Top > ブキ > スペシャルウェポン > マルチミサイル
HTML convert time to 0.037 sec.


マルチミサイル

Last-modified: 2018-04-07 (土) 19:54:58

マルチミサイル

セット情報 Edit

基本性能 Edit

ロックオンした相手全員に、自動追尾するミサイルを発射。
射程は無限であり、ロックオンした相手がどこにいてもミサイルを飛ばすことができる。

特徴 Edit

発動 Edit

発動すると画面に丸いカーソルが出て、カーソル内に捉えた相手をロックオンできる。
ロックオンは相手がカーソルから外れると解除される。
ロックオン時に敵のすべての位置がわかる。

ver2.3.0以降、発動後に発射するまでイカセンプクが可能。
イカセンプク中でもカーソルと敵の位置は表示される。
移動もできるので敵の位置を確認しつつ安全に撃てる位置に移動するとよい。

ヒト状態で歩くことができるが、移動速度は通常時より遅い。
サブウェポンを使ったりスーパージャンプはできない。(マップを開くことはできる)

ZRを押すと、そのときロックオンしている相手プレイヤーにミサイルを発射する。
誰もロックオンしていない状態ではZRを押しても何も起きない。

発動後にミサイルを発射しないでいると徐々にスペシャルゲージが減っていく。
発射せずに約10秒経過するとスペシャルゲージは空になりそのままスペシャルは終了となる。

発射 Edit

相手1人あたり4発ミサイルを発射する。

ミサイルの発射モーションに入った瞬間にスペシャルゲージが空になる。
つまり、ミサイルを打ち上げ始めた直後にキルされてしまうとスペシャルがほぼ無駄になってしまう。

ミサイル発射中は移動ができず無防備となる。
Ver.2.0.0より発射数に比例して発射間隔が短くなったが、発射数が多いほど隙も大きくなるので注意が必要。

ミサイルを発射した相手のロックオンカーソルは発射後も数秒間表示される。
それをもとに敵を追いかけメインでキル、といった使い方もできるだろう。

それをやるためには複数ロックであると時間がかかり、やきもきするであろう、故に単数ロックで隙を減らし、確実に仕留めることも大事である。

マーカー、軌道 Edit

ミサイルのそれぞれの落下地点には、落下約1秒前にマーカーが表示される。

前作のトルネードのような放物線の軌道ではなく、「①全ミサイルを自分の頭上に発射」→「②標的の頭上まで水平飛行」→「③標的に向かってほぼ真下に落下」
という軌道である。プラベの観戦で見ると面白い。
標的側の視点にロックオンのマーカーがつくのは①の開始時、暗いマーカーがつくのは②と③の間である。

 

①   ②
撃たれる側の画像。左の輪 (仮称「ロックオンマーカー」) がついている状態が前述の①の状態で、どこにミサイルが落下するか確定していない。
しばらく時間が経つと②に移行し、暗い場所 (仮称「着弾マーカー」) にミサイルが落ちる。その場から離れよう。

 

強力なのは間違いないが、溜まり次第やみくもに撃っていいものでもない。
例えばガチエリアにおいては、相手は逃げなければ死ぬので強制的にエリア塗りをストップさせられる。
このときエリア付近に味方がいるか否かで効果が全然違ってくるのは自明である。発動時には上のイカアイコンも気にしたい。

ダメージ一覧 Edit

直撃150
爆風(近距離)50?
爆風(遠距離)30?

ギアパワースペシャル性能アップ」による効果 Edit

ロック可能な範囲が広がる。
Ver.1.4.0

ロックオン範囲比較

動画 Edit

公式紹介動画

コメント Edit