Top > ブキ > ホットブラスター
HTML convert time to 0.030 sec.


ホットブラスター

Last-modified: 2018-04-18 (水) 23:48:21

ブキイメージ

使用イメージ画像
 
 

ブキ紹介 Edit

爆発するインクショットを発射して範囲攻撃を行える、ブラスターの中でも基本となるブキ
連射も弾の速度も遅いが、直撃させれば一撃で相手を倒すことができる。

メイン性能 Edit

※射程・距離関係の単位は試し撃ちラインの本数。
※塗り射程とは、カニ歩き撃ちで塗れる平均的な距離のこと。

Ver.○.○○現在

直撃射程2.1
爆風射程1.3~2.7塗り射程2.6
拡散°ジャンプ中拡散°
ダメージ(直撃)125.0確定数(直撃または爆風)1~2
ダメージ(爆風)70.0~50.0
ダメージ(着弾飛沫)35.0~25.0※
連射フレーム50F秒間発射数1.2発/秒
キルタイム(直撃)秒/killDPS(直撃)/秒
キルタイム(確2)秒/kill
射撃継続時間8.333秒インク消費量(装弾数)10.00%(10発)
射撃後硬直時間F(秒)射撃後インク回復不能時間60F(1.000秒)
射撃中ヒト速0.45
非射撃時ヒト速0.96イカ速1.92

※着弾飛沫の最低ダメージが爆風の最低ダメージの半分であることから、着弾飛沫の最大ダメージも同様に35.0であることが推測される。
しかし、試し撃ちでは33.0以上のダメージが確認できなかった(それ以上照準を近付けようとすると、オートエイムが働くのか直撃になる)。

 
前作からの変更点

メイン解説 Edit

撃ち出した弾が試し撃ちラインおよそ2本分進むと爆発し、一定範囲の相手にダメージを与える。
爆風のダメージ範囲の半径は、試し撃ちライン0.7本分ほど。爆風の先端は中射程シューターより少し遠くまで届く。

爆風を2発当てれば相手を倒すことができる。爆風のみでのキルタイムは速い部類ではないが、多少のエイムのずれを無視して爆撃を仕掛ける・遮蔽の裏で爆発させて攻撃を回り込ませるなど、範囲攻撃をイカした戦法をとれる。
弾が直撃すれば、相手を一撃で倒すことができる。ただし連射力・弾速はどちらも遅いので、距離を詰めて激しく動く短射程ブキ持ちの相手は総じて苦手。

メインの長いインク回復不能時間は厄介だが、インク消費と回復にメリハリをつけた立ち回りで少しは軽減できる。安全圏で連射してナワバリ確保・塗りポイント稼ぎをこなし、イカセンプクしつつまとめてインク回復をすると、『一発撃ってイカダッシュを繰り返す』よりは燃費が良くなる。

Ver.2.1.0までのアップデートで、ショットの塗りが自分の後方まで届く・射撃後の硬直が短くなるなど、主に生存に有利な箇所が強化されている。特に射撃後硬直の短縮により「ショットが爆発してから硬直が終わるまでの時間」はノヴァブラスターより短くなっている。このため連射の間にイカダッシュを挟んで疑似的な引き撃ちをすることが火力重視ブラスターの中で一番得意といえる。

運用 Edit

メインの射程内でショット直撃を取れば一撃必殺だが、ほぼ一回限りのチャンスなので確実なエイム力が必要なうえハイリスク。
基本的にはメインの直撃よりも爆風の中央で捉えて堅実に立ち回っていきたい。

ブキセットは全てが発生の速い範囲攻撃持ちと、相手の逃げ場を奪いつつ戦うことを得意としている。
タイマン時はメインの爆風ど真ん中の射程内に敵を捉え、メイン一本で事足りる状況に持ち込むのが基本。地形・人数有利が取れるときには、遠近に投げ分けられるサブでの妨害も試みたい。
それと引き換えにメインは連射間隔も弾の速度も遅く、サブも単体ではあまり脅威を与えられないと、爆風射程内に潜り込まれた場合の自衛はスペシャル頼みになってしまう。
奇襲をかけるのに失敗したときや、逆にスペシャルを使う間もないほど唐突に奇襲をかけられたときは脆い。
周りを警戒しクリアリングしながら立ち回ることが必要になる。
逆にメインの射程より遠距離への攻撃手段はポイズンミストのみと貧弱。
長射程ブキ相手に距離を詰めるのは苦手なので、彼らを守ろうとする敵前衛との戦いに専念する方が効率的かもしれない。

 

基本的には中衛に立って前線を監視し、戦闘中の味方をフォローしたり孤立した敵を狙って倒していきたい。
余裕があれば脇道や裏取りも監視しつつ、要所をポイズンミストで塞ぐなどして有利な状況を作ろう。
スーパーチャクチが溜まっていれば一時的に前線に出ることも視野に入る。
ただし囲まれるとなすすべもないので無理はしないこと。

サブスペシャル Edit

ポイズンミスト Edit

着弾地点にポイズン効果を及ぼすフィールドを形成する。
ポイズン効果にかかると移動速度が減り、インクもどんどん消費されてしまう。
相手の動きを制限・誘導して自分の戦いやすい環境を作っていくように使っていくのがいいだろう。
メインと連携して敵を雪隠詰めにしたいところだが、ポイズンミストを撃ったらインク残量は4割。このブキにとっては、残弾4発という余裕の少ない状況になる。
サブはとりあえず投げて有利になる類のものではないので、退路を断つように使う・味方との交戦で疲弊したところで使うなど、使いどころの見極めが要求される。

スーパーチャクチ Edit

飛び上がって宙に浮き、間を置いて落下して周囲にダメージを与えるスペシャル
キルを取れなくても、近くにいた相手に爆風のダメージを与えられる。
距離を詰められたときの返しや、乱戦に飛び込んでの使用など幅が広い。
相手が爆風ダメージ軽減のギアをつけていなければチャクチ遠当て+メイン遠当てでも倒せるため相性は良好。
またメインの隙が大きく不意のボムに弱いため、とっさにボムを回避する用途もある。

ギアパワー考察 Edit

  • インク効率アップ(メイン)
    メインのインク効率がかなり悪いのでとりあえずつけておいて損はないギア
    「もう1発」に悩まされることが多い人にオススメ。
  • インク効率アップ(サブ)、インク回復力アップ
    ポイズンミストを積極的に使いたい場合に。
    メインサブをコンボ的に使うならサブ効率、使用頻度を増やしたい場合はインク回復力アップが良い。
  • イカ移動速度アップ
    連射間にイカダッシュを挟んだ間合いの管理・エイムずらし・追撃とブラスターの重要要素を全般的に底上げしてくれる。
    特にホットブラスターはアップデートで射撃後の硬直が小さくなったので、イカ速のイカし甲斐がある。
  • カムバック
    射程が短いので最前線に出るという立ち回りになり、大変倒されやすいので、すぐに戻れるようカムバックを入れるのが良い。

効果の薄いギアパワー Edit

  • サーマルインク
    現状、「メインウェポンを当てないと効果がない」「爆風では効果がない」、すなわち直撃させないと効果がないのだが、このブキの直撃は確1
    つまり、このブキを持つと直撃により相手を倒せてしまうので、サーマルインクが効力を発揮することはない。
    ただし、インクアーマー状態の相手に直撃させると効果は発揮する。まったくの無意味ではないものの、使いどころはあまりないだろう。

コメント Edit