Top > ブキ > もみじシューター
HTML convert time to 0.048 sec.


もみじシューター

Last-modified: 2018-04-25 (水) 11:49:52

DJML1yXVAAUzpHL.jpg

使用イメージ画像

※画像は公式Twitter(@SplatoonJP)の2017年9月8日のツイートより。

 
 
関連ブキ一覧ブキ
無印わかばシューター
マイナーチェンジもみじシューター
 

ブキチの説明 Edit

メインの もみじシューターは わかばシューター
同じ性能でしが、バトルの立ち回り方に
ちがう味付けをした モデルでし!

サブウェポンの ロボットボム
かくれている 相手をあぶり出し
出てきたところを 仕留めるでし!

アメフラシも組み合わせ、広範囲の相手を
あぶりつくせるので、チームを盛り上げたい
使い手に かわいがって欲しいでし!

ブキ紹介 Edit

わかばシューターブキチ改造モデル。名前の通り、側面にもみじのようなステッカーが貼ってある。
セットの構成上、直接的な攻撃、防御性能はわかばシューターより落ちるが、ロボットボムアメフラシで相手に対する妨害性能を大きく向上させた。

メイン性能 Edit

わかばシューターのページを参照。

運用 Edit

前作では直接的な攻撃力のないサブスペシャル構成だったが、今作では大幅変更されており、カーボンローラーと同じロボットボム+アメフラシという構成になった。
相手に対する妨害能力が非常に高い組み合わせのため、機動力を生かして相手の裏をかいたり味方のサポート、やられてしまった味方のカバーなどに走り回れば塗りもキルも両立しやすい。

わかばシューター系列のブキは自分から相手を倒しに行く手段に欠ける代わりに塗りが強力で、味方のサポートに優れるカテゴリである。
メインの塗りに加え、広範囲に影響を及ぼすアメフラシで前線を押し上げ味方を動きやすくさせることに特化している。
前作ではサブスペシャルが完全なサポート型の構成で、塗りもキルもメインのみでしか行えなかったが、今作では変則的ながらある程度の戦闘性能を備えている。
ただしどちらも遅効性のため、わかばシューターのように緊急行動を取るのは苦手。
正面からの戦闘は避け、相手の射程外から強みの塗りを押し付けることで戦場そのものを自分の色に染め上げよう。

スペシャルの関係上、インクアーマーをアテにした強引な攻めができない一方で、ロボットボムで相手をけん制し、アメフラシに乗じて前線を上げたり相手を倒す事でしていく運用が可能になっている。
もみじにしかない強みをイカして戦おう。

サブスペシャル Edit

ロボットボム Edit

相手を長時間拘束し、視界外に落とせば直接撃破もできる優秀なサブ
短射程のもみじシューターにとっては戦線を支える貴重な手段。インクの消費量が多くクールタイムが長いのがネック。
メインのインク効率が良いため消費が重いロボットボム使用後も少しは動けるが、能動的にサブとの連携を使っていくことを主体とする立ち回りならギアパワーで補助すべきだろう。

  • 追尾のスピードが遅いため、機動力ある相手に対してほとんどプレッシャーを与えられない。前に出ようとする相手の足止めには使えないので、まずは塗りで優位を作って前に出られないようにしてからロボムを投げるようにしよう。
    一方、高台を陣取る相手など、動こうとしない相手を強制的に動かすのは得意なのでどんどん投げて行こう。

ロボムの追尾中=攻撃中と考えると、かなり攻撃時間が長い。
ロボムで追尾中にメインで足場を奪う行動は、相手に応戦(足を止めて射撃)or足元塗って距離を取る(ロボム処理)の二択を迫る。
相手が応戦するなら死なない距離を保って周囲を塗ろう。ロボムが接近してくれる。
相手が逃げようとするなら接近して足元を奪いにゆこう。
どちらにせよもみじの行動が読まれないように前後にフェイントを入れて、常に有利な行動を取ろう。
相手は長引くほどインクを消費し足元を奪われることになる。

注意点としては、メインで仕留める必要はないのでもみじ側が無理をする必要はなく、とにかく死なないようにしよう。
また、時間をかけすぎると複数の敵に囲まれたりするので適度なところで切り上げよう。

  • 索敵性能は高く、広範囲に敵イカがいるかいないかの判定に使用可能。過信は禁物だが、死角などに投げ込もう。
  • 敵が複数いるところに投げ込むと他のボム並みに事故を誘発できる。小さく見えにくい上に、誰がターゲットなのか分かりにくい、追尾時間が長くずっと移動している、突然爆発する(したように見える)など、相手にストレスを与えることが出来る。

アメフラシ Edit

戦場に対する影響が大きいため、サブを使って前線を維持しつつメインで塗りまくり、全力で発動回数を稼ぎたい。

  • アメフラシは範囲内の敵に毎秒24ダメージを与える。範囲内ではメインウェポンの確定数が下がり撃ち合いが強くなる。アメフラシを投げたら積極的に後を追い、雨を通り抜けようとした相手にとどめを刺しにいこう。
  • より効果的にアメフラシを使いたい場合、地形と敵味方の配置を考えていこう。

