アイテム/スマッシュボール

Last-modified: 2020-06-06 (土) 23:48:42

●出典:大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

概要

適当な攻撃で壊すと奥義「最後の切りふだ」が使えるようになる。

 

過去作同様に空中を漂っているのが普通だが、新しい種類としてサッカーボールのように地上を転がるタイプが追加された。場外に落ちるといつの間にか戻ってくるところもサッカーボール。

 

ニセモノのスマッシュボームも新たに登場。こちらは壊すと爆発する。
見分け方は、縦線が太い方がホンモノ、細い方がニセモノ。
ホンモノは必ず1つしか出現しないのでそこも覚えておこう。

 

今作では変身系の切りふだは撤廃され、全体的にスピーディに終わるようになった。
タイム制で最後の最後に使われて逆転負け…という結果もありうるので、最後まで気を抜かないこと。

スマッシュボール争奪戦のノウハウと駆け引き

スマッシュボールのHPにはムラがあり、毎回同じだけの攻撃を当てれば壊れるわけではない。
基本的にはストックやポイントで有利な状況であるファイターほど割りにくくなってくる。
散々大技を当てても壊れなかった挙句、相手の弱い攻撃が掠って横取りされる...というケースもザラ。

 

そのため、やや極論じみた話にはなってくるが、確実にスマッシュボールを回収する方法は相手に指1本触れさせないことしかない。スマッシュボールは攻撃すると飛んでいくので、相手から遠ざけるように飛ばしていくと安全。

 

とはいえ、現実的には相手に触れさせないのは難しい。サッカーボールタイプの場合、落としてしまうと相手のすぐそばに再出現してしまう可能性もある。

そこで、スマッシュボールを狙う相手を攻撃して遠ざける作戦Bの出番。
この方法では反撃を貰うリスクと引き換えに、注意力を失っている相手を攻撃できる利点がある。さらに、撃墜してしまえば確実にスマッシュボールを独占できる。
スマッシュボールは出現から時間が経つだけでも勝手にHPが減って行くので、時間さえかければ割りやすくなるというメリットも。

 

乱闘、特にタイム制ではリードしている人を徹底的にマークするのもあり。他の人も同じことを考えていれば、一時的なリンチ状態が生まれてリードを崩せるかも。

 

取られても諦めるには早い。スマッシュボールを取り、切りふだ発動準備中の相手に1発かませば、スマッシュボールを落とすことがある

ヘタを踏むと切りふだの餌食になってしまうのはもちろんのこと、運が悪いとスマッシュボールを落としてくれないこともある。またクッパJr.のような取得後即使用でも問題ない切りふだの所有者相手には無意味。

どうしても使われるとまずい!という状況で、相手の油断を突いて一気に攻勢をかけるのが良い。それ以外は大人しく回避に専念した方が安全。

 

スマッシュボールをめぐる駆け引きはスマッシュボールを取った人が勝ちという単純なものではない。
よくある駆け引きのパターンこそ上に述べた通りだが、実戦では臨機応変な対応が求められる。

チャージ切りふだ

今作では「チャージ切りふだ」といって、乱闘中にゲージが溜まっていきMAXになると弱めの切りふだが使える。
このシステムがあるので切りふだ待機状態のキャラが複数人いる状況もあり得るが、誰かが切りふだを使っている最中は使えない。
8人で同時にPKスターストーム…などはできない。

また、点差が開いているときに、負けている側が切りふだスタンバイ状態で復活してくる「てかげん最後の切りふだ」というシステムもある。

 

ver4.0以降ではチャージ切りふだを発動可能になってから15-20秒の時間制限が設けられるようになった。
時間内に打たないとゲージが空になるのでさっさと使ってしまおう。

コメント

コメントの過去ログはこちら