パーマネント・パブロ

Last-modified: 2020-09-30 (水) 11:27:35

D28vURdUcAQ4uc9.jpg

使用イメージ画像

D28vW_3U4AIEgZa.jpg

▲画像は公式Twitter(@SplatoonJP)の2019年3月31日のツイートより。

 
関連ブキ一覧元ブキ
無印パブロ
マイナーチェンジパブロ・ヒュー
ブキチセレクションパーマネント・パブロ
 

ブキ紹介

柄のカラーリングを赤色に施したパブロ。ブキチセレクションとして今作も登場した。
メインの高い塗り性能に拍車をかけるサブを得ており
スペシャルインクアーマーを素早く溜めてさらなる塗り広げを行いやすくしていける構成。

塗りとサポートに長けている構成であるが、戦闘はメイン1本のみでこなさなければいけない上級者向けブキ。

メイン性能

パブロのページを参照されたし。

運用

サブスプリンクラーを携えた第三のパブロ。前作プレイヤーの中には懐かしく感じるイカもいるだろう。
メイン・サブ共に瞬間的な塗り能力が非常に高い。これらを駆使して塗りで相手を圧倒していき、これにインクアーマーの高速回転を加えて味方を強力に支援しつつ、自身の生存力も高めてさらに塗りを広げていくのが基本的な立ち回りになる。

 

ボムほどの攻撃力はないものの遠距離に手出しできるサブと打開にも有用なスペシャルを持ち、無印・ヒューと比べると不利状況には強い。
反面サブスペシャル共に即効性に劣ることから拮抗状況での乱戦は他2種より不得手といえる。無理に飛び込むのではなく、スプリンクラーで場を整えたり、あらかじめインクアーマーを使っておくなどより丁寧な立ち回りを心掛けよう。
また、直接キルを狙えるのは基本的にはメインウェポンのみである。インクアーマー込みでも正面から戦えるとは言い難いブキなので、キルを狙う際にはスプリンクラーによる撹乱や、側面・背後からの奇襲を意識したい。メインの攻撃判定の広さを活かすことも重要。
このブキはボムで相手を牽制しつつ、メインの塗りでアーマーを高速回転させ味方をサポートするわかばシューターと、トラップとスフィアに自身の圧倒的な機動力でヘイトを買いながら敵陣を荒らしまわるパブロヒューを足して2で割ったような性能をしているため、編成や状況に合わせて立ち回りを柔軟に変えることができる反面、当然サポートの立ち回りではわかばに、ヘイト荒らしの立ち回りではパヒューに劣っている。かといってこの2つの間をとった曖昧な立ち回りをしてしまえばどちらの役割も果たすことが出来ず終わってしまうので、編成やステージ、その時の状況に合わせて的確な判断ができる観察力と思考力が必要となる。

サブスペシャル

スプリンクラー

ボム以上の範囲をボム以下の消費で素早く塗りつつ、ある程度の塗り維持や飛沫による戦闘補助も可能な塗り重視のサブウェポン
大きく分けて、塗り目的と戦闘補助目的の2種類の使い方があるといえる。

  • 塗り目的
    設置から塗り開始までの時間が短くなっており、設置直後のインク散布も速いため、平地に置けばメインと併せて短時間で凄まじい塗り面積を稼げる。
    すぐに塗れる範囲を塗りきってしまうほか、相手にも壊されやすいためこまめな再設置が必要で、継続的な塗り能力を発揮するにはインク消費の粗さから不向きだが、ギアパワーによる補助やスペシャルによるインク回復を活用すれば瞬間的・継続的な塗り能力の両立も可能だ。
     
    また設置時の塗り跡もそこそこ大きく、クイックボムのように壁塗りに使うこともできる。高い壁でも一瞬で塗れるのはこのブキにとってはかなり有用。
    場所によっては後述の戦闘補助目的に流用も可能。
     
  • 戦闘補助目的
    前線近くの壁や高台など、壊されにくくかつ塗り返しが起きにくい場所に設置することで戦闘補助にも活用できる。
    相手が壊そうとすればヒト状態をさらし視界が上に向くことで隙が生まれ、放置すれば飛沫によるダメージや足場奪いに期待できる。メインウェポンが苦手とする索敵にも大いに役立つだろう。
    その他、シューターマニューバースピナーの弾を遮る咄嗟の防壁としての使い道や、相手の近くに投げ込み足場奪いとダメージ(あわよくばキル)を狙う使い道などもある。

上記の使い方はあくまでも一例。インク残量には気をつけつつ、パブロの得意とする塗りをさらに強める目的でも、苦手とする戦闘をフォローする目的でも、他の目的でも、さまざまな場所で活用していこう。

