Top > STOLEN DREAMS


奪われた野望(STOLEN DREAMS)

Last-modified: 2018-06-06 (水) 14:04:23

概要 Edit

Marooをなんとかして確保せよというグリニア軍の厳重な命令が下されたため、
彼女は我々に守ってもらう気になったようです。
代わりに、アルケインコーデックスを探すのを手助けするということです。

 

奪われた野望 (Stolen Dreams) は新たな怪奇の前提条件となるクエスト
火星フォボスジャンクションをクリアすると、コーデックスクエストタブから開始できるようになる。

 

報酬: ETHER DAGGERS設計図、オロキンカタリストの設計図

Step 1 Edit

クエストを開始するとLotusからメールが受信ボックスに届き、通信が入ります。

 

受信したメッセージ-グリニア司令官 Tyl Regor

あのコソ泥にまんまとやられたわ。Marooを探し出し、新しいアルケインコーデックスを
コーパスに売りさばかれる前に取り戻せ。もしデータを持っていなかったら、どんな手を
使ってでもどこにやったか吐かせるのだ。
この尋問は彼女に対する罰であって、生かしておく必要も無い。

司令官
Tyl Regor

Lotus:

思わぬ事態が起きました。
グリニアが数十年にわたる研究の末にようやく最後のアルケインコーデックスを発見しましたが、それを盗まれてしまったようなのです。
Tyl Regorは激怒して、コソ泥のMarooを何としても捕えようとしているはずです。
グリニアが見つけるより先に彼女を保護しなければなりません。

Ordis:

アルケインコーデックス?聞いたことがありませんね。
ワタクシ是非とも調査したいものです。

原文

Step 2: Marooの確保 Edit

ナビコンソールに目的地が表示されます。
火星のTharsisが確保ミッション(コーパス、Lv12-14)に置き換わります。
Marooを確保するのが目的です。
ミッションが開始するとLotusから通信が入ります。

 

Lotus:

Marooをこのコーパスのアウトポストで発見しました。
聞きたい事があるので、彼女を連れて来て下さい。
抵抗されるかもしれませんが、我々のもとに来るのが彼女にとっても最良でしょう。

アルケインコーデックスは彼らが何十年も追い求めていた謎なのです。
不完全だったその謎の、最後のコードをグリニアが見つけたのです。
一体どんなものなのか、まだ誰も知らないのです。

 

目標マーカーに従って進んでいくとMarooが居ます。

 

Lotus:

Maroo、ワタシはLotus。あなたの友人として来ました。
あなたは命を狙われています。ワタシたちの元へ来てください。

 

Lotusが説得しますが、Marooは逃げながら高威力のAKLEXで攻撃してきます。
通常の確保ミッションと同様に倒してXキーで確保します。
なおMarooはスキャンが可能ですが、コーデックスには追加されません。
脱出地点まで移動すればミッション成功です。

 
原文

インフォメーション Edit

オービターに戻るとLotusから早速尋問内容のメールが届きます。

 

任務報告記-Maroo
Marooをなんとかして確保せよというグリニア軍の厳重な命令が下されたため、
彼女は我々に守ってもらう気になったようです。
代わりに、アルケインコーデックスを探すのを手助けするということです。

以下はMarooに関する報告から抜粋したものです。

Maroo:

おや、ブリキ人形どもが知りたいのはアルケインコーデックスについて?
ハッ、それだけかい?

いいかい、Tyl Regorが高額の依頼を持ち込んできたのさ、
感染しちまったオロキンの遺跡船の変な機械から、コードを抜き出してきてくれってね。

正直グリニアの奴らは好きになれなくてね、コードは取ってきたが、
そのままいただいちまったわけさ、あっはは、ヤツらようやく気付いたわけかい?

あんたらもコードが欲しいんだろ?残念だったね、もうコーパスに売っちまったよ。
私を活用したいってんなら…そうだね、ヤツらの保管場所なら大体見当がつくよ。

原文

Step 3: アルケインコーデックスの奪取 Edit

ナビコンソールに目的地が表示されます。
金星のUndaが潜入ミッション(コーパス、Lv13-15)に置き換わります。
データを入手して持ち帰るのが目的です。
ミッションが開始するとMarooから通信が入ります。

 

Maroo:

ブリキ人形ちゃんよく聞きな。
グリニアがワタシを捕まえて拷問しようとしていたから、保護するというLotusの申し出を受け入れた。
その見返りに、気の毒がってるあんたを助けてアルケインコーデックスを見つけようって言ってるんだよ。

 

開始地点から少し進むとLotusとMarooから通信が入ります。

 

Lotus:

Maroo、テンノの能力はとても高いのです。
小惑星のグリニア採掘施設のすぐ近くであなたを降ろすことをお望みですか?

Maroo:

うわー、Lotusってこんなジョークを言うんだね!

Lotus:

Maroo?

