Top > ブキ > ヴァリアブルローラー
HTML convert time to 0.035 sec.


ブキ/ヴァリアブルローラー

Last-modified: 2018-04-19 (木) 15:55:11

ブキイメージ

使用イメージ画像

ブキ紹介 Edit

カッコいい名前とカッコいい新機構、「変形」を採用した新型ローラー。振り方によって変形する。

ブキチいわく、自動遠心式クラッチを組み込んだことにより、軽量ローラーと重量ローラーの形状に切り替えることができる。
ヨコ振りとタテ振りで大きく性能が異なるところが、他ローラーと大きな違い。

鋭いエッジのあるデザインが特徴的。
待機中と縦振り時は万年筆のようになっており、横振り時にローラー状の収納部分からシャコンッと更にローラーが出現し他のローラーと同じ見た目になる。
構えを解除するとシュッと収納されまた万年筆のような部分が姿を現わす。

メイン性能 Edit

※射程・距離関係の単位は試し撃ちラインの本数。
※塗り射程とは、カニ歩き撃ちで塗れる平均的な距離のこと。

Ver.○.○○現在

飛沫数
ダメージ(横振り)150.0~30.0確定数(横振り)1~4
ダメージ(縦振り)150.0~40.0確定数(縦振り)1~3
インク不足時ダメージ(横振り直撃)37.5
インク不足時ダメージ(縦振り直撃)75.0
確1射程(横振り)乱1射程(横振り)
確2射程(横振り)ダメージ射程(横振り)2.0
確1射程(縦振り)乱1射程(縦振り)
確2射程(縦振り)ダメージ射程(縦振り)4.1
塗り射程(横振り)(足元~0.8までは塗れない)
塗り射程(縦振り)5.1(足元~5.1まで綺麗に塗れる)
連射フレーム(横振り)40F秒間発射数(横振り)発/秒
連射フレーム(縦振り)75F秒間発射数(縦振り)発/秒
キルタイム(横振り)秒/killDPS(横振り)/秒
キルタイム(縦振り)秒/killDPS(縦振り)/秒
射撃継続時間(横振り)振りインク消費量(装弾数)(横振り)8.0%(12発)
射撃継続時間(縦振り)振りインク消費量(装弾数)(縦振り)12.0%(8発)
射撃後インク回復不能時間F(秒)
コロコロ移動速度1.08コロコロ加速後移動速度
コロコロ継続時間コロコロインク消費量%/秒
轢きダメージ125.0轢き確定数1
非射撃時ヒト速0.96イカ速1.92

メイン解説 Edit

一言で表すなら臨機応変が重要なブキ
横振りモーションはスプラローラー、縦振りはダイナモローラーよりもわずかに速い。
しかし1確範囲がそれぞれ狭まっているのが弱点。
ヨコ振りはカーボンローラーより少し長い程度、タテ振りはダイナモローラーの半分程度で、一撃で相手を仕留めるのは難しくなっている。
メインだけでも立ち回りが何通りもある。
横振り
・潜伏からの奇襲をする時
  [敵が通りすぎるかすぎないか位に振るのがベスト]
・高台にいる時に下にいる敵を倒す時
  [高台から降りて立て振りで嫌がらせも有り]
ローラーを転がす時
  [縦振りより素早くできる]
縦振り
・広い所を塗る時
  [スペシャル溜めやエリア、潜伏用等]
・敵に威嚇する時
  [敵がいるであろう所にしてヘイトを稼げる(嫌がらせができる)]
・道を作る時
  [開始直後に速く中心に行ける。]
転がし
・角で待ち伏せする時
  [トーストをくわえている気持ちでやると裏取り中の敵を倒しやすい]
・狭い道を塗る時
  [敵の裏取りルート等]

性能の詳細 Edit

インク満タンから横振りは12回、縦振りは8回まで可能。インク効率はそこそこ。

運用 Edit

ローラーとしてはキル性能に難がある分、燃費の良さと縦振りの塗り能力、そしてSPの回転率が強みとなる。
縦振りは塗りと牽制用・横振りは潜伏からの奇襲用として、性質の異なる二つの振りを使い分けていくことになる。
地味ながらローラーを振っている最中の歩き速度が速いという個性も持っている。

