Top > ブキ > スペシャルウェポン > ジェットパック
HTML convert time to 0.030 sec.


ジェットパック

Last-modified: 2018-04-06 (金) 22:52:31

ジェットパック

セット情報 Edit

基本性能 Edit

背中にジェットパックを背負ってインクを噴射して空を飛び、付属のランチャーで爆撃する。
ランチャーの弾は着弾すると爆発し、直撃は1撃で相手を倒せる。
なお一時期、相手に直撃させてもダメージが入らない不具合があったが、Ver.2.1.1で修正済みなので安心してほしい。

特徴 Edit

宙に浮かぶので地上にいるときよりは敵との距離が広がり、相手の攻撃が届きにくくなる。
しかし目立つことから狙われやすく、空中での動きが遅い上に被弾判定が大きいので、非常に攻撃を受けやすい。チャージャーのような長射程武器からはもちろんのこと、ブラスタースロッシャーなどの範囲攻撃も受けやすい。
また発動した瞬間は無防備なので、相手の攻撃を受けてから発動しても大抵の場合はそのままやられてしまう。

このような敵にやられやすい欠点が目立ったせいか、Ver.2.0.0とVer.2.3.0の2回にわたって当たり判定がわずかに縮小される、移動方向を機敏に変えられるようになるなどの上方修正が加えられており、それがスペシャルジェットパックを持つブキの使用者数にも変化も与えたと推測される。

発動した地点には発動中常にマーカーが表示され、稼働時間が限界に達すると、ランチャーが爆発してマーカーのある元の発動した地点に戻される。
この戻り際で敵に狙われることもあるので注意が必要。なおギアパワーの受け身術を使用することが可能。スライドも使える。

移動の仕様 Edit

ZLボタンでイカ状態になれば降下し、インクに潜ってイカダッシュすることもできる。空中にいるよりも高速に移動できる。

Bボタンで一時的に高度が上がる。これは地上におけるジャンプに相当し、上がる限界は決まっている。クールタイムがあり、一度浮上するとしばらくは浮上できない。また浮上の後は少し沈み込む。上手く使えば地上からの射撃から逃れられる。角度をつけて弾を撃てるようにもなる。ただし上下にガクガクと揺れるのでへたをするとエイムがぶれてしまう。

通常の移動方法では越えられない壁も越えることができる。敵が高台の上や壁の裏にいても、直接弾をぶつけて倒すことができる。ヤグラやホコでは敵陣の奥まで進まなければならないが、その際は頼りになる。必ず事前にステージを散歩して、どこで使用すればどこの壁を越えることができるのか確認しておこう。

発動者の高度は地面の高さによって決まる(金網は含まない。ただし金網上を歩くことは可能)。
よって地面が低い場所にいるより高い場所へ移動した方が本体の高度は上がる。また敵の射程から逃れやすくなる。

場外では浮くことができずに落ちてしまう。落下した場合はデスにはならず、即座にジェットパックが解除される。敢えてZLボタンで場外に落下することで敵の追撃から逃げ、デスを避けられるケースもある。

攻撃の仕様 Edit

ZRを押している間、ランチャーから弾が発射される。ランチャーの弾は直撃すれば一撃で相手を倒す威力がある。
近距離の爆風は50ダメージで相手が爆風ダメージ軽減をつけていなかったり、射撃の間に回復させなければ2発で倒せる。
射程は水平距離で試し撃ちライン約6本分強*1で、リッター4Kと同等かごく僅かに及ばない程度。

着弾しないまま有効射程を過ぎると何も起こらず弾は空中で消えてしまう。必ずどこかに着弾させよう。キル、塗り、どの視点から考えても地面に着弾させるのが最も有効。ただ壁に着弾させても爆風の判定は出るので、壁の近くに敵がいるなら壁にぶつけてもいい。

弾道は放物線を描かず一直線に飛ぶ。そのため低い位置から上に向けて撃っても、絶対に地面に着弾させることはできない。したがって狙う相手より少しでも高い位置から撃つこと。ただし上に向かって撃っても、いちおう高台から顔を出している相手にはヒットする。チャージャなどはこれで倒せることもある。

