Top > ブキ > スプラスピナーコラボ


スプラスピナーコラボ

Last-modified: 2019-08-03 (土) 02:47:11

DY9gN_9V4AAQDgj.jpg

使用イメージ画像

▲画像は公式Twitter(@SplatoonJP)の2018年3月23日のツイートより。

 
 
関連ブキ一覧元ブキ
無印スプラスピナー
マイナーチェンジスプラスピナーコラボ
ベッチューコレクションスプラスピナーベッチュー
 

ブキ紹介 Edit

スプラスピナーとアイロニックのコラボモデル。
塗れるメインに加えて道作りや塗りに使えるサブ
そして戦場を塗れるスペシャルと、とにかく塗ることに特化された組み合わせ。
スプラスピナーと比べて、カーリングボムであるためにインク消費が激しいのが難点。
スプラブキシリーズでは珍しい状況判断力が試される上級者向けの構成。

メイン性能 Edit

スプラスピナーのページを参照。

運用 Edit

とにかく塗り能力が全ブキ中最高である。という事はつまり、塗り合いの状況になった時に負ける要素が無く、こちらがやられるまで塗り状況で圧倒出来るという事である。一方で高台の敵に対してはクイックボムを失った結果アメフラシでどかせるぐらいしか出来なくなっている。

サブスペシャル Edit

カーリングボム Edit

メインフルチャが17.25%消費なのでフルチャを2回(34.5%消費)撃ち切ってしまうとカーリング分のインクが足りなくなる。カーリングを先に投げれば2回目のチャージを始められる(途中でインク切れ低速チャージにはなるが)。また、メイン効率10かサブ効率6でインクが足りるようになる。
メインにチャージが必要なためこれを使った奇襲はやや苦手。一方で移動からの敵インクの海を一瞬で塗り返す力は凄まじい。

アメフラシ Edit

広範囲を塗るスペシャル。必要ポイントは180と標準的な重さで、メインとサブの塗り性能によって回転率は非常に高い。
ナワバリでは相手の塗り返しの手間をかけさせるために敵陣奥にアメを流すことに意味があるが、ガチマッチでは前線より奥にアメを流すメリットは薄い。基本的には前線における対面補助として自分に纏わせるようにアメを降らせるようにしよう。たった4ダメージ蓄積すればメイン3発で倒せるようになるため、アメとともに相手が群がる拠点へと進軍し、引っ掻けた相手を掬っていくとよい。
相手が警戒してアメの中に入ってこないこともあるが、それはすなわち相手が前線を下げているということである。アメに入ればデスの危険があるものの、アメから離れるにはオブジェクトを放棄して前線を下げざるを得ないというような、いやらしい位置に降らせていきたい。相手が下がればカウントを稼げるし、相手が攻めてくるならばキルをとってカウントを進めればよい。

ギアパワー考察 Edit

スプラスピナーのページも参照。

  • インク効率アップ(サブ)
    57表記で35以上積むことでカーリングボムを連投できるようになる。アメフラシを挟んで4連投という芸当も。
    また、カーリングボムを絡めて前線に関与する際のインク切れの対策にもなる。35まで積まずとも、カーリングボムを軸に動きやすくなることに変わりはない。カーリングを流した後にインクがカチカチしがちであるならいくつか積んでおくとよい。
  • サブ性能アップ
    カーリングボムの飛距離が伸び、速く滑っていくようになる。爆発させられる位置が広がるだけでなく、一回あたりのスペシャルゲージの回収効率も上がる。
  • スペシャル増加量アップ
    アメフラシの回転率を上げることができる。
    必要ポイントは180ポイントで、メインがトップクラスの塗り性能を持っており、カーリングボムも塗りに優れているため、積まなくても簡単に溜まる。
    枠が余れば採用する価値がある、いくつも積む必要はない。
  • イカ移動速度アップ/イカニンジャ
    カーリングボム持ち御用達のギアパワー。イカ状態解除直後の攻撃手段のないスプラスピナーではそれほど優先度は高くない。
    裏取りをするにしても、カーリングボムとともに敵を直接叩くのではなく、敵陣高台などの有利ポジションまで突っ切ってしまってそこで時間を稼ぐ運用が主となるか。

アップデート情報 Edit

「スプラスピナー系」アップデート履歴を参照

コメント Edit