Top > ブキ > スペシャルウェポン > ジェットパック


ジェットパック

Last-modified: 2019-05-29 (水) 10:13:59

シ?ェットハ?ック.jpg

使用イメージ画像
 

概要 Edit

インクを噴射して浮遊するバックパックと
強力なインクランチャーのセット。

着弾地点に爆発を起こし、直撃で相手をたおすことができる。

セット情報 Edit

アップデート情報 Edit

バージョン(実施日)内容
Ver.1.3.0
(2017年9月8日)
使用中のプレイヤーの、相手の弾に対するあたり判定の大きさが拡大され、これまでより撃ち落とされやすくなった。
着弾地点の爆発の半径が、ダメージに関しては約17%、塗りに関しては約20%狭くなった。
真下に放出されるジェットによるダメージが約75%減少。
Ver.1.4.0
(2017年10月11日)
発射する弾の直撃または爆風によって相手のイカスフィアに対して与えるダメージが約100%増加。
Ver.2.0.0
(2017年11月24日)
使用中のプレイヤーの、相手の弾に対するあたり判定の大きさがわずかに縮小し、これまでより少しだけ撃ち落とされにくくなった。
発射する弾の速度が約19%速くなった。
Ver.2.3.0
(2018年2月28日)
これまでより移動方向を機敏に変えられるようになった。
Ver.3.2.0
(2018年7月13日)
効果終了時に戻ってくる場所を示すマークの視認性が高まった。
効果終了時に戻ってくる場所を示すマークの中に、着地するタイミングがわかるゲージを表示されるようになった。
Ver.4.0.0
(2018年9月14日)
効果時間が約0.5秒間短くなった。

基本性能 Edit

ダメージ一覧 Edit

直撃120
爆風(近距離)50
爆風(遠距離)30
ジェット0.5/F

特徴 Edit

移動 Edit

発動すると、バックパックからインクを噴射し、約8秒間空中に浮くことができる。
前後左右の移動はややゆっくりで、機敏には動けない。

使用者の高度は、直下の地面・オブジェクトの高さによって決まる。したがって地面で使用して浮上 → 障害物の上に移動、とすると、さらに高い位置まで浮上することになる。

[B]ボタンを押すとジャンプして高度が上がる。これはヒト状態のジャンプと一緒で、一回のジャンプで上がる限度は決まっている。また、ジャンプにはクールタイムがあり、一度ジャンプするとしばらくジャンプできなくなる。つまり、何度も押せばより高度が上がり続ける、というわけではない。

[ZL]ボタンを押すとイカ状態になり降下する。これを上手く使えばただでさえ高い性能をより引き出せるだろう。インクに潜ればセンプクとセンプク移動が可能。(サーモンランにおいて、ジェットパック発動中でも、金イクラを取る・納品する、どちらも可能である)。

 

終了時間が迫るとバックパックが赤くなる。終了すると発動した場所にスーパージャンプで戻る。
なお、発動中は復帰地点に常に敵・味方全員から目視可能な残り時間ゲージ付きマーカーが表示されている。復帰場所と終了のタイミングがバレバレなため、終了後を敵に待ち伏せされる危険性もある。

 

実は水上も飛べる。これは、水面は一定の高さの即死判定であって地面とは何ら関係ないことからきている。当然、その地面が低いと水面に触れて強制的に戻されてしまう。故にほぼサーモンラン限定。

 

攻撃 Edit

浮遊している間はロケットランチャーが使用可能。
[ZR]ボタンで弾を発射、[ZR]ボタンを押し続けると自動で連射する。

弾を発射している時には移動速度が若干低下する。射撃中の移動速度は持っているブキの射撃中ヒト移動速度に依存する。(ラピッドブラスターデコホットブラスターカスタムは特に遅く、スプラマニューバーコラボクーゲルシュライバーは速い。最速はホクサイ)

射程は水平距離で試し撃ちライン約6本分強*1で、リッター4K(メイン性能アップなし)と同等かごく僅かに及ばない程度(スコープなしには爆風まで含めると射程有利をとれるかもしれない?)。
弾の着弾点には塗りと爆風が発生する。弾を敵に直撃させれば一発で倒すことができる他、外しても爆風ダメージを与えることができる。
なお、弾はどこにも着弾させないと一定距離飛行した後に消滅してしまう。