    前線を構成する味方がいないと敵はアメフラシをスルーしてしまい何のプレッシャーも与えられない。味方の人数が揃っていて前線にいるタイミングで発動できればベストだ。

    敵に向かってまっすぐ投げると左右に避けられるが、左右から投げると相手は下がらざるをえない。(前に出ると味方とアメフラシに挟まれるため。ただし味方がいないと前に出てくる。)
    そのため敵の前線を下げたり、進軍を遅らせたい時には横から投げると効果的だ。
    もみじの機動力を活かしてサイドから投げよう。

前作経験者向けの話

ギアパワー考察 Edit

おすすめギア Edit

イカダッシュ速度アップ Edit

前線を駆け回るもみじに欠かせないギア
広い範囲の塗り管理、撃ち合いしている味方のところへ急行してカバー、相手ブキの射程外への離脱・・・
様々な場面で確実に効果を発揮してくれる。

相手インク影響軽減 Edit

相手インク上での減速が緩やかになり、一瞬踏んだだけではスピードが落ちにくくなる。
前線での機動力と生存力を求めるもみじ向け。もみじの真骨頂である「前線で死なずに塗る」を体現するギア

対物攻撃力アップ Edit

イカへの攻撃は不得意なら、イカ以外への攻撃は積極的に引き受けて味方をサポートしよう。
アーマー無効化が2発から1発になり、スプリンクラージャンプビーコンを4発から1発で破壊出来るようになる。
スポンジやインクレールにも効果があり、環境を整えるのが速くなる。
なお、アメフラシにも効果が乗る。

カムバック Edit

デス後の前線への復帰、塗り返し、スペシャル溜めが素早く行えるようになる。
ガチマッチで特に有用なギアで、打開に向いており負けにくくなる。
もみじがデスする時は、味方が複数デスしていることが多くかなりの不利状況に陥っている。
すぐにスペシャルで状況を打開していきたい。
自軍の中で最後にデスしてもカムバックがあればスペシャルをためて味方に追い付くことが出来る。

スペシャル増加量アップ Edit

メインの塗りが強いのですぐ溜まるが、より速く溜められるようになる。
塗っている間は隙だらけなので、少しでもその時間を短くすることが出来れば隙の減少につながる。
アメフラシ効果中はスペシャルゲージを溜められないため、試合を通した発動回数はそれほど変わらない。

ロボムを活用する場合 Edit

サブ性能アップ Edit

ロボムの飛距離が伸びてもみじの妨害性能が上がる。
安全地帯から投げられたり、意外に遠くから届いたり、壁を超えて投げたりと、ロボムの可能性を広げてくれるギア

インク効率アップ(サブ) Edit

インク満タンの状態から、1個目のロボムを投げセンプクしてインク回復を挟んで2回目のロボムを投げるまでの時間が最も短縮される。
2連投するのには47GP必要。
ギアの効果が少し乗りにくいのと、長いインク回復ロックにより効果を実感しにくい。乱戦への妨害性能は高くなる。

インク回復力アップ Edit

試合を通したロボムの使用回数を増やすことが出来る。
ただしロボムが効果的な場面がそう頻繁にないことと、ロボムばかり投げていても塗り状況を悪化させしまうことから、このギアパワーに頼ったもみじの運用は難しい。

その他 Edit

ヒト移動速度アップ Edit

射撃中移動が速くなるが、敵のインクを避けたり隙が減ったりというほどの効果はない。
塗り効率についてもこまめにイカ移動した場合とほとんど変わらない。
総じてイカ速アップの方が恩恵を感じる場面が多い。
歩き移動のスピードはかなり上昇するので塗れない床が多いマップでは有用。

復活時間短縮 Edit

撃ち合いが弱いため相性が良いように思えるが、そもそも相打ちすら取るのが難しいのに撃ち合いして連続デスするようでは本末転倒。
もみじはデスの数を減らすように立ち回るべきで、そうなると自然とこのギアも必要でなくなる。

スペシャル減少量ダウン Edit

スペシャルゲージを溜めてる最中にデスすることが多ければ有用なギア
アメフラシを発動する前にデスする事がないように立ち回りを見直した方が良い。

逆境強化 Edit

アメフラシは味方の人数が揃っている時に最大の効果を発揮する。
人数不利となってゲージが増加してもすぐには発動出来ないため、いまいちギア効果と噛み合っていない。
元々メインウェポンの塗りが強いため、スペシャル増加量アップの方が欲しいタイミング(=味方と合わせる)でスペシャルを発動出来るようになる。

スペシャル性能アップ Edit

ナワバリバトルにおいて、敵陣深くまでアメフラシで塗れるようになる。
ただし発動時間が伸びることでスペシャルの回転率は悪くなるので注意。

スーパージャンプ時間短縮 Edit

追い詰められた時にスパジャンで脱出しやすくなる。
ただそういう状況にならないようにしっかり塗って退路を確保するように立ち回りたい。

コメント Edit