Top > ブキ > サブウェポン > クイックボム


クイックボム

Last-modified: 2019-07-31 (水) 17:24:46

クイックホ?ム.jpg

概要 Edit

敵や床、壁、オブジェクトなど何かしらに当たると即座に爆発する投擲ボム。
威力は低いがインク消費量も低い。

セット情報 Edit

アップデート情報 Edit

バージョン(実施日)内容
Ver.2.0.0
(2017年11月24日)
ギアパワーのインク効率アップ(サブ)の効果が約33%減少。

基本性能 Edit

基本インク消費量は40%。
インクロックフレームは50F(0.83秒)。

ダメージ一覧 Edit

直撃60
爆風(近距離)35
爆風(遠距離)25

特徴 Edit

何かしらに当たると即座に爆発する。
ダメージが低く一撃では敵を倒せないことと、インク消費量が少なく2個連続で投げられることが他のボムにはない特徴。

また、インクロックフレームが短いため、インク回復時間が短い。

運用法 Edit

牽制に使う場合、一撃必殺のプレッシャーで相手の接近を拒否する他のボムとは違って、「着弾即爆発」と「2連投できる」性質を使って手堅くダメージを蓄積させ、攻撃を躊躇わせるのが主だった使い方。

クイックボムの本領は、ヒットさせた相手に間髪入れずメインブキで追い打ちをかけるコンボテクニック、通称「クイコン」にある。
特に範囲攻撃のメインを持つヒッセンはクイコンを決めやすく、アップデートによる弱体化を受けるまでヒッセンが大流行した一因となった。
一方、弱点はインク消費の大きさで、倒しきれなければインク切れからの敗北は必至。

スペシャルウェポンでもスーパーチャクチならクイコンが狙える。スペシャルウェポンの効果で必ずインクが全回復するため安定性も高い。
相手としては「爆風ダメージを喰らってでも距離を詰め、チャクチ後のスキをついて倒す」という手が打ちづらくなり、撤退を余儀なくされることになる。

なお、狙いが逸れた場合でも爆風で相手の足を取れる場合がある。インク残量や足場の状況を考え、追い撃ちをかけるか逃げるかを素早く判断しよう。

 

単独でのコンボだけではなく、味方との連携で使うのも大切だ。
着弾即爆発で即座にダメージが与えられる上に着弾点がすぐに塗れるため、敵の体力回復を阻害した上で敵の足元を奪い追撃する能力が非常に高い。
敵の逃げる方向へ向かって投げれば敵が足止めを食らって味方がトドメを刺す確率も上がる。
また、味方の背中に当たって弾が当たらないといった事案も起こらないのも援護しやすい利点だ。

 

非戦闘時にもクイックボムの出番は多い。
着弾するとその場で爆発し、相手に当たるとヒット音とエフェクトが発生する性質からクリアリングに有用。
敵インクの多い場所でとりあえず投げておくとセンプクを見破れる可能性が高い。

また、壁や床を即座に塗れるため、壁上り用のインク領域や、足場の素早い確保が可能。

またはギアパワー受け身術」でローリングした後、足元に置いて態勢を整えられることも魅力だ、ローリング後の加速を無駄にしない点でも有効。

いずれにしても汎用性の高さから投げる機会が多く、インク切れを招きやすいことは戦闘時と同じ。
定期的に回復し、戦闘に備えるようにしたい。

 

ギアパワーについて Edit

クイックボムは、ギアパワーで強化することによって戦略に影響を与えるレベルの大きな効果をもたらす。

 

まず、インク効率アップ(サブ)を多く積むことで3連投が可能になる。
3連投では敵をボムだけで倒すことが出来る圏が大幅に広がるだけでなく、時間あたりに作れる足場やクリアリングの範囲も広がる。
クイックボムをメインウェポンと同等に多用するプレイングをしたい場合には必要。

 

また、サブ性能アップではボムの飛距離と速度が伸びる。
ヒッセンシャープマーカーネオプロモデラーPGはメインウェポンの射程が短いが、このギアパワーを積むことで弱点である中~長距離をカバーできてしまう。
もちろんほかのブキでも、相手の注意の外から即爆発のクイックボムを飛ばせるメリットは大きい。
ボムなので弾道は放物線を描き、障害物を超えてダメージを与えられる。サブ性能アップで速度を上げれば偏差撃ちの難易度もさがり、クイックボムもあてやすくなる。

 

今作ではサブ効率アップが効きづらくなったせいで3連投のために同ギアパワー36(基本ギアパワー3+追加ギアパワー2相当)も積む必要があり、必然的に「クイックボム3連投」を実現する場合には他の能力をある程度あきらめなくてはならなくなる。
一番楽なのは三連投なんて無かったと諦めてインク回復力アップを積むことである

特に「3連投」と「長飛距離」を満足に両立できないのはクイックボムにとっては痛い。
プレイングの方針に応じて、どちらを取るかをよく考えたい。

ギアパワーサブ性能アップ」による効果 Edit

投擲距離が伸び、球速も上昇する。
遠距離への攻撃や、追撃の幅が広がる。直撃も狙いやすくなる。

コメント Edit