 

ランチャーにはシューターなどと同様に照準があり、照準が敵に合うと変化するのも同じ。
弾は一直線に飛ぶが、弾速が非常に遅い。そのため動き回る敵には移動先を予測して射撃しないと当たらない。

なお、噴射するジェットには塗り判定と攻撃力とがあり、ジェットに当たり続けると倒される。
その際には「ジェットパックのジェットでやられた!」と表示される。スプリンクラーでやられた!」「パブロでひかれた!」並みの屈辱を味わう事になるので、近付き過ぎには注意。

使用のポイント Edit

壁やオブジェクトを飛び越え、敵を一方的に攻撃できる反面、使用中でもシューターなどの弾は割と届くため、敵が近くにいるような状況では簡単に撃ち落とされてしまう。
使用する時は自陣を味方が確保している状態で、発動直後に下から狙われることが無い状況が望ましい。
また、ランチャーの弾は弾速が遅いため敵に直撃させるにはコツがいる。
有効活用するには練習が必要なスペシャルと言える。
よく前作のスーパーショットと比較される(リッターより僅かに短い即死攻撃連射スペシャルという共通点)が、奇襲能力や単発のキル能力で劣る一方、こちらは壁裏に隠れた敵であっても爆風で削り倒したり、あるいは直接壁を越えて倒しに行くことができる。
特に敵からすれば使われると理論上安全地帯がリスポンバリアしかなくなることになるので、人数不利の敵が打開のために味方の復活を待っているようなときに乗り込めば物凄く刺さるという、スーパーショットとはまた異なったベクトルの理不尽さを持つ。
もちろんやみくもに乗り込めば返り討ちに遭うので、敵陣に乗り込むべきか、遠ざかって射程を押し付けるべきかはよく考えよう。

 

ランチャーの射程距離は長いので、無理をしてキルを取りにはいかず、牽制や塗りを重視する使用もアリか。

立ち回り Edit

  • 五分の戦局か、有利状態で発動すること。
  • 着弾しないまま有効射程を過ぎると何も起こらず弾は空中で消えてしまう。必ずどこかに着弾させよう
    • 攻撃範囲、敵への当たりやすさ、塗り、どの視点から考えても地面に着弾させるのが最も有効
      • ただ、壁に着弾させても爆風の判定は出るので、壁の近くに敵がいるなら壁にぶつけてもいい。
  • 弾道は放物線を描かず一直線に飛ぶ。そのため低い位置から上に向けて撃っても、絶対に地面に着弾させることはできない。従って、狙う相手より少しでも高い位置から撃つこと。
    • なるべく高い位置に陣取った方が、爆風も含めて相手を狙いやすい。攻撃面を考えるなら、できるだけ高い位置へ行きたい。
    • ただし下から上に向かって撃っても、高台から顔を出している相手に直撃させることはできる。チャージャーなどはこれで倒せることもある。
  • 爆風で徐々に削りとってキルを取る。 直撃させなくてもいい。
  • 「こちらへの接近を妨げる目的で撃つ」のと「逃げる相手をつかまえる目的で撃つ」ことの使い分けを意識すべし。 着弾したところには塗りが生まれ、相手の移動先は限定される。それで敵の動きが予測しやすくなる。
  • 水平距離を長めに取るように心がけること。 倒せる見込みが高いなら詰め寄っていい。
    • 弾速が遅いので、詰め寄ってからランチャーを撃った方が断然当てやすいが、当然返り討ちに遭う危険性も増える。ハイリスク・ハイリターン。
  • 発動前・発動中は相手の生き残っている武器が何か確認しつづけること。武器ごとにまったく対処方法が異なる。チャクチが溜まっているか否かも意識する。

