Tyl Regor

Last-modified: 2020-11-05 (木) 20:07:39
Tyl_Regor.jpg
ステータス
名前Tyl Regor
勢力グリニア
シールド800
アレイアーマー250
クローンの肉体3000
 

出現マップ

概要

天王星のTitaniaに配置されたボス。
詳細は用語集Tyl Regorを参照。

Update17にて外見が大きく変化し、サイボーグ化した手足と、アタッチメント切り替えできる両腕をしている。
尚、能力と外見が別人の様になっても上下逆に着用しているグリニアの仮面は相変わらずである。彼なりの拘りなのか。

ドロップとクリア報酬

ドロップテーブル
MOD
Steal Fiber
True Steel
Vitality
Cryo Rounds
Lethal Momentum
Shocking Touch
素材
星系資源
オロキン セル
ミッションクリア報酬
各種EQUINOXパーツの設計図
EQUINOX NIGHT ASPECTの設計図
EQUINOX NIGHT ニューロティックの設計図
EQUINOX NIGHT シャーシの設計図
EQUINOX NIGHT システムの設計図
EQUINOX DAY ASPECTの設計図
EQUINOX DAY ニューロティックの設計図
EQUINOX DAY シャーシの設計図
EQUINOX DAY システムの設計図
  • 上記のいずれか1つを確実に入手できる。

行動詳細

剣と盾による近接コンボ
両手を剣と盾のアタッチメントに切り換えて、近接コンボで攻撃してくる。
テンノに攻撃がヒットすると、大きくよろめいてしまい、連続で攻撃を食らってしまうので注意。
ローリングで間合いから離脱できる。
大型ガントレットによるスラムアタック
両腕を大型ガントレットのアタッチメントに切り換えて、地面の叩き付け攻撃をしてくる。
叩き付け自体が高威力なほか、地上に居ると衝撃波で転倒してしまう。
大型ガントレットによるダブルロケットパンチ
両腕を大型ガントレットのアタッチメントに切り換え、両手をそろえて突き出し派手なロケットパンチ攻撃をしてくる。
弾速は速くないが直撃時の威力は非常に高い。また爆発による転倒も高確率で発生するので危険。
こちらも距離をとってきちんと回避したい。
透明化
攻撃終了時に必ずASHのSmoke Screenのように透明化し、高速移動する。
クローン召喚
Tubemanと呼ぶクローン体(ドレーカル マニック及びドレーカル マニック ボンバード)を召喚する。
ドレーカル マニック
通常のマニック同様に透明化とクローによる攻撃をしてくる。
ドレーカル マニック ボンバード
近寄られると瞬間移動で距離を空け、ヘビーガンナーと同じGORGONによるミニガン射撃と広範囲に及ぶ地雷を投擲してくる。
この地雷は着地後一定時間で爆発する。

攻略

Tyl Regorのいる部屋には彼の彫像があり、海底の一部を利用した3層の吹き抜け構造になっている。

 

最初はTyl Regorだけ登場し、プレイヤーへ攻撃を行う。
1/3ほどダメージを与えると透明化して逃げ出した後、像の足元に無敵状態で現れ、ロケットパンチによる窓の破壊の演出により部屋に海水を流し込んで下層の海底穴部分を水没させる。このとき上層の壁面から足場がせり出して来る。
そしてその場から消え、ドレーカル マニック3体をスポーンさせる。

 

一定時間(30秒ほど)経過すると、再びTyl Regorが姿を現して攻撃してくる。攻撃パターンは一緒。
さらに2/3までダメージを負わせると、再び透明化して逃げ出したあと、今度は部屋上層に無敵状態で現れ、天井の窓の破壊し部屋に海水を流し込んで中層部分まで水没させる。
水中にいると彫像からの漏電でダメージを受け続けるので、素早く水面から足場に上がろう。
窓の破壊演出時のTyl Regor出現位置は固定なので、破壊演出中にバレットジャンプなどで予め上層に上がってしまうと良いだろう。上手くバレットジャンプが出来ない場合は、壁面の太いパイプを利用して登る事も可能。
足場の上にクローン体(ドレーカル マニック及びドレーカル マニック ボンバード)を複数体召喚する。
また、壁のパイプから一定間隔で水が噴出するギミックがあり、水流にはダメージと押し流し判定があるので、素早く抜け出さないとダメージを負った状態で水中に落とされてしまう。

 

一定時間(30秒ほど)経過すると、再びTyl Regorが現れるので倒すとミッション完了。

 
ドレーカル マニックの行動パターン
通常のマニック同様に透明化とクロー攻撃を行う。
クローのライトカラーが見えており、追尾しやすくなっている。マウント攻撃もしてくるので要注意。
このドレーカル マニックは攻撃の瞬間しかダメージを与えられず、透明化および高速移動中は無敵となっている。
高速移動中にはWarframeのアビリティの特殊効果や各種状態異常を付与できるが、無敵状態のためダメージは与えられない。
飛びかかりクロー攻撃の着地硬直が攻撃のチャンスとなる。
ドレーカル マニック ボンバードの行動パターン
プレイヤーが近づくと瞬間移動で距離をとるため、遠距離から倒すか、近接攻撃を当て続け怯みを継続させるとよい。
またドレーカル マニックより弱体耐性が低く、衝撃ダメージによるダウンや様々な原因によるスタンが通用する。
通常の射撃はもちろんのこと、爆雷投擲が極めて高ダメージであるため、正面からの撃ち合いは危険である。

Tyl Regorの耐性について

Tyl Regorはユニークな特性としてシールドリチャージディレイがなく、ダメージを与えても常時シールドが回復している。
このためこれまでのボスと違い持久戦に強く、シールドを破ってダメージを与えられる程度の火力が要求される。
また、衝撃貫通切断冷気毒爆発ガス磁気放射線感染Void状態異常に耐性を持っておりソーティーミッションに行くようなプレイヤーでも注意が必要になる。
火炎電気腐食状態異常は有効。
Shattering Impact MODによるアーマー削りは有効。
Seeking Shuriken、Abating Linkによるアーマー削りは有効。
EmberのFire Blast、MagのPolarizeによるアーマー削りは無効。

旧情報

(旧情報)

Update17以前

&ref(): File not found: "2013-04-04_00012_0.jpg" at page "Tyl Regor";ボス名Tyl Regor
ステージTitania
ドロップ星系資源、オロキンセル
クリア報酬ASHパーツの設計図
 

SKANAを装備した接近戦型のグリニアボス。
一発の威力はかなり高めだが、Captain Vorと異なりTeleportを使わない為、不意打ちを食らう心配は無い。
但し、中途半端に距離をとるとSlash Dashを繰り出してくる。Stalker程ではないが高威力なので注意。
SKANAで殴りかかって来ようとする程度の距離を維持しつつ、退き撃ちすれば問題なく倒せる。
その場合、むしろ周囲の雑魚の方が危険なので、交戦を開始する前に掃除してしまうと良い。
ボスの居る部屋は地形が入り組んでいる為、別の階層から射撃すれば更に楽勝である。
BOLTOダメージで体勢を崩す他、火炎属性による追加効果も有効で、炎上すると高確率で悶絶する。

 

Update9から星系のレベル帯が大幅アップ。
ボスも25以上レベルが高くなったため、攻撃力・防御力とも大幅に上がっているので注意。

 

因みに、どういう訳かグリニアのお面を上下逆に着用している。ちょっと間抜けである。

コメント

保管庫:Tyl Regor/コメント