知っていそうなSimarisに話を聞きに行く。
リレーのシマリスに話かけ、Hunhowの目的を聞き、助けを乞う。スーダはヤダけど、Ordisのためなら助けてやらんでもない(要約)と言われるので、とりあえず、表面上の目的はOrdisを助けに行くことになる。
Ordisの行き先にシマリスが送ってくれる。
※送られるとフレームや武器の変更ができなくなるため、送って貰う前に武器の変更はしっかり行おう。

Step 8: Hunhowと対峙、スーダとOrdisを取り戻す Edit

ここでよく言われる人間オルガン、人間音合せを行うことになる。多分バグは現時点(20.0.8)ではないはず。
黄色が正しい音階の位置、赤がゴミ音階のため、どちらも踏んで前者は有効化して青に、後者の赤は踏んで無効化し取り除く。
間違った鍵盤(ゴミ音階や正しい音階が無い鍵盤)を踏むとゴミ音階が発生。一旦別の場所に移動し、もう一度踏めば取り除ける。
一度有効化した正しい音階は再度踏んだりしても無効化されないので、一つずつしっかりと踏んでいこう。

 

Hunhowの攻撃(時計回りのウェーブ)は当たるとダメージと共に大きくのけぞるため、縄跳びのようにジャンプするかしゃがんで回避。
落下するとヘルスが少し減るほか、スタート位置がこれまで踏んでいた鍵盤とはまったく関係ない外周のどこかとなるため注意。

 

1回目:Hunhowの攻撃に気をつけ、素直に1つずつゆっくり踏んでいこう。時間経過などでゴミ音階が増えるといった事は無いため、見落としのないようにしっかりと確認を行うこと。
2回目:鍵盤が狭くなる。またセンティエントが邪魔してくるが、データ領域での戦いのためとても弱い。数発撃つだけで倒せるはず。センティエントの居る鍵盤は有効化出来ないため、鍵盤を踏んだのに青くならない/バグが消えないという場合は上空を見ること。2回目終了時にOrdisが開放され、センティエントに対してセファロンビームで援護射撃を行うように。「夢にまで見たオペレーターとの共闘です!」(おまけ程度の殲滅力)
3回目:さらに鍵盤が狭く。それでも止まらないセンティエントとHunhowに「ああ、彼はあまりにも強すぎます!」とすぐOrdisは諦めかけてしまうが、Simarisが「サンクチュアリの獣たち(グリニア/コーパス各種スペクター)」を召喚、何だかんだ言って援護はしてくれる優しさを感じとれる。
音合わせが完了するとデータ領域のHunhowが爆散、スーダが正気を取り戻す。

ミッション完了、OCTAVIAの本体設計図が入手できる

 

なおクエスト終了後、リレーのスーダのところでこのステージをリプレイ可能。今度はタイムアタック形式となっている。リーダーボードもあるので興味のある人は挑戦してみるのもいいかもしれない。

U20に伴う既知の不具合ほか Edit

アップデート20の不具合報告メガスレッド

余談 Edit

  • 「HYDRAULUS」とは「water organ」、つまり水圧式パイプオルガンのことを指す。クエストの道中、スーダが水に浸かっているなんて、というのはそのことに掛けてジョークを言っている。
    • 日本では馴染みがないせいか、日本語で解説しているページが殆どない。興味がある人は「英語版WikipediaのWatar organ」を読むといいだろう。
  • 「Mandachord」の「MANDA」とは西アジア、北アフリカ系の言葉の「マンダ」で、「知識、認識」という意味を持つ。

関連項目 Edit

コメント Edit