Maroo:

分かったよ、仕事の話をしよう。
コーパスは、防備されたデータ保管庫の1つにコーデックスを保管している。
データ自動破壊システムを起動することなく、保管庫に侵入してデータを取り出さなきゃならない。

 

A,B,Cの各データ保管庫があり、全部回ってハッキングを成功させる必要があります。
どれか一つの保管庫に辿り着くとMarooから通信が入ります。

 

Maroo:

データ貯蔵庫が近くにあるよ。
慎重に身を隠して、警報を起動させないようにね。

 

通常の潜入ミッションです。
警報を鳴らさないように、ジャンプしたり、壁を走ったり、ダクトパネルを壊して奥へ進み
データサーバーのコンソールをハッキングしてください。

もし警報がなったら30秒or40秒以内にデータコンソールをハッキングしてください。
時間切れの場合はデータが破壊されて失敗となります。

ハッキングに成功するとMarooが賞賛してくれます。

 

Maroo:

すごいじゃん、アルケインコーデックスを発見したね!
コーパスも大したことないね。

アルケインコーデックスを手に入れたね。コーパスが他に何か隠してないか、違う保管庫を探してみなよ。

それがアルケインコーデックス。テンノもなかなかやるもんだ。

すべてのデータ保管庫に潜入しアルケインコーデックスを手に入れたね。
Lotusが脱出地点に向かえって言ってるよ。

 

全てのターミナルのハッキングを終えて脱出すればミッション成功です。

 
原文

インフォメーション Edit

船に戻ると、Ordis、Lotus、Marooから通信が入ります。

 

Ordis:

オペレーター、このアルケインコーデックスについてを調べていました。
ご存知でしょうか?コーパスは3つのコーデックスとグリニアは2つのコーデックスを所持しています。

Lotus:

そして今、テンノは1つを保管しています。
今まで誰もすべてのコーデックスを集めて調査することがありません。
そこには我々の手がかりがあると思います。

Ordis:

これで失われたオロキンの秘宝にたどり着けると、コーパスは考えているみたいですね。

Maroo:

Ord、あんた今「秘宝」って言った?

Ordis:

「Ordis」です。仮説ではありますが、あり得る話です。

Maroo:

どっちにしろワタシにおあつらえ向きだね。

 
原文

Step 4: グリニア・アルケインコーデックスの奪取 Edit

ナビコンソールに目的地が表示されます。
水星のsuiseiが潜入ミッション(グリニア、Lv14-16)に置き換わります。
データを入手して持ち帰るのが目的です。

ミッションが開始するとLotusとMarooから通信が入ります。

 

Lotus:

Marooが言うには、グリニアはガレオン船に2箇所、アルケインコーデックスを保管しているそうです。
このミッションを完了するには、両方を見つける必要があります。

Maroo

グリニアは、崩れつつあるクローニングの症候群を、アルケインコーデックスで治療できると考えている。
私に言わせりゃ希望的観測だけどね。

 

今回のミッションでは2つのデータ回収が成功条件なので、コンソールのハッキングは2つ以上成功させる必要があります。

Step 4 と同様ですが、今回はグリニア側の潜入ミッションです。
アルケインコーデックスを見つけるとロータスが褒めてくれます。

 

Lotus:

よくやりました、アルケインコーデックスを見つけましたね。

それです。それがアルケインコーデックスです。

アルケインコーデックスを手に入れたので、ここにもう用はありません。

 

コンソールのハッキングに2つ成功させて脱出すればミッション成功です。

 
原文

インフォメーション Edit

船に戻ると、Orids、Marooから通信が入ります。

 

Ordis:

オペレーター、このコーデックスをご覧になりました?
本当に綺麗ですね。
エレガントでかつ優美で、ワタクシ、こんなもの今まで見たことがありません。
オペレーターですらこんなに完璧なものを書くなんてできないんじゃないですか?

Maroo:

でもこれが何を意味するかは分かってないんだろ?

Ordis:

いいえ、別に。
フーッ…ワタクシは、あなたのような方が理解してくれるとは思ってませんから。

原文

Step 5: コーパス・アルケインコーデックスの奪取 Edit

ナビコンソールに目的地が表示されます。
フォボスのRocheが潜入ミッション(コーパス、Lv15-17)に置き換わります。
データを入手して持ち帰るのが目的です。

今回のミッションでは3つのデータ回収が成功条件です。
コンソールのハッキングは3つ全て成功させる必要があります。

Step 2と同様にコーパス潜入ミッションです。
ミッションが開始すると Lotus と Maroo から通信が入ります。

 

Lotus:

このコーパス施設に、残りのアルケインコーデックスがあることを突き止めました。

3箇所のデータ保管庫に、それぞれアルケインコーデックスが保管されています。
注意深く行動してください。
もしコーパスのセキュリティによって断片の一つでも破壊された場合、このミッションは失敗になってしまいます。

 

3つのコンソールのハッキングに成功するとLotusが脱出を指示します。

 

Lotus:

3つのアルケインコーデックスをすべて入手しました。
脱出してください。

 

脱出地点に到着すればミッション成功です。

 
原文

インフォメーション Edit

船に戻ると、Ordis、Maroo、Lotusから通信が入ります。

 

Ordis:

オペレーター、意味が分かりました!
これはマシンコードです。これによってマシンと直接インターフェースできるのです。
残念ながらそのマシンは、今ごろ恐らく錆びついていることでしょう。

Maroo:

Ordo?マシンがなんだって?