インクアーマー

インファイターのパブロだけでなく仲間も守れる、無印・ヒューとは別ベクトルで噛み合ったスペシャル
必要ポイントの180は同スペシャル持ちの中ではやや少なめ程度の水準ながら、メイン・サブの強烈な塗り能力のおかげで凄まじい回転率を実現できる。
比較的苦手とするローラーバケットスロッシャーの対面は勿論、一撃を取ってくるホットブラスター系統やチャージャーにもめっぽう強くなる。パブロもインファイトブキなので接近する際は何かしらダメージを受けるので大いに恩恵を受けるだろう。うっかりスプラッシュボムを踏んでしまってもデスを回避したり、スピナーの無慈悲な弾幕から逃れるのにも役に立つ。あらゆる理不尽から守ってくれるぞ。
位置バレのデメリットがあるため全く何も考えずに使用するのは推奨できないが、ある程度有効だと思えるタイミングが来たらすぐに使っていってよいだろう。それにより回転率の高さも活きる。
短射程のパブロ自身はアーマーがあっても正面から戦っては引き撃ちで対処されてしまいやすいので、仲間の状況をしっかり見極めて有効なタイミングを探っていこう。
インク消費の粗いブキなので、隙の少ないインク回復手段としても有用。

 

効果時間中もメイン・サブを自由に使うことができ、かつアーマーが割れた後のわずかな無敵時間でも十分逃げきれるだけの機動力を持っているので、効果時間中はかなり強気に前線で塗りを広げることができる。仲間とともに前線を一気に塗り返そう。
割れた後は基本的には速やかに自インクに撤退するのが正解だが、相手との距離や塗り状況によっては追撃を狙いにいくのもあり。

インクアーマーは味方と相手の人数が同じ、またはこちらが人数有利の時に確実に戦況(ライン)を押し込みたい時に使うのがオススメ、人数が同じ時に使った場合自分も戦闘に参加しなければ実質人数不利となってしまい打開しきれないことも多いのでしっかり前線に出よう

ギアパワー考察

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
イカはほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。

相性の良いギアパワー

インク効率アップインク効率アップ(メイン)メインインク効率アップ(サブ)サブインク回復力アップインク回復力アップ

メインの消費は重く、サブも使用頻度が上がるほど効果も上がるので相性が良い。
基本的には塗り重点で立ち回ることになるブキなので、継続的な塗り能力を高めるためにも積んでおくとよいだろう。
どのギアパワーをどれくらい積むかは、実戦での自分のメイン・サブの使用頻度の差や、「インクが欲しい!」と思った場面がどのくらい出てきたかなどを見ながら調整していくとよいだろう。

簡易効果比較メイン効率サブ効率インク回復
メイン使用頻度の向上
サブ使用頻度の向上
サブ使用後の継戦能力の向上

仮にメインだけしか使わないのであればメイン効率が最も優秀だが、サブの使用が増えるにつれ他二種の有用性が上がっていく。
インク回復力アップはセンプクを挟む必要があり、スプリンクラー後のインクロック時間(60F)には効果を失うが、唯一メインサブ両方に効果を持つ。
ギアパワーの枠に余裕があれば、三種とも積むと重複減衰も軽減でき効率がよい。

イカダッシュ速度アップイカダッシュ速度アップ

どんなブキにも合うおなじみのギアパワー
前線で生き残り続けることが重要だが即効性のあるサブスペシャルを持たないこのブキにとって、イカダッシュによる離脱速度の差は不意を突かれた際の生存率の差に直結する。その観点からも相性の良いギアパワーといえる。

スペシャルスペシャル増加量アップ増加量アップスペシャル減少量ダウン減少量ダウン

インクアーマーの回転率をさらに高める。間接的にインク回復力アップの効果もある。
どんどん使っていきたい場合も、必要な場面に使えるようにしておきたい場合も役立つギアパワー。後者は少量積みでも効果が大きい。

スペシャル性能アップスペシャル性能アップ

もとから回転率の高さで圧倒的な「量」を誇るインクアーマーの「質」を高めるギアパワー。効果時間の向上・使用から展開までの時間短縮の2つの効果がある。
前者については仲間がアーマーの効果をより活かしやすくなり、さらに自身もより長時間前線での積極的な塗り広げを行えるようになる。
後者については展開前の霧エフェクトも短縮されるので仲間の位置バレのデメリットを軽減できるほか、即効性が上がることで先制攻撃された際の咄嗟の防御手段として使える可能性が生まれる。
さらに、敵高台等侵入時の撹乱・対面保険・生存に役に立つ。味方も正面から攻勢をかけてくれる可能性が高くなる為、成功率が上がる。

