Top > ステージ > チョウザメ造船
HTML convert time to 0.009 sec.


チョウザメ造船

Last-modified: 2018-04-19 (木) 20:14:40

概要 Edit

総面積:2390p
初期ステージのひとつ。
全ステージで4番目に広いステージ。スタート地点周囲で塗れる地面が広め。

建造途中の船の上が舞台。穴から下を覗いたり落下デスすると、船体の形と、船底付近で働くクラゲ工員たちの姿を見ることができる。
ちなみに、この船はこの世界でのエネルギー資源となっている魚卵(イクラ)を運搬するタンカー*1

ハイカラニュースのステージ紹介でイイダが言う「ゴライアスクレーン」とは、船体をまたいでいる門型のクレーン。
また、このステージの近くにホッケふ頭が存在するらしい。

MAP解説 Edit

十字型のオブジェクトがある跳ね橋が縦や横に傾く。
縦になると高台になる。跳ね橋の裏側は濡れない。
中央の跳ね橋から金網のある高台への侵入が可能になる。
縦になった時に空いたスペースは穴なので落ちないように注意しよう。
横になると中央足場より低くなる。
高台への侵入が不可能になり、チャージャーの良いスナイプポイントとなる。

中央の足場は「バッテラストリート」の橋のように下を潜り抜けることができる。
下の足場は金網となっており塗れる足場がない。主に奇襲用に使うとよい。
金網の上でイカになると穴に落ちてしまうので注意。

各ルール考察 Edit

ナワバリバトル Edit

nawabari_tyozame.jpg

ガチエリア Edit

area_tyozame.jpg
有効かどうかは別として、エリア直上のクレーンから吊り下がっている缶詰にスプリンクラーを設置するイカがたまにいる。

ガチヤグラ Edit

yagura_tyozame.jpg

ガチホコバトル Edit

hoko_tyozame.jpg

おおまかに分けてルートは右の斜面か追加ブロックから進むルート、スポンジを経由するルート、中央付近の箱から左へ飛び移るルートの3種類。
いずれのルートも一長一短あり、状況を見てどのルートを選択すべきか見極める必要がある。最悪なのはいずれかのルートに固執してしまうこと。敵の防衛意識がそのルートに集中してしまい全くカウントが進まなくなる。
あろうことか全滅してしまうとカウンターで逆転の憂き目にあう可能性もあるので、適度にルートを使い分けるべきである。
右は距離が長い上に、敵スタート地点からの見通しが良いので迎撃されやすいが、味方の援軍がついてきやすいというメリットがある。味方と一斉に攻めて行ける状況ならこちらを選択しよう。
スポンジ経由ルートは最短距離だが、敵はスポンジを萎ませるだけで止められるので、よほど隙をつけないと決まりにくい。
ブロックから飛び移る左ルートは距離が近く、敵も駆けつけるのが難しいので、敵が中央に固まっていればカウントを進めやすい。だが、敵がひとりでも潜伏していれば逃げ場は無く、味方もブロックから飛び移らればならないので援軍に来にくい。ハイリスクハイリターンなルートである。
ちなみに跳ね橋が横になってないと直進はできない。縦の場合は高台に登って斜めにイカジャンプして進めよう。
なお、この状態で跳ね橋に向かって大ジャンプして自滅すると、本来接地しなければ進まないはずのカウントを35まで進めることができる。状況によっては使えるかもしれない。

ガチアサリ Edit

asari_tyozame.jpg

コメント Edit






*1 「スプラトゥーン2 イカすアートブック」より