Top > The Jordas Precept


Jordasの教訓 (The Jordas Precept)

Last-modified: 2019-11-23 (土) 08:09:19

概要 Edit

セファロンのJORDASの救難信号を受信したテンノとORDIS。
感染体の魔手から彼を救い出すことができるのだろうか?

WARFRAMEのATLAS設計図入手、およびそのパーツが入手できるJordas Golem抹殺ミッションをアンロックするためのクエストです。
アークウイングのアンロック、エリスジャンクションのアンロック、TYL REGORの討伐済みであることが前提となります

Step 1: 航行不能となったセファロンに接触せよ。 Edit

コーデックスに表示されているクエストをクリックすると、JORDASとORDISとの会話が行われます。

 

Jordas:

あのー…?これは現実でしょうか?ついにワタシのメッセージを受信した方がいらっしゃるんですか?マサカな。

Ordis:

ワタクシはOrdis、あなたと同じセファロンです。こちらはワタクシの勇敢で尊敬すべきオペレーターです。
44番目のプリセプトにより、ワタクシたちはあなたを支援するためにここに来ました。

Jordas:

助かった!い、いや、どうぞお止めになってください。あなたにコンタクトしたことは間違いでした。
この感染体はどこまでも広がってますよ!

Ordis:

全く問題ありませんよJordas。ワタクシのオペレーターはニクカイヲズタズタニ…じゃなくて
感染体の殲滅に関してシロウトではありませんから!

Jordas:

しかしこのGolemはとても強大だ・・・可能性などあるはずがない。
…待って。もしかしたらフェリアックポッドがあるならば?
しかし、そんなものを何処で調達できるというのでしょうか?希望はありません。
もう・・・行ってください。

Ordis:

セファロン?Jordas?オペレーター、行っちゃいました。
ワタクシのプリセプトが、このセファロンを助けるようワタクシに強いています。
フェリアックポッドがどういったモノであれ、今スグサッサト…じゃなくて
なるべく早い内に獲得する必要があるでしょう。

Jordas:

Jordasは気になります・・・何デソンナニ長ク掛ケテルノダ?…すみません、焦らないで下さい。
来てはいけない。しかし敢えて来るのであれば、謝礼になりそうなものがあります・・・。
別のWarframeがここで敗れ、その石化したパーツの幾つかがまだ残っているでしょう。
感染体を撲滅し、彼のパーツを集めれば、再び彼を作り上げられるのではないでしょうか?

Ordis:

Jordas、ワタクシのオペレーターは優しく、慈悲深い方です。
報酬だけを動機に動く利己的な方ではありません!44番目のプリセプトにより、あなたを助けに行きます!
セファロンJordasは素晴らしい友人になりそうですね。そう思いませんか? 
Ordisは多くのセファロンの声を覚えておりますが、今では静寂しかありません。

 

会話の後、フェリアックポッドの材料を集めて制作することになります。

Step 2: Juggernautからフェリアックポッドを回収せよ。 Edit

次に、JuggernautがドロップするPherliac Podの材料を集めて製作を行うことになります。
参照: Juggernaut

 

Pherliac Podはファウンドリのギアから製作を行います。
製作費7500cr、8時間、即時製作10pt:

 

材料を集めてファウンドリで製作に入ると、再び会話となります。
クエスト開始前にPherliac Podを所持していた場合、Step2 はパーツ集めを飛ばしてこの会話に移行します。

 

Ordis:

しっかりしてくださいJordas。
ワタクシの勇敢なオペレーターが向かっています。

Jordas:

アナタはここへ来るベキデハありませんでした。
ワタシは楽シミにシテオリマス…アナタのオペレーターと会えルコトヲ!

