Top > SandBox > スプラシューターコラボ①


スプラシューターコラボ

Last-modified: 2019-01-28 (月) 19:53:32

DEr1IYZUMAEL5ti.jpg

使用イメージ画像

※画像は公式Twitter(@SplatoonJP)の2017年7月14日のツイートより。

 
 
 

目次 Edit

ブキ紹介 Edit

スプラシューターが、スポーツブランドのアロメとコラボしたマイナーチェンジモデル。通称「スシコラ」

性能の高いメインに加えて、汎用性も攻撃力も高いスプラッシュボムと、遠距離に対応できるジェットパックで、あらゆる局面に対応が可能。

アップデート情報 Edit

バージョン(実施日)内容
Ver.1.1.2
(2017年7月27日)
スペシャル必要ポイント190→210
Ver.1.3.0
(2017年9月8日)
スペシャル必要ポイント210→230
Ver.2.3.0
(2018年2月28日)
スペシャル必要ポイント230→210
Ver.4.2.0
(2018年11月7日)
射撃後、イカになるなどの動作ができるようになるまでの時間を2/60秒間短縮。

メイン性能 Edit

スシのメイン性能はキルタイムの速さ・短射程を圧倒する射程・塗り性能とインク効率といった面で
非常に優遇されており、射程で勝っている相手に対しては一方的に撃ち勝てるという場合も少なくない。
撃ち合いが上手いプレイヤーが握れば次々と敵を倒し、前線を押し上げる事ができるだろう。

サブクイックボムは攻撃にサポートにクリアリングと、三拍子揃った便利なサブウェポン
多用する人は「インク効率アップ(サブ)」や「サブ性能アップ」のギアパワーを積めばさらなる力を発揮する。
スプラシューターの場合、メインで届かない位置への攻撃や比較的苦手な高所の敵への対抗手段となり得る。
またメインやスーパーチャクチとの相性もよく、削った相手へのトドメにも使える。

バリエーションブキのスプラシューターコラボと比べると、スプラッシュボムジェットパックを持たないため
長距離や高台に対する対応力や空間の制圧力という点ではやや苦しくなる。
長射程ブキとのにらみ合いや高台から一方的に攻撃されている時は一旦引き、味方と足並みを合わせて打開しよう。

 

Ver.2.1.0以前の環境で猛威を振るった戦術として「とにかく相手が誰でも強引に突っ込んでいき、撃ち合い性能とスーパーチャクチからクイックボムのコンボでキルを取っていく」という物があり、
実際スシで強引にインファイトに持ち込めば圧倒できてしまうというようなシーンも少なからずあった。
しかし、同アップデートでのホットブラスターの硬直減少、Ver.2.2.0以降のマニューバー類の強化や
スシよりも射程が長く接近を拒否しつつ戦えるブキの投入、そして後述のチャクチの弱体化といった
様々な環境の変化が起こった事で、現在こうした強引な突撃・突出は他のブキ同様自殺行為である。
当たり前という感もあるが
チャクチの仕様変更により旧環境のようにチャクチによるカウンターをアテにしきった強引な行動は取れなくなったことで、いざというときの打開力に欠ける側面も強調されてきており、発売当初のような理不尽さを押し付けることはもうできないと考えて動いていこう。
依然として恵まれたメイン性能とクイボを持つためここぞという場面でのオフェンス力は健在。
試合の流れや敵味方の位置、塗り状況などを見てきっちり立ち回り、正面からの力押しだけでなく裏取りや不意打ち・味方との連携も駆使する事で試合を動かしていこう。

ギアパワー「メイン性能アップ」による効果 Edit

メイン解説 Edit

運用 Edit

基本的には中射程のシューターらしく前衛~中衛役。
塗り・キルともに高水準で果たすことができるため、味方の編成や状況に応じて臨機応変に立ち回るべし。

無印スシと比べるとサブスペシャルの違いにより強引なインファイトには持ち込みにくく、更に撃ち負けてしまった時のリスクがやや重くなっている。
そのためステージごとの有効なサブスペシャルの使い所や他のブキとの相性など知っておくべき事がやや多く、より多くの知識とある程度の慣れが要求されるようになっている。
打開にスペシャルを使う際は有利な場所に陣取り、直撃を狙うのみならず味方と交戦している敵を狙って退路を絶ってアシストにつなげる、射程を押し付けて一方的に塗り拡げて敵を近づけさせない・・・など柔軟に使って試合を動かしていこう。

 