弾速は遅い。したがって相手の移動先を予測して撃つことになる。相手がこちらを見ていないなら、近づいて撃って直撃を狙うのもいい。

なお、真下に噴射しているジェットには攻撃判定と塗り判定がある。

ダメージ一覧 Edit

直撃120
爆風(近距離)50
爆風(遠距離)30
ジェット0.5/F

立ち回り Edit

  • 五分の戦局か、有利状態で発動すること。
  • 爆風で徐々に削りとってキルを取る。 直撃させなくてもいい。
  • 水平距離を長めに取るように心がけること。 高度をいくら上げたところで回避効果は薄い。倒せる見込みが高いなら詰め寄っていい。
  • 「こちらへの接近を妨げる目的で撃つ」のと「逃げる相手をつかまえる目的で撃つ」ことの使い分けを意識すべし。 着弾したところには塗りが生まれ、相手の移動先は限定される。それで敵の動きが予測しやすくなる。
  • 発動前・発動中は相手の生き残っている武器が何か確認しつづけること。武器ごとにまったく対処方法が異なる。チャクチが溜まっているか否かも意識する。

武器対策 Edit

  • チャージャー: 相手の位置を確かめて、あいだに遮蔽物を置いて防ぐのが基本。高台から顔を出してるところに水平または下から見上げる角度で撃っても、案外当たる。
  • スプラローラー: ともかく近づかれないように心がけること。近づかれると終わりで、かなりの高度にいても倒される(ローラーの銃口は高い位置にあるため)。近づかれなければむしろ倒しやすい部類。
  • スプラシューターと射程が同じかそれ以下の通常のシューターすべて: 基本を意識すればそれで仕留められる。この相手には高度を上げることによる回避効果が働きやすい。
  • ロングブラスターホットブラスター: 最悪の相手。これらの敵が生きている間は、位置が分からないなら発動しない方がいい。位置が分かって、かつ味方のサポートが望めそうなら使っていい。
  • チャクチが溜まっている相手: 爆風が当たればまず間違いなくチャクチが発動するので、射撃した時点で(つまりこちらの弾が相手に当たる前に)次の行動を考えておくこと。近づいて頂点に接射するか、離れてから少し遅らせてチャクチ後の移動先を撃つ。

ギアパワースペシャル性能アップ」による効果 Edit

持続時間、爆風のダメージ範囲、塗り面積が伸びる。

ジェットパック
ギアパワー0
持続時間:8.00秒(使用から初弾発射までの時間:約1.3秒)
遠爆風範囲(30ダメ):直径約1.00本分(試し撃ちライン基準)
塗り範囲:直径約1.00本分

ギアパワー57
持続時間:9.00秒
遠爆風範囲(30ダメ):直径約1.20本分
塗り範囲:直径1.25本分

ver1.3.0以降、爆風のダメージ範囲が約17%減、塗り範囲が20%減に下方修正された。
ver1.4.0以降、スペシャル性能アップのギアを積むことで減少分を取り戻せるようになった。
最大まで積むと爆風、塗り範囲の性能がアプデ前のものまで戻る。
代わりに持続時間延長効果が最大10.00秒から9.00秒までになった。

細かいテクニックなど Edit

  • 敵を招き寄せてから障害物の上に移動すると、高度を上げて敵の弾を回避しながら一方的に攻撃ができる。相手がブラスターではない通常のシューターなら通用するテク。
  • 角の攻防の際、射撃で相手を角・壁裏に押し込めてから使用すると、壁を飛び越えて頭上からキルできる。低めの障害物で利用できる技。
  • インクレール上から飛び出して弾を撃ち、またインクレールに潜りなおしてを繰り返すことができる。
  • 使用中もイカ状態になれるので活用しよう。壁を登って高所から攻撃しなおす。逃げる。敵が射程内から消えたらイカですばやく詰めて攻撃するなど。敵ブラスターの周囲がこちらのインクで塗れているなら、あえて接するほど近づいてエイムをずらし、浮上して接射すれば倒せる。
  • 連射していると射撃音で目立ちやすく、リスクがある。あえて連射を止めてフェイントをかけるのも有効。
  • 高度を上げて角度をつければつけるほどジェットパックの弾は相手に当たりにくくなる。おとなしく水平距離を適切に保つことを覚えた方がいい。頭上をとってもあまり意味はない。それをやる場合は思い切って近づいて接射して直撃を狙うのがいい。理由を説明すると、距離が詰まるとたいていの相手はヒト状態になってこちらを撃ち落とそうとしてくるのだが、ヒト状態の場合は上下に当たり判定が伸び左右の当たり判定は縮むので、真上から撃つ場合は「上下の当たり判定が伸びている事」の恩恵が一切得られず、「左右の当たり判定が縮んでいること」のデメリットだけを受けることになるからである。

動画 Edit

公式紹介動画

コメント Edit






*1 イカセンプク時に照準形状が変わる距離から。