爆風ダメージ軽減・改爆風ダメージ軽減・改

イカダッシュ速度アップの項でも述べた通り、このブキは前線で生存することが重要。
前線で頻繁に飛び交うボムやスペシャルウェポンのダメージを軽減する効果も、短射程にとって致命的なマーキングの効果時間を短縮する効果も、生存力の向上に役立つだろう。少量積みでもボムやジェットパックの爆風外周(30ダメージ)一発でアーマーが割れなくなり、ポイントセンサーの効果時間も大きく減らせるため恩恵が大きい。

相手インク影響軽減相手インク影響軽減

敵インクを踏んだ時のヒト速度、ジャンプの高さ、スリップダメージに関わるギア

積む目安

57(3,9)表記
・3(0,1)
インクを踏んだ際の1fごとのスリップダメージが0.3から0.2へ減少し、対面・逃げるときの生存時間が伸びる。
・6(0,2)
積むことでスリップダメージ無敵が15fに伸び、足元塗りの発生する二振り目までの時間が確保できる。またサブ1だと相手インク踏んですぐジャンプしてもスリップダメージが入るが、サブ2では相手インク踏んですぐジャンプしてもスリップダメージが入らないためジャンプ振りを活用するパブロと相性がよい。
・12(0,4)
スリップダメージ無敵が20fを越え、インクを踏んでから竹のフルチャをされても理論上は間に合う。またスリップダメージの上限が33.3よりも低くなり、擬似三確持ちへの対策となる。

カムバックカムバック 復活時間短縮復活時間短縮

復活短縮との相性はパブロ・ヒューでも良いとされているが、本ブキはそれよりも遥かにキルを狙いにくい構成。
デスのし過ぎは本末転倒ではあるが普通にやり合っていても条件を満たしやすい。それはパブロ三種の中では最も恩恵が大きいと言えるだろう。
インクアーマーなので短射程ながらある程度の打開力を持つが、逆に言えばスペシャルが溜まっていなければお茶を濁すのが精一杯ということでもある。
劣勢時でもアーマーの回転率を保ちたいなら是非カムバックも検討して欲しい。
20秒間各種インク系とイカ速とスペ増がメイン1つ分(GP10)上昇して格段に復帰力が改善する。ヒト速も上げるけど完全に空気なのはナイショ

相性の悪いギアパワー

ヒト移動速度アップヒト移動速度アップ

残念ながら前作同様、塗り進み、振りながらの移動には一切適用されない
つまり適用されるのはヒト状態での歩行時(+サブウェポンを構えている状態)だけである。
(一応インク切れ時の塗り進みの速度は上がるものの、通常のヒト状態の走行のが速い。)

ギアパワー「メイン性能アップ」による効果

塗り進み速度がアップし、塗り進みでの塗り幅も広がる。
詳しいデータはパブロのページを参照。

備考

  • パーマネントは、ヒューと同じく類似の色の別の絵の具を示す単語。(ex.パーマネントイエロー、パーマネントグリーン)

アップデート履歴

2017/7/23無印追加
Ver.1.3.0無印SP必要ポイント170→160
Ver.1.4.0全部ZRボタンを押し続けて床を塗りながら進むとき、相手色のインクの影響を受けないようにしました。
振ってインクを飛ばす攻撃で、相手のイカスフィアに対して与えるダメージを約40%増やしました。
2017/11/11ヒュー追加
Ver.2.2.0全部振り回しながら移動するときの速度を約67%速くしました。
Ver.3.0.0全部振り回して出る飛沫による塗りを全体的に広げたうえで、手前に落ちる飛沫の塗りを特に広げることで、塗りがつながりやすくしました。
Ver.4.1.0無印SP必要ポイント160→150
Ver.4.2.0全部着弾点の塗りがこれまでより前方に伸びるようにしました。
Ver.4.3.1全部「メイン性能アップ」のギアパワーの効果を大きくしました。
ギアパワーを最大まで付けたとき、塗りながら進む速度の上昇幅が、約4%から約5%に変更されます。
「メイン性能アップ」のギアパワーの数が少なくても効果が発揮されやすくしました。
2019/4/3パーマネント追加
Ver.4.6.0全部ダメージ減衰率を調整し、これまでよりもダメージが落ちていく量を緩やかにしました。
「メイン性能アップ」のギアパワーを付けているとき、これまでの効果に加えて、ZRボタンを押したまま移動したときの塗り性能がアップする効果を追加しました。
Ver.5.2.0ヒューSP必要ポイント160→180
(イカスフィア)射撃をしていないときの歩行速度やイカダッシュ速度が速いタイプのブキを装備している場合、地上での加速力を増やして機敏に動けるようにしました。

コメント