Top > サーモンラン > 特殊な状況 > グリル発進
HTML convert time to 0.020 sec.


サーモンラン/特殊な状況/グリル発進

Last-modified: 2018-06-11 (月) 02:14:19
 
 

グリル発進 Edit

  • バイトランク「はんにんまえ」以上で発生
  • 前兆:干潮以外かつ夜。クマサンからの通信でグリルの話が出たらグリル発進。
  • 金イクラ獲得条件:グリルを倒す。

■1分でわかる攻略まとめ
○やるべきこと
 ・グリルを特定のポイントに誘導してハメ倒す
  →ターゲット役はステージごとの効果的な誘導ポイントにおびき寄せ、他のプレイヤーがグリルの弱点を叩く

×やってはいけないこと
 ・グリル2体の挟み撃ちになる
  →あっという間に味方が複数落ちて挽回が非常に困難になる
 ・コジャケの放置
  →コジャケ相手の思わぬデスが前線の崩壊に繋がる。ターゲット役は特に注意。
 ・金イクラの放置
  →金イクラの入手機会が少ないので1回のノルマ増加が致命的になる

 

ヒーローモードに登場するタコドーザーの高速版といった具合の円盤。
赤い光線でイカのうち1人をターゲットし、そのイカめがけてインクを垂れ流しながら進んでくる。
そのため、狙われているイカの誘導が失敗すると味方の逃げ場を奪ったり、逆に味方が全滅しかねない位置にグリルを誘導してしまう場合がある。
グリル出現のアナウンスが入ったら誰が光線で狙われているかを確認し、自分が狙われている場合はすぐに誘導する準備に入りたい。

グリルは見た目上は通路の幅に対し脇をギリギリを通り抜けられそうに見えるが、判定が広く実際は通路幅一杯まで攻撃判定があるので、決して横をすりぬけようとしてはいけない。壁のインクに潜っている場合もグリルの背の高さ以下なら漏れなくやられてしまう。上下移動で下から上に移動する場合早めに動かないと逃げ遅れる。

弱点は進行方向の逆側にはみ出ている尻尾であり、弱点を攻撃すると停止し、全方位に弱点が露出する。
この弱点を撃ち続けると撃破することができる。

グリルと同時にコジャケが随伴してくる。このコジャケはグリルとは関係なく行動してくるので、ターゲットの赤線に狙われていないからと油断して前に出るとコジャケに囲まれてしまう。連射力の高いブキや範囲攻撃ブキなどを持っている場合はグリルを処理するのと並行してコジャケも潰しておきたい。
グリルの足元にボムを投げ込むとグリルの真下に居るコジャケを減らすことができる。ローラーは塗り進みを使えば楽に処理できる。
コジャケに接近すると一番近いプレイヤーを狙って近寄ってくるので、グリルを撃つプレイヤーから引き離すように上手く釣ると良い。

Waveの後半になると二機目のグリルが出現し(難易度が高いほど早期に出現)、それぞれが縦横無尽にフィールドを駆け回ってしまうともらい事故や逃げ場がなくなる事態が頻発する。
状況によっては、狙われている一人が仲間から離れた場所でグリルの1体を引き付け続け、残る三人がもう1体のグリルを倒すことに集中できるようにするといった作戦も有効になる。

対処方法 Edit

グリルは段差を昇り降りすることができないため、味方を巻き込みにくい場所の段差を利用してグリルを引きつける→段差に登るor降りるを繰り返すとグリルを釘付けにできる。
また、グリルが段差の下にいる時であれば短射程ブキでも段差を利用してグリルの弱点を容易に叩くことができる。
囮になっている人が持っているブキによってはコジャケに対処しにくい時もあるため、他の人は適時コジャケを潰したり地面を塗り替えて援護するのも忘れないようにしたい。

