Top > サーモンラン > 特殊な状況
HTML convert time to 0.017 sec.


サーモンラン/特殊な状況

Last-modified: 2018-04-18 (水) 03:10:48

特殊な状況 Edit

各WAVEの準備時間中には、時折特殊な状況への環境変化が起こる。
水位変化以外は空が暗くなる前兆がある。
ほとんどの状況で通常WAVEとは異なる特殊な立ち回りが求められるため、遠出は控えめにし、拠点付近の壁塗りを特に密にしておこう。

主な変化 Edit

それぞれ個別ページを参照していただきたい。

水位変化 Edit

WAVE開始10秒前から6秒前まで画面下部にでる、黒い波のモーションで水位が判断できる。
特に通常と満潮は見分けがつきにくいため、カウントダウン・ブキチェンジ・カモン/ナイスのし方を表す十字キーの表示との位置関係を覚えておくといい。
波の音を聴くことで速やかに判断可能。モグラの接近をも感知できる。
急激な不規則な水位の変化はシャケ達が生息する隔離エリアでのみ見られる特殊な現象らしく、その原理は未だ謎。
研究対象として世界中から注目を浴びているようだ。

■干潮
 nolink,サーモンラン 干潮潮位の表示

 

■通常(変化なし)
 nolink,サーモンラン 通常潮位の表示

 

■満潮
 nolink,サーモンラン 満潮潮位の表示

干潮 Edit

潮が引き、マップの一部が拡張される。
更にイクラコンテナの場所もその付近に移動し、戦場が完全に移動する。
イクラコンテナが移動するのは干潮の時のみなので、普段の場所のコンテナの有無でもすぐに判断できる。
シャケは拡張された部分からしか出現しなくなるため、察知次第カモンで味方を呼び寄せよう。
拡張されたエリアは金網や起伏が少なく移動も比較的楽だが、足場が細く海に近いので、ザコに押されて道を踏み外すこともしばしば発生する。状況が悪化した場合、いったん退くことも視野に入れよう。
ノルマを達成していたら、通常エリアに逃げ込む事で逃げ切りを図る事も可能。
干潮エリアにはいくつかのシャケ出現ポイントがあるが、いずれもコンテナから距離があるので、すぐ対応できるよう敵が出現していない方向も多少塗っておくと良い。
「ドスコイ大量発生」「霧」「ハコビヤ襲来」のイベントと重複する事もある。

満潮 Edit

潮が満ち、マップが全体的に狭まる。
タワーに限っては出現位置が近くなるため倒しやすくなるが、ヘビやコウモリのような戦場を広く占拠する相手や、バクダン、コウモリ、カタパッドのような広範囲攻撃を持つ相手はさらに脅威になる。
ザコを含め、できる限り迅速な処理を行う必要がある。

また満潮は、他のイベントと重複して発生することが稀にある。(干潮とドスコイ大量発生以外)
シャケコプターの降りる範囲が減るハコビヤはまだしも、逃げる範囲が狭くなるグリルや処理がもたつくと一気にジリ貧になるラッシュなどはより危険度が増す。
連携を密にし、迅速かつ的確な対応が求められる。

 

水位により起こるイベント Edit

3種類の水位に応じて、以下の表のイベントが発生することがある。

イベント干潮通常水位満潮発生バイトランク
ラッシュ
(ヒカリバエ)
-はんにんまえ以上
はんにんまえ以上
グリル発進-はんにんまえ以上
ドスコイ大量発生--いちにんまえ以上
キンシャケ探し
(カンケツセン)
-じゅくれん以上
ハコビヤ襲来じゅくれん以上

支給ブキ不明 Edit

2017/09/16(土)の午前9:00からのオンラインでの開催にて初めて発生。
各WAVE開始時に発生するバイト現場での特殊な状況と異なり、クマサン商会側の諸事情が原因のため期間中は常時発生している。
このイベントが発生する回は支給ブキ欄が「?」となっている。
当初は4つとも「?」となっていたが、2017/10/22 - 10/23の回のように1つだけ「?」となる場合も。

普段は予め決まっている4種類の中から支給されるバイト専用ブキが、「?」に当たった場合はランダムに支給される。
支給対象となるブキは、そのVersionにおいて手に入るブキのうちメインの性能が同一のモデル以外の全て。*1
どのブキが支給されるか等の法則性は不明であり、特徴が偏った編成や、2名以上に同じブキが支給されることもある。
また、ブキ屋では手に入らないレアブキを支給される場合もある。

クマサン印のブキ Edit

ブキのランダム支給に紛れて出現する、「クマサン個人の持ち物」らしきブキ群。改造痕丸出しの外見が特徴的。
ブキチェンジ時は「レアブキ」扱いされているが、支給ブキ不明時の開催中は高めの確率で支給される。

2017/10/25現在で確認されているのは、下記の2種類。(詳細は各遷移先を参照)

どちらが支給されるのかは開催回によって決まっている。

いずれもインクの連射速度を大幅に高めたモデルであり、対シャケ戦に特化したような構成である。
一方で連射速度以外の凄みは少なく、メインウェポンが効かない敵には他ブキと同様、苦戦を強いられる。
インク効率は元のブキに比べると改善されているものの、連射力故にインク切れを起こしやすくなっているため、過信は禁物。
下手に乱射するとボムを投げるインクがなくなってしまう。

これらのブキが出現した状態でWAVE3をクリアすると、クマサンから「どうだい?ワタシ特製のブキの使い心地は」と訊いてくるため、クマサンが直々に改造したものと思われる。

今後も何らかのイベントに乗じて「クマサン印の(ブキ種)」が流出する可能性は高い。

対処方法 Edit

とにかく重要なのは、ブキチェンジごとに自分や味方に支給されたブキを把握すること、そしてチーム内の役割やチーム全体の短所を見極めること。
特に後者は、試し撃ちなどで練習することもできる通常時とは違い、わずか10カウントの時間で瞬時に把握しなければならない。普段のバイトで鍛えた役割分担の経験が物をいうだろう。
普段クマサンが組んでいるバランスの良い編成とは異なり、チャージャー×4など明らかにアンバランスな編成がなされるのも、支給ブキ不明時の過酷さ醍醐味といえる。
チャージャーが2人いるなら対タワーに全力を尽くしたり、全員が短射程なら自分は思い切って不利な敵の処理に向かうなど、普段以上に臨機応変に動こう。

また、運良くクマサン印のブキが当たった場合でも油断はできない。
火力の高さや連射速度にかまけて撃ちまくると、あっという間にインクがなくなってしまい、劣勢の状況で打開策がなくなってしまう。

 
 

コメント Edit

当ページ用のコメント欄を設置しました。






*1 例えばスプラシューターコラボスプラシュータープロモデラーRGプロモデラーMGとメインの性能が同一のため選ばれないが、Rブラスターエリートラピッドブラスターはメインの性能が異なるため両方とも対象となる。