スプラッシュボムの爆風とメインの2発の合計ダメージがちょうど100になっているため、コンボにも良い。
爆風が当たった相手は、メインで狩りやすくなるだろう。

 

スペシャル必要ポイントが重いという調整をされているため、ギアのサポートやルールによるゲージ上昇効果がない場合は使えて2~3回程度になる場合が多い。
ジェットパック自体も一旦性能が下がった後、再び段階的に引き上げられているものの、とりあえず使えば効果を得られるという物ではなくなっているため注意が必要である。

ポイントが重い事に加え、発動から攻撃可能になるまでにややタイムラグがあるため、スペシャルが溜まり次第とにかく乱発する…という戦法は取りにくい。
普段は高性能なメインとサブを軸に堅実に立ち回り、有効なタイミング・場所でジェットパックの射程や攻撃範囲を生かして戦況を優位に動かせるように心がけたい。
どの距離もカバーに入れる汎用性の高さこそが最大のブキであり、技量が同格の試合であればどうにも出来ない状況というものは基本的にはない。
どんな構成であろうとチームの穴を塞ぎつつ、同時に強みを押し付けていくことで勝利を掴み取ることが出来る信頼性こそが最大の強みだ。

 

本ブキを扱う上で真っ先に思い浮かぶライバルは、同じくジェットパック持ち環境ブキであるスプラマニューバーコラボである。
撃ち合い性能、塗り性能で劣るのでスプラッシュボムによる差別化が重要となってくる。
ジェットパック発動前にボム1個投げて逃げ場を制限したり、高台の敵(特にハイドラント)に対するけん制などを積極的に行っていきたい。

ギアパワー考察 Edit

インク効率アップ(インク効率アップ(メイン)メインインク効率アップ(サブ)サブ Edit

優秀なメインウェポン、サブウェポンをより使用しやすくする。

ヒト移動速度アップヒト移動イカダッシュ速度アップイカダッシュ)速度アップ Edit

前線ブキであるという都合上、相手インクの影響を受けやすい。デスを少なくしたい場合はつけておきたい。
相手インクを踏んでからわずかな時間は、相手インクの影響を受けなくなる。これにより、相手インクの上でも少しだけ移動しやすくなる。しかし、相手インクを踏む機会は多い。延長される分デスの機会を少なくすることができるが、インク管理や機動力アップにつながることはないので、あまりおすすめできないだろう。

スペシャル増加量アップスペシャル増加量アップ Edit

重いスペシャル必要ポイントをカバーする。
塗りで獲得できるスペシャルゲージ増加量は割合であるため、言い換えれば必要ポイントが割合で減る。
つまり、元の必要ポイントが多いこのブキでは、同じギア数を積んだ場合で他のブキと比べると、ギア1つあたりの効果も大きくなる(必要ポイントの減り具合が大きい)。

復活時間短縮復活スーパージャンプ時間短縮スーパージャンプ)時間短縮 Edit

このブキの欠点として打開力の低さが挙げられる。一度窮地に陥ると一人ではなかなか戦局を覆しにくい。これらのギアパワーによって、確実に先手を打って守りに入ることも出来るし、その欠点を終盤で打ち消し一転攻勢をすることも出来る。

相手インク影響軽減相手インク影響軽減 Edit

キルの取りやすいブキであるため、それを更に助けることが出来る。またヘイトを減らせるために機動力の確保にも繋がる。その際はイカ速も付けて速度の減少を打ち消そう。
ただし完全に気配を消すことはできず、上級者にもなると音だけで当たりを付けてきて倒される事も。移動速度に拘らないならスティック半倒しという選択もあり。
実は一番大きく効果を発揮するのは攻勢に移る時ではなく、逃走時に敵の長射程ブキから見つかりにくくなるという点であることは覚えておこう。

爆風ダメージ軽減・改爆風ダメージ軽減・改 Edit

前線でキルをする機会が多いため、相手の位置を把握出来るとキルが安定する。またデスの機会も多いためリベンジキルの機会も増える。

カムバックカムバック Edit

メイン射撃一発の攻撃力が35あるのでインクアーマーに対しては元々一発で剥がせるためあまり利点はないが、前線にいるとよく目にするビーコンやスフィア、バブルなどの対処が早くできる。
またホコも割りやすくなるため打開力の低いこのブキにとって先手を取るという意味では有用である。

リベンジリベンジサーマルインクサーマルインク Edit

 

再生できないときはこちら

 
 
ver1.3.0の時の考察

コメント Edit