トーピード

Last-modified: 2020-10-20 (火) 00:23:41

Dq4OgINVYAATjb0.jpg

使用イメージ画像

Dq4Og5MU8AAoNdu.jpg
Dq4OhlBVAAAVwu6.jpg
Dq4OiLpUcAA7y4X.jpg

▲画像は公式Twitter(@SplatoonJP)の2018年11月1日のツイートより。

 

概要

投擲後、近くの敵を捕捉すると変形して飛んでいくサブウェポン
着弾すると破裂し、周囲に爆発を起こすインクをばらまく。
相手が投げた変形トーピードは、攻撃して撃ち落とすことが可能。変形しない場合は撃ち落とせない。

ボムの先端は、ケチャップやドレッシングなどを入れるボトルのそれのように見えるが、
変形後のスタイルはお弁当に入れるしょうゆ入れ(ランチャーム)を彷彿とさせる。

尚、「トーピード」とは英語で「魚雷」のこと(torpedo)。

セット情報

基本性能

インク消費は65%
インクロックは75F
インク効率アップ(サブ)を57表記で26(おちばシューターのみ16)ほど積めばインク消費が50%を切るが、重要な点として自分で投げたトーピードが消滅するまで2個目は投げられない。(使用不可と表示される)
尤も、もし2連投が可能だった場合は左右に投げることで簡単に必殺コンボが成立してしまい、ダイナモローラーなどの機動力が低いブキは詰んでしまっていたと思われるので妥当だろう。
ただし味方が投げたトーピードは例外であり味方のトーピードにより使用不可になることはない。
味方と息を合わせて同じ低機動力ブキ相手にトーピードを2個左右挟むように投げ込めれば上記の単騎ではできない必殺コンボが成立するかも。
耐久値は20で、対物攻撃力アップの補正は1.3倍。


サーチ範囲は、

横半径は試し撃ち場のラインで1.8本分
上方は約イカ1匹分
下方は約イカ2匹分

投擲後サーチしない時間が僅かに存在する。サブ性能アップなしの場合にサーチを開始するまでの距離は試し撃ち場のラインで約1.5本分。

ダメージ一覧

直撃60.0
爆風35.0
散弾12.0

散弾の数は8
ガチホコバリア割り補正:4倍(変形の有無を問わない)
誘導弾+散弾が当たった場合は即破壊可能。

特徴

投擲後、近くの敵をサーチ&ロックオンすると空中で一旦止まって変形し、そのあと対象に向かって飛んでいく。
その後、地面や敵に衝突すると爆発し、更にワンテンポ遅れてその周辺にも爆発と塗りを発生させる。
また、投擲時に自分の足元、変形時にその地点の地面にわずかに塗りが発生する。
投擲後、サーチ対象となる敵がいなかった場合は、そのまま飛んでいき着地点で爆発する。

 

基本的に投げた方向にいる自分に一番近い敵が自動的にロックオンされ、任意の敵をロックオンすることはできない。
変形後は空中を直進し、目標が移動しても追尾することはない。
サーチに引っかかった敵には、キャラの足元に一瞬マルチミサイルでとらえた時のような照準*1が表示され、
ボムが変形して進むとそれが消え、代わりに着弾点にマーカーが表示される。
また、敵のトーピードに捕捉されると自分の足元に着弾までマーカーが表示される。

 

壁や地面に当てるとサーチ性能が失われるが、
逆にそれを利用してボムコロをすればサーチさせずに爆発させることも可能。
その場合、スプラッシュボムのボムコロと比べて起爆がやや早いが、威力は低い(確1が無い)。爆風も一回り小さい。

 

変形後のトーピードは少しでも敵に攻撃を当てられると墜落し、爆発が発生しなくなる。

 

あまり知られていないが実は変形後トーピードスプラッシュシールドと同じくボムを即爆させる性質がある。

使用のポイント

基本は索敵やメインとの連携に使う。

ただ投げても破壊されるだけなので、いかにこちらに対応させないかがこのサブを使う肝と言っても過言ではない。
敵の目の前に投げるのではなく、縦方向の索敵範囲が狭い仕様を利用し山なりに投げてトーピードが相手の頭上や背後で展開するように使うと破壊されにくい。
また、相手の頭上や背後を狙うことでトーピードに注視させ、プレイヤーから目を逸らさざるを得ない状況を作ることができる。

ボムコロはサーチや散弾を捨てて火力補助に使えるので、こちらのテクニックを使えるようになるとより効果的に使えるようになるだろう。スプラッシュボムより初速が速いのでそちらと比べると滑るように遠くへ転がってしまうのでスプラッシュボムと同じ感覚で使うと相手にやや当てにくい。
最大ダメージはクイックボムと同じであり、スプラッシュボムよりも起爆が早い。確1は取れないのでメインとの連携が必要となるが、使いこなせればキル速度の大幅向上が狙える。特に攻撃力が低いおちばシューターラピッドブラスターベッチュースパイガジェットベッチューを使うならオススメ。スパッタリークリアスーパーチャクチからのトーピードボムコロコンボが強力。どのブキでも汎用性があるテクニック。

トーピードは空中にいる敵に対しては効果を発揮しづらい。
インクレールを使用している敵やジェットパックに対してトーピードを投げつけても命中せずそのまま飛んで行ってしまうことが多い。
空中へ向けて飛んで行ったトーピードは一定時間進まないと爆発しないため、トーピードを再び投擲可能になるまでに時間が掛かってしまうので注意。

変形後トーピードはボム即爆の性質を持つので、敵と交戦中のところに他の敵がサポートとして投げつけた変形後トーピードに上手くボムをぶつけると近距離にいる相手を即死させることが可能。トーピード持ちブキの少なさや戦況、トーピード持ちの気分などによりこの芸当が狙える機会は殆ど無いが、自分がトーピード持ちの場合、横槍を入れる運用をするなら一応注意。サポートのつもりが味方の首を絞めてしまったという結果になる可能性がある。変形の位置が相手の正面に近いほど狙われる危険が増す。クリアリング運用の場合でも変形したトーピードにはあまり近寄らない方が良い。スプラッシュボムキューバンボムを気前良くガンガン投げつけるプレイヤー相手なら尚更。

ギアパワーサブ性能アップ」による効果

投擲距離が延びる。
サーチは一定範囲に入らないと始めないので山なりに投げる、ボムコロを使うといったときにサブ性能アップが欲しくなる。

なお、トーピードタンサンボムと同様で初速が速く、他のボム(平地ライン約3.5本)のサブ性能アップ15積みとほぼ同じ飛距離(ライン約4.2本)をデフォルトで出すことができる。
ただし、他のボムが最大1.5倍まで飛距離・初速を強化できるのに対しトーピードは最大1.35倍程度(ライン約5.7本)までしか強化できない(それでもかなり強力で、他のボムのサブ性能57積みの飛距離を26積みで再現可能)。

アップデート履歴

2018/11/7おちばシュータースパイガジェットベッチューの追加で事実上の追加
Ver.4.3.1インク消費量を、標準インクタンクの60%から65%へ増やしました。
飛び散るインクの爆発ダメージを18.0から12.0に減らしました。

飛び散るインクの爆発ダメージのバブルランチャーに対して与えるダメージを約50%増やしました。
※上記2つの変更を合わせると、バブルランチャーに与えるダメージは、これまでと同じです。

コメント


*1 違いは円が点線になっている点。インクによっては少し見づらいかもしれない