Top > ブキ > スプラマニューバーコラボ


スプラマニューバーコラボ

Last-modified: 2019-06-26 (水) 23:31:31

スフ?ラマニューハ?ーコラホ?.jpg

 
関連ブキ一覧元ブキ
無印スプラマニューバー
マイナーチェンジスプラマニューバーコラボ
ヒーローモデルヒーローマニューバー レプリカ
ベッチューコレクションスプラマニューバーベッチュー
 

目次 Edit

ブキチの説明 Edit

メインウェポンの スプラマニューバーコラボ
ギアブランドのエンペリーと スプラマニューバー
コラボしたモデルでし!

性能は スプラマニューバーと同じでしが、
サブカーリングボムで前進して
マニューバーの射程に 持ち込むでし!

ジェットパックで、遠くの相手もズドン!
スライドを使った機動力を 思うぞんぶん
見せつけたい人に かわいがって欲しいでし!

ブキ紹介 Edit

エンペリーとコラボした、スプラマニューバーのマイナーチェンジモデル。
プレイヤーからの略称は「マニュコラ」。
機動性の高いマニューバーに切り込み性能の高いカーリングボム
スペシャルには高火力のジェットパックを搭載し
攻撃力、機動性に特化している。

アップデート情報 Edit

内容

メイン性能 Edit

※射程・距離関係の単位は試し撃ちラインの本数。
※有効射程とは、ある程度以上のキル性能を発揮できる距離のこと。

有効射程について詳しく
※塗り射程とは、カニ歩き撃ちで塗れる平均的な距離のこと。
※SL=スライド(Slide)。

Ver.4.8.0現在

有効射程2.5確定数維持射程
有効射程(SL後)2.6
レティクル反応距離塗り射程3.3
拡散ジャンプ中拡散7.5°
拡散(SL後)
ダメージ30.0確定数4
ダメージ(SL後)確定数(SL後)
連射フレーム5F秒間発射数12.000発/秒
連射フレーム(SL後)4F秒間発射数(SL後)15.000発/秒
キルタイム0.267秒/killDPS360.000/秒
キルタイム(SL後)0.217秒/killDPS(SL後)450.000/秒
射撃継続時間10.916秒インク消費量(装弾数)0.76%(131発)
射撃継続時間(SL後)7.833秒
SL移動距離1.0SLインク消費量9.0%
SL開始~射撃までの時間24F(0.40秒)SL開始~サブスペ使用可能までの時間24F(0.40秒)
SL開始~次SL開始までの時間20F(0.33秒)SL開始~移動可能までの時間52F(0.87秒)
射撃中ヒト速0.80
非射撃時ヒト速0.96イカ速1.92

923058515b203.gif

メイン解説 Edit

通常時の有効射程・塗り射程は、スプラシューターと同じ。

スライド後は構えが変化し、一点集中の高速連射攻撃ができる。
連射力が上がることにより、キルタイムが早くなる。
射撃精度も良くなる(シャープマーカーと同等の射撃精度になる)ため、有効射程も伸びる。スプラシューターよりも実質的にわずかに長い。これは重要な差異となる。
また、スライド後の射撃は移動をしなければ解除されない。

スライドは連続で2回まで行える。
スライド移動距離が全マニューバーの中で2番目に長いが、その代わりにスライド時のインク消費量も少し多い。
また、全マニューバーの中でスプラマニューバー系統のブキは最もブレが小さい。

運用 Edit

積極的に前に詰めてキルを狙っていく。
 通常の前衛武器のように障害物を盾に取りながら前進する。待ちの姿勢から、意表を突くタイミングでカーリングで滑り込んで正面から殴り込む。カーリングで裏や横に回って奇襲をかける、といった幅広い選択肢を持っているのが強みである。
 性能のよいスライドを持っているので、囮役としても活躍できる。敵がいそうな場所で、ジャンプ撃ちによる様子見→スライド後退をすることで、相手に顔を出してもらうことが期待できる。ヘイトを引き受ければ味方も生きやすい。似たような構成の武器であるスプラシューターコラボと比べると、みずから顔を出していく時間は長めにとることになるはずだ。

 

敵を掃討した後、カーリングで一気に前に詰めてジェットパックでリスキルを狙っていけるのは他の武器にない強み。これで相手の高台を征服することで、ガチヤグラガチホコバトルといったルールでの活躍が期待できる。

 

なおメインで広く塗っていくのは得意なので、整地にはある程度参加しよう。塗ればSPも貯まる。特にホコやアサリの自軍ゴール前の塗り返しなどは仕事のひとつなので忘れないように。オールキル後はさらに詰めてリスキルを狙っていくか、戦場を塗っていくか判断する。

サブスペシャル Edit

カーリングボム Edit

地面を滑り、一定時間で爆発するボム。
相手に対する牽制の他、滑った軌跡はインクで塗られるため、敵陣への切り込みやピンチの時の退避ルート作りにも使える。イカダッシュで追い掛けるように進み、相手の裏を取りたい。
スライドによる回避は硬直状態が発生するため、敵にして不利なブキ相手なら、いっそのことカーリングボムで逃げを打つのも手だ。
トータルの塗り面積が大きいため、奥行きのある地形で使えばスペシャルを溜めるのにも役立つ。

ジェットパック Edit

一定時間空中を飛び、付属のランチャーで高攻撃力の爆発弾を発射できるスペシャルウェポン
「地上の戦闘を回避しつつ、遠くの敵にもランチャー爆撃が可能」と聞くと強力に聞こえるが、移動速度は決して早くなく、また非常に目立つため、チャージャースロッシャーブラスターの餌食になる場合もある。
発動場所は考えたいところだが、カーリングボムやメインの性能から回転率はそれなりに期待でき、タイミングさえ誤らなければ正面から相手を押し込める。

