Top > ブキ > ボールドマーカーネオ


ボールドマーカーネオ

Last-modified: 2019-06-19 (水) 00:05:40

DX1adGZU0Ac6co3.jpg

使用イメージ画像

※画像は公式ツイッター(@SplatoonJP)の2018年3月9日のツイートより。

関連ブキ一覧 Edit

一覧精密タイプ拡散タイプ
オリジナルシャープマーカーボールドマーカー
マイナーチェンジシャープマーカーネオボールドマーカーネオ
ブキチセレクションボールドマーカー7
 

ブキ紹介 Edit

ボールドマーカーのデザインを新しくしたブキ。
サブジャンプビーコンで前線復帰力を高めつつスペシャルマルチミサイルで味方の支援から敵の妨害が可能になった。支援に寄せたブキ。

ブキチの説明
 

ブキ性能 Edit

ボールドマーカーを参照。

 

メインウェポン解説 Edit

ボールドマーカーを参照。

 

サブスペシャル Edit

ジャンプビーコンサブ-ジャンプビーコン.png Edit

  • 緊急避難や前線復帰をサポートしてくれるサブ
  • ビーコン持ちとしては機動力が高いので、障害物の裏など死角になりやすい箇所に次々に設置することが可能。
    • 前にでないと何もできない射程なので、どうしてもやられる機会は多い。そのため、この武器自身のビーコン使用機会は多い。
  • 高台の真下に設置することで、手の届かない相手の位置を把握する簡易センサーとしても働いてくれることも。
  • インク消費は75%だがインクロックが存在しない上メインのインク効率も良いため、インク消費の重さは気にならない。
  • 前作を知る人には言うまでもないが、常に3つマップ上に存在するようにしっかり設置する事が肝要である。
    (そんな定石はないです。あったらいいけどわざわざ開幕3個置きに行ってる人は開幕の人数不利を引き起こしている自覚がないですね。)
  • 対物アップを付けていない一部ブキカテゴリ相手に限るが、戦闘中にビーコンを設置して簡易的なシールドに使う事も出来る。
    (本当に一応すぎて記述する必要はなさそうです。)
  • ビーコン持ちの中でもインク管理には不自由しないので比較的使用しやすいといえるが、あくまでも意表を突く手段に過ぎないので過信は禁物だ。
    (同上)

マルチミサイルスペシャル-マルチミサイル.png Edit

  • ロックした人数に応じた数のミサイルを撃つスペシャル
  • 必要ポイントが少ない上にメインが塗りに長けるため、回転率は高い。
  • 単独での戦闘がとても難しいこのブキでは重宝する。率先して自前で1:1以上の対面を仕掛けられる唯一の手段なので丁寧に使いたい。
    • 唯一無二の遠距離攻撃手段であり、高台の後衛を退かせられるのもありがたい。
    • 一つ注意点としては、ガチルールにおいてミサイルを溜める為に余った自陣を塗りつぶしてはならないということ。
      (状況次第です)
    • ガチルールにおいて自陣は打開の際の貴重なSP源となる。それを現状単体での性能がいまいちなミサイルのために使うということは、打開時に味方がSPを溜めづらくなり、打開がしづらくなるということだ。ただでさえ打開しづらいこのブキにおいてそれは致命的なことである。
      (状況次第です、馬鹿みたいに序盤から塗りに入ってるのはそれ以前の問題)
    • ミサイルを溜める際には前線付近の敵インクを塗り替えることをオススメする。
 

ブキ運用 Edit

このブキはメインが最短射程なのにサブにビーコンが付いてしまっているため基本的にはこの貧弱なメインだけでキルをとらなければならない。
射程が短いからといって無闇に距離を詰めに行っても不利な対面となってしまう。
マルチミサイルで動かしたり、味方が撃ち合ってるところに絡みにいったりして距離を詰めなければならない。
間違っても真正面からの撃ち合いを挑んではいけない。イカダッシュによるエイムずらし、障害物越しの強襲、裏取りに至るまであらゆる手段を駆使して「相手の意識の外から襲いかかる」事を徹底し、高いDPSをイカして仕留めきることが求められる。

 

メインウェポンのみで戦う事を求められるブキであるが、その塗り性能が非常に高いことは念頭に入れよう。
飛沫塗りの濃さすらも霞んで見える程の大きな長所として、着弾地点に生じる先端塗りが尋常ではない大きさとなっている
具体的には.96ガロンに次ぐ水準であり、足元塗りのサイズでは双璧を成す。更に前方を撃った場合でも塗り跡が前方に大きく伸びるため、連射力も加味すると比類無き強さの着弾塗りを持っているのだ。
この特性を利用して地面を狙うように着弾塗りをイカした塗り方をすることで、瞬時に構築した自陣を駆け抜ける高機動ブキとしての一面を覗かせるようになる。