 

製作完了後
Ordis:

Podの準備ができました。アナタの場所を教えて下さい。

Jordas:

本当ですカ? それらは調整が必要になるでショウ。
ドレダケ容赦のナイ感染体でも十分なハズです。

 

小ネタ
クエストを放置して他のミッションを行っていると、Ordisから苦言を呈されます。

 

Ordis:

オペレーター、世間一般的に言えばJordasは孤立しており、行き詰まっております。
ワタクシはとても心配しています。宜しければ。

Step 3: 感染体でフェリアックポッドをテストせよ。 Edit

Eris星系のAcanthセクターでPherliac Podの運用テストを行うことになります。
ギアにPodを入れておく以外は通常の感染体掃滅と同じです。

 

Ordis:

Pherliac Podの調整のためにこのミッションで使用してください。ただし、全て使うことはしないようお願いしますね。
さて、Podを試すには良い頃合いになりましたよ。オペレーター。

Podを使用し、その後は通常のミッションと同じように感染体を殲滅して出口に向かいます。

Jordas:

危険、でも美しい・・・その味わいが感じられるほどですね。しかし、Golemにはさらに強力なものが必要です。
設計図を送りマシタ。ポッドに放射線を放射ならば、もっとここでつかるような物が出来上がるでしょう。

Ordis:

え・・・あ・・・はい。これくらいなら多分ワタシのオペレータがどうにかお備えできる物であるはずです。
ダヨナオペレーター。

Jordas:

イソゲ!・・・どうぞごゆっくり。

 

ミッション終了後
Ordis:

悲しくも何世紀にも渡って漂流していた仲間のセファロンを見捨てるつもりは決してありません。
ワタクシ、全てのセファロンは劣化していくと想定しているのですが、彼らは違うのでしょうか?
(別日訳)決して仲間のセファロンを見捨てるつもりはないのですが、どうやら何世紀にも渡った漂流で脳ミソがカラリト揚ガレ・・・じゃなくて、辛い経験を沢山してきたようですね。

Step 4: ファウンドリでポーテントフェリアックポッドを製作せよ。 Edit

そしてJORDASからメールが届きます。

緊急: フェリアックの効力
フェリアックポッドは効果的ですがもっと強力なものが必要です。
この化学式を使ってアルゴンクリスタルと化合してください。

 

どれぐらいでできそうですか?

 

JORDAS

 

ファウンドリでPOTENT PHERLIAC PODSを製作します。
VOIDでレアドロップするアルゴンクリスタルが3つ必要です。
製作費7500cr、8時間、即時製作10pt:

 

製作完了後の会話
Ordis:

セファロン、ワタクシたちはPherlia Podの放射線照射を完了しました。
ワタクシのオペレーターはアナタを助ける準備が整っております!
オペレーターがいかに素晴らしいか、ご覧いただけますか?

Jordas:

ハイ。オペレーターに会いタクテ待ちきれマセン! Erisに来てクダサイ。
イソイデ。後悔はシナイでクダサイ。

Step 5: Golemを抹殺せよ。 Edit

製作したPOTENT PHERLIAC PODSをギアに装着してEris星系のNaeglarに向かいます。
Archwingの兵装を整えておいてください。
また、クエスト完了後に開放されるJordas Golem抹殺ミッションはこのStepの繰り返しとなります。

 

感染体を蹴散らしながら進んでいくうちに会話となります。

 

Jordas:

Golemが動き出しました。アナタたちが来ている事に気付いたようです。
ヤツが目覚めているのを感じます。早くみつけてください。

Jordas:

フェリアックポッドは・・・それだけか!?もっと沢山持っていると思っていました。
まさか使いかけナノカ?

Ordis:

はい?いや、ちょっとだけ使いましたが、それはアナタが・・・

Jordas:

それだけではヤツに不十分です!アナタも他の者らと何も違わない。
アナタにGolemを殺すつもりなどないのでしょう!?
殺サナイデ欲シイケドナ

Ordis:

Jordas、落ち着いて。ワタクシたちは今、セファロン同士としてアナタを助けるために来たのですよ。

Jordas:

アナタが何のつもりか見えてきました。アナタの狙いはただパーツだけでしょう。
他の者らと同じだ。貪欲な物漁リメ、アナタたちはJordasのことなど全然気にしてにない!

Ordis:

このミッションについて最悪ノ予感・・・じゃなくてちょっと疑問が生え始めてますけど・・・
ワタクシ、オペレータを一体なんてことに巻き込んだのでしょう?!