ノルマを満たす金イクラが落ちていたら、タゲられている人はグリルを連れて味方から離れ、味方が金イクラ回収に集中できるようにしてあげよう。
仲間はノルマを満たすために時間が足りない!と判断したら、スペシャルウェポンを使用して素早くグリルを怯ませよう。コジャケはボムで対処できる。
グリル戦は普段のwaveと比べると高い火力が要求され、人数不利になればなるほど建て直しが難しくなるので、
仲間が倒れてピンチになる前にスペシャルウェポンを使うのが重要となる。

グリル対処の簡単な図解↓
グリル対処

2体の時も同じであり、同じ通路に誘導してしまえば渋滞を起こすので各個撃破がしやすくなる。

繰り返すが、グリル複数状態での全滅リスクが非常に高いため、ノルマ達成できた場合はタゲられた人が遥か遠くにグリルを引っ張っていったり、誰か1人がガン逃げして時間いっぱいまで逃げ回るのも有効な作戦になる。
その日のブキや状況にもよるが、選択肢のひとつとして頭に入れておくと便利である。

 

ターゲット役の有効な立ち位置(目安) Edit

ステージ主位置副位置*1
シェケナダムイクラコンテナ横の最も高い地点2つの高台の間の足場・主位置の足場の壁
難破船ドン・ブラコイクラコンテナ正面の穴の向かい側主位置のすぐ右、すなわち右金網のすぐ奥
海上集落シャケト場イクラコンテナの一段上の高台コンテナのすぐ後ろ、または高台から干潮側に降りたところなど
トキシラズいぶし工房イクラコンテナ横にある左右の高台左右の高台の間、もしくは左高台の右壁など
 

グリルが1体の場合はヒカリバエと近い形で概ね安定するが、2体になったり味方が落ちたりで維持できない場合も多く、上の表にとらわれないアドリブも必要。
その際の原則としては味方が1体に集中できる状況を作るグリルにイクラコンテナ周辺をウロウロさせないあたりを意識するとやりやすいだろう。
トキシラズではコンテナ後ろの右(コーン方向)と左(ウインナー方向)の高台があり、立ち位置が分かれてしまいがち。
左側の方が納品までの時間が短くなる反面、的確に怯ませないとすぐに高台を登り切られてしまう。
右側はグリルを長時間滞在させることが可能だが、金イクラ回収に若干の時間を要する。
どちらかといえば右側の方が撃破しやすいが、いずれにせよ火力不足にならないように注意したい。

 

グリル誘導ルート解説(マップ付き) Edit

青↑:誘導ルート
赤↑:誘導すると危険なルート
黄★:グリルを攻撃して足止めする位置
橙●:味方がグリルを攻撃する位置

  • シェケナダム
    シェケナルート_1.png
    誘導場所は一応2か所あるが、コンテナ付近の高台で待機し、イクラコンテナのすぐ隣の★の位置で撃破するのが最も金イクラ回収がしやすく、効率が良い。ただし攻撃を当てる場所が狭いので、シューター系の味方の射線を遮らないように立ち位置に気を付ける必要がある。
  • 難破船ドン・ブラコ
    ドンブラコルート_0.png

コンテナとの位置が遠く、全員誘導を理解していたとしても全ステージ中最も厳しい
少しでもインクに余裕が無くなってきたり、グリルの処理がおぼつかなくなったらスペシャル(特にハイパープレッサー)を使うべきである。

囮役は橙●の右側斜面で待機し、イクラコンテナから見て右の方向からグリルを侵入させ、赤線のルートに入る前に橙●に戻ると黄★の位置へ誘導できる。
グリルが2体に増えた場合も同じように誘導すれば問題ない。2体のグリルが重なるとしばらく停止してくれる上にお互いの弱点を遮らないようにしゃがんでくれるので、その間にダメージを蓄積させて倒そう。
イクラ回収が追いつかず、黄★付近に金イクラが溜まりやすい。クリアのめどが立ったら、グリルが黄★・橙●・コンテナ付近に行かないように誘導して、味方が納品に専念できるようにしよう。
また、わざとコンテナ付近に誘導しようとするプレイヤーもいるが、ブキスピナー種やリッター4Kがないとなかなか止まらず、これらがあってもハイリスク(特にリッター4K)なため、野良では非推奨。
しかし、20以上の高ノルマとなると正攻法ではなかなか納品が追い付かない。
やむを得ずしてコンテナ誘導をする場合はカモン!で味方の気を引き付けるといい。

