Top > ブキ > スペシャルウェポン > ボムピッチャー
HTML convert time to 0.046 sec.


ブキ/スペシャルウェポン/ボムピッチャー

Last-modified: 2018-04-16 (月) 17:45:51

ブキイメージ

使用イメージ使用イメージ

セット情報 Edit

概要 Edit

連続でボムを投げまくるマシン。
ボタンを短く押すと近くに、長押しで遠くに飛ばせる。

と種類があり、サブウェポンのボムを無制限に投げる前作とは違い、ブキ付属のサブとは異なるボムを投げることができる。
スペシャル発動中でもメインウェポンの使用、イカセンプクでの移動、スーパージャンプなどの行動は可能。くれぐれもボムを投げるのに夢中になって、接近するロボットボムや狙いを定めるチャージャーを見逃さないようにしよう。
ボムピッチャー発動時は見た目が変わるので、スペシャルが終わったことを確認しやすい。スペシャル終了時にサブウェポンを投げてインクを枯渇させてしまうことが起きにくくなった。

ボタンを連打しなくても押しっぱなしで次々にボムを発射することができる。その場合は当然、常に飛距離は最大となる。

ボムピッチャー終了後(=ゲージ回復可能状態)にボムが爆発してもゲージは回収されなくなった。

なお、インクリングは右利きのためほぼすべての攻撃は右側から発生するが、ボムピッチャーマニューバーのスライド後の攻撃は例外でインクリングの左側からボムが射出される。
左壁に身を隠してボムピッチャーを使用するとボムがほとんど跳ね返ってしまうなんて状況になるので注意。特にガチヤグラ

 

全てのボムピッチャー共通の注意点として効果時間の間は本来のサブが使えなくなるという弱点がある。
現在登場しているボムピッチャー付きブキの中には咄嗟に本来のサブが必要になるブキはほぼ無いが、投擲ボムの使い分けが出来なくなるプロモデラーMGの場合は少々配慮が必要になる。
またボムピッチャーが終了した後少しの間、本来のサブは勿論アサリやガチアサリを投げることが出来なくなるという仕様が存在する。そのためガチアサリのルールに持っていく時には注意が必要になる。

使用中はガチヤグラのような可愛らしい音色で「トキメキ☆ボムラッシュ」が鳴っているぞ。

特徴 Edit

スプラッシュボム Edit

ボム1個あたりの攻撃範囲や塗り範囲はそこそこといったところだが、起爆が早めなためキル性能が高く、床を塗りやすい。
自分の懐にボムを置きやすく、発射して1秒ほどで爆発するので一度展開すれば相手を寄せ付けない。
スプラッシュボムは下り坂で転がる性質があるため、逃げた相手も倒せることがある。
ただ大量に投げるだけではなく、メインウェポンとの連携で確実に倒しに行くのも有効だ。

キューバンボム Edit

投擲後に壁や地面に貼り付き、2秒ほどで爆発。即効性は劣るが、三次元的な塗り範囲や制圧、牽制力は圧倒的。
キューバンボムの遠爆風の範囲はかなり広いため、大げさに回避行動しない相手ならその爆風で押し切れる。
塗り性能が非常に高く、上手く塗れば前線を一気に上げることも可能。
爆風と塗りで味方を援護しつつ、敵のインク陣地を一気に奪え!
塗り広げるならなるべく開けた場所で使いたい。障害物が多くゴミゴミした場所で使うと、キューバンボムが塗れない障害物にばかりくっついてしまい、床が全然塗れないことも。
一方で、ヤグラなど対象物を定めて集中砲火する場合は、逆に障害物が多い場所で使うと、キルが取りやすくなる。
また、平地で発動した場合、キューバンボムの爆発の遅さで、懐まで近付かれやすい。最もメインウェポンとの切り替えが重要なボムピッチャーである。

カーリングボム Edit

直線を塗るので、平面での制圧力は他のボムピッチャーを圧倒するほど高い。
道型の塗りを複数形成するため、メインでの二次攻撃への派生も狙える。
かなりの距離からでも有効なため、しっかり距離をとればボムラッシュ中に倒されることはほとんどない。

しかし、地形に左右されやすい上に爆発までのタイムラグが大きく自分の近くにボムを置くのが難しいので、守りが甘い。
高いポテンシャルを秘めているが、高台や段差が多いステージでは真価を発揮しにくいのが弱点。

サブウェポンカーリングボムは「Rを長押しするほど近くで爆発」だが、ボムピッチャー搭載時は他のボムに合わせて「Rを長押しするほど遠くで爆発」と逆になっている。

クイックボム Edit

公式アカウントでは言及されているが、まだ実装されていない。
以下の記述は前作のクイックボムラッシュに基づくものとして参考までに。

キル性能や牽制力には劣るものの、近~中距離での戦闘力・瞬時の塗り・連射性能・即効性に優れるボムピッチャー
ラッシュ中の連射力が高い上に、着弾と同時に爆発するので、タイマン相手だと完封勝ちできる。
しかし1発1発が即死の威力ではなく、倒すには最低でも2~3発は必要なので、よく狙って確実に複数発当てていきたい。その性質上、キルを狙うと塗り被りが多くなりがちで、塗りとキルを両立しにくい。
周囲に敵がいる場合、基本的には近くの敵に連続で投げ付けて掃討した後に、塗り広げるように投げるのがセオリー。
満遍なく塗るように使うと、キル性能は低いが、かなり広範囲を瞬時に塗ることができるため、味方の足場を確保することを優先して使おう。
なお、クイックボムの特性から接近してくる敵にも余裕を持って攻撃できるため、他のボムピッチャーよりもメインウェポンとの切り替えを必要とせず、突っ込んでくる敵に対しては倒されにくいという利点もある。
ただし1確の恐怖を与えることはできないために遠距離の相手を退かせる力は弱く、チャージャースピナーなどの遠距離ブキに対しての対抗手段としては弱い。

ギアパワースペシャル性能アップ」による効果 Edit

発動時間が伸び、ボムを投げられる回数が増える。

ギアパワー0
発動時間:6.00秒
ボム投げ最大数:11個(遠投7個)

ギアパワー57
発動時間:8.00秒
ボム投げ最大数:15個(遠投9個)

以下Wikiのコメントより Edit


カーリングボムピッチャーと
スペシャル性能アップギアの関係を手持ちの範囲で検証した。
投擲可能時間が増える模様。
その他の効果があるかどうかは不明。
( 数値は、前作と同様と仮定し 57 表記。)

最速連打 ( 遅いボムが出る )

0 : 11 個
3-? : 12 個 ( 6 は確認。9 が不明 )
10-? : 13 個 ( 16 は確認。18,19 が不明 )
20-33 : 14 個 ( 34 以上不明 )

押しっぱなし ( 最速ボムが出る )

0-? : 7 個 ( 6 は確認。9 が不明 )
10-23 : 8 個 ( 24,25 は不明 )
26-33 : 9 個 ( 34 以上不明 )

10 積みが実用的か。

上記追加情報。
ダメージ、弾速変化無し。
試し打ちで検証。


コメント Edit