縦振りは振りの遅さの割に中距離シューターの弾が届く程度の距離まで近づかないと確1にならない上、離れたら離れたですぐ40ダメージまで減衰する…とキル性能の面では頼りないのだが、その射程と塗り性能から交戦中の味方のアシストや前線を塗る手段としては有効。
振り中の歩き速度の速さのおかげで多少間合いの調整が効くので懐に潜り込まれないように注意しながら振っていこう。

横振りはスプラローラーより若干射程が短いが不意打ち用としては申し分ない性能。
ただサブ・SPとの組み合わせ上あちらほど突撃や裏取りはできないので、相手に近づく余裕がある時か、逆に近づいてきた相手の迎撃に使用することになる。

なおブキの性質上縦と横の操作ミスは致命的になりうる(特に接近戦での縦振りの誤発動)ため正確に打ち分けられるように練習しておこう。
当然横振りより縦振りの方が確一キルを取れるキョリが若干だが長い。距離感を掴んでおけば横ではなく縦振りで相手を真っ二つにすることも考えておこう。

高い塗り性能からのボムピッチャー連打・ローラーらしい潜伏からのキルの動きを使い分け、ローラー種の中でも器用な立ち回りができるのがこのブキの強みである。
戦況をよく把握し、それに合わせて立ち回りも柔軟に切り替えて戦おう。

サブスペシャル Edit

スプラッシュシールド Edit

相手の攻撃を防ぐインクの盾を展開する。
安全に裏から攻撃ができるものの、確殺距離は短いので相手を倒すことは難しい。
ボムピッチャーを発動する前に置いておくと、多少無理が効くようになる。

ボムピッチャー(スプラッシュボム) Edit

即死威力のスプラッシュボムを連投する、まさにスペシャルらしいスペシャル
爆発力が高く、塗り力、キル力ともに申し分なく、このセットの切り札であり強みと言えるだろう。
ボタン長押しで遠くに投げられることも覚えておこう。より遠くの相手をケシズミにできる。

発動中はボムを投げることに集中しがちだが、メインも使えることを忘れないように。
シールドを張っておくとなおいい。
発動中を狙ってキルしようと敵が近づいてきた時は、横振りでしっかり返り討ちにしよう。

ギアパワー考察 Edit

  • イカダッシュ速度アップ
    ローラーにはほぼ必須のギア。よそ見している相手に素早く近づいてヨコ振りをお見舞いしてやろう。前線復帰が早くなる上に、逃げにも有用である。
  • イカニンジャ
    こちらもローラーおよび短射程ブキ御用達のギア。相手に見つからずに近づきやすくなる。イカダッシュが遅くなるので、イカダッシュ速度アップのギアと併用しよう。
  • インク効率アップ(サブ)/インク効率アップ(メイン)
    シールドを投げた後でもインクに余裕ができるので、シールドを投げて強引に距離を詰める戦法がとりやすくなる。シールドを軸に戦うなら必須のギアパワー。縦振りを連発したいならメインのインク効率を強化しよう。メインインク効率13でインク満タンから縦振りを10回、シールド使用後に縦振りを4回可能になる。
  • ヒト移動速度アップ
    コロコロおよび振りかぶり中の移動には乗らないが、振った後の隙(イカ状態になれない時間)には乗るため、振りの間合い調整がしやすくなる。縦振りの足の動きは必見である。なにげに射撃しながらZAPとヒト速で競争するとこちらの方が速いのでわりとオススメ。
  • サーマルインク
    確1範囲は狭いものの、長射程シューター並のダメージ射程をもつ縦振りをイカし、障害物の裏の相手の位置を把握できる。近づくとサーマル効果が無くなるので叩きに行くときは注意しよう。
  • 相手インク影響軽減
    こちらはコロコロ移動時にも効果があるので1.2ほど積めば、横振り飛び込みをして相手インクを踏みながらも無理やり歩き抜けるときの突っかかり時間を半分(1/3減速を2/3)にできる。足元が塗りにくいスプラ1のローラーにとっての安全靴のようなイメージ。ジャンプで抜けようとして振りが縦に化けるのを防いでくれる副次効果もある。

コメント Edit