Ver3.0.0以降はアップデートに伴う環境の変化やバグ修正もあり、拮抗状態の打破や押し込み、打開等でマルチに使える非常に強力なスペシャルとなった。とはいえ、チャージャーブラスターは相変わらず天敵なので注意。

ギアパワー考察 Edit

相性の良いギアパワー Edit

インク効率アップ(メイン)インク効率アップ(メイン) Edit

アップデート前は6%だったが、Ver4.0.0でスライドがかなりインク消費が激しくなった(9%。メイン11発以上に相当する)、メイン1個は欲しいギア
敵の前でスライドを多用したいと感じたら積もう。

ヒト移動速度アップヒト移動速度アップ Edit

スライドを持っているのは確かだが、なんだかんだと歩き撃ちで戦う場面は多い。ヒト移動速度は速めのブキなのでギアパワーの乗りがいい。
塗り性能に影響を及ぼすギアなのでスペシャル増加の代用としても使える。

イカダッシュ速度アップイカダッシュ速度アップ Edit

カーリングボムとの相性が良く、進むカーリングボムにピッタリ付いて移動すれば、「カーリングボムだけが来た」と敵に勘違いさせることもできる。接近戦でも有利になるので、とりあえずつけておくのも悪くない。
また、カーリングボムを使って逃げるときにも活躍する。ピンチになったときはできるだけ早く安全なところへ逃げてデスを減らしたいため、色々な意味で相性が良い。

スペシャル減少量ダウンスペシャル減少量ダウン Edit

ジェットパックは発動中に撃墜された場合、その時点での残り時間=SP量をもとにリスポーン時のSP量が決定される。そのため、ジェットパック中にやられた場合でも、このギアがあれば再度発動するのが容易となる。スプラマニューバーコラボは前衛寄りのブキであり、ただでさえデスしやすいため、かなり有効なギアだ。サブ1~2つ積むだけでも違いが出るのでオススメ。
Ver.4.7.0より必要SPポイントは減少したが、依然としてジェットパック発動に必要なSPポイントはスプラシューターコラボと並び210。「デスしやすい前衛ブキでも、きちんとスペシャルを使う」という意味でも積んでおきたい。カムバックと組み合わせると、前線にたどり着くまでの間にスペシャルをためやすくなる。移動速度も上がるし、インク効率も良くなっているため、無駄になることがない。

スペシャル性能アップスペシャル性能アップ Edit

ジェットパックの爆風サイズや塗り範囲を大きくすることができる。極論すると、直撃を毎回取れるのであれば必要はないが、相手の足元を取ってから2発で倒す、等の場面では塗り拡大が役立つだろう。一方持続時間の伸びは微妙なところなので、そちらはあまり期待しない方がよい。

相手インク影響軽減相手インク影響軽減 Edit

連射力が高く、撃ちながらの歩行速度は速いが足元塗りや射撃の軌跡塗りに隙間が目立つのがネック、そのことから積んでおくと撃つ時の機動性をイカんなく発揮できるであろう。

カムバックカムバック Edit

デスすると、インク効率アップ(メイン)メイン効率・インク効率アップ(サブ)サブ効率インク回復力アップインク回復ヒト移動速度アップヒト速・イカダッシュ速度アップイカ速、スペシャル増加量アップスペシャル増加量アップの6つの効果を一定時間得られる。効果量はメイン1つぶん。いわゆる前衛ブキで相性が悪いブキはほぼない。打開時にスペシャルを溜めやすくしたり、デスしてから再度戦闘に参加する時に様々な面で優位に立てる。デス数が増えがちなガチルールでは特に強力。スペシャル要求pが非常に高い一方、スペシャル溜めに自陣塗りしていてはこのブキ本来の強さを引き出せないので、ガチマッチではこのギアがないとまともにスペシャルを回しつつ前線で立ち回るのは難しいだろう。

相性の悪いギアパワー Edit

受け身術受け身術 Edit

スーパージャンプを多用するならば採用されがちなギアパワーではあるが、マニューバーというブキ種である以上は着地時にスライド移動することで代用できてしまうため、わざわざクツのメインギアを使ってまで採用する価値は低い。

メイン性能アップメイン性能アップ Edit

このギアとメインとの相性についての議論は置いておくにしても、カーリングボムジェットパックで突撃するこのブキセットのスタイルは、相手側の足元が奪われていることを想定していない。さらに、このサブスペシャルは相手の足元を奪いにくい。ジェットパックはたとえ奪えたとしてもメインで擬似確を狙ったその時には既に迎撃態勢に整えられているだろう。
結果として、このブキセットではギアパワーを半分以上も占有して擬似確を狙うメリットは薄い。その役割は無印ベッチューの方が担いやすい。
尚、上記は擬似確についてのみ述べたことであり、有効射程の強化を目的としてメイン性能アップを積むことをなんら妨げるものではない。

ギアパワー「メイン性能アップ」による効果 Edit

ダメージが大きくなる。ダメージ減衰が無いときよりも確定数が少なくなることは無い。
このブキは効果量が他のブキと比べて歪になっている。よく確認して積むこと。

 

GP32で33.3ダメージになる。
又、10積みと33積みで確定数維持射程がそれぞれ試し撃ちラインで0.45本分伸びる。
無印では32.5ダメージとなるGP24以上でクイックボム近爆風+メイン2発で相手を倒せる。

コメント Edit