距離を詰めればエイムの精度ではなく瞬発力が求められ、初弾補正を使って射程端で戦おうとすると正確なエイムが出来なければ命中率が激減する。
射程と引き換えに機動力も塗りもキルタイムも全てが素早いブキだからこそ、それらを活かす為には素早い操作を可能とするプレイヤースキルが必要となる。形は違えど、間違ってもエイム力を欠いたまま扱えるようなブキではない。

取るべき立ち回りも考慮すると積極的な撃ち合いは難しいので、味方の撃ち合いに関与するのがこの武器の基本的なスタイルとなるだろう。
これを理解せず引き気味で塗ってミサイルを撒くだけのボールドマーカーネオガチマッチにおいて見られるが、自分が撃ち合いに関与しなければ3:4の状況になるので自分のチームに常に人数不利を強いてしまう。
「最短射程&ジャンプビーコンマルチミサイル」という組み合わせ自体が単騎で戦うための構成ではなく、余程メインの扱いに長けていない限り単体で活躍するのは難しい。

敵の意識外にビーコンを設置し味方の早期前線復帰を手助けする、味方と戦闘中の敵にミサイルを打ち込みメインでも当たっていくなど、味方の生存能力・対面勝利率を底上げすることこそ、このブキの強みであり真価と言える。
味方のせいにせず、自分のせいにもされない信頼できるチームワークの構築がこのブキの勝利条件の一つだ。

 

ちなみに、Ver.4.2.0からイカセンプク等を行えるまでの射撃後の隙が6Fから2Fに短縮されている。
シューター共通の強化だが短縮幅は大きく、このブキの性質を存分に発揮する頻繁なイカ化を伴う立ち回り(早い話が雷神ステップとそれに類する挙動)がかなりスムーズになった。以前と同じ感覚で扱っているとイカセンプクまでに1発余分に撃てることも多い。
かつては4F早まった分だけインクロックにも4F余分に直面していた関係で副作用的にインク切れを起こしやすくなっていたが、4.5.0でインクロックが5F減らされた為解消された。

ギアパワー考察 Edit

  • サブ性能アップサブ性能アップ
    • 自分が置いたジャンプビーコンへのスーパージャンプ時間が短縮される。
    • Ver.4.7.0より、「サブ性能アップ」の効果が以前より少ないギアパワーでも発揮されるようになり、効果がスーパージャンプ短縮よりも強力となった。
      • メインギアパワー2個分程度までなら約1.4倍のスーパージャンプ時間短縮ギアパワーに相当する。加算数基準の場合はメインギアパワー3個分前後での+0.8個分がピーク。
    • 自身だけでなく味方全員が対象になるため、ビーコンを使ったチーム全体の機動力が向上し、復帰や合流に使いやすくなる。
  • スーパージャンプ時間短縮スーパージャンプ時間短縮
    • サブ性能アップより効果量は相対的に劣るが、自分自身のあらゆるスーパージャンプ時間を短縮する。ジャンプビーコンに限らず駆け回りたいイカ向け。
    • スタート地点への離脱が早まり、リスジャン成功率が上がる。やられやすいブキなので恩恵は大きく、退き際さえ弁えていればより強気に攻めやすくもなる。
      デスを強引に回避する性質上、後述のカムバックやスペシャル減少量ダウンが発動できなくなり噛み合わなくなる点には注意。
      (カムバックは復帰速度上がるため噛み合ってなくない。スペ減は保険だからそこまで気にすることではない。)
    • マップによる状況把握とスパジャン操作に手慣れていれば味方との合流も迅速に行える。
  • 爆風ダメージ軽減・改爆風ダメージ軽減・改
    • 前線ブキなので爆風を受ける機会も多く、ジェットパックなどにはメタとしても機能する。
    • こちらの不意打ちを抑制させられるマーキングの対策にもなる。最短射程突撃ブキなのでトラップを踏むこともしばしば。
  • スペシャル増加量アップスペシャル増加量アップ
    • メインの射程外に影響を及ぼす唯一の手段にして確実な索敵手段なのでマルチミサイルは重宝するのだが、単体性能の低さが取り沙汰される割にスペシャル必要量は170p止まり。しかもこれでもホクサイ・ヒューと並ぶ最少タイである。ミサイル持ちとしては抜群の回転率を誇るものの、需要と性能を鑑みると十分とは言いがたい。
    • 6(サブ2個)積めば塗りによるスペシャル必要量が約161pまで減らせるなど、少量積みでも回転率を一回り引き上げられる。
    • 但し、スペシャル必要量基準では多く積むと案外急激に伸び悩むことや、ミサイルの回転率だけを高めても役に立たない事を踏まえるとガン積みはナンセンスである。
  • 復活時間短縮復活時間短縮
    • 隠密行動が動きの基本となるこのブキだが、どうしても正面きって敵と戦わなければいけない場面も少なくないので、あっても損はない。
    • サブジャンプビーコンとのシナジーもよい。活動時間を大きく増やすことができる。
       

ギアパワー「メイン性能アップ」による効果 Edit

  • あたえるダメージがアップする。
    • 57(最大)まで積むと、攻撃力は47.5になる。

アップデート情報 Edit

アップデート情報詳細

備考 Edit

コメント Edit