Top > ブキ > ノヴァブラスターネオ


ノヴァブラスターネオ

Last-modified: 2019-07-23 (火) 15:23:33

DWtTCuFVAAA-Gle.jpg

使用イメージ画像

▲画像は公式Twitter(@SplatoonJP)の2018年2月23日のツイートより。

 
 
関連ブキ一覧元ブキ
無印ノヴァブラスター
マイナーチェンジノヴァブラスターネオ
ベッチューコレクションノヴァブラスターベッチュー
 

ブキ紹介 Edit

ノヴァブラスターの改造モデル。
自動で起爆し相手をマーキングしてくれるトラップは、ダメージを与えつつ
相手へのスキを作ったり、けん制に有効。
スペシャルはケタ違いの防衛能力を有しており、攻撃的な無印モデルとは対照的に
防衛、守りを得意とする一味変わったモデル。

ブキチの説明

メイン Edit

ノヴァブラスターを参照。

サブスペシャル Edit

無印ノヴァブラスターと同じく、全て爆発物となっている。

トラップ Edit

相手が踏むか、相手インクで塗られると爆発し、範囲内の相手にダメージとマーキングを与える地雷を自インク内に設置する。
2つまで設置できるため、常に2つを前線に置いておき、敵を見つけたら1つを対面戦闘用に回す、といった使い方も可能。

パブロ・ヒューと同様の短射程+トラップの組み合わせである。
リッター4Kラピッドブラスターと違い、最前線に置けるという強みをイカしていこう。

キューバンボムピッチャー Edit

塗り性能の低いメイン・サブを補う、強烈な塗り力・制圧力を持つスペシャル
発動中もメインは使用できるため、使用中に敵がにじりよってきた場合はメイン自らで撃退する、ということも意識しておきたい。

短射程ゆえにデスしやすく、170Pで使用可能とはいえ思ったほど回転率が高くならないことが多い。
しかし、その「デスしやすい」という弱点はトラップで補うことができる。
うまくキューバンボムピッチャーを回転させることができれば、ナワバリバトルでも塗り1000~1100P以上も狙うことができる。

運用 Edit

メインのみの運用はノヴァブラスターを参照。基本的には正面から挑まず不意打ちをする。

 

スペシャルは打開力ピカイチのキューバンボムピッチャーであるが、メインが短射程な上に塗り性能が低いのでゲージが溜まる前にデスしてしまうことが多く、実質的な打開力は低め。
前線ブキなのに後ろに引っ込んでしまうと敵に干渉できず、他の味方の負担が大きくなりすぎるので主戦法として使うのは難しい。
とはいえ、中距離・遠距離相手はスペシャルがないと同じ土俵に立つことすらできないのは事実。スペシャル減少量ダウンなどのギアを装備するなどして、可能な限り多く使うことを心がけたい。
キューバンボムピッチャーで塗りを大きく広げ、広がった箇所にトラップを仕掛けるなどして、前線維持を心がけよう。

 

幸いトラップというサブ事実上インク消費が0であるため、インク消費が激しいメインと相性がまあまあ良い。
ただし置くときの隙が大きいので、最前線で戦えるかというとそうでもない。
基本的に前線に2個置いた状態を維持しつつ、敵を発見したら仕掛けた場所に誘い込んで戦うのがベスト。もしくはトラップを自分の近くに置いてしまうのも良いだろう。
交戦しそうだな、と感じたら1つを戦闘用に回すと勝率が高まる。

 

度重なるアップデートにより、このブキとトラップの相性は非常に良くなった。

 

まずはダメージ面について。Ver.4.0.0の調整でトラップのダメージが45-35ダメージに変更され、非常にコンボを狙いやすくなった。
ノヴァブラスターの爆風ダメージは70-50なので、トラップに当てることが出来れば確実に確1範囲が広がる。前線のさらに前に置いて、誘い込み撃破という戦法もとれるようになった。
さらに、Ver4.3.0で新ギアパワー「メイン性能アップ」が追加され、65-55ダメージ以上を出しやすくなったのも追い風。

 

次にマーキング機能について。短射程のブキであるノヴァブラスターにとって、相手の位置がわかるのは大きなアドバンテージになる。大きな効果として、以下の3つが挙げられる。
①相手との間合いも取りやすくなり、無用な戦いを避けることができる。
②センサーを付けた相手に奇襲しやすくなり、先手を取って撃ち勝ちやすくなる。
味方が倒してくれる可能性が大きく上がる。
素の状態では効果時間が短いため、サブ性能アップのギアパワーは少なからず装備しておきたい。

 

とはいえ、このブキは無印よりも対面がきついうえ、遠距離に対応する手段が少ないため基本的には防衛重視となる。
しかし、時にはトラップを「攻め」に使うのがこのブキのミソ。短射程であるこのブキは守ってばかりでは勝てないのである。
汎用性は低いものの、逆に言えば局地的には強いブキであるため、このブキの強みを押し付けて戦おう。

 

余談だが、短射程範囲攻撃のメインにセンサー効果のあるサブ、という組み合わせ上、対短射程にはめっぽう強い。
わかばシューター系統、ボールドマーカー系統やスプラローラー系統が相手にいる場合は積極的にメタっていこう。
ただし、機動力とキル速度の関係上、対スパッタリー系統は苦手なので注意。

ギアパワー考察 Edit

  • インク効率アップ(メイン)
    燃費が悪く、メイン効率の効果が他の武器に比べて大きく乗るため優先度は高い。サブに少し入れるだけで効果が出てくるので少なからず入れておきたい。
  • インク回復力アップ
    トラップ設置後にはインク回復不能時間がないため、そこかしこに撒く際に有用。
    もちろん燃費のカバーにも役立つ。
    Ver.4.6.0でメインのインクロックが減少したため、さらに価値が上がったと言える。
  • サブ性能アップ
    探知範囲、センサー時間、ダメージ範囲が広がる。
    機動力の高い前線の敵にトラップを踏ませる、という用途で使うことが多いため、少なからず(少なくともサブ2個以上は)積んでおきたい。
    ただし、多く積むとヤグラの上に2個置きできなくなる。大きなデメリットではないものの、一応注意点として。
  • イカニンジャ
    トラップでセンサーを付けた相手に奇襲しやすくなる。
    また、こちらから手出しのしにくいチャージャーなどの目から逃れることもできる。
    可能であればイカ速度アップも併せて装備したい。
  • メイン性能アップ
    爆風ダメージが上がり、単純にキル性能が高まるほか、トラップとのコンボも決まりやすくなる。
  • 爆風ダメージ軽減・改
    サブ及びスペシャルの爆風ダメージを減らし、かつ短射程にとって辛いマーキング時間を減らせるこのギアパワーは噛み合っているだろう。
    とりあえずサブに1個積むだけでもある程度効果がある。
  • カムバック
    何かとデスがかさみやすいこのブキで、メインインク効率、サブインク効率、スペシャル増加量アップなどと特にインク系に強化が入るこのギアはかなり相性がいい。前線にトラップを撒きなおすことも容易になる。

備考 Edit

コメント Edit