Ordis:

ワタクシの名前はOrdisです。

Maroo:

はいはい。
いいかい、遺跡船の最初のコーデックスは、マシンみたいなものからワタシが引っこ抜いてきたんだよ。

Ordis:

うーん、もし完全なアルケインコーデックスをそのマシンへロードし直したら、またコードを実行できるのでしょうか?

Lotus:

それをこれから解明します。
テンノ、Voidへ行く準備を。

原文

Step 6: アルケインマシンの探索 Edit

ナビコンソールに目的地が表示されます。
火星のAlatorが特殊なサルベージミッション(感染体、Lv16-18)に置き換わります。
アルケインコーデックスをアップロードして秘宝の正体を探るのが目的です。
ミッション内容はVOIDや遺跡船の妨害ミッションに似たもので、3つのオロキン宝物庫が隠されています。

アルケインボイラーはこのミッションにのみ出現するため、倒す前にスキャンすることをお勧めします。

ミッションが開始するとLotusとMarooから通信が入ります。

 

Lotus:

テンノよ、Marooはその遺跡船の内で生活した唯一の人物であり、隅々まで知っています。
彼女の案内に従ってこのミッションを進めてください。

Maroo:

これだ!
Lotusは、テンノが見つけたお宝の一部を分け前として渡すと約束したんだから、ヘマをしないでよね。
ブリキ人形、VOIDポータルへ向かって。

Lotus:

Maroo、「もし」秘宝があった場合ですよ。

Maroo:

オロキンはそのすべてが秘宝なんじゃないの?
問題は、どのくらいの量があるかってことだ。

 

感染体のいる中を進んでいくとグリニアが設置したトーションビーム装置とVoidへのポータルがあります。
すでに起動しているので中に入ると遺跡船に到着します。
中ではグリニア兵と感染体が戦っていますが、テンノを優先して狙うため注意しましょう。

巨大なホールに辿り着くと、中央の祭壇にマシンが浮かんでいます。

ホール左側の階段を登った先にある通路は即死級の威力を持った電気が流れます。
進んだ先は行き止まりなので近寄る必要はありません。

 

Maroo

あーあった。そのマシンが、ワタシが最後のアルケインコーデックスを見つけたところだよ。
コーデックスを全部見つけてアップロードしたら、お宝様のお目見えだ。

 

その前にあるコンソール装置に近寄り、Xキーで断片をアップロードすると謎のメッセージが流れます。

 

???:

すべては静かで穏やか。静寂と空虚が宇宙の母体である。

Maroo:

一体何が起きたんだ?

Lotus:

マシンが、マシンがない!
テンノ、気を付けて。

 

マシンが消え、背後からアルケインボイラーが現れるので倒してください。
分隊員の数に応じてアルケインボイラーの数は変わります。
外的要因によってアルケイボイラーは死亡することがあります、スキャンする場合は早急に。

 

Lotus:

テンノ、これは我々が求めている答えなのかわかりません。
しかし、ここはもう長居無用です。
遺跡船から離脱してください。

Maroo:

なに?ワタシのお宝はどこだ。
お宝があると言ったじゃないか。

Lotus:

あれはどんなものでも、私達のためになるものではありません。
あれは何なのか時のみぞ知るものです。

 

来た道を戻りポータルをくぐって、脱出地点に向えばミッション成功です。
報酬として以下のものを入手できます。

 

ミッションクリア報酬: ETHER DAGGERS設計図、オロキンカタリストの設計図

 
原文

インフォメーション Edit

船に戻るとOrdisとMarooから通信が入ります。

 

Ordis:

それは秘宝でもなく、クローニング症候群の治療法でもなく、失われたテンノのセファロンでもないと?

Maroo:

Ordo、何もなかったよ。

Ordis:

Maroo、それは本当に残念なことです。

Maroo:

そんなことには慣れっこさ。
主だったファクションやシンジケートのために働くのは稀だし、大きく稼ぐこともなかなか無いし。
何とかやっていけるわ。

あのね、一緒にいて楽しくなかったわけじゃないけど、アルケインコーデックスもなくなったことだし、元の稼業に戻っても安全だからのんびりやるわ。
バイバイブリキ人形。

原文

関連項目 Edit

コメント Edit

保管庫:コメント/STOLEN DREAMS






*1 「あなたが機械について何か言うのですか」となるが、この場合機械であるOrdisが人間のように別の機械を哀れんでいるので皮肉を言っている。
*2 多分、また名前を間違えられたので、探索失敗の残念と、残念な人をひっかけたシャレ