武器対策 Edit

  • チャージャー: 相手の位置を確かめて、あいだに遮蔽物を置いて防ぐのが基本。高台から顔を出してるところに水平または下から見上げる角度で撃っても、案外当たる。よくエイムずらしのために1発撃ってはイカ状態になって上昇下降を繰り返すイカがいるが、読まれると簡単に降下際を抜かれるので注意。
  • スプラローラー: ともかく近づかれないように心がけること。近づかれると終わりで、かなりの高度にいても倒される(ローラーのインクの出てくる場所は高い位置にあるため)。近づかれなければ倒しやすい部類。
  • スーパーチャクチ: 近寄られるとこちらの攻撃をあてない限りほぼやられる。中距離以上で、爆風が相手に当たればだいたいはチャクチが発動するので、射撃した時点で(つまりこちらの弾が相手に当たる前に)次の行動を考えておくこと。近づいて頂点に接射するか、離れてから少し遅らせてチャクチ後の移動先を撃つ。
  • 長射程シューター:相手の射撃時の速度は遅いので、爆風で削るのが有効。ただし引き撃ちするかイカセンプクによる回避を行わねばアブナイ相手。ただし近づいて真上付近を飛行すれば敵もかなりの角度を見上げなければならず長射程を他のイカに押し付けにくくなるので味方と連携すればガン詰めという選択肢もなくはない。
  • H3リールガン:射撃の硬直時を狙おう。向こうは射程、精度、キルタイムいずれも優秀のため、ワントリガーキルをキメられる玄人相手であればこちらの攻撃を外すと死を意味する。
  • ノーチラス:H3リールガンと傾向が似ており、チャージキープから射程内に入れられてしまうと素早く4発撃ち込まれてジ・エンド。火力、弾数が長射程シューターとは一線を画すほど高く、非常に危険。
  • バレルスピナー以上のスピナー:長射程かつ高火力なので撃ち落とされやすい。射程は勝っているので落ち着いて距離を取り、壁裏でチャージ中のところを爆風で押し込んでしまおう。
  • ボトルガイザー:一発目のインクショットが射程と精度を持ち合わせており、弾速もはやい。めくら撃ちでもやられかねないほど相性が悪く、なるべく相手にしたくないブキ。

ギアパワースペシャル性能アップ」による効果 Edit

持続時間、爆風のダメージ範囲、塗り面積が伸びる。
※爆風は遠爆風の範囲が広がるだけで近爆風の範囲は広がらない。

ジェットパック
ギアパワー0
持続時間:7.50秒(使用から初弾発射までの時間:約1.3秒)
遠爆風範囲(30ダメ):直径約1.00本分(試し撃ちライン基準)
塗り範囲:直径約1.00本分

ギアパワー57
持続時間:8.50秒
遠爆風範囲(30ダメ):直径約1.20本分
塗り範囲:直径1.25本分

ver1.3.0以降、爆風のダメージ範囲が約17%減、塗り範囲が20%減に下方修正された。
ver1.4.0以降、スペシャル性能アップのギアを積むことで減少分を取り戻せるようになった。
最大まで積むと爆風、塗り範囲の性能がアプデ前のものまで戻る。
代わりに持続時間延長効果が最大+2.00秒から+1.00秒までになった。

 
ギアパワー03691020303957
発動時間(F)450456461467468483495503510
塗り半径(DU)3232.833.534.234.436.438.039.040
遠爆風半径(DU)5051.452.854.154.558.361.263.165

活用や対策に有用かもしれないコメント群 Edit

有用コメが流れる前に雑に保管する場所です。編集が面倒だという方も、基本コメントコピペで済むので安心。
コメントを選択してコピーして、左上の編集ボタンから編集画面に飛び、この上の場所にペーストだ。
自分で質問して良い情報が得られた時や、有用そうなコメントを見かけた時にじゃんじゃん追加してください。
wiki利用者全体のレベルの底上げを図り、より面白いスプラライフを送っていこう。
数が増えたら誰か記事に追加してくれると嬉しい。よろしく頼む!

備考 Edit

  • 元ネタとしては、背負ったバックパックから海水を噴射して浮遊することができるマリンスポーツの一種「ウォータージェットパック」がと思われる。

コメント Edit






*1 イカセンプク時に照準形状が変わる距離から。