ちなみに、コンテナ横のエレベーターに乗ると、グリルのターゲットを解除することができる。コジャケは降ってくるので注意。生き残っているイカがすべてエレベーターに乗ったときのグリルの挙動は要検証。

  • 海上集落シャケト場
    シャケト場ルート.png
    出現するグリルが1体だけの間は上記のマップの通りに誘導すれば比較的楽に対処できるが、
    シャケト場のグリルは上の2マップと異なり侵入ルートが多い為グリルが2体に増えた時の対処が非常に難しく、アルバイターのアドリブ力が試される。
    攻撃するイカは狙われている味方の位置を確認して、グリルが向かう方向の背後をとれる位置で待ち、できる限り早くダメージを与えてグリルを足止めすること。
    狙われているイカは仲間の位置を確認し、グリルの背中が味方に向くように誘導すること。ノルマ達成が近いのであれば遠くへ離れて他の味方が別の1体に集中できるようにすると良い。
    囮役が立ち位置を頻繁に変えるのはグリルを攻撃する味方の迷惑になるので注意!
    グリルが2体に増えてからはスムーズに倒せないと泥沼化しクリアが困難になるので、
    スペシャルウェポンは出し惜しみせずに使うべし。
    なお、グリルが2体出ている状態で囮役が壁に登ってセミをしても火力不足で倒しづらい上にすぐにターゲット変更して味方を追い回す為、味方に多大な負担がかかり逆効果となる。
    実力があり、連携のとれるフレンド間であればセミを利用するのは問題無いが、実力差がバラバラで連携の取りづらい野良では使うべきではない。

なお,グリルをコンテナの左後ろに誘導し、尻尾を右から露出させてその上の高台から袋叩きにする方法もある。
シャケト場コンテナ裏誘導1
シャケト場コンテナ裏誘導2
画像元: https://twitter.com/nyaa_nora/status/962351262841815045
コンテナの後ろで待機するのが危険な場合は一旦高台の下(干潮側)に降りるのもありである。

  • トキシラズいぶし工房
    トキシラズルート.png
    通常潮位のグリルは他ステージと比較して誘導・撃破がしやすく、
    コンテナに近い場所で戦える為、火力さえ足りていれば非常にノルマクリアしやすいステージに入る。
    グリルが来る方角の高台で待機し、曲がり角で減速しているところを攻撃するのが基本戦術となる。
    一方、満潮時のグリルは出現場所と主戦場までの距離が短く、グリル撃破後に次のグリルが来るスピードが非常に速いので、通常潮位とは打って変わって素早い対応が求められる高難易度ステージとなる。
    納品中でもグリルの駆動音がしたらすぐに高台に退避しよう。でないと轢かれてしまう。

足場の狭い満潮時には、長射程ブキ(スプチャ、リッター、ハイドラント等)は生存も兼ねて対岸からグリルに攻撃することも戦法の一つである。
ただし、対岸にいる自分がグリルに狙われた時はプロペラリフトに乗ってグリルのターゲットから外れるようにしよう。
緑の線で囲った範囲(プロペラリフト)にはグリルが侵入することができないほか、
自分がグリルに狙われている時にリフトに乗るとグリルのターゲットから外れることができる。
これを利用して一時的な避難場所として利用したり、
チャージャー等はグリルのターゲットを他に移して狙撃に集中するといった戦法が可能。

 
 

コメント Edit






*1 主位置に立ち続けると危険な経路でグリルが来てしまう場合に、誘導ルートにわざと迂回させるための一時的な立ち位置。グリルが近づいてきたら主位置に移動しよう。