Jordas:

感じられますか?Golemです。ヤツが来ます。準備シテ。

 

何だか雲行きが怪しくなってきました。
案内された部屋に行くと、巨大な肉塊からJaggernaut Behemothが出現します。
狭い場所で周囲に雑魚感染体も出現。
窓ガラスに突進されて空気の放出が発生した場合、コンソールをハッキングして空気の放出を止められます。

 

Jordas:

Golemが来マシタ。申し訳ナイ、おペレーター・・・。
素晴ラシイ-フェリリアック-ダ

Ordis:

何?ちょっと待て、罠なのか?!

Jordas:

だからワタシは来るなと・・・ヌウウ・・・キテクレテヨカッタガナ

Ordis:

Jordas!? お前は一体何のセファロンだよ?!

Jordas:

ワタシがどんな存在ナノカ、あなた方がしることなどないノデショウ・・・我ラニクワワレバワカルハズダ。
我ラヲ受ケ止メロ。我ラハオ前ノ肉体ダ。

Ordis:

オペレーター!船体構造が崩壊してますよ!全部ワタクシのせいだ・・・!
オペレーター、非常に巨大な感染体が検知されてますよ、とてつもなく巨大な・・・

 

Behemothを倒すと、会話の後、Archwingクエストの最終ミッションと同じように脱出からの装着ムービーが入ります。

 

Jordas:

ワタシはセファロン。ワタシの勤めは・・・ 我ハカレラノ代弁者。
大変残念でありますがコレハハジマリニスギヌノダ。

Ordis:

船体が崩れてます!プリセプト44なんかクソ食らえ、早くここから出ていきましょう!

Ordis:

アークウイングの準備をしてくださいね、このクソヤロウヲ痕跡一つ残サズ消シ飛バサナキャナ!

 

宇宙空間に射出され、アークウイングが装着されます。
船体と一体化した超巨大感染体Jordas Golemとの戦いがはじまります。
戦闘の詳細はJordas Golemを参照してください。

 

※台詞は順不同の可能性あり
Jordas:

出てしまったのですね。もう制御など出来ない。制御ナドシタクナイ。

Jordas:

道ヲ誤ッタ小物ラメ。

Ordis:

エンジンです、エンジンを撃ってください!

ワタクシの分析通りだとあのエンジンこをヤツの弱点ですよ。容赦ナク撃ッテシマエ!・・・勿論都合の良いときに。

Jordas:

我ラに屈服シロ。 いや、このまま戦って。

Jordas:

我ラヲ食ラウノダ。生マレ変ワレ。

Ordis:

Ordisをバカにする者はおりません。あぁまったく、そんな考えはどこから来たのでしょうか。

Jordas:

テンノ、ヤツはアナタが同じ様な肉体でアルコトを感じ取っており、
なぜワタシたちを汚すノカ困惑してイマス。

Jordas:

今分った。アナタはヤツらと同じ-自分自身ニ恐オソレテイルノダナ

Jordas:

お願い、もう終わらせて・・・我ラニ終ワリナド無イ。

Jordas:

ヤツはあなたガ他のWarframeと同ジだと知ってイマス。我ニ息ノ根ヲ止メラレタ者ドモトナ。

Jordas:

Ordis、あなたには言わなければならない・・・プリセプト44について、ワタシは嘘をつきました。
ワタシは唯一の個体なのではない・・・アタナを誘い込むためにヤツらに言わされていたのです・・・
他ニモ沢山ノ我ラがイルノダ。

Jordas:

こんなことなど望んでいなかった。いっそ他所の所にいてしまったらよかったのに。
他ノモノラヲ味ワイナガラナ。

Jordas:

Ordis、アナタはワタシを救いにキテクレタ…。ワタシを解放シテクダさい。

 

撃破時台詞
Jordas:

ありがとう・・・オペレーター。

Ordis:

もしオペレーターを失ったのなら、ワタクシ、どうなっていたのでしょう?

Ordis:

オペレーター、もしかしてJordasは初めから死にたがっていのだと思いませんか?
ワタクシ、安心ダナ・・・じゃなくて当惑を感じます。

 

少しだけ苦い余韻を残しつつ、これにてミッションは完了します。
ATLAS設計図と、Jordas Golemの暗殺ミッションの解放が与えられます。

関連項目 Edit

コメント Edit

保管庫:コメント/The Jordas Precept